So-net無料ブログ作成
検索選択

亜人ちゃんは語りたい 第7話 サキュバスさんはいぶかしげ [アニメ]

demi0219_top.jpg

クルツくん、いったい何者なんだよw 
 
  
 
 
 
  
 
 
demi0219_m1.jpg
「不審者を見た!」
校内で不審者を見たと言ってひかりが高橋の所に駆け込んで来た。
ひかりの説明通りに不審者の絵を描くと・・・ってそれww
高橋、絵上手いな。何気に優秀なスキルじゃん。

早紀絵が謎の金髪少年を校内で発見。
名前はクルツ、ドイツ系らしいが何か怪しい。
そういえばクルツ・ウェーバーもドイツ人だったな!
クルツ君、嘘をつくが表情に出てしまうタイプなので益々怪しい。
その上、なんと催淫が効かない!?
早紀絵と手を触れても何にも反応示さなかったぞ??

ひかりが見た不審者の正体はクルツと一緒に来た刑事さんだったって
ことですかね? そんな熊のようには見えないけど。
刑事の名前は宇垣、早紀絵とは昔からの顔見知り。



demi0219_m2.jpg
えっ クルツって宇垣さんの部下なの? ってことは社会人??
とても社会人には見えないんだけど。どう見ても少年だ。
クルツくんの感情を隠さない表情好きだわw
早紀絵と宇垣はけっこう仲がいいのか。宇垣の立ち位置は早紀絵の
保護者的な、父親のような感じ? 早紀絵がクルツのことを訊くと・・
「クルツは対サキュバス用の決戦兵器・・そんな所だ」
と碇ゲンドウっぽく言う宇垣。
サキュバスの催淫が効かないからかねw

早紀絵が気になる人が居て、催淫が効かなかったと宇垣に言うと
ゲイでもない限り催淫が効かないなんてことはない、きっとその人は
デミに詳しくて、催淫されても表に出さないように気をつけていた
だけなんだと諭される・・・ その通りw
実は高橋は催淫されていたという事に気付いて『あの時高橋先生は
私にドキドキしていた―!!』と興奮する早紀絵。
催淫しても悪くないと思えるなら、それは本当に好きという事なんだろう
と宇垣は言う。早紀絵は催淫云々以前に高橋の人間性の方から高橋を
好きになっていったからなー。


demi0219_m3.jpg
校内を彷徨っていたクルツがひかり達に出会う!
「転校生?」
「そ、そうです」
また思いっきり嘘が顔に出ちゃうクルツくん。何、クルツのこういう
部分がクルツの売りなのかねw 面白いわ。 ひかり達にも一瞬で
嘘だと見破られていた。気になったのはひかりがクルツにぶつかって
初めて出会った時、「ごめん、サッキー」と言って早紀絵と間違えた事。
サキュバスの催淫が効かない事といい、クルツくんも亜人でサキュバスの
男版みたいなインキュバス的な感じなのかも?

佐竹が盗撮した早紀絵の写真、確かにちょっとエロいな。
クルツに見つかって1回は取り上げられたが、佐竹の思春期の素直な
叫びに免じて画像は削除されずに済んだ。

高橋先生、わざわざ2年ぶりに喫煙してまで宇垣と話そうとするとか
亜人関係に熱心よねえ。宇垣とクルツは警察の亜人課所属。
昔は亜人が差別され、それ故に悪い事もする亜人がいたが、今は時代が
変わり、亜人課はそんなに仕事はないらしい。
ただ、現在亜人が関わる大多数の事件は淫魔が関わる催淫事件で
それが意図的に行われていたか等の判断は非常に難しいという。
なので普段から管轄内のサキュバスとコミュニケーションをとって
そのサキュバスの人となりを知り悪意があるか見極めている・・・
なるほどー、だから早紀絵と顔見知りだったのか。
宇垣は早紀絵をはじめ、デミちゃん達をヨロシクなと高橋に告げる。
いい人だ・・・・

高橋と宇垣が喫煙室から出てきた後、ひかりに凄いイヤそうな顔で
「クサイっ」と言われててワロタw 

帰りの車での中のクルツの舐め腐った態度ww
クルツは亜人課の新人?刑事だということはわかったが、彼も
亜人でインキュバスとかなのか、そこらへんは結局ハッキリしなかった。
今後も出番あるのかな?


次回は「亜人ちゃんは学びたい」


亜人ちゃんは語りたい 第1話 高橋鉄男は語りたい
亜人ちゃんは語りたい 第2話 デュラハンちゃんは甘えたい
亜人ちゃんは語りたい 第3話 サキュバスさんはいい大人
亜人ちゃんは語りたい 第4話 高橋鉄男は守りたい
亜人ちゃんは語りたい 第5話 雪女ちゃんは冷たい
亜人ちゃんは語りたい 第6話 小鳥遊姉妹は争えない


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(13) 
共通テーマ:アニメ

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 13

この記事のトラックバックURL: