So-net無料ブログ作成
検索選択

Angel Beats! EPISODE.09 In Your Memory レビュー キャプ [アニメ]

angel0529_top.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

一度に沢山の分裂した意識と同化した奏は、意識不明になり、医務室に
横たわる。そんな奏に寄り添う音無・・・・

好戦的で冷酷な沢山の人格を吸収した今、SSSと一緒に釣りを楽しんだ
あの優しい天使に戻る確立は低くかった。ゆりはその時に備えて
手を打ち、竹山を天使エリアに送り、プログラムの書き換えを行い
TKと松下を医務室の警護に。竹山が現在行っている作業も、いつか
再び天使に突破され、書き直されるのもわかっているが、今できる事は
それぐらいしかなかった。天使のPCを壊しても、あれは備品なので、
いくらでも代わりがあるのだという。

果たして神はどちらに味方するのか・・・

奏の横で、看病をしながら、眠りに落ちる音無。彼は眠りの中で
自分の生前の記憶の全てを取り戻していく。

後は続きからどうぞ

angel0529_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

DAY1
列車事故に遭い、目覚めた音無。音無は列車事故直後に死んではいなかった。
起きあがり、携帯で時間を確認すると、すでにセンター試験の時間はとっくに
過ぎていた。辺りを見回すと、暗闇の中、人々が苦しみのうめきをあげていた。
五十嵐という、同じくらいの年の少年と共に、生きている人々の救助を始める音無。
トンネルの中の列車事故、片方の出口は土砂で埋まっているので、
もう片方の出口を1人、調べにいく音無。トンネルを進むと、なんと
片方の出口も完全に大量の土砂と岩で塞がっている。すると、音無は
突然左脇腹の痛みに苦しみだし、脇腹辺りを見ると、広範囲にわたって
紫色に変色していた。明らかに打撲による内臓損傷・・悔しがる音無。
音無はみんなの所に戻り、出口が塞がっていた事を報告する。そして、助けが
来るまでのサバイバルが始まる。

DAY2
列車の中に残されていた食料と飲み物を皆で少しずつ分けてこの局面を
乗り切る事になり、皆、それに大人しく従っていた。食料、飲み物はもって
3日という程度しかないというのに、暴走野郎が出て、水を一本無駄にしてしまう。
音無はその男を庇い、自分がこれから水を飲まないから、みんな、我慢してくれと
争いを鎮める。五十嵐はそんな音無に、自分の水をわけるから安心してくれと
声をかける。五十嵐・・・イイ奴だ!!

DAY3
重症を負っていた男性が死亡する。音無は蘇生を試みるが男性は戻らなかった。

日は経過していき、音無は自分の無力さを悔しがる。自分は妹の初音が
死亡してから何一つ変わってなかったと。

そして・・
DAY7
みんな衰弱し、動けなくなっていた。音無は生前の妹が、ドナーがいたら
助かっていた事を思いだし、もっていた国民健康保険被保険者証の裏の
臓器提供意思の確認欄にすべての臓器の提供のサインをする。
その様子を見ていた五十嵐も、自分のカードにサインをする。

こうしておけば、自分の命がもしつきても、それでもその命が他の人の為に
使われる。生きてきた意味がつくれるんだ。

その言葉を聞いた他の人々も自分のカードを取り出し、臓器提供欄に
サインを始める。

絶望していた人々が誰かに希望を託そうとしている・・お前がみんなの人生を
救ったんだぜ・・・と五十嵐が音無に話しかけるが、音無はすでに亡くなっていた。
すると、トンネルの瓦礫が一部取り除かれ、そこから、外の光が入ってくる。
助かったのだ。しかし、音無は間に合わなかった。

angel0529_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

すべてを思いだした音無が目を覚ますと、目覚めていた奏が音無の髪を
撫でていた。奏は意識の中で壮絶な闘いを経て、優しい奏の意識で目覚めたのだ。
音無は記憶をすべて取り戻した事を奏に告げ、最期に自分の体をドナー登録で
残せた事で、自分が誰かを助けてあげられたはずだと言う。ウーンw

なんか音無君、思い残す事なくなって、成仏しそうにw しかし、SSSの
仲間が心残りとなり消えずに済んだ。しかし、音無は、以前と考えを変え
みんなが今の自分が抱くような酬われた気持ちになってこの世界を去って
新しい人生をやり直せればいいと思い始める。ここで始めて、音無は
天使が今まで、みんなにこの気持ちをわかってもらう為に努力していた事を知り
驚愕する。

ここは若者達の魂の救済場所だったんだ

奏は理不尽な人生を歩んできた若者に、人並みの青春を送らせてあげたくて
ここに留まろうとする彼等を説得してきた。それだけの事だったのに、
お互いの信念を貫く為に対立してしまっていただけだったのだ。

不器用な天使は、音無に協力を求めてくる。
音無が消えずに残っている理由はそこにあるのかもしれない。
初めての天使の味方になる為に・・。
しかし、ゆりの人生を思い出すと、それが一筋縄ではいかない事を
実感する音無。果たして、自分達はゆり達を救う事ができるのだろうか。
色々悩んだ末、音無は天使と一緒に頑張る事を決意する。

卒業させよう・・
ここから・・・
みんなを!

ゆりの目を盗んで動く為に、天使は冷酷な人格で復活した事にし、再び
ゆり達と闘ってもらい、その間に音無がSSSのメンバーから生前の事を聞き出す?
ような作戦かな? 天使は、音無の指示に従って行動する事になり、
生徒会長にも復帰した。

angel0529_m3.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

-------------------------

なーんか、見終わった後に、色々しっくりこない部分多し! いや、いい話でしたよ。
いい話なんだけど、面白かったんだけど、しっくりこない。これは
突っ込み処が多すぎたからなのかな? 音無、居眠り中に思い出すって
ずいぶんてきとーだなw

音無は、事故で即死ってわけじゃなかったんですね、事故後、7日間も
生きて死んでいった・・というわけですか、しかも、それがとんでもない
サバイバルな状況。あの列車事故ってどういう状況で起きたんですかね?
あの救助の遅さとか、大地震でも起きたのかな??だって、前も後ろも
土砂と岩で出口塞がれるって、ただの列車事故じゃないですよね。
なんかドラゴンヘッド思い出しちゃって、体中にペイントを施した変な奴が
出てくんじゃないかっていうww 

音無が内臓を損傷しているとわかるシーン、超ショックですよね、あの色とか
いって、間違いなく内臓やられまくっていますよぉぉ。あの状態でよく
7日間もったなって感じですよ、その間もけっこうずっと動いていた
ようだし。で、7日目に、死にそうになった音無が、ドナーカードに
記入するわけですけど、今は健康保険証の裏がああいう臓器提供記入欄に
なっているらしいですね。保険証もっててっよかったね・・・と言いたい所ですけど
ぶっちゃけ、臓器提供は、心臓が止まる前に臓器を取り出したりするとか
本当に、フレッシュさが命なので、あの段階で臓器提供欄にいくら記入
した所で、音無の臓器は役には立ちませんよね。一つだけ役に立ちそうなのが
あるとしたら、角膜移植くらいですかね。腎臓・・・ムリですね、だいいち
かなり激しい内臓損傷で音無は死亡してるわけですので。
なので、音無が、自分が最期に役に立つことができたと思っている
姿がなんか可哀相に見えてしまいました。そんなわけで、角膜だけ移植できた
事に脳内で補完しときましたw  

音無が記入した後、他の人たちも一斉に記入し始めましたけど、今時の
学生とかは、みなさん、保険証とか常備しているんですかね? 保険証じゃなくても
ドナーカードを常に携帯しているのか??とちょっと不思議になるくらいの
ドナーカード保有率の高さ。驚きました。でも、あそこで、みんな記入して
結局みんなが救出されたのが、死亡した後だったら、ドナーカードにいくら
記入してもダメなんですよね。 

音無自身が明らかに内臓損傷なのに、臓器提供カードに記入してた時点で
論理的な考えは一切なく、感情的な理由のみで動いていて、あの極限状態で
できる唯一の生きた証を少しでも残す方法だったのだったという事でしょうか。
放送終了後、カルディアさんとツイッターでやりとりしていた時に、カルディアさんが
「感情的に取った行動な気もした」と言った事に激しく同意ですね。
それでも、なんかしっくりこないのは、みんながドナーカード一斉に
出したからかな?w  ここらへんも、ちょっとうまく説明するの難しいですね・・・

で、天使に協力する事になった音無ですけど、どうなっちゃうんでしょうね。
SSS全員を成仏させるつもりなのか??残された話数的にムリじゃないか?w
あ~そういえば、音無が、天使のやろうとしていた事に気付いた下りとかも
なんかしっくりこないんだよな、なんだろう、「え?そんな事も気付いて
なかったの?」みたいな感じかのかな・・・うまく説明できない。

あと、なんとなく、五十嵐君があの後どうなったのかとか、知りたくなった。
五十嵐の声、関智一だったんだよね~ちょっと興奮しましたw

前回までのレビューは以下からどうぞ
EPISODE.01 Departure
EPISODE.02 Guild
EPISODE.03 My Song
EPISODE.04 Day Game
EPISODE.05 Favorite Flavor
EPISODE.06 Family Affair 
EPISODE.07 Alive
EPISODE.08 Dancer in the Dark


nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(102) 
共通テーマ:アニメ

nice! 9

コメント 1

Sacchan

>それでも、なんかしっくりこないのは、みんながドナーカード一斉に
>出したからかな?

あれだけ人間がいるってのに、死ぬ間際に死の恐怖に狂乱する人が
一人もいないって展開に納得するのは難しいんで。ホントにこの話って、
「主人公はこう感じた」だけなんだよなぁ。たくさん人が出てる割に、
それぞれが別個の人間として描けてない。

ってか、それ以前に「トンネルに閉じ込めたらどうなるかを調べてから
書けよ」と。感動させたい泣かせたいって意気込みは分かるけど、
展開があり得ないから全然乗れない。
by Sacchan (2010-05-29 23:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 102

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。