So-net無料ブログ作成

アマガミSS+ plus 第3話 桜井梨穂子 前編 ユウグレ レビュー [アニメ]

amagami0120_top.jpg

梨穂子編といえば、結局完全にくっつかないで、

いつか、私の想いが純一に届くといいな…
ちなみにダイエットはまだ継続中です!
~fin~

という感じで終わり、橘さんの変態プレイも炸裂せず
告白もなしで終わったのが印象的でしたが、今回のその後ストーリーで
果たして二人は結ばれるのだろうか!? 

くっつかなかったといっても、純一は茶道部に入り、今は梨穂子と2人で
茶道部をきりもり… 正式につき合っていないというだけで
相思相愛なのは一目瞭然なんだが…当の梨穂子は

先輩達が卒業して私一人になった茶道部に
純一が入部してくれてから数ヶ月が経ちました。
私は相変わらず純一に片思い中なのです!

なんて言ってるよw

後は続きからどうぞ
 


夏休みに入っても講習があり、学校に来ている生徒達。男子生徒の
一部は、最後の夏休みなんでナンパするぞーと息巻いていた。
講習が終わり、梨穂子が純一と一緒に部室の掃除があると言うと
香苗が純一との進展具合を聞いてきて赤面する梨穂子。
橘さんは教室の隅で、正吉に借りたお宝ビデオを返していたが
そのビデオを昨晩見ていた為に興奮して眠れずかなり寝不足らしい。

部室を掃除していると純一が夏バテでダウン。梨穂子の体重の
話になり、二人は誰もいない保健室で、梨穂子の体重を量る事にする。
そこから、小学校時代、二人で同じように誰もいない保健室で
身体測定をして勝負した事を思いだした二人は、再び勝負をする事に。
って、橘さん、小学校時代から変態紳士だったんだな。身長で
負けたから、今度は胸囲で勝負だ!と勝負した橘さん…梨穂子の
オッパイを計りたかっただけという… しかも、胸囲勝負でも
梨穂子が勝って、梨穂子が大喜びしてぴょんぴょん跳ねている
姿のオッパイの揺れを凝視するという、そんな小学校時代の純一。

amagami0120_1.jpg
小学校時代

amagami0120_2.jpg
現在…

安定の変態紳士…w

純一の夏バテの原因は、現在両親が親戚のおじさんの看病に
二人揃って行ってしまっている為に、ろくなものを食べていないという
理由だった。それを聞いた梨穂子は照れながらも、純一の家に料理を
作りに行くことにする。

純一の家に行くためにオシャレ?をする梨穂子。

amagami0120_3.jpg
なぜかパンツも念入りに選ぶ梨穂子…
見せる予定でもあるのかっ

梨穂子「って、着替えはいらないよね…」
泊まり用かっw

夕食用の買い物をしていると、ウナギ屋で、あの濃い先輩達に出くわす。
水産学部に進んだ先輩達は夏休みを利用してバイトしつつウナギの
生態研究をしているとかなんとか… エエ…あの先輩達、水産学部に??
amagami0120_4.jpg
しかもテニスサークルに入っているらしい まじすかw

先輩達は梨穂子と純一の間に変化がない事を聞いて、純一に精を付けさせようと
レンコン料理を勧め、ウナギをくれる。相変わらず、先輩達、濃いわー
そして面白い。梨穂子の話は、この先輩達が濃い為に梨穂子の印象が
薄くなるという現象さえ起きてしまうんだよなあ…w

amagami0120_m1.jpg

これで純一の夏バテも解消、早く純一の家に行かないと!と買い物を
済ませて、ほくほく顔で純一の家へ向かっていると、いきなりナンパされる
梨穂子… しかも、ナンパしてきた相手は教室で「ナンパすっぞ」と息巻いていた
クラスメイトの男子・真壁だった。真壁は梨穂子を人気のない場所に
誘い出すと、いきなりせまりまくってくる。

その服、すごく似合っていて、とてもセクシーだ…
今日の桜井を見ていたら、俺の中のパッション
はじけちゃったっていうか…目覚めちゃったっていうか…
どうして今まで気が付かなかったのか分からないぜ…
桜井!お前に惚れた、俺とつき合わないか?

(゚Д゚)パッション?w

梨穂子は真壁に自分には既に好きな人がいる事を告げる。
あれ…純一が近くに来てるじゃん!? 
ちょうど電車が通過したので、梨穂子の声は聞こえなかったが
多分、梨穂子は純一の事が好きなんだと真壁に言ったっぽい!?
そしてそれを、もしかしたら純一は立ち聞きしてしまったかも…

amagami0120_m2.jpg


今回はこんな感じでした。
梨穂子編は、アマガミSSの時に唯一、カップル成立にまで至らなかった話
なので、今回は成し遂げてもらいたいですね~ でも、その反面、やっぱり
梨穂子の片思いは続く…みたいな方向もあるのかな?とちょっと心配よね。
小学校の頃の純一が、今と何ら変わりのない変態紳士だったのが笑える。
先輩達が水産学部なのも驚いたが、テニスサークルってw 特に愛歌先輩の
方がテニスをやっている姿はまったく想像できん。
パッション真壁が梨穂子にいきなり迫ったのには驚きですね、あんな
人気のない所で急に迫ったりするとか、変態とかじゃなくて、ちょっと
怖いわ、マジヤバな雰囲気を醸しだしている。梨穂子が多分、純一の
事を好きだと真壁に言った所、純一には聞こえてたのだろうか… 
次回は後編、ほんと、アマガミSSの時に、梨穂子編は終始物足りなさを
感じていた話なんで、アマガミSS+ plusではそこらへんをガッツリ補って
もらいたい! 果たして梨穂子の恋は完全に酬われるかっ

前回のレビューは以下からどうぞ
第1話 絢辻詞 前編 ユウワク
第2話 絢辻詞 後編 ケッセン

amagami0120_5.jpg
エンドカードは歌麿

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(36) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 36

トラックバックの受付は締め切りました