So-net無料ブログ作成
検索選択

うさぎドロップ 第2話 ゆび切りげんまん レビュー [アニメ]

usagi0715_top.jpg

どうやら、アバンの部分だけは毎回、あの水彩画のような
タッチでいくらしい。りんを預かる事になったダイキチ。
ほとんど荷物がなかったりんが、生活を始めるには色々と
必要なものがあり、買い物に出かける。

歩いていると、ダイキチの手を取るりん。

りん「て、つながないとあぶないんだよ!」
ダイキチ「俺が?」

可愛いなありん… 手もちっちゃくてカワエエ・・。

ユニクロに到着。自分が子連れでユニクロに来てみると
ユニクロに親子連れが多いことに気付く。とにかく、手探りw
どうやってサイズを見たらいいかもわからない。周囲の親子が
子供の背中に服をあててるのを見てマネをしてみるけど
よくわからんダイキチ。 手探りすぎるw 店員さんに聞けばいいのに。

後は続きからどうぞ
 
 

それにしても、りんがしっかりしてるのう・・・
えっ、保育園ってスカートダメなんだ?それって全部の保育園で
なのかしらん。とにかく、りんの口から保育園という言葉が
出たお陰で、保育園の事を思いだしたダイキチ。
ダイキチが会社に行っている間は、りんを保育園に入れなければ
ならないのだ・・・ って次の日、もう会社、そんなに急に
保育園なんて見つかるの??

家に帰った後、ダイキチは、従姉妹の春子に電話を入れて
聞いてみる事に。ここのシーン、春子の家の姑の姿とかも
描かれていて、春子が、お嫁さんとして、姑も一緒に暮らす家で
けっこう気を遣って暮らしているんだなと思わせる描写もあった。
春子は、ダイキチに、緊急一時保育というものがある事を伝える。
・・にしても、春子の娘の麗菜・・・うるせぇぇw
でも、あのお葬式の時、りんとさほど仲良くなさそうに見えていたが
実際は、麗奈とりんがけっこう仲良しなんだなというのがわかった。
春子とダイキチが話し終わった後、暫くりんと麗奈で電話で話して
いたから。

行けそうな緊急一時保育をやっている保育園を探し、見つかったのは
会社よりさらに遠い24時間体制の所だった、通勤時間は一気に
倍以上、よく朝、かなり早く起き、りんと一緒に保育園へ。
混み合う電車は小っちゃいりんにはきつそうだねえ・・。
保育園に到着して、りんを預けて会社に行こうとすると、りんは
なんともいえない寂しそうなやるせない顔をする。その顔を見た
ダイキチは一回引き返し、りんにちゃんと迎えにくるからと
ゆびきりげんまんをして約束をする。

usagi0715_m1.jpg

会社に向かいながら、ダイキチは、りんの事を思う。
りんにとって大人の事情は知ったこっちゃない話で、彼女が
感じているのは「ただおいてけぼりにされたという寂しい事実」

りん…
また俺にもおいてかれると思ったか…?

そんな事ダイキチは絶対しないが、それでもりんは不安だったんだねえ。

走りに走って、ハアハア言いながら電車に乗ったダイキチに
横のセクシーお姉さんがびっくりしてる姿、ワロタw

夜になり、ダイキチは早々に会社をひきあげようとするが、
帰ろうとした時、取引先からの電話が入り、そこから、再び仕事が
始まってしまう。やっと仕事が終わって、迎えにいくダイキチ。

会社から保育園までは・・
usagi0715_1.jpg
ダイキチ「遠いよ~~保育園!」 
白目になっちゃってるよ、ダイキチw

ダイキチが保育園に到着すると、ぱぁぁぁ!と嬉しそうな顔を
浮かべるりんだったが、ちょっと遅すぎたので、すぐに膨れてみる。
遅くなっちゃったお詫びか、りんが作った紙のきんぴらをモシャモシャと
食べ、「針千本飲んだ!」と言うダイキチ。えっ約束守ったんだから
針千本飲む必要ないじゃんw

とにかく、それ以降、ダイキチはりんを保育園に送り届け、
会社、そして、再び保育園に迎えに行く日々になる。会社用の鞄も
りんをおんぶしやすいようにショルダーに変えた。会社で飲みに
誘われても断るダイキチを後輩君は、彼女ができたと勘違い。
ダイキチは、あまりの忙しさに、会社で珍しくミスをしてしまったり・・
とにかく、大変だが、りんも、夜、辛そう。ダイキチと二人で
帰る途中、歩きながら寝そうになってしまうくらいに。
そして、そんなりんを肩車して街中を走るダイキチの姿が
泣けるねえ…。りんはちょっと高い位置から見る夜の街がキラキラ
していて感動している感じだった。って、ダイキチもお疲れの
所、肩車して街を疾走するとか、がんばってるなあ・・

usagi0715_m2.jpg

その夜…家に持ち帰った仕事をやりながらダイキチは
こんな生活、いつまで続けられんだ・・?
と心の中で思う。ふとりんの母親の事を思いだしたダイキチは
りんの母親の手掛かりである、りんの母子手帳を見てみる。

Cパート
朝起きると、いつも、ダイキチの布団に潜り込んでいるりんの
姿はなく、いつも、起こしにくるはずのりんはまだ布団の中。
あれれ、おかしい・・と思ったら、なんと、りんはダイキチの
布団の中におねしょをしていた。

これは汗!!

と言い張るりんが、かわいすぎる。


今回はこんな感じでした。
ダイキチの頑張りが泣ける~ りんを迎えに来た時に、シャツとか
出ちゃって、白目になって、ヒーヒーのダイキチ・・・笑えるけど
泣けるよね。保育園に置いてかれるときのりんの切ない表情は
ほんと、あんな顔見たら、どうしようかと思っちゃうよね。
普通の子供なら、あんな感じになったら、泣き喚いちゃいそうだけど
りんは泣かないし、なんかあのぐっと堪えている所が、ほんと
切ないッスなあ。保育園では、他の子供達とも仲良く遊んで、
小さい子には本を読んであげたりしているようなりんの姿、ほんと
イイ子だよ・・りん。 
ラストに、りんのおねしょが出てきましたが、それを汗だと言い張る
りんが、ほんと可愛いんだよね。
今回もほんわか、和ませてもらいましたお…!

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 りんどうの女の子


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(31) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 31

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。