So-net無料ブログ作成

迷家-マヨイガ- 第12話 ナナキは心の鏡 [アニメ]

mayoiga0617_top2.jpg

最終話ですよ~~!!  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
mayoiga0617_m1.jpg
光宗、真咲、美影、らぶぽんの前に現れた巨大な老婆のナナキ。
「なんだこの婆さん、俺のナナキはこんな姿じゃねえ」
「えっ美影さんにもお婆さんに見えるんですか!?」
「らぶぽんにもか!!」
美影とらぶぽんの会話がなんか笑える・・・・w

するとそこに颯人が現れ、真咲と一緒に居る光宗を見て憎悪パワー増大。
颯人は自分のナナキの上に乗り、自分のナナキを思い通りに動かす。
「おい忌々しいババア、俺の言葉は解るよな?あいつらを殺せ!!」
ナナキ使い・颯人 爆誕
颯人は自分の巨大ナナキを操り光宗達を追いかけ回す。
「処刑されちゃいますぅううう」
らぶぽんと美影、とばっちり。

真咲を庇いまくって、彼女のいい所を並べる光宗、それを聞いて
真咲は頬を赤らめる。颯人の方は煽られて怒り増大。
颯人ナナキは光宗と真咲を捕まえる。よく見ると、ナナキの上に
小さな鳥籠があり、その中に光宗のミニ時宗ペンギンが捕らわれていた。
「光宗くんのナナキってあんなだったんですか!グロかわです!」
らぶぽんに可愛いと言われる時宗ペンギン。確かに可愛いよなw
っていうか、美影とらぶぽん、いつの間に二人で木に登ったの。

「鳥籠から逃げられないようにして光宗君を自分のものにしておきたいから・・」
「お前に俺の何がわかるっていうんだよ!!このビチグソ女が!!」
ビチグソ女てw 

光宗は捕らわれの時宗ペンギンを見て、それはいつも颯人に守って
もらっていた自分だと気付く。自分に守ってもらっていればいいと言う
颯人に光宗は「それじゃダメなんだ!!」とシャウト。



mayoiga0617_m2.jpg
「僕は変わって颯人に助けられてばっかじゃない、颯人を助けられる
 自分になりたいんだ! 僕は颯人が家族の事で悩んでいる事、なんとなく
 気付いてた。でもいつも凄い颯人がどうにもできないのに、僕なんかが
 力になれるはずないって、自信がなくて何もできなかったんだ」
「ナナキが動揺してる!」
「プルプルです!」
美影とらぶぽんの解説ワロスw

「僕は颯人ど同等になりたい!友達として颯人が悩んでいる時は話を
 聞いてあげられて助けてあげられて、なりたいんだ、そんな関係に!
 そんな友達に!!
光宗の魂のシャウトは颯人の心に届き、颯人のナナキは瓦解。
案外チョロかった颯人のナナキw 
するとそこにこはるんが現れ、颯人を煽りまくってナナキを復活
させようとする。オイっこはるん、とんでもない女だなw
颯人のナナキは復活したが、颯人はナナキ使いとしての能力をすでに
失っており、颯人のナナキに再び全員が追いかけられる事態になってしまった。
足を痛めた颯人を負ぶって逃げる光宗、そしてそんな二人を助ける真咲。
なんかいい光景じゃないかー。 この時、颯人は大丈夫だなって思えた。

一人残されたこはるんは呟く・・・
「何を怖がってるのよ、これでいいんじゃない。
 誰も犠牲にならないなんて無理だもの・・きっとこれで・・・」
きっとこれで何だよ~ こはるんドイヒーすぎるでしょぉー。
こはるんの目の前にトランシーバーが落ちていた。
そこから神山の声が聞こえてくる。なんと、こはるんは神山の
で年をとってしまった父を救いたい為に、父のナナキを捜しに
納鳴村にやってきていたのだった。神山が眠ってしまってバスを見過ごした
のも、こはるんが神山のコーヒーに一服盛ったからだった。

納鳴村に来たものの、神山のナナキを見つける事ができなかった
こはるんは消えてしまいそうなトラウマをナナキを刺激する事で
無理矢理増幅させる、そうすればナナキは消えないで済むかもしれないと
思って実験していたのだと、そこに現れたレイジが語る。

こはるんは父を死なせたくない一心だが、神山はこのままでいいと言う。
ナナキが出て行ってしまった状態の神山は心的外傷をより俯瞰でとらえられる
事ができるようになり、彼は自分自身が実験道具である、この状態が
楽しいのだという。 パパ、ナナキ喪失エンジョイ勢だったw もう放っておけ!

「ナナキを見てわかったでしょ?気持ちはね、みんな違うの。
 みんな人それぞれなんだよ。だからね、自由にさせて欲しいな」
「父さんの・・・父さんの・・・すっとこどっこい!!」
すっとこどっこいってww こはるんの方がすっとこどっこいだぜ・・・

レイジは「ナナキもナナキそれぞれなんだ」と言ってこはるんの前から消える。
一方、颯人ナナキに追われ続けている光宗達、颯人が自分を降ろして
逃げろと光宗に言うと、光宗は「ここで颯人を降ろしたら前の自分と
何にも変わらない!」と根性を見せる。目の前には納鳴村への
トンネルが。中に逃げ込むと、颯人は自分のナナキと向き合う。
「自分の言いなりになる奴が欲しかっただけじゃない。お前を
 助けてる気になる事で自分の自信が持てた。お前に助けられてたのは
 いつも俺の方だったんだ。ありがとう、光宗」
そう言ってナナキと共に颯人は消えた。



mayoiga0617_m3.jpg
「大丈夫、ナナキと一つになったんだ。颯人君は自分の気持ちと
 過去の出来事を受け入れたんだよ。大丈夫、現実に戻っているハズだ。
 納鳴村に戻ってきてくれてありがとう、光宗君」
レイジキタ――(゚∀゚)――!!
真咲はレイジとの再会を果たしてレイジに抱きつく。光宗君複雑・・w

「僕を捜したいなら、自分をちゃんと見つめればよかったんだよ、真咲。
 僕はお前のナナキ・・・・
ここで、レイジの正体が語られる。
なんと、レイジは最初から実在する人物ではなく、幼い頃に真咲が
生みだした想像上の友達で、真咲と共に想像の中で成長していったモノだった。
回想の中で、真咲がいつもレイジと一緒に居る様子出てたけど、
カフェとかでレイジと話している姿とか、周りから見たら真咲が
一人で話していただけだったんじゃ・・・ヒエエ メンヘラぁああ!
真咲はその場から泣いて走り去ってしまい、レイジは光宗に真咲を
追いかけてくれと頼む。
「他のみんなには自分から納鳴村についての事を話しておく。 
 だから君は真咲の事・・頼む。真咲の気持ちは誰よりもわかっている。
 だって真咲は僕自身だから。子供の頃からいつも真咲は辛くなると
 泣きたくなると僕の名前を叫んでいた。それが初めて僕以外の名前を
 呼んだんだ。光宗くん・・・
レイジ、マジで超いいナナキ・・・

真咲を追いかけながら光宗は時宗ペンギンを受け入れた自分の
今のナナキは一体何なんだろう?とふと思う。
真咲に追いついた光宗、二人の前には手乗りサイズの小さなナナキが現れた。
なんか可愛いんだけど。
「そうか、コレが僕の新しいナナキ・・・」
光宗の新しいナナキは真咲を助けたいと思う光宗の気持ちが
現れたものなのかね。だから、真咲のリボンをつけていて可愛い。



mayoiga0617_m4.jpg
レイジは美影達と納鳴村に行きツアー参加者に説明。
納鳴村に残っている人々の大部分は相変わらずのダラダラっぷりw
と、そこに、ジャックと氷結を捕まえて大八車に乗せたヴァルカナ達が
戻ってきた。
「ナイフなんぞで脅したってな、てめえらみたいな軟弱なのは
 俺とナンコがいりゃあ充分なんだよ!!」
「力ならある・・・」ボキボキ
ナンコさん、頼もしすぎぃい!!

ここに残りたいと言うジャックにレイジは言う。
「どんな答えを取ろうと構わないけど、君達だけで勝手に決めるのは
 やめてくれ。ちゃんと相談してあげて欲しい、君達のナナキ、君達の欠片と」
ナナキ代表・レイジの願いだな。
「オイ、誰なんだよ、コイツ!」
そういえばヴァルカナはレイジと初対面かw

ナナキは納鳴村から出ようとしなければ襲ってこない。
元々ナナキはみんなの欠片だから、置いて行かれるのが恐いだけ。
「君達はどうしてここに来た?人生をやり直したい・・・それは
 今までの自分を否定しているんだよね?他の誰よりも自分に捨てられる・・ 
 それが一番恐いんだ」
ナナキ代表のレイジさんの言葉は皆のナナキに対しての理解を深め
チラホラと自分のナナキを可愛いと思ったり、ナナキが自分に
帰りたいと思っていると感じる者も出てきた。
気持ちを吐露していくツアー参加者達・・

真咲はレイジが自分の想像上のモノだという事に気付いていた。
変な子と周りから言われるのを恐れ、いつからかレイジが見えているのに
見えていないフリをしていたという。真咲はレイジにちゃんと会いたい
一心で納鳴村にやってきたのだ・・・
「真咲さんは本当は変わりたいって思ってるんだよね」
光宗は自分が真咲の力になるように頑張ると真咲に語りかける。
真咲は光宗のナナキを撫でながら、納鳴村は心が形になるから
その人の本当の気持ちが嘘偽りなくわかってしまうと言う。


mayoiga0617_m5.jpg
「可愛いね」
光宗のナナキを手に乗せて真咲がそう言うと、レイジは微笑んで
真咲の中に戻ってきた。
「はっ レイジが帰ってきた!」
わかるものなのねw 
真咲は光宗のナナキを光宗に渡し「先に行ってるね」と言って消えていった。
「僕もきっと追いつく。コイツと一緒にすぐに・・・」

レイジが居なくなり、ツアー参加者達の中にも帰りたいと言う者達が
現れるが、残りたいと言う者達も居る。
「ここまで来てここに残ろうなんて逃げだろ」
「逃げて何が悪いの?人それぞれだけど、そんな事できない人だっている。
 私もやっぱり帰りたくない。ここに居る!みんなとなら・・・」
リオンちゃんまさかのステイ派か。

「だったら私に手伝える事があるかもしれない」
「ボス!」←ジャック
「ボス!」←氷結
こはるん登場に子分歓喜ww
こはるんは納鳴村に残り研究を続け、みんながなんとか自我を
失わずに生活できる方法を探してみせると言ってきた。
ボスが残るならとジャックと氷結もステイする事に。
どんだけこはるんに心酔してるのこの二人。
こはるんの人心操縦術凄すぎでしょ。

こはるん、自分の所為で傷つけた人への罪滅ぼしの意味もあるとか
言ってるけど、一番傷つけた人達が既にここに居ないよな。颯人とか颯人とか・・
ソイラテさんはまだ怠さも感じてないし体調を崩した人の手助けが
できるならとステイを決める。すると山内が・・
「ソイラテさんが残るなら自分も。この共同生活嫌いじゃなかったんで・・」
それを聞いたソイラテさん頬を赤らめる。
ソイラテ&山内、カップル誕生か!?

「俺もここに残るわ。俺、よくよく人を見る目がないからよ。
 この先また現実でやっていけるかわからねえから、チラっとでも
 イイ奴だと思っちまった奴が本当にいい奴かどうか・・・
 この目で見届けてから帰るわ」
なんと、ヴァルカナ君はこはるんを見届ける為に残留を決めた!!
こはるん、頬を赤らめ嬉しそう。
なんだかんだでヴァルカナ&こはるんもいい感じに納まってワロス。

「それじゃあ・・・行こうか」
ナンコさんがバシっと〆たw


というわけで、納鳴村残留組は・・・・・
mayoiga0617_stay.jpg
鳥安、ソイラテ、山内、リオン、こはるん
ジャック、氷結、ヴァルカナ、熱帯魚 9

帰還組は・・・・
mayoiga0617_go.jpg
ぴーたん、ドザえもん、ユウノ、ユウナ、ニャンタ、地獄の業火
らぶぽん、美影、わんこ、ダーハラ、ユウネ、プゥ子、マイマイ
ナンコ、トシボーイ、なぁな、まんべ  17

既に帰還を果たしているのが運転手、颯人、真咲、光宗、よっつん 5



mayoiga0617_m6.jpg
別れぎわにナンコさんに抱きつき別れを惜しむリオン、それに加わるマイマイ。
この3人はいい友達になれたね・・
帰還組はトンネルを抜けバスへ。光宗君も気付いたらバスに乗ってた。
颯人が「お、待ってたぞ」と軽い感じで、憑きもの落ちたな~と感じた。
運転手さんは「まったく大変な目にあったぜ」とこれまた
憑きものが完全に落ちたようなスッキリっぷり。
この納鳴村での体験の中で一番いい体験をしたのは運転手さんだよなw

バスが動きだし、行きの時と同じようにみんなで唄う
運の悪いヒポポタマス~♪
またその歌かよ!!!

バスが通り過ぎて行くのを見送る神山と・・よっつん!
よっつんは神山の所にステイかw 

「月曜日、めでたく帰ってきたよ~」
「えーちょっと何勝手に替え歌してるの」
「字余りだぞそれ」←美影
「処刑です」←らぶぽん
「え~・・」

美影とらぶぽんの突っ込みワロタ・・
そしてまさか、最後の最後でらぶぽんの「処刑です」
可愛く聞こえるとは・・・ これが迷家のオチだな。
らぶぽんが可愛く思えるようになった!!



いやー、迷家、最終話、笑いあり、涙なし、感動なし・・・
でも、すべての合点がいったいい最終話だった。
そして、全員が帰らない所がまた人間くさくていいかなと思ったり。
ラストにかけてけっこうカップル誕生してましたね。
山内とソイラテさん、ヴァルカナとこはるん、あと
美影とらぶぽんも何気にいい感じに見えたぞ。そして真咲と光宗も。
そんな中、完全に別れたカップルがまんべさんとぴーたんというw
結局誰も死なずで終わったけど、このツアーの事って世間では
ワイドショーでとりあげられるくらい話題になってる行方不明事件に
なってるわけでしょ?? 帰ってから大変なんじゃ・・と一瞬
思ったが、どうなんだろうか。 ダーハラとか警察に尋問されそうww
「ツアー主催者であるダーハラには過酷な日々を、そして帰還者と残留者には始まりを」

迷家-マヨイガ- 第1話 鉄橋を叩いて渡る
迷家-マヨイガ- 第2話 一寸先は霧
迷家-マヨイガ- 第3話 傍若無人
迷家-マヨイガ- 第4話 よっつんの川の流れ
迷家-マヨイガ- 第5話 ユウナ3人いると紛らわしい
迷家-マヨイガ- 第6話 坊主の不道徳
迷家-マヨイガ- 第7話 鬼のいぬ間に悪だくみ
迷家-マヨイガ- 第8話 納鳴訪ねて真咲を疑う
迷家-マヨイガ- 第9話 月下氷結
迷家-マヨイガ- 第10話 苦しい時の神様頼み
迷家-マヨイガ- 第11話 バスに乗れば唄心


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

トラックバックの受付は締め切りました