So-net無料ブログ作成
検索選択

DARKER THAN BLACK 流星の双子 episode 1「黒猫は星の夢を見ない…」レビュー キャプ 新作アニメ [アニメ]

DTB110_TOP.jpg

「トーキョーエクスプロージョン」があった夜・・・ロシアのシベリア平原で、
パブリチェンコ博士とその双子の子供、スオウとシオンは隕石の落下に遭遇、
その際に、シオンは右目を負傷し、突如契約者となってしまう。
それから2年後、ウラジオストクのバーにはMI6のエージェントの契約者
エイプリルがいた。エイプリルはそこで同じくエージェントのオーガスト7に
接触、自分が今いるME研究施設にFSBからのガサ入れが入るという情報と、
ジュライが到着しているという情報を得る。バーを出たエイプリルは
ガラス越しに現れたジュライの観測霊にウインクをする。そして、その様子を
見ている誰か・・。

後は続きからどうぞ
DTB110_1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

スオウは親友ターニャにスオウと同じ写真部に所属する少年ニカが告白する所を
偶然見てしまう。ターニャと一緒に喜ぶスオウ。ターニャはさっそく、ニカと
仲良く一緒に下校していく。スオウは他の友人達と帰りにカフェに寄ったりして
楽しく過ごす。家に帰ると、父親の研究施設で働くベラ(エイプリルが変装して
いる姿)が出迎える。スオウは夕食を2つ用意し、双子の弟のシオンの部屋で
シオンと一緒に食べる。契約者となったシオンは感情が希薄で、母親の話を
しても、自分には母親が必要ないと言ったりする。そんな言葉を聞いて
哀しくなるスオウ・・。すると、そこに父親のパブリチェンコが現れ、シオンの
部屋からスオウを引きずり出し、契約者となったシオンに接触するなとスオウを叱る。

翌日、学校へ行くと、スオウの周辺で突然、異変が起り始める。学校へ遅れて
やってきたターニャの様子が明らかに違う。昨日のターニャとはまるで別人のように
冷たい人間になってしまったターニャ。ニカが駆け寄ると、ターニャから
ランセルノプト放射光が発生し、彼女の瞳孔が赤く光る。彼女は契約者に
なってしまったのだ。虫を操る能力のようなもので、ニカを攻撃するターニャ。
攻撃が終わると、対価の為に、自分の髪の毛をむしり抜くターニャ・・ヒエー
その場から去ったターニャの後を追うスオウ、すると、彼女はFSBに収容され
ていってしまう。

DTB110_2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

スオウの父、パブリチェンコの元にはシオンが現れた。シオンは、時間がきたと
言い、対価は支払い終えたと伝え、自ら、姿を消す。秘密の通路を使い、自宅に
戻ろうとしたスオウはシオンの声を聞く。シオンはスオウに、シオンの部屋に行って
着替えてから、研究所のベラ(エイプリル)と一緒に脱出しろと指示を出す。
研究所にはFSBがのガサ入れが入る。エイプリルは第一目標であるシオンを回収しに
行くが、シオンはすでに脱出、ジュライさえも居場所を掴むことができない。
そして、ジュライがパブリチェンコ博士の部屋をスキャンすると、そこには
仮面をつけた東洋人が居るという。仮面という言葉を聞いて凍り付くエイプリル。

スオウは父の元へ行くが、父が何者かと言い争っているのが聞こえた後、部屋に行くと
父が死亡しているのを見てしまう。そこへかけつけたエイプリルに連れられて
一緒に研究所を脱出するが、外に出ると、FSBのエージェントのゴランが
襲ってくる。スオウを狙っているゴランはエイプリルと交戦状態となる。契約者の
ゴランの能力は短距離での高速移動、彼の俊敏な動きにエイプリルは苦戦するが
彼女も能力を発動し、ゴランは高速移動中にエイプリルの降らせた雨を浴び
死亡する。ゴランをかたづけて、エイプリルが対価の酒を飲んでいると
エイプリルの首に突然ワイヤが巻き付く。彼女の首にワイヤーを巻き付けたのは
仮面をかぶった男・・BK-201、黒(ヘイ)だった。

-----------------------

DARKER THAN BLACKキタ――(゚∀゚)――!! そして、予想を裏切らない面白さ!!
第一話目からして、手に汗握りまくりです。 そして、相変わらず、いきなり
謎だらけな感じで・・w なんといっても、ラストに登場したヘイでテンション
激上がりしました。まあ、エイプリルでもテンションは若干上がったんですけど。
そして、いきなり、エイプリル死亡・・なかなか濃いキャラだったので、
死んじゃうと寂しいですね。ジュライも寂しくなりますなあ・・。

シオンの能力って出てませんよね? 対価はもう払ったとか言ってましたけど・・。

あと、FSBのゴラン?でしたっけ、彼の能力はいいんですけど、対価、笑っちゃいますね。
ハンバーガー食べまくらないといけないなんてw まあ、彼も死んじゃいましたけどね。

今回も色々複雑そうな予感がしますねー話的に。組織の名前とかどんどん出てきそうw
1期の時は、わからない部分とか放置してましたが、今期はがんばって、すべてを
把握しますぜ! 奈々サマ、いつか出るかなあ~? 楽しみなんですけど。もちろん
インの登場も待ち遠しい。

そういえば、死んでしまった?黒猫、あれって、マオ? 

今回OPはありませんでしたけど、OPってステレオポニーなんだ・・なんかやだなあ。
で、abingdon boys schoolがEDか・・1期の「HOWLING」が超好きだったんですけど
今期はもうOPやらないのかなーabingdon boys school。 ステレオポニーじゃ
なんか迫力がないっていうか、物足りないぜー!

スタッフ
原作 BONES、岡村天斎
監督 岡村天斎
キャラクター原案 岩原裕二
キャラクターデザイン・総作画監督 小森高博
美術デザイン 青井孝・岡田有章
プロップデザイン やまだたかひろ
美術監督 青井孝
色彩設計 水田信子
撮影監督 神林剛
音響監督 若林和弘
音楽 石井妥師
アニメーション制作 ボンズ
製作 DTBG製作委員会(アニプレックス、ボンズ、博報堂DYメディアパートナーズ、ムービック)、毎日放送

オープニングテーマ
「ツキアカリのミチシルベ」ステレオポニー
エンディングテーマ
「From Dusk Till Dawn」abingdon boys school

キャスト
黒(CV:木内秀信)
蘇芳・パブリチェンコ(CV:花澤香菜)
紫苑・パブリチェンコ(CV:桑島法子)
パブリチェンコ博士(CV:堀勝之祐)
オーガスト7(CV:松風雅也)
鎮目弦馬(CV:三宅健太)
葉月水無(CV:斎賀みつき)
霧原未咲(CV:水樹奈々)
沢崎耀子(CV:吉住梢)
エイプリル(CV:本田貴子)
ジュライ(CV:浅井清己)
ゴラン(CV:真殿光昭)

その他

DTB110_CM.jpg



nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(46) 
共通テーマ:アニメ

nice! 11

コメント 2

まこたま

実はDTBは見た事が無いんですよねw
Gomarzさん大絶賛ですね、1期をちょっと見てみる事にしますw
by まこたま (2009-10-10 23:11) 

Gomarz

まこたま様
すごく面白いので是非お薦めです。
ちょっと難解な部分もありますが、見ていくと慣れます(理解でます)
by Gomarz (2009-10-17 04:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 46

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。