So-net無料ブログ作成
検索選択

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト (ソラノヲト) 11話「来訪者・燃ユル雪原」 レビュー キャプ [アニメ]

soranowoto0316_top.jpg

司令部からパトロールを厳密にとの指令を受けて雪深いセーズの町周辺の
パトロールをクレハとカナタが遂行している時、崖の下で敵軍・ローマ軍の
女性兵士が倒れているのを発見する。意識がない女性兵士を、とりあえず
砦に連れて帰り、傷を手当てするカナタ達だが、その兵士を見たノエルは
今までに見せたことがないような懐きっぷりを見せ、兵士の看護を買って出る。

休戦協定もうまくいってないのに、敵兵を保護したということで、その
処遇について、各々、色々と考える事になってしまう中、情勢はどんどん
悪くなっていく・・。

後は続きからどうぞ

soranowoto0316_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

ジャコットさん、生死不明だった
てっきりジャコットさんの足跡を辿った後、雪原にジャコットさんの死体を
見つけたからあの動揺かと思ってたら、死体は見つかってないらしい。
あの状況で死体見つからないって、捜索とかちゃんとしたのかな?
いや、てっきり、死体があったのかと思ってたからなあ・・

ノエルの過去
旧時代の研究施設を使用可能にし、それを利用して細菌兵器?"見えない死神"を
開発したのはなんと、ノエルだという事が判明。見えない死神でローマ兵を
沢山殺した?トラウマから、ローマ兵を見ると(((( ;゚д゚))))アワワワワなノエル。
その事が、今回、保護したローマ兵の看護を熱心にしている理由。
兵器開発時に、ノエルの事を使っていた人がホプキンス大佐。

荷物の中から喇叭が
なんという偶然w 敵兵の荷物を調べていると、中から喇叭が出てくる。
その喇叭や、ローマ兵のルックスが想像と違って普通だった事から、カナタは
脳天気に親近感を覚えてしまう。クレハはそんなカナタに苛立つが・・・。

敵兵の処遇
普通、こんな状況下で敵兵を保護したら、即刻本部に知らせるべきだと
思うが、フィリシアは、自分にその処遇について時間をくれないかとクレハに言う。
フィリシアは、ローマ兵を砦に運び入れた時に誰かに会ったか?とクレハに
聞くが、夢中だったクレハにはそんな事はわからなかった。

目を覚ましたローマ兵士とフィリシアの謎の賭け
名前はアーイシャ。ローマ語(ドイツ語w)を喋るので、カナタ達には何を
言っているのかまったくわからない。ついでに、アーイシャもカナタ達が
何を言っているのかわからないのでコミュニケーションがなかなか取れない。
フィリシアは、ローマ語がわかる人を探して、尋問をするまで、アーイシャを
小隊で保護する事を決定する。クレハはその判断に疑問を呈するが、フィリシアは
「ちょっと賭けてみようと思うの」と何に賭けるのかわからないが
賭に出る。(リオがどうにかしてくれるというのに賭けたのか?)

敵兵に向かって「時告げ砦にようこそ!」と超ウェルカムモードのカナタ。
ノエルは過去の罪滅ぼしのつもりで献身的にアーイシャを看護。
アーイシャがアメージンググレースをちょこっと吹くとカナタが歓喜して小躍り。
 音は響くんだよね~♪といつものカナタ節。 

ローマ兵をかくまっていることが噂に・・
噂を聞いたナオミとユミナが砦に確かめにやってくる。セーズの町は戦争の
矢面には立ってないものの、町の人々のほとんどがなんらかの形で戦争によって
知り合いを亡くしていることから、ローマ兵をかくまっているというのは
かなり悪い噂となっているようだ。他にも、ナオミから、ヘルヴェチア軍が
大規模にこの地方に向かって移動しているとの情報を得る。

アイシャが来た理由
湖の底の化石を見に来た? 湖の底の化石を天使と呼ぶアーイシャ。アーイシャの
祖母は昔、時告げ砦の兵士で、彼女からその事を聞いたのだという。
アーイシャ的には、あの化石は地上に罰を与えたアポカリプス(黙示録)の天使で
それを見たかったらしい。ローマ側とヘルヴェチア側ではあの化石に対する
解釈が違っているということが判明? ユミナはアーイシャの言葉を聞いて
あれは悪魔だと反論する。

soranowoto0316_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

ついにヘルヴェチアの大軍がセーズに集合
ホプキンス大佐率いる大軍がセーズに到着してしまう。ホプキンス大佐という
言葉を聞いて激しい動揺を見せるノエル。フィリシアは賭けに負けたと呟く。
アーイシャを引き渡すしか道はないと思われたが、ここでカナタが猛反対・・。
フィリシアは、自分の全責任において、隊に命令を下す。もうそういう段階は
過ぎたような気もしないでもないけど・・。

接収された砦+アイシャが語る炎の乙女の事
セーズの町でのローマ兵の目撃情報について、さっそくフィリシアに聞いてくる
ホプキンス大佐だが、フィリシアはしらっと心当たりはない。と嘘をつく。
砦は接収され、砦内部の徹底的な調査が始まる。 フィリシアはまさかそこまで
されるのかというような苦しい表情を浮かべる。ノエル、アーイシャ、ナオミ、
ユミナの4人は、砦の廃墟化した部分に隠れていたが、隠れている時に
ユミナがアーイシャから聞いた炎の乙女の事は、ユミナが知っているセーズの町に
伝わる炎の乙女の話とは大きく異なっていたらしい。(詳細は不明)

ここで自己紹介
ユミナがドイツ語がわかるので、ノエルの名前をアイシャに伝えると、アーイシャが
突然動揺を見せる。アーイシャはノエル事を知っていた。実際に知り合いと
いうわけではなく、ノエルが「見えない死神」の開発者であるという事で
知っていた。ただでさえ、ホプキンス大佐の名前聞いて以来、ガクブル状態の
ノエルは、この事でついに発狂したように、大声を出してしまう。
隠れているのに・・あ~あ・・・という感じで、挙げ句に、ノエルは、その場から
走って飛び出し、ノエルの後を追ったアーイシャは見つかってしまう。
ま、ノエルが飛び出さなくても、遅かれ早かれ見つかっていたとは思うがね・・
にしてもねえ・・。

電話が鳴った
電話が鳴って、カナタが出ると、セーズ国境のノーマンズランドにローマの
大軍が現れたとの知らせが入る。 砦に響き渡る銃声。

愛情♪友情♪ オイッw

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「響ク音・払暁ノ街」
第2話「初陣・椅子ノ話」
第3話「隊ノ一日・梨旺走ル」
第4話「梅雨ノ空・玻璃ノ虹」
第5話「山踏ミ・世界ノ果テ」
第6話「彼方ノ休日・髪結イ」
第7話「蝉時雨・精霊流シ」
第8話「電話番・緊急事態ヲ宣言ス」
第9話「台風一過・虚像ト実像」
第10話「旅立チ・初雪ノ頃」


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(83) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 83

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。