So-net無料ブログ作成

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話 「愚者の足掻き」レビュー キャプ  [アニメ]

hagaren125_top.jpg
クリックで別ウインドウ拡大表示

捕まったエドとアルは、お父様の指示で中央司令部のブラッドレイの元へ
エンヴィーによって連れて行かれる。ブラッドレイに会う前に、シャワーを
浴びるエドはアルに、アルの身体と話した事を告げる。シャワー後、
ブラッドレイの待つ部屋に行くと、そこには既にマスタングの姿があった。
マスタングからホークアイやマスタングの部下たちの異動話、そして軍上層部
すべてが既にホムンクルス側の手に落ちていた事を知らされるエドたち。
軍自体が真っ黒だという事を知ったエドはこれ以上、ホムンクルス達の計画に
加担しない為に国家錬金術師の資格を返上しようとするが・・。

後は続きからどうぞ
hagaren125_1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

国家錬金術師の資格を返そうと、銀時計をブラッドレイに返し、「鋼の錬金術師」と
いう二つ名捨てようとするエドだったが、ウィンリィや周りの人々を"人質"に
とられているような状況の中で、それは叶わぬことだった。
エド達は自分達の立場を思い知り、国家錬金術師として、再び生きていく事になる。
その代わりに、今まで通り、兄弟で元の身体に戻る方法を探す旅を続けられる事に
なるが、思いは複雑・・。マスタングは自らの野望の為に軍を辞めるという
選択肢は最初からもっていなかったのでそのままだが、去り際にヒューズを殺した
のはブラッドレイなのか?と聞く。自分ではないと答えるブラッドレイに
「では誰が?」と聞くが、ブラッドレイは最初の約束通り、一つに質問にしか
答えなかった。

ブラッドレイとの面会後、あせってラッシュバレーにいるウィンリィに電話を
かけるエドは彼女が変わりなく無事でいることでほっとする。素直に電話を
喜ぶウィンリィ・・。電話を切ると、横に、リン(グリード)がいた。
グリードは、中で生き続けているリンからのランファンへのメッセージをエドに
託す。エド達はリンからのメッセージを持って、ランファンが養生している
ノックス医師の元を訪れる。リンからのメッセージを見て嬉し泣きするランファン。

我得到賢者之石

メッセージには賢者の石を手にいれたト書いてあった。現在のリンの置かれた状況を
アルから聞いたランファンは、一刻も早くオートメイルを手に入れ、リンの
元にはせ参じようとする。

その頃・・グリードはブラッドレイと話していた。自分の身体がシンの皇子だと
言うグリードは、リンが皇帝になる力を手に入れたくて、自ら強欲(グリード)を
受け入れたとブラッドレイに言う。ブラッドレイが「愚かな人間の皇子め・・」と
言うと、グリードの中から現れたリンが「やかましイ 人間をなめるナ」と
切り返す。リンはスキさえあればグリードさえも乗っ取ろうと虎視眈々と
狙っているのだ。リン健在ねw

マスタングはホークアイとアームストロングと車の中で、ブラッドレイ総統が
ホムンクルスであり、軍上層部がすべてホムンクルスに取り込まれている事を
話す。ショックを受けるアームストロング、しかし、イシュヴァール戦の時に
逃げた事がある彼は、今度は逃げないで立ち向かうと言う。

エドは先ほどの戦闘で壊した街の至る所を修繕してまわっていた。その時に
付近一帯の錬金術師があのお父様の術で、錬金術がエド達のように一時的に
使えなくなっていた事を知る。その時に、唯一錬金術が使えていたメイチャンと
スカーに一筋の光明をエドは見る!?




未だに、地下のキメラを倒しながら、内部を調べていたスカーは、ホムンクルス達に
よって、とらわれの身になっているドクター・マルコーと遭遇。マルコーは
自らが賢者の石を作り、イシュヴァール戦に加担した錬金術師であることを
スカーに告げ、スカーによって殺してもらおうとするが・・

hagaren125_2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

---------------------------

すっかり、リンがグリードになって、声がずっと中村悠一で私、ハッピー
でも、リンになる時は宮野真守に声が変わるという・・なんという豪華仕様なの
グリード/リン。 

そして、今回は、ランファンの台詞多し! 奈々サマの声を堪能でき大満足。

私的にはここら辺で、一区切り~って感じなんですよね、だから、この前の
総集編を持ってくるなら、この後くらいが適当ではないかと思ってたんですけどね。

グリードって、全然ホムンクルスっぽくないっていうか・・悪い感じがしませんよね?
漫画のほうでも未だに、グリードって、やっぱり、イイ奴なんじゃんって思うんですけど
っていうか、頼りになる・・っていう感じでしょうか、なんで、グリードを
作るんだろうな?って思うんですよ、だって、グリードいい奴なんですもん。

次回から、どういう展開なんでしょうかね、漫画通りやるかな?

おとうさまの胸のポコポコから、小さなグラトニー生まれるシーン、気持ち
悪いですね~ なんですかね、あれww 
あと、シャワー浴びている所のシーンで、エドがアルの身体を早く取り戻さないと
っていう焦りの部分が描かれていなかった。なんでだろ?重要だと思うんだけど。


前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話
第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話
第25話 第26話 第27話 第28話




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(49) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 49

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ