So-net無料ブログ作成
検索選択

亜人ちゃんは語りたい 第4話 高橋鉄男は守りたい [アニメ]

demi0129_top2.jpg

守りたい・・・・デミちゃんの笑顔 
 
  
 
  
 
  
 
  
demi0129_m1.jpg
守らねばなるまい・・デミちゃんを守らねば!!
生物準備室の前で座り込んでいた雪を抱きしめ高橋は強く思う。
いやほんと守らねばなるまい! 
雪ちゃんの涙、真珠のような氷の玉で美しい!
高橋と雪のやり取りを聞いてしまったひかりは・・。

早紀絵はいつぞやの自分の態度を高橋に詫びる。
その際に、高橋がデミの生徒達の悩みを解決したいと思っている事を
知った早紀絵は自ら協力を申し出るが、その時、オッパイを
揺らしながらグイグイくるんで高橋先生抑えるの大変だっただろうにw
握りつぶしたジュースパックがそれを物語っている。

一方、ひかりは雪の悪口を言っていた女子達の元へ雪を連れだって向う・・
ってあの女子達、常にトイレで人の悪口言ってるのかいww 臭そう
ひかりは雪を外に残し、一人でトイレの中へ文句を言いに・・・
「その後どうするかはゆっきーに任せるから」


demi0129_m2.jpg
ひかりはストレートに悪口女子達に文句を言う。
ひかりのまっすぐで正論なもの言いに女子達も焦った表情。
あれ、この悪口女子達、ちゃんと話せばわかってくれるタイプか?
もっと何言ってもダメかと思ったら案外わかってくれてそう。
「でも決めたんだ。ただの自己満足だけど、私は人から言われても
 後ろめたさが残ることはしないって」
ひかり、涙の訴え。妹と約束したからと言ってたけど、いつもは
明るいひかりもきっと過去には何かあって妹のひまりと何かを約束
したんだろうな。

ひかりと入れ違うように雪がトイレに入って悪口女子達に自分が
なぜ冷たい態度をとってしまったのかをちゃんと説明し、その態度が
不快な思いをさせたならごめんなさいと謝罪する。
「なんであんたが謝るのよ・・」「私達こそゴメン・・・」
おお?悪口女子達、ちゃんと分かってくれた。
ひかりと雪の真っ直ぐな思いが通じたんだねえ・・・
脳のネジが飛んだような真悪ヤバイ人がいない世界素晴らしい。

ひかりの頑張りを見ていた高橋はひかりの頭を撫でて労う。
家に帰ったひかりはひまりに甘える。この姉妹、ひまりの方が
お姉さんみたいよね。


後日・・・・
高橋はひかり、京子、雪、早紀絵を集めてミーティングを開く。
デミは悩みを抱えやすいので、学校に3人しかいない生徒のデミ同士
悩みを互いに相談できるようになって欲しいと言う高橋。
「この学校で亜人の生徒は3人だけだ。その繋がりを大切にして欲しい」
そうだな。そして、これはひかりが中心になって強く繋がれそう。
早紀絵は相談する側に行きたいが教師の手前グッと堪える。


demi0129_m3.jpg
ミーティングを終えようとするとひかりが・・・
「私、まだ先生にハグしてもらってません!」
そういえば、京子と雪はハグしてもらったもんな。
高橋に飛びついてぎゅーっとするひかり可愛すぎでしょー。
流れということでなぜか京子も再びハグしてもらい、早紀絵も
便乗しようとしたが断られるw
高橋は雪を抱きしめて、他のデミ達に囲まれているのはきっと
何かの縁、きっと状況が良くなって楽しくなるから安心しろと囁く。

最後に京子のボディをハグしたが、京子の巨乳のをダイレクトに
感じてしまった高橋は「はうぅ!」と奇声をあげてしまい、その場から去る。
「高橋先生!今の奇声はいったい!?」
「先生、相談! 今のリアクションの意味について相談!」
京子のオッパイの破壊力・・・これって、京子のオッパイ+早紀絵の
催淫の影響でより激しく感じちゃったのかな?

ひまりはお姉ちゃんが心配・・・・
果たして高橋は信用できるのか?とひまりは考えていた。
そんな時、帰り道で高橋と一緒になったひまりは高橋と話していくうちに
高橋が信用できる人物だとほぼ見極める事ができた。
それにしても高橋ってほんとちゃんとしてるというか、いい人だなあ。


よく考えてみれば雪の悩みはまだ解決していないのね。
次回はその悩みのが解消されるのかな?


亜人ちゃんは語りたい 第1話 高橋鉄男は語りたい
亜人ちゃんは語りたい 第2話 デュラハンちゃんは甘えたい
亜人ちゃんは語りたい 第3話 サキュバスさんはいい大人


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(9) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 9

この記事のトラックバックURL: