So-net無料ブログ作成

デュラララ!! #02 「一虚一実」 レビュー キャプ [アニメ]

durara0116_top.jpg

来良学園の入学式をすませ、帝人と正臣はそれぞれのクラスで簡単なHRに望む。
新しいクラスで自己紹介をする帝人、皆順番に自己紹介する中で、気になったのは
園原杏里という少女。眼鏡をかけたどこか浮世離れした小柄な美少女だった。その他、
正臣のクラスには神近莉緒というどこか影がある少女も。視聴者的には、この莉緒には
見覚えありという感じw この莉緒、前回、拉致られた少女なのである。それと、帝人の
後ろの席のはずの張間美香という少女がどうやら欠席らしい。すると、遅れて1人の
生徒が入ってくる。生徒は、自分が矢霧誠二だと名乗ると、もう学校には来ないと言い
クラスを後にする・・・。

後は続きからどうぞ


durara0116_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

前回、拉致された神近莉緒があの後、どうなって、今ここにいるか・・

それを知るには、彼女が中学の時に遡る。彼女が中学生の時、家に父親の浮気の写真が
届けられ、それを母親が見る前に、莉緒が発見する。莉緒はそれを母親には見せず
自分の引き出しにしまう。この事を莉緒はメール友達である奈倉という男に相談。
奈倉という男は、この時期からずっと莉緒のメール友達であった。
父の浮気を知って以来、いつもの仲良さげな両親、いつもの食卓を見ていると
気持ちが悪くなってしまった莉緒は半年後、我慢できなくなり、いっそ全部が
明かになったほうが楽になるのではと思い、浮気の写真の入った封筒を自宅の
ポストに入れ、それを母親が回収するのを見届ける。

しかし、その後も、莉緒を取り巻く環境はまったく変化せず、両親もいつものように
楽しそうに食卓を囲み、彼女の日常はそのままだった。それなら、自分が死んで
いなくなってみようかなとか最近ずっと考えていると奈倉にメールで相談する
莉緒。奈倉は自分にも同じような経験があると言い、莉緒の気持ちがわかると
返事を書く。そして、奈倉からある誘いのメールが来る・・

マゼンダさん(*莉緒のハンドルネール)
よかったら一緒にいなくなりませんか?
僕とマゼンダさんが一緒に死んだら
彼らもイヤでも解るんじゃないかな・・・



そして、前回の話に繋がる。莉緒は奈倉と会う約束をした場所で待っていたのだ。
しかし、そこに現れたのは奈倉ではなく、しかし、莉緒がマゼンダだと知る人物。
莉緒が奈倉ではない男についていく所を、近くのレストランから見ていた
奈倉こと折原臨也。莉緒は待ち合わせ場所に来た男が奈倉ではないのではという
疑念を持っていた、彼女がそれでも男についていったのはここで逃げ出す自分が
許せないと思ったからだった。だから、実際、彼女が男達に拉致されたとき、
後悔や色々な思いが彼女に去来したが、気を失う寸前にはこれが運命だと
彼女は受け入れ、このまま誰1人知らずに、すーっとこの世からいなくなるのだ・・と
思っていた。

だが莉緒が意識をなくしている間に、折原臨也は次ぎの計画に移る。臨也は岸谷新羅の
元にいる運び屋に連絡し、莉緒を男達から取り返して、臨也の元に届けるように
依頼する。つまり、前回、莉緒を拉致したチンピラの男達の前にセルティが現れたのは
偶然なんかではなく、それは仕事を依頼されたセルティが莉緒を取り戻しに
来ただけだったのだ。

そして、ここにもう一つ、前回、帝人や正臣が目撃した宙を舞う自販機。
あれは正臣が近付くなと警告した平和島静雄が投げたものだった。

セルティは莉緒を救出した後、彼女をバイクの後ろにのせ、臨也の元へ届ける。
莉緒は臨也に会うと、助けてくれたのは奈倉さんですか?と聞き、臨也がそうだと
言うと、礼を言う。しかし、現実はもっと色々と複雑だった。

莉緒を拉致しろと頼んだのは臨也(奈倉)、そして、拉致された莉緒を
わざわざ助けろと言ったのも臨也なのだw

死のうとしてたのに拉致なんかされちゃって、ここでびびっている自分は
何なんだろうかと思って、ちょっと悔しいとか思ったりして、でも抵抗したら
死のうとしていた自分を否定することになるから、ここは運命だと思って
素直に受け入れようかと思ったりもして、でもいざ助けられたらほっとしちゃったり
とかもしている・・そんな莉緒の顔が見たかったのだと臨也は言う。

一言で言うと、すべて見透かされて絶句してしまっている莉緒の顔が見たかったのだ。

臨也は莉緒をビルの下が見下ろせる場所に連れて行く。ここのビルからは何人かが
飛び降りたことがあるらしく、ビルの下にはシミが見える。臨也は莉緒の下の
シミを見せて言う。

「君さあ、、自分だけが特別だと思ってない?
 そんなことないから、みんな一緒だから。清廉潔白なだけで生きていける奴なんて
 どこにもいないんだからさ。君だって、秘密の一つや二つあるでしょ?
 自分だけよくて、なーんで親がダメなのか考えたことある?
 
 結論を言わせてもらうとね、浮気しても、浮気知ってても、誰だって
 つまんない冗談に笑って、甘すぎる煮物を食べて、生きているんだと思うんだよね。」

臨也の言葉に激怒した莉緒は臨也を殴ろうとするが、勢い余って、ビルから墜ちそうになる。
臨也は墜ちそうになる莉緒の腕を掴み言う。

「ご覧、どんな悩みがあろうが、今やみんなただのシミだよ。シミ。
 例外なく、誰もが、神の元に・・・平等に・・」

臨也は莉緒を引き上げると、
 
「ま、今日一日、君の気持ちが無様に揺れ動いたのが見られただけでよかったよ。
 俺が本当に興味があるのは、君のお悩みとかじゃないからさ。
 悩んでいる君の生態だから。
 ついでに言うと、君の生態は予定通りで退屈だったよ。
 最初から死ぬ気ないのはわかっていたからね。
 それじゃーね、楽しかったよ~ マゼンダさん~」

と言いながら、その場から去っていった。

durara0116_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

後に残された莉緒は少しためらったが、その場から飛び降りる。臨也の言葉が
きっかけになったのだ。それを近くのビルの上から眺めている臨也。しかし、
莉緒の体が地上に激突する直前に、黒い霧のようなものが彼女を受け止め、
彼女は地上にソッと降ろされ、無傷で助かる。助かった莉緒に、セルティが近付く。
セルティは莉緒にメッセージを見せる。

「あなたが考えているほど世界はひどくないから。」

そして、セルティはその場から走り去る。
その様子を見ていた臨也は言う。
「ま~た・・余計な事を・・」
そういう臨也は、正の字でカウント?をしており、どうやら、これは4件目らしい。

莉緒は父と母の事を思った。父と父の愛人、父と母、それぞれ自分の知らない時間を
持って、それは自分が考えていたほど悪意や、打算や憎悪で彩られたものでは
なかったかもしれない。妥協や弱さで隠されたものではなかったのかもしれない。
家路を捜しながら、莉緒は彼等を許そうと思った。



学校が終わり、帝人と正臣が下校していると、園原杏里が矢霧誠二に何かを
問いつめている所に出くわす。話からいって、園原杏里は矢霧誠二に今日
欠席だった張間美香について聞いているらしい。誠二は、そんな事は知らないと
園原の手をふりほどき、その場から去る。正臣が園原杏里に大丈夫か?と声を
かけるが、園原は正臣達に一礼し、その場から走り去る。

---------------------------

面白い! もう、オープニングの中で、前回のシーンが流れる所とか超バッカーノだし。
なんといっても、この別視点から的な展開が最高でございます。こういう所も
バッカーノを彷彿させる。

今回、折原臨也が出てきましたが、臨也の精神構造が超ヤバイ!と思っちゃい
ますよね、ヤバイし、なんか怖いんだけど・・・超かっこいい・・!! なんだろ
この格好良さ。バッカーノで言うと、レイルトレーサー的な格好良さがある。
また、神谷浩史の声がいいですよね~ 折原臨也の冷たいのと、好奇心旺盛な
自分の興味ある事に貪欲な感じとかが、いい感じに、表現できていると思う。

前回拉致された莉緒にまつわる話がこんな話だったのかーっと感心してしまいましたよ。
てっきり、なんてことはない、池袋の街の風景かと思ったんだけど、こういう事
だったのか~と。 そして、前回、自販機が宙に舞った所だけでた平和島も
出てきましたね。 それと、矢霧誠二、園原杏里、あと、欠席だった張間美香。
矢霧誠二が張間美香とどういう関わりがあるか、それはそのうち?次回?辺りに
わかるでしょう。

そういえば、入学式の時に、園原杏里の巨乳とか足をやけにじろじろ見ていた
教師みたいのは誰なんでしょうね? 変態かな?w

それと、今回、ちゃんとナレーターに沢城みゆきの名前が。あ、そういえば、
岸谷新羅も出てきましたね。岸谷の声、じゅんじゅん、うーん、(・∀・)イイ!!

前回のレビューは以下からどうぞ
#01 「開口一番」

durara0116_next.jpg



nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(53) 
共通テーマ:アニメ

nice! 11

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 2

ピッコロ

こんにちは、いつもTB等でお世話になっております。ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人の管理人のピッコロでございます。
記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。

お忙しい中「今期終了アニメ評価をしてみないかい?6」の企画に参加して頂きありがとうございました。お礼に伺うのが遅くなり大変申し訳ございません。
最終集計結果については現在当ブログにて発表を行っておりますので、一度見て頂けると幸いです。


そして今回も、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?7」と題しましてアニメ評価企画を立ち上げております。また、この企画に賛同して頂けるのであれば是非参加していただければと思います。

なお、投票方法等についての詳しい事は以下の記事に記載しておりますのでご覧ください↓
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51392738.html

宣伝失礼いたしました。どうか今後とも末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
by ピッコロ (2010-01-16 11:10) 

マテリア

こんにちは、マテリアです。

いつもTBでお世話になってます。
臨也カッコ良かったですよね♪

よろしければ相互リンクしていただけると嬉しいです!
http://materiamateria.blog49.fc2.com/

宜しくお願いいたします。

by マテリア (2010-01-17 14:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 53

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ