So-net無料ブログ作成

中二病でも恋がしたい! Episode IX 混沌の…初恋煩(カオス・ハート) レビュー [アニメ]

chunibyou1129_top.jpg

文化祭が近付き、丹生谷は結社を押し上げようと
やる気満々。丹生谷ちゃん、チア部辞めてた。
ということは今は結社一本か~ そりゃやる気出るな。
こういう時に張り切っちゃう丹生谷ちゃんが好き。

今はくみん先輩だろ!何を差し置いても
なぜか一色も結社に入り浸り…もちろん、くみん先輩
目当てなわけだが、一色よ、軽音部は辞めたのか?

学園祭に何か出し物を考えてる丹生谷…

六花「他の組織の活動に迎合するのは反対。そもそもここは公にはできない組織」
公にできないって、部員勧誘思いっきりしてたじゃないかw

他の部にすでに教室や屋台の場所は押さえられているのに
丹生谷にはなにか妙案があるらしい!

なんて感じで2学期も中盤にさしかかろうというのに
勇太は夏休みのあの時以来、六花とまともに話していなかった…
って、六花ちゃん、勇太と目があったら露骨に照れてるじゃないか[黒ハート]

後は続きからどうぞ

 


丹生谷の案とは…
学園祭の最中に学校のあちこちでフラッシュモブを
やることだった! 
chunibyou1129_1.jpg
すでに出来上がっている計画書

いい案じゃないの~特定の場所も必要ないし
中二病的なパフォーマンスは人の目を引きそうだ。
丹生谷ちゃんのシナリオと演出なら間違いない。(何が?

丹生谷「真の姿を取り戻したダークフレイムマスターを見てみたいわよね?」

ところが…六花ちゃんは…
勇太と目が合うと「必要ない」と言って帰ってしまった
chunibyou1129_2.jpg
浮かない顔…? いや、どちらかというと
照れくさそうな類の顔か…? 

六花が帰った後に、勇太がみんなに、六花の様子が
海から帰って以来ずっとおかしい事を明かすと、みんなは
六花との間に男女間の何かがあったのか!?と疑いの目を
向けてくる。勇太が必死に「何もない!!」と言うと…

凸守「サーヴァントの凸守を差し置いて、マスターと行動を共に
   するとは万死に値するデス!言うデス!何があったデスか!」
chunibyou1129_3.jpg
凸守には特に話せないわw

勇太は不可視境界線捜しに付き合っていただけだと
詳細は明かさなかった。さすがに、あの日に起きた事を
みんなに全部は話せないよね…六花のパパの事とか…あと
ドキドキするから眠れないと言っていた六花の事も。

六花の様子がおかしい事が気になる勇太は料理を
焦がすというベタな失敗をしたり… 自室に戻っても
色々と考えてしまう… 

すると何かが… 

ベッドの下を見ようとすると…

chunibyou1129_4.jpg
ギャーっ
ベッドの下から十花さん出てきた。
この後の十花さんのしなやかな動きがよかったねw
っていうか、十花さん、いつからベッドの下に潜んでいたのか。


お宝本見つかる…
chunibyou1129_5.jpg

中身のギャルズも可愛いぜ…
chunibyou1129_6.jpg

十花さんはお弁当を残したり夕食にもほとんど手を
つけない六花の事を心配しており、勇太に六花が何か
言っていたか?と訊きに来たのだった。
六花ちゃん、ご飯があまり食べられないって、それは
勇太への恋心で胸がいっぱいで食欲落ちてるとしか…w

勇太「そんなに心配なら自分で訊けばいいでしょう!」
十花「体裁というものがある…」
勇太「(゚Д゚)ハァ?」
十花「今までの姉のイメージというやつだ」
勇太「さっぱりわかりませんけど…」
十花「鈍いな…」
勇太「ん?」
十花「要するに…恥ずかしい」
勇太「へ!?」

お姉ちゃん照れか~w


翌日…
昼休み、自分がお弁当を食べ終わると「よしっ!」と
六花の所に行く勇太。相変わらずトマトを避けているので
そのトマトを勇太が食べてあげようとすると、六花は
無言でトマトを自ら一個食べ、ウググっと苦しそうにちょっと
呻いてからお弁当をまとめて、その場から走り去ってしまう。
そんな六花に溜息の勇太…


くみん先輩お昼寝中…
chunibyou1129_7.jpg
なんというか、中庭の通路の横の芝生で寝てるから
目立つ目立つ… 通りかかった六花はくみん先輩にも
自分や勇太と同じように邪曲特異点による空間背理による影響
出ていると思っているようだが… 「ただ寝てただけだよぉ~」

くみん先輩に勇太と話せなくなった理由を語る六花
「特に勇太に近付くと鼓動が早くなって耐えられなくなる
 更に今の勇太の目は危険。見ただけで何かが飛び込んできて
 体の中を暴れまわる。すべて特異点の影響。怖ろしい」

(;´Д`)ソ、ソレハ…w 
この説明、まさに恋する乙女心を中二病風に語っただけでR。

六花的にはダークフレイムマスター自身に特異点を
破壊してもらいたかったようだが、って、勇太もまさか
六花がそんな事を思ってるなんて知らないだろうよw
そして、もし知っていたとしても、特異点を破壊しろと
言われてもねぇ…

というわけで、凸守に特異点の破壊の協力を求めに行き
次ぎの満月の夜に決行する事になった。
そして満月の夜…くみん先輩は丹生谷の家に文化祭の
打ち合わせで遊びに来ており、勇太や六花、凸守の姿はない。
丹生谷ちゃんの部屋は風水によって部屋がディスプレイ
されていて、本棚には占い本がギッシリ…さすがモリサマーw
文化祭の打ち合わせなのに勇太や六花がいないと何も
話し合えないと言っていると…

くみん「一色くんは?」
丹生谷「ああ、居たわね、そんなの」

一色ww

chunibyou1129_m1.jpg

月満ちる時。神社に来られたし。
その頃、勇太は六花に神社の境内に呼び出されいたが…
「あなたを倒す!!」
chunibyou1129_8.jpg

背後から凸守の攻撃
chunibyou1129_9.jpg
凸守「確かに見えるデス!特異点が!!」
いや…何も見えないけどw

爆ぜろリアル!弾けろシナプス!
バニッシュメント・ディス・ワールド!
といつもの文句を言っても、なんかしまらない六花。
だって、全然文句が決まってないもの。
なので、現実世界がバニッシュせず、神社の境内のまま…w

それならば!と六花と凸守は奥の手に出る。
二人は高速で勇太の周りを回転。
凸守「どうデス!見分けがつくデスか?」
六花「私は六花!」
凸守「凸守は凸守!」
六花「どっちが六花!」
凸守「どっちがマスターデス?」
chunibyou1129_10.jpg
chunibyou1129_11.jpg
六花&凸守「はぁあああああああ!!」

何コレww

六花と凸守の謎の攻撃はすぐに阻止される。
勇太は元気そうな六花を見て、「心配して損したよ」と
言いながら、ちょっとホッとした表情をして、地べたに
座り込んでた六花に手を差し伸べる。その勇太の表情の
優しいことったら… そして六花はそんな優しい勇太の
目をジッと見て、差し伸べられた手をとって立ちあがると
恥ずかしそうに涙ぐみながらその場から走り去る。

「あの子、富樫君に恋してるのよ」
丹生谷ちゃんとくみん先輩は、六花の事を話していて
六花の症状がなんだかわからなかったくみん先輩に
丹生谷ちゃんがズバっと説明。この丹生谷ちゃんの言葉が
勇太を見てウルウルしちゃって走り去る六花ちゃんの
姿と重なって、良いシーンだったー。


くみん先輩とのフォークダンスを妄想してヘラヘラしてる
一色を尻目に、丹生谷ちゃんは六花ちゃんを観察。
自分の気持ちに気付いていない六花にアドバイスを送る。
六花「恋?」
丹生谷「そ、わからない?貴方、富樫君の事が好きなのよ」
chunibyou1129_12.jpg
六花ちゃん赤面マックスw

六花ちゃんは散々悶絶した後、逃げだそうとするが
「逃げても解決しないわよ」という丹生谷の言葉に
足を止めた。おっ いちよう六花ちゃん、解決する気はあるのか。


九十九先生から、結社の出し物の許可を得る丹生谷。
丹生谷ちゃんが結社に入ってよかったな…もし入ってなかったら
こんなに話は上手く行かなかったハズデス。その代わりに、
文化祭のお手伝いもする事になったが、それも丹生谷の狙いかっ
丹生谷は手際よくペア分けをして、六花を勇太と組ませる。

えっ丹生谷ちゃん、変な本をテキスト代わりにしてるよ…
大丈夫だろうか…w
chunibyou1129_13.jpg
二人きりになったら「私のことどう思ってる?」
訊けと指示を出されている六花は、勇太と二人きりに
なった時に、意を決して訊いてみようとするが…

六花「ゆ、勇太…私の…私の邪王真眼どう思ってる?」
勇太「は?」

ワロタww

chunibyou1129_14.jpg
影から見守る丹生谷が可愛すぎる

次ぎも丹生谷の指示で、勇太との接近を試みる
六花、しかし、今度も上手く行かず、最終的にはキスまで
いくような作戦だったが結果は勇太を頭突きして終わった…orz

chunibyou1129_m2.jpg

夕方…次ぎの丹生谷の作戦は吊り橋効果!
垂れ幕を用意するという名目で六花と勇太を屋根の通路に
二人きりにさせドキドキ感を煽るというものだった。

chunibyou1129_15.jpg
勇太は夕日を見て、 「空が真っ赤になるって凄いよな。
あんな火の玉みたいなのが消えて真っ暗になるって考えて
みると凄いよな。不可視境界線くらいあってもおかしくないって
思うよな」と六花に言う。 なんて優しい言葉なんだろう…
六花は勇太の言葉に感動して立ちあがる。

「勇太!!」
chunibyou1129_16.jpg
えっっ そこに立つ!? ちょっと危なくないか??

勇太に近付こうとした六花は、足を滑らせ、屋根から
落ちそうになる。ひぇええええっ

手が届かないっ どうすんのよ!?
chunibyou1129_17.jpg
丹生谷が「3階からなら届くわ!!」とシャウトすると
勇太は急いで3階へ向かう。急がないと本当に六花は
落下してしまう。この高さから落ちたら… アワワ…

そしてなんとか救出成功!!!
chunibyou1129_18.jpg
よかったよぉおおお 
ちょっとだけ、家でいつも上階から降りてくる六花を
アシストする勇太を思いだした。

救出後、勇太に抱き付いたまま離れない六花…
「勇太ぁ…」
chunibyou1129_19.jpg
ギュっとした小さな手が可愛すぎるぅううう!!
時々思うけど、勇太ってけっこう男らしい体つきしてるというか
大きいよね。この背中見ても、なんか大きいなぁ~と思った。
あと、男の噐的にも大きいものをもっていると思う。

勇太もそんな六花を優しく抱きしめる。
「六花…」



今回はこんな感じでした
最後、六花と勇太が抱き合っている姿を見た丹生谷ちゃんが
ホッとしたような嬉しそうな顔していたのがまたよかった。
ほんと、丹生谷はいい子だのう~。今回、色々頑張って
くれたもんね。 
六花と勇太が抱き合った時、二人が世界の中心になっている
ような、そういう感じがした、映像的にもそういう雰囲気で
胸が熱くなったわー。そして、勇太が最後に言った
「六花…」という言い方がまた、優しくて… 最高でした。
これで、二人の間は大きく進展したのだろうか?
別に告白したとかではないけど、六花の想いは勇太に
少し伝わったのだろうか? まあ、伝わってなくても、
勇太も六花の事を愛おしいと思ったはずだよね。
最後の「六花…」というあの言葉に、それが詰まっていた
ような気がしたよ!!

chunibyou1129_20.jpg
六花ちゃんが屋根から落ちそうになるシーンは
かなり緊迫した場面で、見てるこっちもハラハラしたわけだが
ほんのちょっとだけ、下から見ている生徒達からは
六花のパンツが丸見えなんじゃないか…?という不謹慎な事を
思ってしまった事に反省…。

次回からはどんな展開になるんでしょうね~
なんかニヤニヤタイムが倍増しそうな予感がする!


前回までのレビューは以下からどうぞ
Episode I 邂逅の…邪王真眼
Episode II 旋律の…聖調理人(プリーステス)
Episode III 異端なる双尾娘(ツインテール)
Episode IV 痛恨の…闇聖典(マビノギオン)
Episode V 束縛の…十字架(ハード・スタディ)
Episode VI 贖罪の…救世主(イノセント)
Episode VII 追憶の…楽園喪失(パラダイス・ロスト)
Episode VIII 二人だけの…逃避行(エグザイル)


中二病の本編終了直後に京アニの新作の告知が!!
たまこまーけっと 
2013年1月放送開始予定
tamakomarket.jpg
山田監督、シリーズ構成:吉田玲子、キャラクターデザイン
堀口悠紀子とか、まさにけいおん軍団じゃないですか!
完全オリジナルというのが気になりますが、このメンツなら
やってくれるに違いない!!と+(0゚・∀・) + ワクテカ +


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(63) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 63

トラックバックの受付は締め切りました