So-net無料ブログ作成
検索選択

冴えない彼女の育てかた #9 八年ぶりの個別ルート  [アニメ]

saekano0313_top.jpg

英梨々回の続き!! 
 
  
 

saekano0313_m1.jpg
「なんで詩羽先輩がここに?」
「そんなの前回まったく出番がなかったからに決まってるでしょ」
詩羽先輩キタ――(゚∀゚)――!!
そうなんですよ、前回、詩羽先輩の出番がなんとゼロ!
詩羽先輩、英梨々と倫也のトラブルを聞きつけて駆けつけてくれた?
っていうか、倫也がベッドで目覚めたら詩羽先輩が横で寝てるとか・・・裏山
あ、恵も居たのね。やはり妻だな。
っていうか、倫也の家族ってどこ行ってるの。

saekano0313_m2.jpg
英梨々と倫也が仲直りできるよう、詩羽と恵が協力してくれる事に・・
「これがギャルゲー世界によくいるヘタレ主人公というやつよ」
倫也はそんなにヘタレじゃないと思うんだけどな。少なくとも、よくいる
ギャルゲー男主人公、ラノベ男主人公より私的な好感度は高い。

詩羽先輩、興奮を静める為に自分のほっぺ叩いたのはいいが、けっこう
強く叩いてしまったので、ほっぺが紅いんですけど・・・w
その後、その怒りを倫也にぶつけ倫也の顔に引っ掻かれた後が。

幼なじみのアドバンテージを全部使って英梨々のフラグを立てろ!と
詩羽に指示される。恵は倫也がヒロインになればいいのだという・・・ん?
というわけで倫也と英梨々の仲直り作戦開始。

saekano0313_m3.jpg
おおっ英梨々のサークルの所に英梨々パパとママが!
倫也は何かを伊織に頼んでるな。
コミケ会場のコスプレしてる人々の中にキリトさん、ダンディ、流子
寄生獣、銀さん?、渋谷凛、ディアンヌなんかが映ってる。
そして英梨々のシャワー&着替えシーンキタ――(゚∀゚)――!!
下着姿が可愛い・・!!


saekano0313_m4.jpg
子供の頃、二人で見て感動したリトルラブ・ラプソディのシーンを
再現し、英梨々を連れ出す事に成功した倫也。
二人の思い出の場所、小学校に到着。
しかし、英梨々と仲直りできず、英梨々が立ち去ろうとした時
詩羽先輩達のシナリオに反して倫也は自分の本当の気持ちを英梨々にぶつける。
「俺さ、ずっと前からお前のこと、すっげー恨んでた!!」


saekano0313_m5.jpg
そもそも、最初に倫也を拒絶したのは英梨々の方からだった。
倫也と仲良くしてる事やオタクな事でクラスメイトにからかわれた英梨々は
倫也を拒絶するようになってしまい、隠れオタとして生きていく事に、
一方倫也は英梨々に拒絶された後もヲタを公言し生き今に至る・・。
とはいっても、英梨々は心の中では倫也を拒絶しなければならな事を
悲しんでおり、ずっと悔やんでいたので、そこらへんの気持ちを
倫也にぶつける。お互いに一歩も引かない倫也と英梨々。

英梨々が倫也に認めてもらおうと頑張ってきた時の様子出てたけど
saekano0313_top2.jpg
英梨々のママが美女だぁあああ! 

「私・・・あんたの一番になってやる。
 それまでは絶対に謝らない」
いろんな意味での一番に英梨々はなりたいのだ。
まさに愛の告白だ。 ここのシーン、挿入歌も相まって超よかった。

英梨々をおぶって帰る二人の姿が微笑ましかった


saekano0313_m6.jpg
英梨々復活!
サークル名も決定! Blessing software
詩「意訳すると恵ソフト・・だけどね」
英「なっ!?」
倫也くん、ストレートすぎるネーミングかよ・・・w

倫也は伊織の協力でコスプレ衣装を手に入れていたので
そのお礼?として英梨々から出海にイラスト入りサイン色紙が送られていた。
憧れの柏木エリからの直筆サイン色紙に感動する出海だが
その裏には英梨々からの宣戦布告が・・。
ここで始めて柏木エリ=英梨々だと出海は知ったという事ね。



冴えない彼女の育て かた #0 愛と青春のサービス回
冴えない彼女の育て かた #1 間違いだらけのプロローグ
冴えない彼女の育 てかた #2 フラグの立たない彼女
冴えない彼女の育て かた #3 クライマックスはリテイクで
冴えない彼女の育て かた #4 予算と納期と新展開
冴えない彼女の育て かた #5 すれ違いのデートイベント
冴えない彼女の育て かた #6 二人の夜の選択肢
冴えない彼女の育て かた #7 敵か味方か新キャラか
冴えない彼女の育 てかた #8 当て馬トラウマ回想モード


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アニメ

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL: