So-net無料ブログ作成
検索選択

中二病でも恋がしたい! Episode VIII 二人だけの…逃避行(エグザイル) レビュー [アニメ]

chunibyou1122_top.jpg

爆ぜろリアル!弾けろシナプス!
バニッシュメント・ディス・ワールド!

まさに爆ぜろリアル… 更地の売り地になっていた
六花のオリジナル拠点、この現実を吹き飛ばす為に
六花は十花との中二病ワールド戦闘へ。

中二病ワールドでは更地の場所に六花の実家がまだ
建っている… しかし、戦闘が続いていく中で、
家は消えていき、後には六花の悲痛な叫びが…
「い…いやぁあ!!」

それにしても、十花はけっこう激しく六花と
戦ってるな… 六花ちゃんはビンタや蹴りを食らって
たよ。それでも不可視境界線があると言ってきかない
六花に更に十花が詰め寄ろうとすると、勇太が六花の
前に立つ。

後は続きからどうぞ

 



現実だからと、割り切らなきゃならないのは
六花だってわかってる、でも、心を整理している暇もなく
何かが次々と起き、全部終わったことになっていて…

chunibyou1122_1.jpg

「逃げてるんじゃない、目を背けるつもりもない。
 でも当たり前の言葉で当たり前の様に済ませて、それでいいのか?
 って思ってて… でも、みんなそれが当たり前だって言って
 現実ってそんなもんだって言って… 本当にそれでいいのかって…」

元中二病の勇太だからこそ、六花の気持ちがわかるのだ…
なんとも、複雑な心の内だな… 
しかし、この面倒くさい感じがまた中二病なのだ!

六花はたまらず、その場から走り去ってしまう。
後を追う勇太、家に戻っても六花の姿はなく、六花の
おばあちゃまに訊くと六花はタクシーで帰ってきて
その後またすぐに出て行ったそうな…
で、凸守達はというと…浜辺で花火!


凸守「ついに暗黒竜が放たれる時が来たデス!」chunibyou1122_2.jpg
そして、自らその暗黒竜の餌食になる凸守

丹生谷はケルベロスを手懐けようと骨を持ってきていたが
ケルベロスは骨には目もくれず… 
結局丹生谷はケルベロスの餌食に…。

カップルな雰囲気のくみん先輩と一色!?
chunibyou1122_3.jpg
くみん先輩は何も意識してないが、一色が意識しまくりだから!


と、そこに勇太が六花を探しに自転車で現れる。
勇太は「六花は!?」と訊いて、くみん先輩が「来てないよ?」
と答えると、すぐにその場から走り去る。

一色「く~!青春してんな~!」
丹生谷「もしかして修羅場?」
凸守「シュラバーは強力な結界魔法…」

凸守w シュラバー出てきたの2度目だ!!


六花は一人で駅のホームに佇んでいて、そのままやってきた
列車に乗っていってしまった。えええええ!? 六花ちゃん
一人で家に帰っちゃうつもりなの!?


さすがに勇太は間に合わなかっただろう…と思ったら
勇太、間に合ってた!! 電車に乗ってた!!
六花ちゃんも勇太の姿を見て、かなり驚いてたというか
きっと、嬉しかっただろうな…。

挿入歌キタ――(゚∀゚)――!!
オープニングを歌うZAQの歌だけど、OPと違って
しっとりした歌だな~場面にピッタリな感じである。

六花「勇太はダークフレイムの力をどこで手に入れたの?」
勇太「だからそんなものは… 最初はただ友達が話してたんだ。
   みんなで遊びに行こうって盛り上がってるんだけど
   俺だけ別っていうか、なんか違う気がしたんだ。
   違和感っていうか世界から浮いてしまっているような
   奇妙な孤独感だった」
六花「闇の意識が別の世界の記憶を呼び起こしたと?」
勇太「そんな風にも感じたかな… だが…忘れたい!」
六花「どうした?管理局の妨害!?」

管理局の妨害w いや、ただ恥ずかしさに悶絶しただけだ


六花は窓ガラスに映った自分と勇太の目があったといい
眼帯を外して、新たにダークフレイムマスターとより
高度な契約をする。この後、闇の炎に焼かれて…と
ダークフレイムマスターの真似をしようとした六花を
止めようと、六花の手をとった勇太を見た六花の表情が
可愛かったなー 
chunibyou1122_4.jpg
色々あったけど、勇太のお陰で気持ちが持ち直したという
感じが表情に出てた。

そんな六花を見る勇太も優しい顔してたー
chunibyou1122_5.jpg
ほんと優しい男だよ勇太は



一方…六花の実家では…
くみん先輩が丹生谷の髪の毛をドライヤー中!!
しかも、二人ともバスタオル姿。
chunibyou1122_6.jpg
このアングル!!

丹生谷はくみん先輩の事をぶりっ娘だと思っていたが
くみん先輩は本物の天然だったw 

あっ気付いちゃったw
chunibyou1122_7.jpg
ついに丹生谷が背中の「ニセサマ」に気付いた!!


逆襲…
丹生谷「せっかくだから背中流してあげようと思って~
    ちょうどいいヘチマがあったから~」
chunibyou1122_8.jpg
ギャーっ 日焼けでしみる肌をヘチマでこすろうとする
丹生谷ちゃん、ドS過ぎるだろ!!
っていうか、丹生谷だって「バカ守」って凸守に
やったんだから、いいじゃないか…って思うんだけどw

chunibyou1122_m1.jpg

六花ちゃん鍵を忘れる…
六花ちゃんが自宅の鍵を忘れてしまっていた為
勇太の家に泊まる事になった。
しかも勇太の家は、母は夜勤、妹達は林間学校。
な、なんだってー!? つまり今夜は二人きり!!


凸守の寝相…
chunibyou1122_9.jpg
可愛い~~ 凸守と丹生谷はもう姉妹みたいだな…

一色がトイレに起きると、くみん先輩が外に出て行こうと
していた。くみん先輩はお月様がキレイだからと散歩に
行こうとしており「一色君も行く?」と誘ってきた。
一色大興奮!! もちろん、一緒に夜の散歩へレッツゴー。
だが、どうやって対処していいかわからない一色は
勇太に電話をして、どうしたらいいか訊いてくる始末…
一色君、勇太に訊いても何も答えは出ないよ…w

勇太がベランダで一色と話していると、六花が
勇太の中二病グッズをあさっていた…
chunibyou1122_10.jpg
何それ、バルログ?w

あと、銃がシャキーンってなる道具みたいなのとか
あって、それを見た六花ちゃん、涙を浮かべて感動。
六花「邪王真眼すべてをかけて尊敬の念を勇太に与える!」
勇太「いらねーよ。そんなの」


お腹が減ったのでコンビニに行くことに。
六花はコンビニを十花に禁止されていたのでコンビニと
聞いて、目を輝かす! 十花さん、ほんとにしっかり
料理を作っているんだなあ… 夜だって、家に居なくても
ちゃんと作り置きしてあるってことでしょ?
というわけで、二人でコンビニに行って、軽食を買って
公園のベンチに座って食べる…
 
勇太「ほら、からあげもあるぞ」chunibyou1122_11.jpg
パクって食べてる六花ちゃんの姿、カワエエ!
それにしても、カップルにしかみえないお…

六花「勇太のおにぎりは…」
勇太「食べたいか?」
六花「うん」
chunibyou1122_12.jpg
カプって食べる六花ちゃんの姿、カワエエ!
それにしても、カップルにしか見えないお… デジャヴ


ご飯を食べ終わった後、帰ろうと歩き出す勇太の
後ろ姿を見て、昔勇太がベランダでシャウトしていた
時の事を思い出す六花。六花ちゃん、なんか始まってきたな…w

六花「勇太!帰りたくない!月の光を浴びていく!」

勇太を想う気持ちで、ちょっと興奮しちゃったのかなw
と、ここで、また一色から電話…
一色とくみん先輩もコンビニに行ったようだが、くみん先輩は
中で買い物中、一色は外で電話といった感じ。一色は
くみん先輩に告白した方がいいのか?とか、もうそれくらい
自分で考えろよ…というような事を訊いてくる。
一色は勇太と六花が今夜は二人きりだという事を知ると
何か事が起こるんじゃないか的な事を言ってくるが勇太は
六花は中二病だから、そんな事はないと否定。しかし、
直後、六花が目の前に… 顔が近くて、意識してしまう勇太。

ここで、電話は終わったわけだが…一色の方は…
chunibyou1122_13.jpg
帰っちゃってたw 一色哀れ…


家に帰った勇太は六花の事をちょっと意識してしまうが
「ないない…」と自分に言い聞かせる。

勇太の服を貸してもらった六花は…
「勇太の匂いがする…」
chunibyou1122_14.jpg
六花ちゃん、まさかのクンクンキタ――(゚∀゚)――!!

勇太「ダメ!なんか恥ずかしい!!」
勇太、乙女だなぁ…w

chunibyou1122_m2.jpg

やっと就寝…したかと思ったら、六花は「胸騒ぎがする。
おそらく近くに来ている。警戒が必要」と起きだして
テレビを見ていた。しかも、なんか思いっきり男女がキス
している映画みたいなのを見ている六花。勇太は焦って
テレビを消そうとするが…

六花「胸騒ぎがする!」
勇太「寝ればなおる」
六花「ドキドキする!」
勇太「同じだ」
六花「ワクワクする!」
勇太「テーマパークのCMかっ」
六花「爆発する!」
勇太「なんでだよ!?」
chunibyou1122_15.jpg
六花「わからない!!」

恋だな… 勇太の事を想ってドキドキが止まらない
状態じゃないか、六花ちゃん!! 
勇太がテレビを消して、自室に戻ろうとすると
六花ちゃんは勇太を止める。

六花「行かないで… 勇太、目をつむって…
   少しだけ…少しだけでいいから…」

う、うそだろ… こいつ…
本当に… つーか、いいのか俺←勇太心の声


何かと思ったら、六花ちゃんは勇太の手に魔法陣を
描いて、これでダークフレイムよりも強力なダークバスターを
放てると言ってきた。勇太はそんな六花の顔を見て
ほっとしたように微笑む。

中二病はどこまで行っても中二病か…
まあ、これでよかっ…たのか?
まあいいか…

そんな事を思いながら勇太は就寝。一方、六花の方は
勇太のことを想って、ドキドキが止まらず…
翌朝、早く起きたのか、眠れなかったのか、六花ちゃんは
まだ眠る勇太の部屋へ行き…
chunibyou1122_16.jpg
勇太の頭を撫でる…
キャ━━━(*´∀`*)━━━━!!
 
六花「勇太…!」


今回はこんな感じでした
六花ちゃん、ついに始まった感!! 
六花ちゃんが、勇太の服の匂いをかいでる姿が
可愛かったよぉおおお! ドキドキが止まらない六花ちゃん、
最初は、自分がなんでドキドキしているのか気付いてなさそう
だったが、最後に勇太の頭を撫でて「勇太!」って言ってる
姿とか、自分の気持ちを自覚しているように見えた。
勇太の方は… どうなんだろう? とりあえず、
六花のことを大切に想っているのは間違いなし。
なにかきっかけがあれば、自分が六花を好きな事を
自覚しそうな感じはあるな!
六花ちゃん、みんなを実家に置いて帰って来ちゃった
わけだが、あの後みんな、どうなるんだ?
六花ちゃん、実家だと色々辛いのかもしれないけど
結社のみんなや一色も一緒なんだから、気に入らないからって
帰っちゃうのは、ちょっとダメなんじゃないか…とちょっと
思ったり。 まあ、六花が居なくても、みんなが何泊か
できて、楽しく過ごせればいいけど、本人が居ないのに
その友達だけが何泊も泊まるとかって、けっこう辛い
ような気もするのだよ。

勇太は今回も優しかった。まさか、あの電車に
間に合うとはね~。

ここから、恋模様が一気に加速していくのだろうか?
中二病だから、一進一退になりそうな感じもするけど
とにかく、次回が楽しみだ!

前回までのレビューは以下からどうぞ
Episode I 邂逅の…邪王真眼
Episode II 旋律の…聖調理人(プリーステス)
Episode III 異端なる双尾娘(ツインテール)
Episode IV 痛恨の…闇聖典(マビノギオン)
Episode V 束縛の…十字架(ハード・スタディ)
Episode VI 贖罪の…救世主(イノセント)
Episode VII 追憶の…楽園喪失(パラダイス・ロスト)

chunibyou1122_17.jpg


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(51) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 51

トラックバックの受付は締め切りました