So-net無料ブログ作成

活撃 刀剣乱舞 第5話 戦火 [アニメ]

touken0730_top2.jpg

蜻蛉切さんと和泉守兼定が・・・・ 
 
 
  
 
 
 
 
touken0730_m1.jpg
鶴丸国永くん、マジお強い、練度高めだな。
戦う姿は美しくスタイリッシュ。
時折見せる狂気交じりのお顔も素敵・・・。
打刀までしかいなかった部隊にとって太刀は強力だわ。
和泉守兼定と陸奥守吉行も到着~~!
一気に船上の時間遡行軍を一掃する。


touken0730_m2.jpg
薬研くんが自分の足を治療してる姿可愛いな。
足をしばる布を兼さんがくれたよ!!
船を操縦を任された陸奥守くん、大喜び。頬を紅くして
喜ぶ姿と舵を握る姿、可愛いぞ。

時間遡行軍の目的を阻止する事ができたのか判断できない状況。
歴史通りにちゃんと進んでいれば、すでに勝海舟と西郷隆盛の
会談は終了しているが・・・・
鶴丸国永は審神者からのメッセージを告げる。
時間遡行軍が会談を中断させる為にやってくる方法は二つ考えられる。
一つは薩摩屋敷の周辺に騒ぎを作って間接的に会議を止める事
もう一つは江戸の街を焼き尽くす・・・
なんですと!?

砲撃を止められた事で追い詰められた時間遡行軍は何をしてくるか
わからないという。直接対象を狙ってくる可能性もある!?
と、ここで目の前にもう一隻の船が。しかも時間遡行軍に完全に
占拠されてる軍艦じゃないですか。

国広くんと蜻蛉切は未だに敵に大太刀と交戦中だったが、会談を
終えた勝海舟が乗った籠が目の前を通りかかり、大太刀はその場から
離脱し、海上の時間遡行軍に謎の合図を送る。

兼さん達が乗った船は時間遡行軍の船に追いつこうと必死。
薬研くんを石炭をくべる燃料係かよw 
touken0730_yagen.jpg
この場違い感。華奢な少年が石炭くべる姿ってなかなか拝めないぞ!

浅瀬に乗り上げそうになりながらもゴリゴリと先へ進む。
和泉守達も街から敵の大太刀が送る合図に気付く。
次の瞬間、時間遡行軍の船から砲撃が始まり、街が次々と攻撃されていく。
和泉守達の船は砲撃を食い止めるように敵の船の横につけて、砲撃を
受け止めたが、すでに江戸の街はかなりの火の海。
炎の描写とか煙とかがリアルだなあ・・・・実写みたい。
食い止められなかった事に和泉守が愕然としてるよ。可哀相・・・


touken0730_m3.jpg
一方、敵の大太刀は勝海舟の籠を襲い、勝海舟を守る為に蜻蛉切が
大太刀と戦う。国広くんは勝海舟をその場から逃がす為に一旦離脱。
一人で戦う蜻蛉切は深手を負いながらもなんとか大太刀をしとめたが
蜻蛉切さん、かなりの重傷。蜻蛉切に亀裂入っちゃってるよ。
何、破壊されちゃうの??
これ以上何もせずに手入直行してくれ・・・・

一方、船の方では砲撃を受けた船から避難しようとしていた。
兼さん、もしかして、隊長としての責任感じてるのかな。
ちょっと呆然としちゃってるよ。
この状態って敗北なのかね??
うわあああ、兼さんも敵に刺されてしまった。
しかも海に落下、如月が轟沈したシーン思い出すじゃないか!!
陸奥守が海に沈んでいく兼さんを助けたが・・・
こんのすけが遠吠えをし、これは全員本丸へ帰還ですかね??
エンディングへの入り方がバッドエンド過ぎ・・。

Cパートぉおおお!!!!
本丸じゃあああ
1565年(永禄8年)歴史に不安定な動きが現れているという
審神者は近々第一部隊に出陣してもらうと三日月宗近に告げる。
今回、部隊長には別の者を指名し、そのサポートを年長者
三日月宗近に頼みたいと言う審神者。
年長者ww おじいちゃんだからね・・・・

「あいわかった」
三日月宗近キタ――(゚∀゚)――!!

次回は・・・・
touken0730_yokoku.jpg
本丸!! 本丸の様子がいっぱい出るのかな。
他の刀剣男士達も出るかな??
ところで、第一部隊のメンバーって三日月宗近以外は誰になるんだろう・・・
というか、第二部隊の扱いはどうなるの??遠征か?w



活撃 刀剣乱舞 第1話 出撃 [新作夏アニメ]
活撃 刀剣乱舞 第2話 部隊長
活撃 刀剣乱舞 第3話 主の命
活撃 刀剣乱舞 第4話 守りたかったもの

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました