So-net無料ブログ作成

僕は友達が少ない 第6話 カラオケボックスは客が少ない(つд⊂)  レビュー [アニメ]

haganai1111_top.jpg

子供の頃…
父親に突然の引っ越しを告げられた小鷹は、その時、ただ一人だけいた
仲のいい友達に引っ越しの事を話そうと、次ぎの日に大事な事を話すから
絶対に来てくれと頼んだ。すると、その親友も明日とても大事なことを
話すと言ってきた。お互いに明日、大事な話をする約束をして、その日は
別れ、そして翌日、小鷹は待ち合わせ場所でその親友を待ったが
親友は現れず、結局、唯一の親友に別れを告げられないまま街を去ったという…

そんな夢を見て朝、小鷹は目覚める。目覚めると、夢の事は
覚えてない様子。 「あれ?何の夢見てたっけ?」って何で覚えてないのよw
横では小鳩がいつの間に一緒に寝てて、小鷹の服を掴んでいる。
キャーっ 前回のモロ続きという事ですかね~ 小鳩~可愛いよ~。

いつの間にか一学期が終わってしまったわけだが…

部活中、そう夜空が呟く。夜空は、この中で隣人部の目的通り、友達が
できた者っているのか?言ってくるが、結論として、誰も友達ができた
気配はない。…って、この隣人部に集まった者同士がすでに友達じゃ
ないのかねw 

後は続きからどうぞ
 

haganai1111_1.jpg
ゲームイラストは七尾奈留

ねえ、ちょっと聞くけどさ…あんたたち、カラオケって行ったことある?

星奈がいきなり聞いてきた。小鷹が前の学校に居たときに何度か…と
答えると、夜空も「あるぞ」と言ってきた。しかも、夜空は市内の
カラオケボックスを全て行き尽くしたとか言ってる。友達と一緒に
行ったとか言う夜空だが、その友達とは…もちろんトモちゃん

小鷹「あー…トモちゃんね…エア友達の…」
夜空「なぜそんな哀れむような顔をする?」

小鷹や夜空がカラオケに行った事があると聞いて、星奈はショックを
受けるが、つい強がって、自分がカラオケに行った事ないのは
カラオケが低俗な庶民のお遊びだからだとか強がりを言ってしまう。
すると、今度は理科がカラオケに行った事ないので、行きたいと言い出し
幸村、小鳩、そして夜空もカラオケに行こうと言ってきて、ついに
星奈を抜かしてみんなでカラオケに行こうという事になった。
横で着々とカラオケに行く話が盛り上がってきたのを見ていた星奈は
焦りだし、「ちょっと待ってよ」と言ってくる。すると夜空は…

なんだ肉…私達は今、高貴なお肉様が全然興味がなくて、行きたい
なんてこれっぽっちも思っていない、カラオケ屋という低俗な庶民の
お遊びに行く予定について話し合っているのだが?

お肉様てw 
夜空さん、星奈の痛い所をどんどんついてくるぉぉぉw
夜空が星奈を追い込むんで、小鷹は、一緒に行きたいなら素直に
言った方がいいぞと背内に助け船を出すと、星奈「一緒に行きたい」と
ちゃんと素直に言ってくる。

「一緒に行きたいわ…」
「聞こえないなあ!」
「一緒に行きたい!」
「え?なんだって?」
「あたしも一緒にカラオケに行きたい!」
「そうか、貴様の気持ちはわかった。
 だが私は貴様と一緒に行きたくないなあ」

夜空、ドイヒーww 

夜空はどうしても連れて行って欲しいならお願いしてみろっと言って
星奈のオッパイを指でグリグリしながら攻める。うわあw ドSだああ
星奈は屈辱に顔を歪めながらも、夜空の言うとおりに一生懸命懇願…

「私も一緒に連れて行って下さいお願いします!!」
「ふっ よく言えました」

これで連れて行ってもらえるかと思ったが夜空は…

「だが、断る」

(゚Д゚)! 鬼やーっ鬼っ
と、ここで星奈は、こんなこといちいち夜空の許可がいらない事に
やっと気付く。夜空にやっと気付いたか、と頭の弱い子扱いをされ
星奈はいつものように子供のような悪口を夜空に叫びながら部室から
走って出て行った。 なんかこの夜空と星奈のやり取りがパターン化
してきたなw

その夜…
柏崎家の夕食時… 星奈がカラオケに行く話を食卓でする。
その時、星奈の父が小鷹の名前を星奈から聞いて…
星奈父、格好いいな! 声は置鮎龍太郎じゃー!

haganai1111_m1.jpg

翌日…
小鳩と一緒に待ち合わせの駅へ向かう。小鳩は夏というのに、暑苦しい
格好をしているので、小鷹が大丈夫か?と聞くと、小鳩はゼエゼエ口調で
「クックック、真祖たる我は暑ささえも凌駕しておる…」と答える…w
いや、全然、凌駕できてないからっ 小鳩カワエエ…!!
待ち合わせ場所にはすでにみんな集まっていた。まだ約束の時間の
10分前なのに。

夜空「私は理科より5分遅れて来た」
幸村「わたくしはあにきがこられた20分前に着きました」
理科「理科が来たのは星奈先輩が来た15分前です」
星奈「あたしは幸村の着く5分前からいたわ」

ん?原作じゃ理科は星奈の来た15分後だったような気がしたけど…
なんで、そんなマイナーチェンジをしたんだろうかw 間違い??
算数のクイズみたいな言い方をするんで、小鷹はこれを本当に算数の
問題として、小鳩に問題を出してみたりする。簡単な問題だが…
haganai1111_2.jpg
アカシックレコードww
この後、一生懸命考えている小鳩の姿が可愛かったぞ…!

夜空の案内で、駅からちょっと歩くカラオケ屋「深淵からのよびごえ」へ
向かう一行。途中、公園の横を通った時、公園の中で遊んでいる子供が
友達の事を「タカ!」と呼んでいたのを聞いて立ち止まる小鷹。
なんか思い出したかな?

CM…
haganai1111_3.jpg
今回のCMは小鳩の歌う「ゆけゆけゲルニカちゃん」に合わせて
小鳩の好きなアニメが流れているようなCMw

haganai1111_4.jpg
アイキャッチ

深淵からのよびごえに到着。しかし、店名、笑えるなww
夜空は慣れた感じで、フリータイム、ドリンクバーと言って会員カードを
出す。店員が6名でいいか?と聞くと、いつもの感じと違ったんで
一瞬だけ狼狽えた様子の夜空w そして、店員から前払いの料金の
値段を言われ驚く夜空。フリータイム+ドリンクバー、六名で
5400円…一人900円、妥当な値段じゃないのか?と思ったら
夜空はいつも一人で来ているので、どうも、部屋代として考えると
いくら6人だからって、いつもの六倍の値段を払うのはどうも納得
できないらしい。そして、なぜか、この夜空の考えに速攻同意してきたのは
星奈w なんかこういう時になると、この二人、意見合うなw
二人は店を詐欺呼ばわりした挙げ句、なんと、一人、一人で別々の
部屋で歌う事に決めて、一人づつ、部屋をとってしまった。
(゚Д゚)ハァ? みんなで来たのにww
それに続いて、小鷹達の番だが、小鷹は夜空達のようにはせず、
残りの四人で部屋を取った。それを聞いた夜空と星奈は後ろを振り返り
非常に残念そうな顔をしていたが、今更引っ込みはつかないよなあw

星奈と夜空、それぞれ部屋に一人で歌わずにいると、小鷹達の部屋から
小鷹の歌声が聞こえてくる。
木村良平の歌キタ――(゚∀゚)――!!
小鷹の歌が終わるとみんな大喜び、理科なんて「濡れてしまいそうです」
けしからん事をw 小鳩は…

「クックック、七千年前、貴様と共に闇夜を駆け抜けた事を思い出す…」

と、またまた可愛いことを言っていたw

次ぎに理科が歌うが、歌い終わった後のフィニッシュが…
haganai1111_5.jpg
ラブマイクフィニッシュ というらしいww

その後、幸村、小鳩も歌い、小鷹は歌を聞きながら、夜空と星奈は
どうしているかなあと思う。小鷹は、夜空と星奈の歌も聞きたかった
んだもんねえ。その頃、星奈と夜空はそれぞれ、小鷹の事を思いながら
歌っていた… なんだ、この回想シーンw  

そして、カラオケ終了…小鳩はすっかり眠ってしまって、小鷹に
おんぶされて部屋を出てきた。すると、すでに歌い終わった夜空と
星奈が力尽きた感じでフロント前で項垂れている。
二人とも声がガラガラになっていたが、その理由は、二人、別々の
部屋で採点モードで点を競いあっていたからだった。 なんとも
不毛な争い… ほんと、今度来る時は、みんなで同じ部屋で歌ってくれ…w
帰り道、これで一学期の部活は終わりで、夏休みかーとか話していると
夜空は、夏休み中も部活をやると言い出した。

なんでも、夏はリア充がますます充実する季節だから、将来、友達が
できてリア充の仲間入りをしたときの為にいまから訓練をしておかないと
あまりにリア充度が高すぎて死ぬかもしれないからだとか。
今度、反省会を開くとか言う夜空に、星奈は失敗した理由は夜空が
無能だからだと言ってくる。ああ…またそんな事言ってると、逆襲されるぞ
と思ってたら、速攻夜空の逆襲に遭う星奈。

haganai1111_m2.jpg

夜空の言葉攻めにあった星奈は、例によって子供みたいな悪口を
言ってその場から泣いて走り去る。うーん、完全にパターン化しとるw
星奈が去った後、みんなでてくてく歩いて駅に向かっていると、小鷹は
夜空にこの1ヶ月、割と楽しかったぞと礼を言う。前を歩いていた
夜空は後ろを振り返らなかったが、一瞬で耳が真っ赤に…。可愛いな。
すると、星奈が小鷹の名前を呼びながら、戻ってきた。
星奈は父親に、小鷹が挨拶をしにきたいと言っていた事を話したようで
今度うちに来なさいと父親からの伝言があったのだ。小鷹が何で星奈の
父親に会いにいくのかとか、そういう事情を知らない夜空は狼狽する。

「なんで小鷹が肉の家に行って、その、父親に挨拶するのだ!?」

小鷹がその事を説明しようとすると、星奈はちょっと嬉しそうに…
haganai1111_6.jpg
「小鷹それ秘密にしといて。問題あるかもしれないし」

それを言われた小鷹はたしかに父親が理事長の友達だから編入時に便宜を
はかってもらった…なんてことは、あまり大っぴらにしていいことでは
ないだろうと、納得する。一方、夜空はものすごく不満そうに… そんな
夜空の顔を見た星奈は勝ち誇ったように「べつに夜空にはなんの関係も
ないことよ。小鷹があたしの家に来ようが、あたしのパパと会おうが、
夜空には全然関係もないことだもんねー。」と言う。
まあ、たまには星奈が得意気でもいいじゃないか。いつもいじめ
られてるんだし。星奈は夜空のグヌヌという表情を見届けて、また
その場から去っていった。


今回はこんな感じでした。
カラオケですが、まさか、夜空と星奈がそれぞれ別の部屋で
一人カラオケとは…w みんなで行った意味がないじゃないかっ
ああいう時だけ、意見が合ってしまう夜空と星奈がなんか、ある意味
不憫だったな。 
カラオケでは理科のラブマイクフィニッシュがエロくて良かった
あと、マイクの事を"黒くて固いの"って言ったのも笑えたw
何かと、理科が面白すぎる、彼女の口から出てくる表現がいいよね。
小鳩は相変わらず可愛すぎるぅぅぅ、私の中で小鳩無双は続いているが
小鳩が隣人部に入っちゃったから、拗ねる小鳩があまり見られなくて
ちょっと寂しいぞ… あれ、そういえば、小鳩の天敵のマリアが
今回一切出てないじゃんw 

エンドカードはなんとredjuice
http://twitpic.com/7csdwu

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 僕達は友達が出来ない(´・ω・`)
第2話 電脳世界は神様が居ない(゜Д゜)
第3話 市民プールはフラグがない(;´ Д`)  
第4話 後輩達は遠慮がないΣ(゜口゜;
第5話 今度はSAGAがガチな戦いヽ(`Д´)ノ


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(54) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 54

トラックバックの受付は締め切りました