So-net無料ブログ作成

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第25話 「闇の扉」 レビュー キャプ [アニメ]

hagaren927_top.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

リンと共にグラトニーに飲み込まれてしまったエド。気づいた所は、果てしない血の海と
暗闇、そして沢山の建造物の一部のようなものや白骨が点在する不思議な空間であった。
なんとかリンと再会し、お互いが本人同士だと確認し、落ち着いて周囲を見渡すと
自分達がいた廃屋の一部や、ホークアイ中尉が乗っていた車までもが飲み込まれていた。
アルの手だけを発見し、アルが飲み込まれてないと安心するエドだったが、自分達が
いる場所が皆目検討がつかない。出口が見つからなければ、作ればいい、と錬金術で
出口を作くる事を試みるエドだったが・・

後は続きからどうぞ
エドは、足場を作り、穴を開けて、松明を落としてみるが地面にあたった音はしない。
そして、しかたがなく、とにかく壁を探そうと空間を進むことに・・。

hagaren927_1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

その頃、メイチャンは居なくなったシャオメイを探していた。夜になるまで
探しても見つからず、途方に暮れるメイチャン。ヨキに、自分とシャオメイの
いままでの事を語り出すメイチャン。生まれつきの病気で大きくなれなくなった
大熊猫(パンダ)のシャオメイをメイチャンが拾って、以来、姉妹のように育って
きたというメイチャン。彼女のチャン族はシン国50の民族の中で権力がほとんどない
最下層の一族だったのもあって、最初は同情に近い、立場の弱い者同士が
引かれあって一緒に居たのだが、家族同然に育っていくにあたって、数々の苦労を
共にし、彼女にとってかけがえのない存在になっていた事を語るメイチャン、
そんな彼女の話を聞き、滅んだイシュヴァールの民のスカーはシャオメイの捜索
を手伝ってくれる。


一方、脱出の手がかりはなく途方にくれるエドとリン、血の海を歩く為に余計な
労力を使い、空腹も手伝い、疲労がピークに達する。動けなくなってしまった
リンを放っておくこともできずに、リンを担いで、とりあえず、足場が乾いている
場所でエドの靴(皮製品)を煮て空腹を満たす2人。しばらくすると、リンが
ある気配を察する。気配を察した方向を見ると、そこにはエンヴィーが。
エドが出口の事を聞くと、出口はないという。ここはグラトニーの腹の中であり、
腹の中じゃない空間・・ ここは、ホムンクルス達を創った“お父様”が創った
真理の扉の失敗作であり、入ったら最後、二度と出る事はできないと告げるエンヴィー。

色々と考えをめぐらすエドの言葉の中にイシュヴァールという言葉を聞いた時、
エンヴィーはイシュヴァールの内乱が勃発したきっかけの真相を語り出す。
内乱のきっかけは、軍の将校がイシュヴァールの子供を誤って撃ち殺した事が
原因だったが、その軍の将校に化けていたのがエンヴィーだった。笑いながら
イシュヴァールの内乱を語るエンヴィー・・ エドの怒りは頂点に達する。
イシュヴァール人を追いやったのも、エド達の故郷が壊れたのも、スカーと
いう復讐鬼を生み出したのも、ウィンリィの両親を奪ったのも、すべて
エンヴィーが元凶だったのだ。怒りにまかせ、エンヴィーに殴りかかるエドだったが
びくともしない。エンヴィーの本体は想像を超えた大きさの化け物、ついに
その姿をエド達の前にさらけ出し、襲いかかってきた。

ブラッドレイの正体を知ったマスタングは、ブラッドレイと話していた。ブラッドレイ
から、ホムンクルスと軍の関係を聞かされるマスタング。そして、彼の部下達には
次々と地方司令部への異動が告げられる。ホークアイにも異動命令が下るが、
彼女の異動先は中央司令部大総統付き補佐だった。

hagaren927_2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

エド達を失い途方に暮れるアル。その前には、人柱を飲んでしまったことで
同じように途方に暮れるグラトニー。アルはグラトニーから、ホムンクルスを
創ったお父様の存在を知り、そのお父様に会えばなんとかなるかもしれないと
思い、グラトニーに自分を連れて行けと言う。そして、グラトニーがお父様が
いる場所といって目指している場所がセントラルだとわかり驚愕する。

--------------------------

おそろしや、グラトニーのお腹の中。かなり絶望的な状況ですね、しかも
エンヴィーが正体あらわして、戦いに・・。 っていうか、エンヴィーでかっ 
かなり丁寧な感じに描かれていて、驚きました。漫画だと、あそこまで大きい
感じはしなかったな、なんでだろ? 腹の中から出られないと思っている
エンヴィー、けっこうべらべら喋っちゃってますよねw 

マスタングに正体がばれても、あの余裕のブラッドレイ、しかも、マスタングも
人柱候補だから、殺しはしない・・みたいな感じで、下手に動けないように
ホークアイを半ば人質状態にする・・ 大変だわね。

今回、とにかく、可愛かったのは、やっぱりシャオメイですね~。メイチャンと
一緒に過ごした姿は、どれも超キュートで、感動してしまいます。たまらんじぇ!
っていうか、アニメのほうが、かわいいカットが増えてたよ! 

今回でほぼ折り返し地点ですか~ 漫画だと、今13巻です。

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話
第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(36) 
共通テーマ:アニメ

nice! 10

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 36

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ