So-net無料ブログ作成
検索選択

正解するカド 第12話 ユキカ [最終話] [アニメ]

kado0630_top.jpg

ヤハクィザシュニナ、ついに驚く! そして視聴者も驚くw 
 
 
 
  
 
 
 
kado0630_m1.jpg
日本全土がカドに覆われていく中、カド内部では真道と
ヤハクィザシュニナの最後のバトルがw
ヤハクィザシュニナはリアル真道に会えて嬉しさを隠せない。
複製体はしっかりしたコピーなのに本物とは違うという。

「真道、この特異な力を解明する為に異方に来てくれないか?
 このちっぽけな宇宙ですら人類は多大な情報を生んでいる。
 その人類が異方にやってきたならば、どれほどの奇跡を見せて
 くれるだろうか。 君の異方変換は必ず成功させる、約束する!
 だから真道、共に異方へ!」

「行けない・・・ザシュニナ、俺は異方には行けない」

ですよね~。真道は一人の人間として異方に興味はあるが、それ以上に
この宇宙に大切なものがあると異方へのお誘いを丁重にお断りする。
ヤハクィザシュニナくん、ここに来て、ヤンデレ化加速!!
怒って真道の首しめちゃうとか、きてますわ・・・コレ。

「ザシュニナ、わかっているんだろ? 自分の言っている事が間違いだと」
間違いを指摘され崩れ落ちるヤハクィザシュニナ。
真道を無理矢理連れて行っても、それでは意味がない事をヤハクィザシュニナも
知っていた。えっ・・ww ちょっと! ヤハクィザシュニナくん泣いてるし。

異方に真道を連れて行けない事を改めて自覚したヤハクィザシュニナは
それならばと真道を殺そうとする。
これ、あれですね、泣かぬなら殺してしまえ・・系?


kado0630_m2.jpg
「本当に、人間らしくなっちまったな」
「君を終わらせる、この私の手で」
「ちょうどいい、俺もお前を一度殴ってやろうと思っていたんだ」
「なぜ?」
「お前はバカな真似をしている。だから殴ってでも止めてやるのさ。 
 だってお前は・・・友達だからな」
「ともだち?」

えええ・・・結局ぶつかり合うのかい。
ザシュニナぁあああ!!!と雄叫びをあげてヤハクィザシュニナに
向かっていく真道さん、ヤハクィザシュニナも真道さんに向かって走る。
真道さんの拳はヤハクィザシュニナに届いたのか!?

結果・・・届かなかった・・・・
ヤハクィザシュニナは真道さん達がアンタゴニクススーツを
作っていた事とかも想定しており、全てお見通しだった。
あの時、品輪彼方に何か教えていたのは、それを想定してか・・・
なんか企んでる表情してるなあと思ってたわw
真道はヤハクィザシュニナを驚かせる事ができなかった事を謝罪。
「真道・・・・」
「ザシュニナ・・・」
って、オイ、ヤハクィザシュニナくん、真道の心臓掴み取り出しちゃったよ。
真道絶命・・・うそーん・・。
ヤハクィザシュニナくんが真道の傷を治す展開かな?と思ったが
真性のヤンデレヤハクィザシュニナは真道を愛して殺してしまった。


kado0630_m3.jpg
祭壇を作り、真道の亡骸をお姫様抱っこして祭壇に安置するヤハクィザシュニナ。
「真道、私は寂しいよ」
あの・・・・ヤハクィザシュニナくん、泣いて寂しがるくらいなら
真道殺さなきゃよかったのに。駄目だねえ。

祭壇から降りてきたヤハクィザシュニナに沙羅花は言う。
「ヤハクィザシュニナ、幸路朗さんの作戦は今、完全な形で果たされた」
!?
何が起きるんです??
そこに車がブーンとやってきて、車から一人のJKが降りてきた。
JKは真道の亡骸のそばへ。
「私と真道の間にズカズカと踏み込むんじゃない!低次元!!」
激怒したヤハクィザシュニナはいきなりJKを殺そうとしたが
ヤハクィザシュニナの攻撃はJKに弾かれる。

必要なのは2つ・・・
まずはすべての策が尽きたと思わせること
そしてもう一つ、空前の情報量を与えること

JK TUEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!
ヤハクィザシュニナを吹っ飛ばしてるぞ??
なんとJKはナノミスハインによって相対時間をずらした空間で育った
真道と沙羅花の子供であり、その空間では16年が経過した為、いきなりJK!!
キャーっ 花森がその空間で娘を育ててたのか。花森くん年とってるぅう。
前回、花森なんで泣いてるんだよって思ったけど、そりゃ、こんな計画
任されたら泣くよな。真道さんは死ぬ、自分は16年特異空間で他人の子育てとかw

真道は自分の子供を抱いて、沙羅花と共におさまった映像を
ヤハクィザシュニナに残していた。
「よう、ザシュニナ。お前に紹介するよ。俺と沙羅花さんの娘・・・
 人類と・・そして異方存在を上回る宇宙の新しい・・真道ユキカ!
ヒェエエエエ! 宇宙と異方のハイブリッド種(゚∀゚)キタコレ!!

「どうだ?ザシュニナ、驚いてもらえたか?」
ぶったまげただろw


kado0630_m4.jpg
真道にいっぱい食わされたヤハクィザシュニナは怒りでユキカに
攻撃したが、ハイブリッド種であるユキカは、異方と宇宙の完全な理解の
上のヤハクィザシュニナより高次元な存在である為に、彼の攻撃は一切
通用しない。その場から逃げて、とりあえず宇宙ごと消し去ってしまおうとした
ヤハクィザシュニナ、しかし、それも止められてしまう。
ユキカ、強すぎる・・・・!

ユキカは進歩とはなんぞやをヤハクィザシュニナに説き
彼もそれを理解し、自分も真道と同じ、進歩の途中であった事に気付く。
ヤハクィザシュニナは真道からもらったしおりを胸に抱えながら真道の
亡骸へ真道の名前を呼びながら走り寄っていく途中で、ユキカによって
消されてしまった。 ヤハクィザシュニナくん、異方に強制送還くらったくさいw

これでヤハクィザシュニナの野望は潰えたが、真道が死んだ事には変わらない。
沙羅花が真道の死を悲しんでいると、ユキカは真道の魂と会話。
「情報を超えたもの・・・」
「あいつ、そんなに悪い奴じゃなかったよ」
情報を超えたものって何ですか、魂という意味??
なんか違うような気もするけど、ユキカがヤハクィザシュニナを
そんなに悪い奴じゃなかったと言うには何か根拠があるよね。
ヤハクィザシュニナは真道の肉体を殺したが、彼を情報を超えた存在と
して残したって事か? それか、真道の魂(情報を超えたもの)がユキカに
「ザシュニナはけっこういい奴だぜ!」と告げていったのか? わからんww
日本全土を覆っていたカドは消え去った。


1ヶ月後ぉおおおおおお!!!!
ワムやサンサの効果、ナノミスハインも全て無効化かよぉ・・・・・
異方がくれたものは全部リセットとか、ショックすぎる。
しかもユキカがリセットしちゃったの~~w
花森は年をとったままか、そりゃそうか。
花森的にはユキカは自分の娘のような存在なのね。花森がんばったよ。
ユキカはどこかへ飛び出して、沙羅花も居場所を知らないらしい。
異方というものが存在する事をしった人類、ならば、今度は自らの足で
ヤハクィザシュニナに会いに行こう!と犬束首相は言う。
品輪彼方は「ちょっといってきます」というメッセージを残して消えたっぽい?
品輪彼方、自力で一足早く異方へ行っちゃったくさい。

「情報を超えるもの・・・・」
空を見上げてそう呟く沙羅花。部屋にあるケースの中の折り鶴が傾く。
ワムも動き出すかと思ったけど、そんな事はなかったw


なんか、予想を超えた終わり方だったなw
結局、真道が死んじゃって悲しいです。
まさか、真道と沙羅花の子供がヤハクィザシュニナを倒すとは・・・
花森が一人だけ16年も年とっちゃって可哀相。
花森の16年はもう戻ってこない・・・。

正解するカド、クソアニメ認定されそうですけど、けっこう楽しめた。
予想の斜め上な展開で終始飽きなかったという点ではよかったと思う。
ヤハクィザシュニナくんのヤンデレっぷりもよかったしね!
ヤハクィザシュニナくんは異方に行った品輪彼方と一緒になって、品輪彼方と
子供を作り、その子供をユキカと戦わせればいい。
「正解するカド2 ヤハクィザシュニナの逆襲」 待ってます


正解するカド 第1話 ヤハクィザシュニナ
正解するカド 第2話 ノヴォ
正解するカド 第3話 ワム
正解するカド 第4話 ロトワ
正解するカド 第5話 ナノカ
正解するカド 第6話 テトロク
正解するカド 第7話 サンサ
正解するカド 第8話 タルネル
正解するカド 第9話 ナノミスハイン
正解するカド 第10話 トワノサキワ'
正解するカド 第11話 ワノラル


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました