So-net無料ブログ作成

エロマンガ先生 第7話 妹と世界で一番面白い小説 [アニメ]

eromanga0521_top2.jpg

ムラマサもエロマンガ先生にパンツ見せてくれよ!! 
 
 
  
 
 
  
 
eromanga0521_m1.jpg
ムラマサちゃん、先輩とお呼びって・・そしてすんなり先輩と
呼んじゃう正宗ェ! 
200万部以上売れてるエルフは1450万部以上売れているムラマサに
太刀打ち出来ずに撃沈。コソコソと消えていくエルフがw

ムラマサは意図的に正宗の出版枠を奪ったと自らカミングアウト。
なんと正宗の動向を神楽坂から逐一教えてもらっていたという。
(゚Д゚)ハァ? ムラマサちゃん正宗のストーカーかい?
ムラマサは自分の夢の邪魔をする正宗が嫌いという理由で正宗を
潰すと宣戦布告。正宗はラノベ天下一武闘会で決着をつけることに。
「勝った方が負けた方になんでも命令できる・・・これでどうだ?」
お、おう。勝ったらムラマサにパンツ見せてもらえば紗霧も喜ぶな!(。_゜☆バキッ

自分達の夢を紗霧に相談せずに今回の勝負に賭けてしまった事を
悔やんでいた正宗だが、紗霧に事情を話すと紗霧は怒らずに、正宗を支持!
「やる前から負けた時のこと考えてどうする。
 俺達の夢を笑ったそいつは俺達の敵なんだ!
 二人で一緒にやっちまおうぜ!」
紗霧がエロマンガ先生の口調になる時がほんと好き。なんか泣けるよ。


eromanga0521_m2.jpg
「二人で一緒にやっちまおうか!エロマンガ先生!」
「うん!・・ ( ゚д゚)ハッ! そんな名前の人は知らない・・」
このやり取りもほんと好き。

下で待たされていたエルフが紗霧の部屋に乗り込んできた。
エルフは正宗が勝てるように、協力してくれるという。
ラブレター小説って言われて照れる兄妹[黒ハート] 
エルフ、マジでいい娘だなあ・・・ここまで協力してくれる子いないぞ。
エルフの特訓で正宗は天下一武闘会用の短編にどんどん磨きをかけていく。
小説がだいぶよくなったと及第点をエルフからもらった時、和泉宅を
訪問者が・・・・ってムラマサがキタ――(゚∀゚)――!!

ムラマサくん、この前とは違って制服姿でなんか(・∀・)イイネ!!
しかも態度がこの前と全然違う。
「少しでも君の気が引けたならうれしい」
制服姿も意図的・・・気を引く・・・だと?
「正宗くん、降伏勧告に来た。君、私のモノになりなさい!」
ファ―!? どういう事なんだ・・・
ムラマサは正宗に自分専属の小説家になって欲しいと言ってきた。
そういう意味ね。その代わりに、正宗に報酬を払うと言うムラマサ。
何、正宗を囲いたいってこと?? 

エロマンガ先生のモニターを持ったエルフのストップが入り
変な流れになってムラマサがあがりこんでるじゃんw
しかもなんか小説を書き出したぞ?? その様子を見ていたエロマンガ先生は言う・・・
「完全に集中しきってて何やっても気付かなそう。
 ちょっと・・・スカートめくってみて!!
「お前ってやつは、筋金入りだな!!」
ワロスw さすがエロマンガ先生だぜ。


eromanga0521_m3.jpg
あら、ムラマサちゃん、言えばパンツ見せてくれそうじゃんw
ムラマサの事情みたいなの、わからないでもないけど、正直
どうでも良い・・・(。_゜☆バキッ 
彼女の真意が判明、なんと彼女は正宗がメジャーデビューする前からの
正宗ファンで、彼の影響を受けて小説家デビューしたのだった。
だから、同じようなバトルもので、ペンネームも似てるのか。
偶然にかぶっていたんじゃなくて、真似してたのか。

「私にとっての世界で一番おもしろい本というのは君の作品なんだ!」
ムラマサが怒っていたのは、正宗がジャンルを変えてしまったことで
だから潰すとか言っていたという・・・。そか、自分専属になってって
そういう意味ね。ムラマサは神楽坂から正宗の事情を聞いて、考えを
変えたという。

「今の仕事を続けるには作家としての成果と収入が要るのだろう?
 正宗くん、つまらない夢は諦めて私のために小説を書きなさい!
 そうしてくれるなら私が今までに得た印税を全て君にあげよう!
 君が私のモノになってくれるのなら君達兄妹は私が一生護ってやる!」
えええええw 今まで得た印税全部って何億よ。
いや、それ以前に、正宗とエロマンガ先生の夢をつまらない夢って
言ったのがなあ・・・・ムラマサちゃん、悪い娘じゃないけどちょっと
自分本位に考えすぎよね。

と、こんな事を玄関で話していると、紗霧の声が響く。
「あげない・・! 絶対あげない!!」
紗霧が部屋から出てきて階段降りてきているぞ・・・



eromanga0521_m4.jpg
足をプルプルさせながら、紗霧は叫ぶ。
「私の方が先だもん!! 私の方がずっとずっと好きだもん!!
 最初っから私のだもん!! 私達の夢はつまんなくなんかない。
 一緒に・・・一緒につくったんだから!お前なんかに負けるもんか!
 絶対、絶対、負けるもんかーーーー!!
紗霧が健気で可愛すぎぃいいいい!!!
紗霧の叫びをジッと見ていたエルフの真剣な表情もよかったな。
エルフくん、この兄妹をこれからも応援していこうと心の中できっと思ってそう。

正宗はちゃんと戦ってケリをつけようとムラマサに告げ、今度の
作品は和泉マサムネの最高傑作になると言う。
「つまらなかったら殺す・・・」
そう言ってムラマサは帰って行った。

ラノベ天下一武闘会結果発表まであと少し・・・・
少し前にムラマサは正宗に自分の小説を読ませたくて会いに来ていた。
「私の可愛くない後輩」というタイトルの短編小説、内容は正宗とムラマサの
事らしい。なんかタイトルからしてそうだよな。
「私は君の事が好きだ!君の作品も君自身も・・愛している!!
 返事を聞かせてくれないか?」
「俺、好きな人がいるんだ。だから先輩の気持ちに応える事はできない」
もちろんそういう返事よね。正宗くんは紗霧が好きなのだよ!!
ムラマサ撃沈・・・

ラノベ天下一武闘会、優勝者は和泉マサムネ。
得票数はわずかにムラマサが上回っていたが、ムラマサは規定の枚数の
倍近い数を書いて失格になりマサムネが繰り上がり優勝w
これって、わざと規定違反になるようにしたのかな?それともそこまで
気をまわしていなかったのか。ムラマサちゃんいい娘だからわざとじゃないかな・・

正宗が書いた小説のタイトルは
「世界で一番可愛い妹」
紗霧がムラマサに啖呵切っているのを見て閃いたらしい。
世界妹(せかいも)~~~~!!
こうして正宗の新作小説は無事9月10日発売決定、イラストはもちろん
エロマンガ先生だ!

Cパートぉおおおお!!
ある日、帰ると郵便物が届いていた。
そこにはムラマサがいつも原稿を書く時に使うノートが何冊も・・・
なんと刊行が止まっていた幻想妖刀伝の12巻
そして最後のページにはたった一行のあとがき

100点満点中、100万点くらい面白かったです


ん?つまり、ムラマサちゃん、続きが読みたいって言っていた
正宗のために書いてくれたってこと? いい娘じゃん!


エンドカードは
ムラマサがパンツ見せようとしてるような絵が・・
eromanga0521_ED.jpg
次回、ムラマサがエロマンガ先生にパンツ見せるのかな?(。_゜☆バキッ


エロマンガ先生 第1話 妹と開かずの間  [新作春アニメ]
エロマンガ先生 第2話 リア充委員長と不敵な妖精
エロマンガ先生 第3話 全裸の館と堕落の主
エロマンガ先生 第4話 エロマンガ先生
エロマンガ先生 第5話 妹とラノベ企画を創ろう
エロマンガ先生 第6話 和泉マサムネと一千万部の宿敵

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(5) 

nice! 7

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 5

トラックバックの受付は締め切りました