So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘヴィーオブジェクト 第4話 親指トムは油田を走る ジブラルタル通行阻止戦I [アニメ]

heavy1024_top1.jpg

ミリンダちゃん可愛い・・・ 
  
 
  
  
  
 
  
  
 
 
heavy1024_m1.jpg
いきなり姫様のボディメンテシーン!!!
何このエロいの・・・ メンテする人が姫様の裸体に馬乗りになって
全身を触りながらボディをメンテしていく!! なんじゃこれ!
最近通信量が増えてるというミリンダちゃん。
もちろん相手はクウェンサーよね。
「ボーイフレンド?」
「友達・・私のこと助けてくれた本物の友達」
そんな話をしてる最中にもクウェンサーからメールが!
それを見て、嬉しそうなミリンダちゃん。

後は退役して悠々自適な人生が送れるかと思ったが、人類初、生身で
オブジェクトを破壊したという功績が高く評価された事が裏目に出て
次の戦場へ送り出されてしまったクウェンサーとヘイヴィアの二人。
移動中にフローレイティアから説明を受ける二人。
今回の作戦は原油を採掘しテロリストを支援している所属不明オブジェクト
TRI-COREトライコアを地中海の入口・ジブラルタルで未然に阻止し
速やかに原油を回収するというものだが、フローレイティアはもう少し
実現可能な命令を出す。

「盗まれた原油ごと吹き飛ばしても構わないから、とにかく
 オブジェクトが海峡を渡るのを阻止しろ。以上よ」

この二人にいったいどうやってそれを実現させろと・・・w
これまた難しい任務だなあ。
「そのすらりとした足で股間を踏まれたら元気がでますぅ」
ヘイヴィア君の軽口ww 作戦成功させて生きて帰ってきたら
フローレイティアさん、踏んでくれるらしいよ! 

現在、ジブラルタルの端から端まで等間隔で機雷が設置されている
網を張っているがこれは気休めにしかならないという。なので
正面からミリンダのオブジェクトをぶつけ、裏からクウェンサー達が
動くというのが今回の命令の中身。



heavy1024_m2.jpg
いきなり海峡のど真ん中に配置されたクウェンサーとヘイヴィア。
準備を始める二人、使える爆弾がレベルアップしたらしいww
嬉しいやら哀しいやら・・・。
今回はミリンダのオブジェクトも健在なので、きっと作戦は
うまく行くと楽観視してるヘイヴィア。
ヘイヴィア君、お気楽だよなw そして言っている事がすべて
フラグになっていくパターン。案の定、直後に敵のオブジェクトの
攻撃が始まり、海上に沢山あった基地が次々と破壊されていく。
ちょっとww ヘイヴィアとクウェンサー見てると笑えるんだけど。
絶体絶命の危機的状況だけど、二人が面白いのでなんか楽しい。

ここで新事実が発覚。なんと、ミリンダのオブジェクトは現在
陸地にあるベースゾーンで海上戦闘用のフロートを装着している
最中で、現在まだここに来ていないという。クウェンサー達の役割は
ミリンダが到着するまで、味方オブジェクト抜きでなんとかするという
ものだったのだ。 ええええ!? なんか話が違う。
ちなみに、今回は敵に進路を塞いで陣地を構築している為に
白旗も無意味というか、白旗用の無線コードさえも配布されてなかったw

基地が攻撃され、海に飛び込むクウェンサー達とフローレイティア。
基地がなくなってもオブジェクトは突進してくる。
このままではひき殺されてしまうので、クウェンサーの案で簡易ボンベを
つけて海に潜る3人。その時、クウェンサーは敵オブジェクトが
引きずってきた機雷付きの網に引っかかってしまう。すると、
ヘイヴィアはクウェンサーに合図を送ってくる。それはこのまま
減速した敵オブジェクトに乗り込もうというものだった。
なんか、まんまと敵オブジェクトに侵入したなw



heavy1024_m3.jpg
敵オブジェクト、巨大過ぎ!!
敵のオブジェクトはメンテ施設や採掘した石油を貯蔵する巨大タンクも
併設するそれだけで一つの基地のような巨大なものだった。
こりゃ凄いわw 
「フローレイティアさんは無事なのかな?」
「知るかよ。ただ悪運だけは強そうだから、きっとその辺ぷかぷか
 浮かんでいるさ。胸にでけぇフロートもあるしな」
胸にデカイフロートww なんかオッパイで浮かんでいる
フローレイティアさん想像してしまった。

さっそく、爆弾を各所にしかける二人だが、敵兵に見つかってしまう。
敵の銃弾を避けながら、爆弾をしかけていく二人。
すると、ミリンダが到着し、オブジェクトの砲撃戦が始まってしまう。
このままでは砲撃戦に巻き込まれ、本当にヤバイ状態に。
クウェンサーはミリンダに連絡をとり、自分達が敵オブジェクト内に
いる事を知らせ、メインに使う武器をレーザー系に変更してもらおうとする。
あー・・・通信状態が悪くてちゃんと伝わってない・・
ミリンダはクウェンサーが言っていたWL3B2じゃなくてWL3B1
KILLER SQUALLに兵装をチェンジ。キラースコールww
もう嫌な予感しかしないんだけど。
キラースコールは対人用レーザーで文字通り細かいレーザーの雨が
無数に降りそそぐというものだった。
ますますピンチになるクウェンサーだが、ミリンダはそんな事は
もちろん知らずに、自分がクウェンサーの役に立ったと嬉しそう。
「ウフフ、ちゃんと役に立てたかな?」
ミリンダちゃん可愛いぃいい!


heavy1024_m4.jpg
命からがら海に飛び込んだクウェンサー達。
あのレーザーの雨の中、無傷で済んだ悪運の強さよww
でも、あのレーザーの雨のお陰で、敵兵死んだんじゃん?
クウェンサー達は海上を漂いながら、仕掛けた爆弾を起爆させる。
「これが俺達二人の努力の結晶でーす!!」

おおお!? 敵オブジェクト大爆発!!
まさか、またやったのか? ハイタッチをする二人・・・
だが、その直後、煙の中からオブジェクト本体が現れる。
あらら、施設はけっこう爆破できたけど、オブジェクトはダメだったかー。
どうするクウェンサー&ヘイヴィア! で次回へ続く。


なんか、今回すごく面白かったー
二人のノリが軽いからかなw こういうノリ嫌いじゃない。
あと、ミリンダちゃんがやけに可愛いはーと
クウェンサーとヘイヴィアはこの後、どうやって敵オブジェクトと
戦うんだろうか・・・ 次回が楽しみだな。


アイキャッチ
heavy1024_eye.jpg
ミリンダちゃん、クウェンサーからのメールでウキウキしてるw



ヘヴィーオブジェクト 第1話 ガリバーを縛る雑兵たち アラスカ極寒環境雪上戦I
ヘヴィーオブジェクト 第2話 ガリバーを縛る雑兵たち アラスカ極寒環境雪上戦II
ヘヴィーオブジェクト 第3話 ガリバーを縛る雑兵たち アラスカ極寒環境雪上戦III


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

この記事のトラックバックURL: