So-net無料ブログ作成
検索選択

中二病でも恋がしたい! Episode VII 追憶の…楽園喪失(パラダイス・ロスト) レビュー  [アニメ]

chunibyou1115_top.jpg

夏休み…
十花に頼まれて、六花の実家に一緒に
行くことになった勇太。そして結社のみんなも、
なぜか一色までもが一緒にやってきていた。

もう、一色、完全にくみん先輩に惚れてるじゃん。
しかも、愛情表現が露骨だ!露骨にくみん先輩
好き好きオーラを出しまくってる。
そんな一色に丹生谷は呆れ顔…
一色、丹生谷の本性を知ってるから、二人の会話が
面白いじゃないか…w

丹生谷「しかしよくあんな服着てこれるわね。
     昭和アイドルかっての」
一色「ばーか、くみん先輩はお前と違って時代に
   左右されない真っ直ぐな人なの!」

一色はもうこっちサイドの人間だなw


後は続きからどうぞ

 

髪の毛がちょっとだけ伸びた一色をみんな小学生のようだと言う。
chunibyou1115_1.jpg
この小僧っ!

強力な太陽光とガンマ線が凸守を襲うデス!
Dark Limited Unknown Shield 装着!!
chunibyou1115_2.jpg
ちょっっ グラサンが服に合わないww

くみん先輩はちょっと伸びた一色の頭もお気に入りの
ようで、ナデナデしてるな。

こんな感じでみんなはいつもの通りだが、六花の様子が
なんか暗い…勇太はそんな六花の様子が気になるようだが…。


電車に乗って速攻で酔う凸守
「こんな時こそ、マビノギオンの言葉を目にして
 魔物を追い出すデス!!」
と言って、マビノギオンを開く凸守。いや、凸守それ
逆効果だから! 乗り物酔いの時に、下向いて本読むとか
一番やっちゃいけない事だから! 案の定、更に気持ち
悪くなってしまった凸守をトイレに連れて行くように
丹生谷に頼む勇太。

横の座席では…
chunibyou1115_3.jpg
ちょっとぉおお、一色がヘラヘラして寝てるくみん先輩
見倒してるぅうううう。 しかも、見ている所が、くみん
先輩の胸元だという事が判明し、丹生谷は、トイレに
凸守を連れて行くのを一色に手伝わせる。


横に座っている六花がずっと静かで上の空みたいな
感じなので、勇太は六花に話しかけるが、やっぱり
六花の様子は何かおかしい… 
このシーン、勇太が六花のほっぺを指で触ったのも
いい感じだったけど、一瞬だが、二人の手が触れた
時の描写がよかったわー。
chunibyou1115_4.jpg
ドキっとするシーン!

電車のトイレで、凸守に吐かせている時、なんと
一色はもらいリバースをして、ゲロを丹生谷にぶっかけ
らしい。丹生谷ちゃん、到着駅で、着ていた上着を
洗ってるし。 
一色め…丹生谷ちゃんにゲロかけるとは…(#゚Д゚)ゴルァ!!


六花ちゃんの様子がおかしい事には丹生谷達も気付いており
こっちに彼氏でもいて、遠距離恋愛になってたりして、それで
様子がおかしいのかな?とか推測が出るが、勇太は「ないない」
と首をふる。まあ、確かにそれは絶対にないな…w

十花がバンで迎えに来たので、みんなで六花の家へ。
凸守、まだ気持ち悪いのかw 丹生谷が、みんなの代表と
いう感じで、六花の祖父と祖母にしっかり、挨拶している
のが(・∀・)イイネ!! 言葉使いもしっかりしてるし。

六花の祖父と祖母…
chunibyou1115_5.jpg
おばあちゃまの方は六花の事をそれなりに理解して
いそうだが、おじいちゃまの方はその言動や態度から
六花の中二病を毛嫌いしている感がある…

六花「ばあさま、皆にダークブラウンリキッドを…」
そう言って六花は一人家の中に入っていく。
中二病では麦茶ダークブラウンリキッドになるw

お世話になります!とちゃんとお土産も持ってきた丹生谷
しっかりしてる! 丹生谷の好感度急上昇中よ。
chunibyou1115_6.jpg


一色「お前、なんつーか、おばちゃんっぽいよな」
いや、一色よ、これはおばちゃんっぽいというより
常識というものじゃ…! 

 
十花に呼ばれ、部屋に籠もってしまっている六花と
話しに行く勇太。今回、十花が勇太を実家に招いた理由が
だんだん見えてきたね…。実家の六花の部屋は、今の六花の
部屋とは違って、殺風景で何もない部屋、まあ、荷物を
運び出したからというのもあるんだろうけど、なんか寂しい
感じだなあ。 部屋に唯一残されたものは古い無線機器の
ようなもの。 六花はそれをいじって、不可視境界線の向こう
との通信を試みる。話していても、何か暗い六花。

勇太「どうしたんだよ?」
六花「何が?」
勇太「そうだな…お前風に言うとだな…」

勇太「この地に気配を察知しているようだな、何だ?」
chunibyou1115_7.jpg
六花が話しやすいようにわざわざダークフレイムマスター口調で
語りかける勇太の優しさがキラリ。

六花はこの家を敵の拠点だと言う。
六花「2年前、私はここに連れてこられた。一見何事もない屋敷。
   しかし、ここには不可視境界線の存在を無効化する結界が
   張られている。精神攻撃及び負荷が増大、だから私は脱出した」

「よくわからないが何かあったってことか…」←勇太・心の声


と、ここで、十花さんがドアの外に。
十花「今年は行くんだろうな?」
この問い掛けに対して、六花は黙り。どこに行くというのか。
容易に想像できるのは… 墓参りとかだが。
丹生谷達が海に遊びにいくという事を知らせた十花さんは
「友達にはあんまり心配かけるな」と六花に告げる。

chunibyou1115_m1.jpg

海…
くみん先輩の白いワンピース水着(゚∀゚)キタコレ!!
chunibyou1115_8.jpg
くみん先輩だから似合うという代物!!
かわぇええええ!!

興奮して露骨に凝視しまくりの一色
chunibyou1115_9.jpg
丹生谷ちゃんブロックw

凸守と六花も登場!!
chunibyou1115_10.jpg
かわぇぇえ!

凸守、六花の実家の犬にダンボールで作った頭を
二つ装着させて"ケルベロス"って呼んでるよww
凸守にかかれば、ただの犬も地獄の番犬と化する…

くみん先輩はさっそく昼寝、みんなは遊び出すが
六花は勇太にメモを手渡す。メモにはすぐ近くのバス停に
まで来るようにと描かれていた。ミーティングポイントに
行くと、六花はラート・ツヴァイ・ヘルブラウ(自転車)
を用意して待っていた。
rad zwei hellblau?水色自転車2号かいw
どこかに行きたいらしいが、水着のまま? 六花は
これくらいカモフラージュしないと、十花の目を
欺けないからと言うが、十花は既に気付いており、近くで
目を光らせていた。六花は十花に気付き逃亡…
十花は勇太に、六花の父親の所に付き合えと言ってくる。


凸守、日焼けでダウン!!
chunibyou1115_11.jpg
しかし、お腹に魔法陣の刻印を残すのには成功したようだ

が…しかし
chunibyou1115_12.jpg
ギャッww 丹生谷してやったりw

…のハズだったが…

丹生谷もやられていたw
chunibyou1115_13.jpg
やはり、凸守と丹生谷はいいコンビだ
二人を生暖かく見守るくみん先輩


十花が勇太を連れてきた場所はやはりお墓だった。
六花と十花の父は3年前に亡くなった。亡くなる前から
六花達の父は病気だったようだが、その事は小さな六花には
何も知らされなかった為に、父親の死は六花にとって
あまりにも突然で、そのせいか、未だに六花は父親の死を
認めようとせず、頑なに墓参りを拒んでいるという事だった。
母親は、十花と六花を父の実家において出て行ったそうな…
ええええ… 母は出て行ったって、どういう……。


私は不可視境界線を見つけなければならない

六花の言葉が勇太の脳裏に蘇る。
そうか…六花が不可視境界線に固執するのは、そこに
父親がいると思っているとか、そこに行けば父親に
会えると思っているからなのかもしれないという事か…。


凸守はチーズも苦手…
「あんな腐った雑巾臭がするもの誰が食べるのデスか!」
ま、乳製品だからなw 
しかし、十花さんの「食べろ」という命令と
乳のプレッシャーで、凸守は頑張ってチーズ入りサラダを食べる。
chunibyou1115_14.jpg
頑張れ、凸守

六花の姿がなく、勇太は一人、様子を見にいく。
部屋でふさぎ込む六花に、勇太は優しく声をかける。

chunibyou1115_15.jpg

勇太「いいのか?不可視境に行かなくても」
六花「ホント?」
勇太「嘘言ってどうする」
六花「だって、ママもお姉ちゃんもお爺ちゃんもお婆ちゃんも…」
勇太「だから俺だったんだろ?」

またまた勇太の優しさに感動だよ…(ノД`)

今、不可視境に行きたいという六花に付き合い、勇太は
二人で家を抜け出す事にするが、十花は罠をしかけており
すぐにバレてしまった。

十花「まさかお前が手を貸すとはな。どういうつもりだ?」
勇太「さあ、自分でもよく分からん」
六花「あっ今のちょっとカッコイイ」

確かにカッコイイよ、勇太!!
六花が十花に襲いかかった隙に家を飛び出す勇太。
そして叫ぶ 六花!来い!!跳べ!!

chunibyou1115_16.jpg
ワロタww

chunibyou1115_m2.jpg

二人は愛の逃避行…みたいな感じで不可視境を目指す
目的地までは10kmくらいあるらしい…と、遠いじゃんw

「やっぱり最強だった!ダークフレイムマスター最強だった!」
「だから、言うなっていってんだろ。スピードあげるぞ!」
「でも真の最強は邪王真眼」
「はいはい…」

ダークフレイムマスター、最強だよ。その優しさと男らしさ
最強だと思う。勇太、カッコイイ!

3年前、父親が居なくなった夜、六花は境界線を超えて
父親の姿を見たという。勇太はそれに頷くことも否定する事も
できなかった。まあ、できないよな…なんて言っていいのか
ムズカシイわ。目的地に到着、六花のオリジナルの拠点
父や母とみんなといた場所… その場所に走っていく六花。
しかし、その場所にはすでに家はなく、更地の売り地になっていた。

十花も駆けつけ六花に「これが現実だ」と告げる。
六花の頬に涙が流れる。六花はシュバルツゼクスプロトタイプMkⅡを
構え、おたまを持って立つ十花と対峙する。

爆ぜろリアル!弾けろシナプス!
バニッシュメント・ディス・ワールド!


今回はこんな感じでした
なんか色々起きましたねえ…
丹生谷ちゃんが、イイ子というか、しっかりした子なのが
よく現れていて、感心する事ばかり。その上、凸守の面倒を
しっかり見てくれている所とかもよかったよ。今回で丹生谷
ちゃんの株が凄く上がったんじゃないかと。
一色のくみん先輩惚れっぷりが露骨でしたね~ まさかあんなに
ぞっこんになってしまっていたとはw 
凸守は相変わらず、面白くて、シリアス展開の中の
ギャグ部分の役割を十分に果たしていた。凸守といえば
丹生谷とのコンビだけど、二人とも背中に変な事描かれて
気付いてないとか、ワロタわ…。

六花のバックグラウンドが色々と判明して、彼女が
不可視境界線にこだわっている理由が理解できた。
それなら、とことん、不可視境界線を捜せばいいじゃないかと
思ったが、現実はそうもいかないのか。十花と対峙してたけど
六花は十花と戦って、何かを乗り越えられるのだろうか?
勇太はどんな行動に出るのだろうか?
色々と気になる所でモロ続きなので、次回が本当に楽しみですね。

前回までのレビューは以下からどうぞ
Episode I 邂逅の…邪王真眼
Episode II 旋律の…聖調理人(プリーステス)
Episode III 異端なる双尾娘(ツインテール)
Episode IV 痛恨の…闇聖典(マビノギオン)
Episode V 束縛の…十字架(ハード・スタディ)
Episode VI 贖罪の…救世主(イノセント)

chunibyou1115_17.jpg

nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(58) 

nice! 6

コメント 1

なぎさ美緒

こんばんわ。
黒衣の貴婦人~なぎさと申します。

TB誤って送信しました。お手数ですが削除お願いいたします。
申し訳ございません
by なぎさ美緒 (2012-11-16 02:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 58

この記事のトラックバックURL: