So-net無料ブログ作成

終物語 第3話 そだちリドル 其の貮 [アニメ]

owarimonoatari1018_top1.jpg

阿良々木さんの妖精のイメージは斧乃木ちゃん!! 
 
  
 
  
  
 
  
 
 
5年前・・・
中学1年の時の阿良々木暦。
その頃暦は両親の影響正義感が強い少年だった。
そんな彼にとってテストの成績、特に数学の成績が悪いというのは
学ぶという正義を貫けないという意味で非常に恥ずかしい事だった。

owarimonoatari1018_m1.jpg

そんな彼の元にモンティ・ホール問題が書かれた謎の招待状。
興味をそそられた彼は彷徨うように廃屋敷に辿り着き、少女の・・
の出迎えを受けた。

「勉強しよう。一緒に賢くなろう」
少女、阿良々木以外にも手紙を出したらしいが、やってきたのは
阿良々木さんだけ。一学期の末から夏休みの終わりまで廃屋に通い続け
謎の少女と勉強をし続けた阿良々木さん。
阿良々木さんが数学得意になったのは老倉育のお陰じゃんww

「あの子はこの場所に拘った」
少女は勉強会を続けるにはある条件があると言って
条件を三つ、阿良々木さんに提示

・勉強会の場所は廃屋の2階の一番奥の部屋
・勉強会の事は誰にも言わない二人だけの秘密
・少女の名前を訊かない事
  少女が何者か探らない事
  数学の事以外で少女に何も訊かない事

「数学の妖精かなんかですか??」
扇ちゃんがそう言った時に、斧乃木ちゃんのイメージ映像ww
斧乃木ちゃんキタ――(゚∀゚)――!!


「数学をずっと愛し続けてね」
少女は見返りを一切求めず、ただ数学をずっと愛し続けてと
阿良々木さんに言った。どういう意味なの老倉育・・・
阿良々木さんは毎日通い続けたが、勉強会はある日突然終焉

owarimonoatari1018_m2.jpg

夏休み最後の日、いつものように勉強会に阿良々木さんがやってくると
いつも先に来て準備を済ませている少女の姿がない。
少女はいつまで経っても現れず、そしてその時阿良々木暦は
「もうここで彼女から数学を学ぶ事はないのだろう」
と悟ったのだという。

その後、阿良々木さんは少女について探ったが、学校には少女と
思われる人物はいなかったという・・って阿良々木さん、探るなって
言われてたのにww  阿良々木さんは恐怖を覚え、それ以降
廃屋に近付かなり、少女の事をれた。
ただ、阿良々木暦の成績はそれ以降数学を中心に持ち直し
数学に関してだけは面白さを求めていったとかなんとか。
「ボクはあの夏でできていた」
ちょっとー老倉育が阿良々木さんの人生を楽しくしてくれたんじゃないの。
心の奥底での彼女の記憶が「老倉育を嫌いになれない」というのに結びついているのでは。

owarimonoatari1018_m3.jpg

ここで扇ちゃんはズバッと謎の少女=老倉育だと指摘。
驚きはないけど、じゃあなんで阿良々木暦は少女老倉の事を
忘れていたのか。とにかく、老倉育が阿良々木暦を嫌っている理由を
色々言っていた時の事が今は辻褄が合う。
阿良々木さんは明日老倉育にその事を謝ってみるという
しかし解せないのはなぜ少女老倉育が突然消えたのか、そして
再会した時に一言言ってくれなかったのか・・・
「どうして彼女がそれを言わなかったのか考えるべきでしょう」
確かにそうだな。

扇ちゃん、謎すぎる・・・何者なんだ扇ちゃん
「問題です。老倉育は阿良々木暦が親の敵の様に嫌いです。
 それは阿良々木暦が老倉育の期待に応えてくれなかったからです。
 だから彼女は彼に何も告げずに転校していったのです。
 さて、老倉育は阿良々木暦にいったい何を望んでいたのでしょうか?
 ヒント・阿良々木先輩のご両親の職業に関係があります」

解・・・・
「要するに、老倉先輩は阿良々木先輩に数学の面白さを教えるのと引き替えに 
 見返りを求めていたということですよ」
扇ちゃん、なんでそんな事わかるんだよぉおおお
扇ちゃんの推理だと、そもそも老倉育は最初から阿良々木暦だけが
ターゲットだったという。しかも、この廃屋が老倉育が当時住んでいた家だと?
当時から、阿良々木さんが廃屋だと思うくらい荒れていたこの屋敷。
その原因は家庭内暴力、老倉育の家庭環境は悲惨で、老倉育が
空っぽの封筒を残して消えたあの夏についに家庭が完全に崩壊したらしい・・・。

owarimonoatari1018_m4.jpg

極限状態にあった少女老倉は警察官を両親に持つ阿良々木暦と
接触する事で、暦が警察官の両親にその事を報告する事を期待
していた・・・ってそんなのどうやって察せろとww
空っぽの封筒ハズレ という意味 
阿良々木さん、ハズレな当てにならない男だった・・・

これで老倉育がなぜ阿良々木暦を嫌っているのかは判明したが
自分の幸せな今が、そういうものの上に成り立っている事を知った
阿良々木さんは自分が少し嫌いになったと言う。
いや、別に嫌いになる必要は・・・あんなの察する方が難しいわ。


翌日・・・
羽川からある指摘を受ける阿良々木さん。
阿良々木さんがひた隠しにしていた両親の職業をなぜ老倉育が知っていたか。
そこにはまだ、阿良々木さんが忘れている何かがあるのではないのか。
5年前以前に、阿良々木さんが老倉育と会った事があるのではないのか?
ええええええ・・・まだ何かあるのかww
という事は、阿良々木さんが老倉育の事を察してやる事ができなかった
理由もそこにあるのかい。 



終物語 第1話 おうぎフォーミュラ 其ノ壹 おうぎフォーミュラ 其ノ貳
終物語 第2話 そだちリドル 其の壹

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(9) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

トラックバックの受付は締め切りました