So-net無料ブログ作成

僕は友達が少ない 第4話 後輩達は遠慮がないΣ(゜口゜;  レビュー [アニメ]

haganai1028_top2.jpg

なんか最近、誰かに見られている気がしている小鷹。
背後を気にしつつ…いつものように隣人部の部室へ行くと、部屋のソファの
上にシスターの格好をした幼女が眠っている。小鷹が幼女を起こそうと
ほっぺをツンツンとやると、後ろからパシャっとシャッター音が。

眠っている幼女にイタズラしているヤンキーの写真が撮れてしまった…

小鷹…あんたロリコンだったの?

振り返るとドン引きの夜空と星奈が立っていた
小鷹が違うと言うと、夜空は適当な画像掲示板にアップするとか
言い出す、なんか夜空はいつも、どっかにアップしようとするなw

そんな事をしていると幼女が起床…
幼女は夜空の姿を見ると「ギャッ!三日月夜空…!」と驚いたような
声をあげる。夜空は「久しぶりだなマリア。ようこそ私の部屋へ」と返す… 
ン? マリア? 

そう、この幼女が隣人部の顧問・高月マリアだったのだ!

後は続きからどうぞ


高月マリア… この場合幼女に見えても実は幼女じゃない!というのが
いつものパターンだが、マリアの年齢は10歳なのでリアル幼女だったw
リアル幼女だが、学校に勤務するシスターで先生…。

マリアが隣人部の顧問にさせられた経緯はマリア曰く…
夜空はいきなりマリアのところにやって来てマリアの右のほっぺたを
ひっぱたき、それから「主は仰った。右の頬をぶたれたら左の頬も
差し出しなさい」なんて言って左の頬までひっぱたいた後、
それからさらに「主はさらに仰った。左の頬もぶたれたら次は
部屋を差し出しなさい。さらに創部手続きの書類にサインして印鑑も
差し出しなさい」と言ってマリアを騙して、まんまとマリアを顧問にし
部室まで用意する事に成功したのだ。

「あとで調べたけど、そんなこと聖書のどこにも書いてなかったぞ
 嘘つき! 泥棒! うんこ!」

うんこ ってww

マリアの怒りはおさまらず、部室から出て行けと言い出す。すると夜空が
「所詮子供には荷が重かったか」とぽつり。

マリア「なんだとお!?」

あっっさっそく釣られた感が…w

「はあ…やっぱり子供に部活の顧問なんて無理があったのだな。
 私が馬鹿だった… 大人だったら一度引き受けた役割を
 放り出すこともなかっただろうに…」

「ワタシは立派な大人だ!」

「無理するな幼女。しかし天才少女のシスター・マリア先生なら
 大丈夫だと思ったのだが…見込み違いだったか…。」

haganai1028_1.jpg

「私は大人だ!顧問くらいこのワタシにかかればちょちょいのちょいだ!」

「べつに無理をしなくてもいいのだぞ?」

「む、無理なんてしてないもんね!」

「ふむ…では顧問を続けるのだな?」

「もちろんだ!」

「では顧問がしたいですやらせてくださいと頭を下げろ」

haganai1028_2.jpg
元気よく頭を下げるマリア

「この部屋を私に自由に使わせるんだぞ 神に誓えるか?」

「誓える!」

「もしまた顧問を辞めるなどと言い出したときはお前を全裸にして
 その写真をネットにばらまくけどかまわないな?」

「かまわない!」

かまわないのかっww って、夜空はまたネットにばらまくとかw
完全に夜空に釣られてしまったマリアは隣人部顧問に再就任。
その後、マリアは夜空に毎日の部室の掃除を命じられ、お茶持ってこいと
言われ、「わかった!」と言って部室から去っていった。

夜空「バカを騙すほど簡単な事はないな」

バカっていうか、子供だからなあ…w



最近、誰かに見られてる気がする

と小鷹が部室で呟き、ストーカーじゃないか…と言うと大笑いする
星奈。そもそもストーカーというのは恋愛感情のもつれによって
発生するものであって、小鷹にそんなのは無縁だからとバカにする星奈。

haganai1028_3.jpg
星奈のやっていたゲーム画面(イラストデザイン・たにはらなつき)

しかし、夜空はストーカーを捕まえるのに協力してくれるという
あら、珍しい。その後、夜空と星奈は二人そろって小鷹の後ろについて
学校を歩く…その様子はヤンキー不良が女の子2人をはべらせて
歩いているように見え、みんなの視線を集めてしまい、誰がストーカーだか
まったく判別できなかった。その上、生徒達の誤解を解こうと、小鷹が
違う俺は!!と叫んだ事で、生徒達がビビッてしまった…
その様子を見て夜空と星奈は…

「今のはあれか…チンピラの"なにガンつけてんだよああん!?"というやつだな。」
「リアルで見るのは初めてね」

小鷹…哀れw

haganai1028_m1.jpg

その後、小鷹が一人で廊下を歩いていると、ついにストーカーを確保。
その正体は1年1組の楠幸村という男子生徒だった。話を聞くと、幸村は
いじめにあっているそうで、どうすれば小鷹のように強い男になれるのか
学ぼうとしていたらしい。いじめの話がでた時に、夜空の態度が今までの
感じとは違ったマジメな感じだったのが気になるね。いじめに
関して何かあったんだろうか。

幸村が小鷹に持っているイメージは…
「つまらぬ規則にしばられることなく己の生きたいように生きるそのすがたは
 合法にして磊落。欲望のおもむくままに金品をうばい、意にそわぬものは
 力をもって排除し、美女をはべらせ酒池肉林のかぎりをつくす。
 神をもおそれぬそのふるまい、まさしく天上天下唯我独尊」

小鷹「どこの董卓だ、それはっ!」

董卓ww

ところで、幸村ってどんないじめにあってるの?と聞いたら、なんか
それはいじめじゃないという感じだった。どちらかというと、男子達は
みんな幸村に気をつかっているというか、大切にしてるというか…
しかし、そんな事は幸村にはわからないらしい、夜空は小鷹で幸村を
釣って幸村を隣人部に勧誘し、幸村は即、隣人部の部員になった。
そんなわけで、小鷹に舎弟ができたとさ…

CM…
haganai1028_4.jpg
CMでは、本編で夜空にお茶をもってこいと言われたマリアが
お茶を持ってきた時の様子が描かれていたw お茶もってきたぞーって
戻ってきたら、だれも居なくて部屋中捜し回って、疲れて寝ちゃった
みたいな…w  はがない、CM中も面白くて気が抜けないわ

haganai1028_top1.jpg
アイキャッチ

CM明けでいきなり小鳩。小鳩は部活の話ばっかりする兄にご機嫌ななめ。
「あんちゃんは最近部活の事ばっかりじゃ…」

かわえええええええ!!
あんちゃんって言い方がちょ~~~~~可愛い、可愛すぎる。

翌日…
学校ではさっそく幸村が舎弟として、幸村につくしていたが、それに
よって再び小鷹の評判が落ちていた。小鷹が幸村を探していると、理科室で
爆発音がし、部屋に入ると、女の子が倒れていた。小鷹はすぐに女の子を
救出し、保健室へ運びそれで事が終わったかにみえたが、休み時間、その
助けた女子が小鷹に会いに教室までやってきた。

志熊理科。志に動物の熊、理科社会の理科。一年生です

理科は小鷹に礼を言うと、理科は命を助けてもらったから、それ相応の
対価を支払うとかなんとか言い出した。またまた変人キタw
理科は小鷹が保健室に連れて行ってくれてなかったら、誰かに陵辱されて
いたとか大声で言い出す

理科の愛読している本では大体そういう展開になります。
男たちは欲望の赴くまま眠ったままの理科の衣服を乱暴にはぎ取り
代わる代わるその猛り狂う己自身を理科の華奢な身体へと―
猛り狂う己自身を!!

(゚Д゚)…
教室で大声でとんでもない事を興奮しながら叫ぶ理科を連れて教室を
出る小鷹。また評判が…w 理科室登校をしているという理科に
小鷹が「お前も色々あるんだな」と優しい表情で言うと、理科はなんか
照れた感じになり、ほ乳類で興味をもったのは小鷹が初めてだとか
言って去っていった。その時の理科が可愛かったのか、小鷹もなんか
照れている様子だった。

放課後…部室で漫画を読んでいると、幸村がお茶を煎れてくれる。幸村は
真の男になる為の特訓という名目でなぜかメイド服を着せられていた。
理科の話になると、星奈から、理科はこの学園にわざわざ入ってもらった
天才少女だという事がわかった。理科室登校というのは、なんというか、
別に保健室登校とは違って、そもそも、その理科室も理科の為に用意
されたもので、そこで自由に研究ができるようになっているらしい。

と、ここで、部室になんと理科がやってきた。理科は小鷹を追って
隣人部に入部しにやってきたのだ。入部届ももちろん持参済み。
夜空はちょっとムッときた表情を浮かべる。理科は夜空が言ってきた
入部条件もすでにクリア、なんとあの斜め読みに気付いていたのだ。
しかも、友達もいないということで、入部資格は完全に満たしていた。

「今日から貴様も我が隣人部の部員だ」

そう夜空が言うと、理科は小鷹にベタベタしてくる
「これで放課後はいつでも小鷹先輩と会えますね。ついでに皆さんも
 よろしくお願いします。理科と小鷹先輩の邪魔にならない程度に」
理科は上機嫌だが、夜空、星奈、そして幸村までもが何か不機嫌そうな
表情を浮かべる。特に星奈なんか、かなりムッとした顔してるぞ…w

haganai1028_m2.jpg

ここで、小鷹は理科がなんか持っている事に気付く、理科は
エッチな本を入れているのを忘れてたといって、ポケットから同人誌の
ようなものを取り出す。それは人物が描かれていないロボットだけが
描かれた本なのだが、ガンダムとエヴァ本…といった感じ。
すると、理科は興奮した口調で漫画を声を出して読み出す

「ゲヘヘ、俺様の自慢のハイメガバズーカの味はどうだ弐号機?」

「ううう…ZZの太くて固くて大きいのが、ボ、ボクの奥に当たって! 
 しゅ、しゅごいよぉ!」

「どうだ、ここを攻められるのが弱いんだろう! オラッ、
 お前のDTフィールドを貫いてやるぜ!」

「ら、らめぇ、ボク初めてだから優しくしてぇ! そんな大きい二連装
 メガビームキャノンなんて入らないよぉ!」

「もう限界だ エネルギー170%チャージ完了 発射(だ)すぞ!」

「ああ、やめてっ、そ、そんなの、壌れちゃうよぉっ、
 あ、あ、あ、キ、キミの熱いのがボクの中に、あ、あ、あ、ああああああ

haganai1028_5.jpg

「ユニバァァァ~~~~~スッ!!」


(゚Д゚)… チャージ完了っていう所の演技凄かった、何度も
見ちゃったよw 凄すぎるw

何度読んでも素晴らしいです。特に2機が同時に絶頂を迎えるときの
表情がもう最高ですね。こんないいアヘ顔を描ける作家はそうそういませんよ

アヘ顔?ロボのアヘ顔? ワロタww
夜空がまったく理解できないという感じでいると、理科は
誰も理解してくれなくたって負けないと言い、小鷹に性行為でも
してみましょうか?と言ってくる。なんてハレンチな!と夜空が怒ると
理科はしらっと、「しかし聞くところによれば、世の中には
セックスフレンドというものがあるそうですよ」と言う。
理科がオスとメスの間には普通の友情などは成立しないと言うと
夜空は一際大きな声で「そんなことない!!」と叫ぶ。何か
地雷を踏んでしまった感じになって、一瞬場が凍り付くが、そんなの
理科はお構いなしで小鷹にベタベタし続ける。そして、夜空と星奈は
不機嫌になり、なぜか幸村まで胸がチクチクすると心の中で思うのであった。



今回はこんな感じでした
幸村とマリア、そして理科が一気に出てきたという感じで、これで
全員集合ですかね。マリアが幼女すぎで可愛い、なんてバカなんだ…
夜空の口車に乗りすぎでしょ、夜空も子供騙しちゃダメだな…まあ
面白いからいいけど…w 幸村がどう見ても男に見えず、完全に
隣人部が小鷹ハーレム部に見える。しかも、幸村、小鷹に惚れている
っぽいな…これは理科にとっては嬉しいんじゃ…w 理科は完全に
変態ですね、まあ、変態なのはいいことだと思うけど、ロボのあれは
わからないわ… 理科が小鷹にベタベタする事で、夜空、星奈、そして
幸村までもが複雑な心境になるとか、みんな小鷹が好きなんだなあと。
それにしても、理科が漫画を読んだシーンは面白かった、福圓美里の
演技凄すぎw ユニバァァァァァァァスッ!!

エンドカードはCARNELIAN
http://twitpic.com/76lt4u

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 僕達は友達が出来ない(´・ω・`)
第2話 電脳世界は神様が居ない(゜Д゜)
第3話 市民プールはフラグがない(;´ Д`)  


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(51) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 51

トラックバックの受付は締め切りました