So-net無料ブログ作成
検索選択

Steins;Gate シュタインズ・ゲート #24「終わりと始まりのプロローグ -Achievement Point-」 最終話 [アニメ]

Steins0916_top.jpg

これより最終ミッション、オペレーション・スクルドの概要を説明する
確定した過去を変えずに、結果を変えろ
血まみれで倒れている牧瀬紅莉栖と、それを見た岡部倫太郎
その確定した過去を変えずに、結果を変えるのだ

燃料はあと1往復が限界、過去に行って戻ってくる…それだけ。
こっちで世界線を変えて未来を帰れば鈴羽は戻る必要がないとか。
鈴羽はミッションを失敗したら…と不安を除かせるが、岡部は
「失敗などあり得ん」と鈴羽を安心させる

これよりオペレーション・スクルドを実行に移す!
時は来たれり!!

と…言ったものの、忘れ物をしてラボに一旦戻る岡部。忘れ物は
サイリウムセイバーだった。サイリウムセイバーの先端には血のりが
しかけられており、それを使って紅莉栖の死を擬装するというのだ。

ラボでまゆりは、いつも紅莉栖が座っていた席を見て、紅莉栖が
いつもそこに居た事をぼんやりと覚えている様子だった。
リーディングシュタイナーというわけではなく、誰もが、どこかで別の
世界線の事を覚えているんだと岡部は言う。

後は続きからどうぞ

 
 

岡部は自分達が今ここに立っていられるのは、紅莉栖のお陰だと言う。
まゆりは「紅莉栖さんの事好き?」と岡部に聞く。

岡部「クリスティーナは俺の助手であり、大切な仲間であり
   そして、特別な存在だ。
   それにあいつが俺に惚れているという事情もある!」

ダル「ウッソーっ まさかのリア充展開!?」
まゆり「じゃあ、絶対助けなきゃ!」


岡部と鈴羽が旅立つ直前、ダルが鈴羽に尋ねてくる…
Steins0916_1.jpg
岡部「またか…w」

ダルw

こうして岡部と鈴羽は再び7月28日に到着。
鈴羽と短く打ち合わせ、岡部はまずガチャガチャをまわし、中鉢博士の
あの封筒にメタルうーぱが紛れ込む可能性を打ち消す。岡部が
メタルうーぱをゲットした直後にこの時間の岡部達が現れ
ガチャガチャをまわすが、出てきたのは普通のうーぱだった。ヨシ!次ぎ!

次ぎは、ジャ居團で紅莉栖に出会い、何か言いたげな岡部の部分を
再現。岡部は前に紅莉栖に出会った時のように演じ、一言
「俺はお前を助ける」とだけ言ってその場を去る。 
去った岡部が影から紅莉栖を見ていると、紅莉栖は階段の途中で
うーぱを拾う。拾ったうーぱはまゆりの名前入りの普通のうーぱ…
そうか、紅莉栖が拾って、持ってる封筒かなんかに入れたから中鉢の
手に渡ったのか~。とにかく、これで金属探知器に引っかかると
いう事はなくなって、あの論文は焼ける! 

あとは、中鉢を追い払い、隙をみて、紅莉栖を気絶させれば…と
思いながら、あの部屋の中で待っていると、サイリウムセイバーの
中の血のりが固まってしまっている事に気付く岡部。このままでは
血まみれの紅莉栖という状況の再現が不可能になってしまう。
岡部は考える… ってどうすんのよ、オカリン… まさか、自分の
血で血のりを作るとか…!?

そうこうしているうちに、中鉢と紅莉栖がもみ合いになり、中鉢が
紅莉栖を締め上げている。岡部はその直前に、方法に気がつき、
自ら、姿を現す。

やめろ!!

中鉢「誰だ、貴様は?」

ハハハハ!混沌を望み、世界の支配構造を破壊する者…
そして、おまえの野望を打ち砕く者…
聞きたいか? 我が名は…

Steins0916_2.jpg
鳳!!

Steins0916_3.jpg
凰!!

Steins0916_4.jpg
Steins0916_5.jpg
院!!

凶真!!


ポーズにワロタ…ww

さっきと同じように、中鉢はキレてナイフを取り出す。岡部は
中鉢を挑発しまくって、自分を刺すようにしむける。うわわー
やっぱり、オカリン、自分の血を紅莉栖の血に仕立てるつもりなんだわー
一歩間違えば殺されちゃうのに… 中鉢はオカリンの挑発にまんまと
乗って、岡部の腹部にナイフを刺す。うわーっわわわ・・・血がああ
その後、岡部は痛みに耐え、更に狂人を演じて中鉢をビビらせて
その場から追い払う。紅莉栖は、すぐに救急車を呼ぶと言って
救急に電話を入れるが、岡部は紅莉栖をスタンガンで気絶させる。
これでOKか…?? と思ったら、岡部… えええっっっ何するのぉぉぉ

岡部は刺されて出血はしているものの、岡部が見た血の量には
ほど遠いものなので、なんと、自分の刺された傷口に手を突っ込み
更に大量に出血させ、あの血の量を再現、うわわわわーっっっ
痛そうなんてもんじゃないぜ… 見ているこっちのお腹が痛くなるレベルよ!!

これは…間違いなく、俺が見た紅莉栖だ…

Steins0916_m1.jpg

岡部は鈴羽に肩を貸してもらい、その場を後にするが、途中で
少し留まり、この時間の自分が血まみれの紅莉栖の姿を目撃するのを
見届ける。そして、この時間の自分へ、心の中で呟く。

がんばれよ…
これから始まるのは人生で一番長く
一番大切な3週間だ

鈴羽と岡部は7月28日を後にする。
岡部の薄れる意識の中、鈴羽は
「ありがとう…また会おうね、7年後に
と言って消えていった。7年後に…鈴羽が生まれる!という事かーっ!


そして後日…
岡部は…あれ、もう退院? まゆりが花束を持って病室を訪れた時
すでい岡部はいなかった。街中のモニターでは亡命した中鉢博士が
論文が焼けてしまったと嘆いてるインタビューと、彼の亡命が
認められなかったニュースが流れていたw ざまぁ!

岡部はラボメン、一人一人に会いながらピンバッチを渡していく。
この世界線ではラボメンではない人々にも…

ラボメンNo.006 漆原るか
るか子「え?僕いつラボメンに?」
岡部「その記憶は…あるいは前世まで遡るかもしれんな」

ラボメンNo.007 フェイリス・ニャンニャン
岡部「助けが欲しい時はそれを握りしめ…
   ラ・ヨーダ・スタセッラ
   と、唱えるがいい」

ラ・ヨーダ・スタセッラww 超笑った…w

Steins0916_m2.jpg

ラボメンNo.005 桐生萌郁
綯が転んでいる所を助けた萌郁は、MR.ブラウンと出会い
MR.ブラウンの所で働く事になったという。SERNやタイムマシンと
関わらなければMR.ブラウンも萌郁もいい人なんだなあ。
もちろん、岡部はピンバッチを萌郁にも届けた。
岡部「いつでもラボを訪れるといい」
萌郁「あの…ありがとう…!」

まゆりがラボに戻ると、岡部の姿はなく、ダルだけがいた。
もちろん、まゆりとダルにもピンバッチが残されていた。
ピンバッチにはOSHMKUFAの文字が。それぞれラボメンの
頭文字を取ったものだが、まゆりはMとKとAは誰だろう?と
首をかしげる。

岡部は「ラボメンNo.008は7年後に現れる」と言ってピンバッチを
箱にしまったという。鈴羽の為だーーー!!
7年後なんて想像できないと言うダルに、まゆりはラボは
何年たってもラボは変わらないと思うよと言う。

岡部は紅莉栖を思いながら、街を歩く。紅莉栖が、今、どこかで
生きていればいい…それだけの想い。

すると…

Steins0916_6.jpg
すれ違ったぁぁ!!

もちろん、岡部も紅莉栖もお互いに気付き、足を止める。
紅莉栖はあの時、自分を助けてくれた岡部の事をずっと探して
いたのだった。

紅莉栖「やっと…会えた! 貴方を探していたんです。
    助けてくれたお礼を言いたくて」


岡部は携帯に向かっていつもの調子で話す
「俺だ。なぜ彼女がここにいる? 何? 俺が守れだと?
 やれやれ…勝手なことを言ってくれる。
 まあいい、それが選択だというのなら… 
 エル・プサイ・コングルゥ」

そして紅莉栖に言う・・・

岡部「また会えたな! クリスティーナ!」

紅莉栖「いや、だから私はクリスティーナでも助手でもないと… 
    …アレ?」

。・゚・(ノД`)・゚・。カンドーした!

岡部「ようこそ、わが助手、牧瀬紅莉栖、いや…クリスティーナ…」
そう言ってピンバッチを紅莉栖に渡す。

未来の事は誰にもわからない
だからこそ、この再会が意味するように…
無限の可能性があるんだ

Steins0916_7.jpg

これがシュタインズゲートの選択だよ


最終話はこんな感じでした。
岡部がお腹に手を突っ込むシーンは思わず、顔を覆いましたよぉ!
よく死ななかったなあと… あと、あそこらへんのシーンの
中鉢の顔が、ちょっと笑えたんだけど…岡部を刺す直前と、刺した後
超、顔芸気味だったw 何、その顔っみたいなw 
岡部が鳳凰院凶真だ!と名乗りをあげるシーンも笑えた…
そして、フェイリスにラ・ヨーダ・スタセッラと言った所とか大爆笑…
終始、そんなに暗くならず、所々に笑いもあって、ほんといい最終話だった。
なんといっても、最後のシーンで、紅莉栖と再会し、紅莉栖が
「いや、だから私はクリスティーナでも助手でもないと…」と言った
時は、ほんと、ちょっと泣きそうになりましたよ。感動したッス!
最後の最後まで、本当に面白かった。ゲームの方はした事ないけど
アニメの方はすごくよくまとまっていて、けっこう複雑な話じゃ
ないかと思うのに、説明不足感もなく、非常によかったと思う。

終了後、すぐに特報が流れて劇場版制作決定と出てましたが、
今の所出ている情報では、千代丸曰く、劇場版は総集編ではなく
だーりんのような感じじゃなくマジメな作品に。ゲームやアニメを
入口にした人をターゲットにしたい…という、なかなか興味深い感じに!
楽しみですね~ 

前回までのレビューは以下からどうぞ
#01「始まりと終わりのプロローグ-Turning Point-」
#02「時間跳躍のパラノイア-Time Travel Paranoia-」
#03「並列過程のパラノイア -Parallel World Paranoia-」
#04「空理彷徨のランデヴー -Interpreter Rendezvous-」
#05「電荷衝突のランデヴー -Starmine Rendezvous-」
#06「蝶翼のダイバージェンス -Butterfly Effect's Divergence-」
#07「断層のダイバージェンス -Divergence Singularity-」
#08「夢幻のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」
#09「幻相のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」
#10「相生のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」
#11「時空境界のドグマ -Dogma in Event Horizon-」
#12「静止限界のドグマ -Dogma in Ergosphere-」
#13「形而上のネクローシス -Metaphysics Necrosis-」
#14「形而下のネクローシス -Physically Necrosis-」
#15「亡環上のネクローシス -Missing Link Necrosis-」 
#16「不可逆のネクローシス -Sacrificial Necrosis-」
#17「虚像歪曲のコンプレックス -Made in Complex-」
#18「自己相似のアンドロギュノス -Fractal Androgynous-」
#19「無限連鎖のアポトーシス -Endless Apoptosis-」
#20「怨嗟断絶のアポトーシス -Finalize Apoptosis-」
#21「因果律のメルト -Paradox Meltdown-」
#22「存在了解のメルト -Being Meltdown-」
#23「境界面上のシュタインズゲート -Open The Steins Gate-」 


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(38) 

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 1

HINAKA

GOMARZ様

「我が名は鳳凰院凶真!」のポージングに拍手!
そして、それを見事に表現された記事に、大いなる拍手を!!

もう後は、何をかや言わんや、ですネ。
どうも上手くこちらに飛ばない、トラック・バックですが、個人的な例によってヒネくれた内容の、この最終回を受けての記事を、掲載してあります。うまく行くかどうかは、運次第として宜しくお願い致します。

それでは、また。

by HINAKA (2011-09-22 11:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 38

トラックバックの受付は締め切りました