So-net無料ブログ作成

正解するカド 第8話 タルネル [アニメ]

kado0602_top.jpg

徭沙羅花、真道さんの説得を試みる・・・・ 
 
 
  
 
 
 
kado0602_m1.jpg
言野さん達、まだカドの中に居たのw
サンサで眠らなくていいし疲れないからずっと話し合っていたのかも。
サンサを世界に発信するか否か、言野はヤハクィザシュニナに
外界との通信を頼んでSETTENCEO・アダム・ワードとコンタクトを取る。

言野さんはサンサを発信する事に賛成なのね。発信する側としての
役目を全うしようとしてる感じか。確かに、発信したものを受け取るか
受け取らないかは個人の自由だからな。言野さん正論。
「昨年、SETTENは衛星を取得した」
「ということは・・」
「全世界、同時配信だ!」
サンサ、世界同時配信クル━━━━(゚∀゚)━━━━!!
アダムさん、ノリが良くてよいよね。さすが世界をリードする企業のCEOだよ。

徭くん、真道さんを説得する為に、彼を1日連れ出すという計画を実行。
まずは真道さんを自分の実家に連れて行く。
徭の私服がDASEEEEEEEE くりて・・・
徭のお父上とお兄さんが徭が結婚相手を連れてきたと勘違いしたのが可愛い。
確かに、そう勘違いしてもおかしくないよな。兄ちゃんの声が前野智昭だった!
徭は彫金職人の父の仕事を真道に見せる。


kado0602_m2.jpg
徭くん、真道さんを1日連れ回して、何をやりたかったかというと
自分の意見を真道さんに伝えたかっただけなんだよな。
人類は異方の力で進化するべきではない、人類の進化は人類が自身で
成し遂げたものみたいな・・・。いやでも、それって、徭くんの
見解でしょ? 徭ちゃん、嫌いじゃないけど、そもそも、徭君自身は異方の
事をちゃんと知ろうとしてるのか? ヤハクィザシュニナの事をもっと知るとか
異方の真意を知ろうと努力をしたのか?
そういう意味では真道も異方の真意に対してはまだ迫ってないよね。
彼もヤハクィザシュニナとしっかりそこらへん話す必要あるような気がする。
なんにせよ、徭くんがそう思うからといって、人類から推進する
チャンスを奪うのはどうかと。

SETTEN SUGEEEEEEE
超短期間でドーム型の建造物を二つもカドの隣に建てちゃってるよ。
組み立て式でサッとできる建物とか凄いわ。
日本政府としては今回の世界同時配信を止める予定はないという。
犬束総理からは「何ものにも左右されず、どこまでも公正中立なお前の
感覚が必要だ。思うとおりにやってみろ、真道」と、一任される真道さん。

そしてやってきた世界同時配信の時・・・!
20:00からSETTENを中心に、テレビでも配信。
最初に出る断り書きが怖いw 色々と注意喚起の断り書き出まくる。
ヤハクィザシュニナくんもSETTENの特設スタジオに招かれて、言野の
インタビューを受け、サンサの解説。そしてついにサンサが世界に
配信された!!  みんなちょっと気持ち悪そうなリアクションだけど
これ見た人が全員、寝ないで済む疲れを知らない身体になると思うと凄いな。


kado0602_m3.jpg
衝撃の配信が終わった後、真道はお酒とつまみを持って、ヤハクィザシュニナと
話しにカドへ。徭がそんな真道を嬉しく思っている感じ・・・
真道はちゃんとヤハクィザシュニナの真意を見極めに行くのかな。
いよいよ、次回はヤハクィザシュニナの真意がわかるっぽい?


予告では・・・
kado0602_yokoku.jpg
おお、お酒酌み交わしてる
ヤハクィザシュニナくんは少しは酔ったりするのだろかw

kado0602_yokoku2.jpg
ヤハクィザシュニナくんのこの表情はいったい・・・なんか
やけに人間くさくなってきたよね。
「お前は神なのか?」とか真道さんが言っていたのが気になる。
あと、徭くんが嫌な予感とか言っていたのも・・・



正解するカド 第1話 ヤハクィザシュニナ
正解するカド 第2話 ノヴォ
正解するカド 第3話 ワム
正解するカド 第4話 ロトワ
正解するカド 第5話 ナノカ
正解するカド 第6話 テトロク
正解するカド 第7話 サンサ



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました