So-net無料ブログ作成
検索選択

K #06 Karma レビュー [アニメ]

K1110_top.jpg

街に出た社達は定食屋でお食事…
そんな中でも、シロはやはり、あの血染めのシャツ
事が気になってしまう。いったい自分は何なのか?という
感じなんだろうなあ…。前回、菊理がシロの事を
「知らない人だわ」と言っていたり、学校のデータの
中にもシロは存在していなかったり・・・・
伊佐那社は本当に存在しているのだろうか?

行きつけの定食屋のはずなのに壁に貼られた
写真の中にはシロは写っていない。でも、定食屋の
おじさんはシロの事を「常連中の常連」と認識して
いてくれてるな。 

バー「HOMRA」には淡島さんがプライベートで
現れる! 淡島ちゃん、プライベートじゃ、草薙さんとかと
仲がいいんだ、この前も草薙さんだけが淡島の事を
「ツンドラの女」と呼んでいる事が発覚してたしな~

後は続きからどうぞ
 


淡島さんお美しい!
K1110_1.jpg
私服で髪の毛降ろすとこうも雰囲気変わるものか~

草薙さん、淡島さんの事を世理ちゃんって言ってるなw
淡島さん、マティーニにあんこを入れて飲んでるぅうう。
淡島さんはあんこ入りマティーニを飲みながら、赤の王、
周防のヴァイスマン偏差は限界である事を指摘、草薙さんも
カグツクレーターの事等は知っており、周防はそんな
大惨事を起こさない為に、自らセプター4に囚われの身に
なっているのではないか?と言う。

HOMRA内のインテリア小物は、どうやら十束多々良
選んだものらしい…
というわけで、8年前…
周防は現在24歳だから当時はまだ高校生か。で、草薙さんは
18歳。その時から十束多々良は周防の舎弟になりたくて周囲を
彷徨いていた。十束君、周防の事をキングって呼んでるw

俺は王様の家来になるのさ…
なんかあの人、とんでもない大物に…
それこそホントの王様にだってなれると思わない?

この頃はまだ、赤の王じゃなかったという事か~。
十束多々良は、周防の中にある王の資質みたいなのを
見抜いていたのかな?

K1110_2.jpg
まだ16歳の周防! 確かに若い。

K1110_m1.jpg

街の花火屋まで来たものの、シロが菊理から頼まれたものを
メモったメモの字があまりにも汚く読めない為に、菊理に
電話をして訊くことになった。夜刀神の携帯で菊理に
訊こうとすると、突然ネコが猛反対。
どうしたネコ、何かダメなのかな?
「吾輩は電話が嫌いである!」
なんで嫌いなのかなw 
K1110_3.jpg
クロに「なぜだ?」と問われたネコは混乱して、
最後はニャー!と叫んで、猫の姿になってどこかへ行ってしまった…。

さっそくシロが「伊佐那だけど」と菊理に電話を
入れたが、菊理は「誰?」と伊佐那社なんて知らないと
言って電話を切ってしまった。
ど、どういう事? やっぱり、菊理の中から伊佐那社と
いう記憶が消えている!? 

「誰かにお前は確かに伊佐那社だって言われたいんだ…」
そう言って続いて実家に電話をするシロだが、なんと
実家の番号にかけると「現在使われておりません…」という
事になっていた。 なんか、怖い事になってきたぞ…


3年前…
なんで王になんかなっちまったかな…
周防さん、既に王になっていた。能力を使って日々戦って
いるのかストレスが溜まっている様子。そんな周防を
癒す存在が十束多々良という風に見えた。

十束「平気平気、なんとかなるって!」
周防「お前は昔から無責任だな…」
十束「何もビビる事はないよ。あんたは王なんだ。
   あんたの力は破壊する為じゃなくて、守る為にあるのさ
   俺が保証する」

何が気になったって…
K1110_4.jpg
アンナちゃん、当時8歳は今とまったく変わらないw


3ヶ月前…
HOMURA内で楽しそうに遊ぶ吠舞羅のメンバー達。
その中心にいるのが十束多々良だった。
K1110_5.jpg
みんな十束の歌声に癒されてるという感じだな…
このシーンを見ているだけでも、十束多々良という
存在がどれだけ吠舞羅の中で大きかったのかが伺える。

周防尊も癒されてる…
K1110_6.jpg


シロはクロと共に、自分の実家があるハズの
場所に赴くが、そこには家はなく、スタジアムだった。
K1110_7.jpg
スタジアムの広告の部分w

僕はそもそも伊佐那社じゃないのかもしれない…
ていうか、伊佐那社なんて人間はいなかったのかもしれない

シロは、なんとなくおかしい気がしていたという。
細かい事を思い出そうとすると上手くいかない時があったらしい。
記憶にないとは故、人殺しの可能性も絶対にないとはいえなくなり
「僕はもう僕を信じられない」
そう寂しそうに呟くシロ。

一週間前…
十束多々良が撃たれた屋上にかけつける草薙と八田。
十束はまだ息があり、八田に「無色の王…」と言った後
「平気、平気、なんとかなる… ごめん…」と最期の言葉を
残して死亡。草薙は周防に「悪い知らせや…」と連絡を入れた。

K1110_m2.jpg


僕を斬るかい?
シロがそう言うと、クロは剣を抜こうとするが、クロが
取り出したのは三輪一言の言葉が入ったボイスレコーダーだった。
一言の格言を聞くクロ・・・・・
「諦めを 抱きし刹那 幕おりぬ」
クロは、シロを見極める事をまだ諦めておらず、故にまだ
幕を下ろすつもりはないと言う。

クロ「お前はどうなんだ シロ」
シロ「諦めないか… そうだね。その一言様の言葉は正しい」

クロ「何ならお前にはこの句を復唱する事を許してやってもいい」
K1110_8.jpg
赤くなるなw

クロの言葉にシロは「キモっ」といつものリアクションを
するが、その目には涙が…。

エンディングは本編中でも十束君が歌っていた
「Circle of Friends」歌:十束多々良(CV:梶裕貴)
映像は、吠舞羅のメンバーが写った写真が色々出てたんだが…

鎌本が痩せてたw
K1110_9.jpg
昔は普通のイケメンだったのね…

伏見の姿も!
K1110_10.jpg


今回はこんな感じでした
いやー、なんか大変な事になってきましたね~
伊佐那社という人物は何なのか。存在しているけど存在
していない…。どうなってるんだろうか。
少なくとも、菊理に関しては、ちょっと前まで、社の事を
認識していたのに、今は知らないと言っていた。
ネコが、電話で訊くのを嫌がっていたのには意味があるのかな?
ネコは、学校に戻って菊理に直接訊こうと言っていた、つまり
シロが学校に戻れば、菊理はシロを認識するという事?
そういえば、定食屋のおじさんはシロをちゃんと認識していた。
シロの能力の影響範囲的な?? それとも、ネコの能力の
影響範囲? とにかく、そこらへんは、シロが学校に戻ったら
判明しそうだけど…。
十束多々良という人物や、赤のクラン、吠舞羅の人々の
事が、色々と出ていましたけど、本当に、十束多々良は
吠舞羅の人々に愛されていたんだなというのが伝わって
きて、彼らが犯人捜しに躍起になっているのも理解できた。

次回は色々とまた動きがありそう、早く続きが見たい!

前回までのレビューは以下からどうぞ
#01 Knight
#02 Kitten
#03 KITCHEN
#04 Knock-on effect
#05 Knife


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(12) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12

この記事のトラックバックURL: