So-net無料ブログ作成

DARKER THAN BLACK 流星の双子 episode 11 「水底は乾き、月は満ちる…」 レビュー キャプ [アニメ]

dtb1219_top.jpg

目覚めた?イザナミ(イン)はその力で契約者達を次々と殺していた。
そして、彼女は呟く・・

dtb1219_1.jpg

「もうすぐ会えるね・・・」

後は続きからどうぞ


隠れ家で料理をするヘイ。その様子を顔を赤らめながら見ているスオウ。ヘイが作っている
料理がロシア料理のペリメニだとわかると、ヘイを押しのけ料理を手伝う。

dtb1219_2.jpg
なんて微笑ましい風景なんだ・・ 

料理が出来上がり、みんなで食卓を囲む。ヘイはそそくさと食事を平らげ、今日は別々に
動くと言い、1人で出て行こうとする。一緒に行きたがるスオウだったが、ヘイは
スオウに「おまえにはやる事があるはずだ」「俺は俺で自分の事にけりをつける」と言う。
スオウは1人出て行くヘイに、自分も自分の事にけりをつけるから、絶対戻ってきてと
声をかける。ヘイは「わかった・・」と答える。

dtb1219_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

3号機関では、耀子を殺したのはヘイだという報告を未咲がうけていた。BK201が耀子を
殺したというのはにわかに信じがたい様子の未咲。しかし、小林は、状況からいって
その事実は疑いようがないと説明する。耀子がイザナミの居場所を知っていた事に
自分や未咲だけカヤの外だと腹を立てる鎮目弦馬。 未咲は自分が知っている三鷹文書の
内容を小林にぶつけてみる。

イザナギは偽りの水底を眺め、イザナミをまてり
イザナミは水底を渡り来たりて やがて2人、であえり
されば天地は二つに裂かれ、地獄の門はそこへと開かん
門よりいでし者、だれそや知れず
ただ 争いが果つることなく続くのみ・・・

すると、小林が、未咲の言葉に続いて三鷹文書の続きを話し出す。

その兆し、沈むことなく登る弓張り月にある
そはやがて充ち満ちて イザナミの産み月となる


すでに、この三鷹文書に記された予言は始まっており、このままでは何かしらの
災厄が訪れるかもしれない。イザナミの覚醒を止める事ができない今、自分達にできる事は
イザナミとイザナギを出会わせないようにすること、つまり、イザナギを始末する事
であると小林は、未咲達に説明する。

旅の終着点であるサンシャイン水族館へ向かうスオウ達。道すがら、マオは、なぜ
ヘイがインとの事にけりをつけなければいけないのかと思っている事を説明する。
ヘイはインが変わってしまったのが自分のせいだと思い込んでおり、その為に、インに
会わなければならないのだとマオは言う。スオウは、ヘイがインに会わなければ
ならないように、自分もシオンにあって、ちゃんと話をしなければいけないと
決意を新たにする。

ついにサンシャイン水族館にたどり着いたスオウ達。そこは荒れ果て、旅の終着点と
してはいささか寂しい場所だな・・とマオは呟く。すると、どこからともなく、
スオウ達の前にパブリチェンコ博士が現れる。死んだはずの父が現れ、驚くスオウ。
パブリチェンコは、スオウが見た死体は、ただのコピーであり、本物ではなかったと
説明する。パブリチェンコのコピーという言葉に、スオウは、自分もコピーだと
知ってしまった事を告げる。

パブリチェンコは今までの経緯をスオウに説明する。シオンが生まれた時から契約者で
あったこと、2年前に星が落ちた時、スオウはまだ居なかった事、流星が落ちた際に
今まで人間をコピーしたことはなかったシオンがスオウを創ったこと、スオウの記憶は
5歳までの本当の記憶と、その後、2年前までの記憶はシオンが創ったものをMEで
抽出して植え付けたものであるということ、水族館の記憶はシオンからスオウへの
プレゼントだということ・・・ 水族館の記憶がプレゼントであると聞いたスオウは
それは違うと言う。そして、シオンに会わなければ!とパブリチェンコにシオンの
居場所を聞く。


その頃、ドールシステムによって得た情報で、スオウ達の居場所をだいたい掴んだ
3号機関の未咲と鎮目達、場所の詳細を得ようとするが、ドール達独自のネットワークに
介入され、詳細はつかめない。ドール達がドール同士で特殊なネットワークに
よって繋がっているのは本当だったんだ・・と感心する鎮目。鎮目は突然
未咲に「ちなみに、パブリチェンコ博士はMEにも似たようなネットワーク構造が
あると考えていたらしいんだけど、どう思う?」と切り出す。どうしてそんな事を
突然聞くのか?と未咲が言うと、「潮時だと思ってね・・」と言う鎮目。
そして、住所からスオウ達の居場所がサンシャイン60である事を察し、そこへ
向かう。


パブリチェンコにシオンの元へと?案内されるスオウ達だったが、突然、ジュライが
「来る」と言い出す。ジュライはマダム・オレイユの所の双子のドール、アリエルとベレニス
から3号機関が来るとの指示を受け、スオウの手をとり、その場から逃げる為に走り出す。
アリエル達は、マダム・オレイユに、この場所も見つかったと告げる。マダム・オレイユの
携帯にはCIAのジョン・スミスからのコールが入る。マダムは携帯には出ずに、
携帯を破壊し、その場から去る。

3号機関の部隊が到着し、次々と乗り込んでくる中、スオウ達は裏口から脱出を計るが
その先にまっていたのは鎮目弦馬だった。鎮目は未だにスオウの事をシオンだと
思っており、スオウとパブリチェンコの両方を捕まえようとする。パブリチェンコは
鎮目に発砲して、スオウ達を連れて、その場から脱出しようとする。逃げるスオウ達に
近くのビルの上から契約者の男が攻撃をしてきた時、パブリチェンコはスオウを
庇って負傷してしまう。

同じく、サンシャインに到着していた未咲の前に、突然マダム・オレイユが奇抜な
格好をして現れる。

dtb1219_3.jpg
マダム、かっこいいw

3号機関の契約者は未咲の制止も聞かずに、マダムに攻撃をしようとしてくるが、
マダムはあの、シュレーダー博士が作った武器で契約者を倒す。マダムは、この場所も
次期に血の海になるから、ここからとにかく逃げる事が先決だと未咲に告げる。すると
少し離れた空に無数の軍用ヘリが現れる。マダムはイザナギとイザナミを奪おうとする
CIAの部隊だと未咲に説明、2人はその場から離れる。


一方、スオウ達は鎮目弦馬に追い詰められていた。スオウは負傷した父をマオに託し
1人、能力を使い、鎮目に立ち向かう。一度は、鎮目に捕まってしまうスオウだったが
機転を利かし(ヘイに教わった訓練のたまものですな・・)、鎮目を撃退する。

dtb1219_4.jpg
*気絶しているだけですw


スオウがパブリチェンコの元に戻ると、パブリチェンコは先ほど負傷した傷からの
おびただしい出血により、死にかけていた。パブリチェンコは自分はもうダメだ。と言い
成長したスオウの姿を見られただけでいいんだ・・といい、スオウがシオンから
預かっているペンダントをシオンがいいというまで手放すなと言って息を引き取った。
スオウは後ろ髪引かれながらも、その場から去る。

スオウ達が去った後、パブリチェンコの死体を潰そうとする鎮目弦馬を「その男の記憶には
利用価値がある」といって止めるジョン・スミス。鎮目はジョンの姿を見て
「遅かったじゃない・・CIA」と呟く。

dtb1219_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示


耀子から聞いた18号研究塔に辿り着いたヘイ。インが入っていたはずの場所には
インの姿はなかった。すると、突然、葉月が襲いかかってくる。葉月の刃はヘイを
とらえる!?

dtb1219_5.jpg

ジュライの指示により、昔の進入路を使いゲート内に入っていくスオウ達。その先に
いたのは、マダム・オレイユとその双子のドール達、そして未咲だった。ここで
なんと、マオとマダム・オレイユが昔、恋人同士だったことが発覚w 
昔の呼び名であるリカルドとマダムから呼ばれちょっとすねるマオw

dtb1219_6.jpg
「君とはもう恋人同士でもなんでもない」 モモンガの言う台詞かっw

気付くと、スオウの姿がなかった。双子のドールは言う

2人の気持ちが繋がったんだね・・
ここはゲートだもの、願い事がなんでも叶う場所
でも・・何かを失う場所・・。

ついに、スオウはシオンの元に辿り着いた。しかし、シオンは車椅子から投げ出され
床に倒れていた。スオウは駆け寄り、シオンの名前を叫ぶ。

---------------------------

もう、残す所、あと一回なんで信じられない・・と思うけど、今回で話はだいぶまとまって
きました。これならあと1話でなんとか・・w にしても、また面白かったですね~。

微笑ましいスオウとヘイ
もう、スオウったら、料理をしているヘイを頬を赤らめながら見てるって、どんだけ
好きなのよって感じです。その後、料理を手伝う所とか、超ラブリー。出来た食事を
みんなで食べるシーンも、ほんとかわいくて、ああ、もう、シオンとかインとか
忘れて、このまま、ここでみんなで暮らせばいいじゃないかって思っちゃいましたね。

インの覚醒!?
インは覚醒?したっていうんでしょうか、いったいイン、どうしちゃったの?
契約者殺しまくってましたが・・・。で、月は出っぱなしだし、いよいよほんとに
何かが始まってしまうのか。


スオウの謎 シオンの謎
ほとんど解明されましたね、スオウは創られたのは2年前だという事等、パブリチェンコの
語りですべて解明、ついでに、シオンはやっぱり、ずっと昔から契約者だった。
しかも、生まれた時から!!って・・特別な契約者なわけですね・・。あと、残された
謎は、流星核(ペンダント?)の謎くらいでしょうか、それと、なぜ2年前、
隕石?が落ちた時にシオンがスオウを創ったかということ・・。たいして大事な事
じゃないかもしれないんで、解明されないかもしれませんが、ちょっと気になります。
あと、シオンの目的ですかね、いったい何がしたいんだろう?

鎮目弦馬
なんか色々と胡散臭い部分があるんですが、考えすぎ?? MEのネットワークの事とか
なんであそこで突然持ち出したんでしょか? 潮時って?? それと、CIAと知り合い
だったんでしょうか?それとも、ただ、ちょっと知っているっていうだけ??
深く考える必要なし?私は耀子を殺したのは鎮目だと思ってたんですが、違うのかなw
いや、多分、それはそう、だって、鎮目も耀子からイザナミの居場所を探ろうと
拷問をかけたと思われる言動があったような気がした。なんとなく、彼の言葉の
中にそういうニュアンス的なものが。 
それと、彼、少年好きなんでしょうか?w 
  
パパチェンコ死亡
パブリチェンコ博士死んじゃいましたね・・・まあ、いつかは死ぬとは思いましたが
あっけなく・・。スオウと再会した時の彼の言葉とか聞いても、彼は悪い人では
ないですよね。非常に残念です。CIAがMEにかけようとしてましたねえ・・
なんか変な情報を引き出されなければいいですけど・・。

ヘイ危うし!!
葉月に襲われたヘイ、超いいところで終わっちゃったんで、その安否はまったく
わからない・・っていうか、ヘイ、絶体絶命!!的な所で終わっちゃうんだもん・・
どうなっちゃうの~!! インが助けてくれるのでしょうか・・・?
耀子の事を殺したのはヘイじゃないのに・・誤解もいいところだ・・。

マオがマダム・オレイユの元恋人w
衝撃の事実が発覚してしまいましたw 何、2人、昔、付き合っていたの・・?w
って感じで、超笑えました。マダム・オレイユも色々と大活躍で・・彼女は
悪い人じゃないのかな? あのコスチュームとかもなんかよかったですよね
それと、シュレーダー博士の武器がまたよかったw

ついに再会したシオンとスオウ
スオウがシオンについに再会しましたが、シオンは倒れていました・・
いったいどうしたんでしょう、シオンも死んじゃいそうですね・・。どうなるんでしょうか。

次週の最終回はどうなるのか、予告を見た感じ、そんなに暗い展開ではなさそうな
感じはしましたが・・・。

前回までのレビューは以下からどうぞ
episode 1「黒猫は星 の夢を見ない…」
episode 2「堕ちた流星…」
episode 3「氷原に消える…」
episode 4「方舟は湖水に揺蕩う…」
episode 5「硝煙は流れ、命は流れ…」
episode 6「香りは甘く、心は苦く…」
episode 7「風花に人形は唄う…」
episode 8 「夏の日、太陽はゆれて…」
episode 9 「出会いはある日突然に…」
episode 10 「偽りの街角に君の微笑みを…」


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(46) 
共通テーマ:アニメ

nice! 8

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 2

千景

こんにちは、はじめまして。千景と言います

ダーカーザンブラック大好きです!
最近ハマりました。特に黒が大好きです!

更新頑張ってください。
ではまた

by 千景 (2009-12-20 13:21) 

Gomarz

千景 様
はじめまして~☆
>>最近ハマりました。特に黒が大好きです
ということは2期からご覧に? もし1期見てなかったら
是非見て下さい、黒がちょ~かっこいいですから。

>>更新頑張ってください
ありがとうございます☆
by Gomarz (2009-12-27 07:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 46

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ