So-net無料ブログ作成
検索選択

クロムクロ 第9話 岩屋に鬼が嗤う [アニメ]

kuromukuro0602_top1.jpg

由希奈、クロムクロに再び乗る! 
 
 
  
 
 
 
  
 
kuromukuro0602_m1.jpg
なんか掘り出された様子。どこの話だ??
dios mío ってスペイン語でOMG言ってたからどっかのスペイン語圏??
この掘り出されたものがエフィドルグが狙っているものなのかな?

フスナーニが攻め込んで来たが、重力制御能力が違いすぎて
GAUSでは指揮官機のロングアームにはたちうちできない為
ソフィーちゃんやトムさんはスタンバってる状態。
象と犬ほどの力の差ってw

由希奈捜索は続いているがまだ見つかっていない。
その頃、由希奈は謎の場所で目覚めていた。
なんかの隠れ家・・・ そこには鷲羽家断絶の謎と書かれた
血がベッタリついた父親のノートが置いてあり中を見ると、父は
何かを発見しに向かったらしい記述が。
「これで由希奈も嘘つき呼ばわりされなくなるかもしれない」
父が自分の為に動いていた事を知り涙する由希奈。

「動くな、お前の父親はもう居ない。ここであったことは夢だ忘れろ」
背後から現れた謎の人物?はそう告げると由希奈は再び気絶。
パパじゃないのか??


kuromukuro0602_m2.jpg
軍隊が敵ジオフレームを攻撃しまくってるけど、やはり重力制御
バリアみたいので全然攻撃が通らない。赤城君達も由希奈捜索に
やってきて、剣之介が乗ってきた馬を発見。その横のバス停に
なんと由希奈が眠っていた。
「やった、俺の愛が勝った!!」
いや、勝ってないからww 
目を覚ました由希奈はどこまで覚えているんだろうか?
赤城は俺で良かったら相談に乗ると由希奈に言ってくる。
赤城君、昔、由希奈の事を虐めていたのかい。好きな人を虐める例のアレかw
「二人で逃げよう!」
いや、逃げないからw

と、そこに剣之介もやってきた。赤城は剣之介に由希奈を渡さないと
言ってきたが、UNの軍隊が剣之介を迎えに来て、剣之介は1人で
戦いに行こうとする。
「クロムクロに乗れって言わないんだ?」
「乗らずとも良い。今まで世話になった。餃子というもの美味かったぞ。
 意外と良い嫁さんになるのかもしれんな、さらばだ!」
由希奈は剣之介が死んだりしたら後味悪いと呼び止める。

剣之介と由希奈、なんだかんだでいい感じじゃないかw
結局、由希奈は拗ねていただけだったんだな。完全に痴話喧嘩じゃ・・
「一緒にクロムクロに乗って下され」
頭を下げた剣之介に、由希奈は一緒に乗ると承諾し
その代わり、勝手に死ぬなと剣之介に釘を刺した。

「俺は必ずお前をこえる!!」
赤城君、去って行く剣之介と由希奈に向かってシャウト。
もちろん向こうには聞こえてないww 
赤城君、今の所かませ犬以下だぞーもっと頑張れー
赤城もパイロットになるとか言ってるけど、無理だろ・・・

kuromukuro0602_m3.jpg

研究所に到着すると、由希奈と剣之介用にパイロットスーツも
出来上がっていた。さっそくそれを着てクロムクロに乗り込む二人。
「泥船に乗った気で安心したまえ」
強がる由希奈の手が震えているのを見た剣之介は由希奈に
「お前は俺が命にかえて守る」
とまたカッコイイ言葉をかける。剣之介カッコイイ~惚れるわー

クロムクロ、初射出。
大空を飛んでいるような状態を初めて見た剣之介は驚愕。
真下には敵ジオフレームの姿が!
さっそく戦闘状態に入るが、トムさん達はマスドライバーの不調で
応援にはまだ来れず、クロムクロ一体で敵ジオフレーム数体と
戦わねばならない状態。動きを奪われたクロムクロは敵ジオフレームと
共にトラクタービームによってエフィドルグの母艦に向かって吸い上げられていく。
えっ!? まさかの鹵獲ですか。

kuromukuro0602_m4.jpg

トラクタービーム内部では重力シールドが作動しない可能性があるという
洋海の推察でUN側はいちかばちか、自衛隊から対艦ミサイルをクロムクロに
向かって撃ち込み衝撃を与えて、敵の鹵獲から逃れさせようとした。
近くて配信してる赤城達、また巻き込まれそうになっててワロス・・・
いつか死んじゃうぞ・・・。ほんと逆に生きているのが奇跡だよ。

クロムクロは鹵獲から逃れる事に成功し、地上に敵と共に落下。
やっとこさトムさん達が到着し、ヘッドレスはトムさん達にお任せし
クロムクロはロングアームと戦う。
「痛い、痛い、ってこの子が言ってる・・・」
由希奈にはクロムクロの声が聞こえるようだ。
由希奈の地形マニアとしての知識が生きる瞬間がついにきた!!
由希奈は崩れそうな崖際でわざと戦うようの剣之介に指示を出す。
崖の上に昇ったロングアームは崩れた崖と共に落下、その時に
クロムクロがロングアームの足を貫く事に成功し、落ちたロングアームに
トドメを刺そうとする。すると・・・・
敵ジオフレームからフスナーニが姿を現す。
あ、フスナーニさん、あんまりイケメンじゃない・・折角の遊佐が。
おでこ広いなww 
しかもなんとフスナーニさんは前の人みたいに自爆はせずに投降してきた!?


フスナーニさん、まさかの投降。
でもこの投降には何か裏がありそうな気がする・・・・
由希奈を助けてくれたのは何者なんだろうか・・・最初は普通の
パパかと思ったけど、ちょっと違う?? 


クロムクロ 第1話 鬼の降る空
クロムクロ 第2話 黒き骸は目覚めた
クロムクロ 第3話 城跡に時は還らず
クロムクロ 第4話 異国の味に己が境遇を知る
クロムクロ 第5話 学び舎に来た男
クロムクロ 第6話 神通の川原に舞う
クロムクロ 第7話 東雲に消ゆ
クロムクロ 第8話 黒鷲の城


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(7) 
共通テーマ:アニメ

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この記事のトラックバックURL: