So-net無料ブログ作成

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第40話「フラスコの中の小人(ホムンクルス)」 レビュー キャプ [アニメ]

hagaren0117_top.jpg

セントラルへ召喚されたアームストロング少将は、さっそくレイブン中将の件を
ブラッドレイに訊かれる。騙しきれないと判断した少将は、賭に出て、自ら
レイヴン中将を始末したの名乗りでて、ダメなレイブンはブラッドレイには
必要ないといい、自分にレイブン中将の席をくれとブレッドレイに進言する。
ブラッドレイはこの少将の申し出を気に入り、彼女に上層部の籍を与える。
虎穴に入らずんば虎児を得ず、自ら虎穴に入った少将、いずれブリッグズには
新しい者がトップに着くということになるが、ブリッグズの兵達は主が
不在でも動揺せず、ひとつの意思の元に動くことのできる巨大な一枚岩と
しての今後に闘志を燃やす。

後は続きからどうぞ


中央司令部の食堂でホークアイと一緒に食事をしたマスタングはを彼女から
食事中に暗号を伝えられる。暗号として次々とマスタングに人の名前を
織り交ぜた雑談をするホークアイ。スカー、エルリック兄弟、ルーシー、
アイザック、マイルズ少佐、バッカニア大尉、・・・・ 食事をしながら
仕事をしていたマスタングはこれらの名前と書留め、食事後、トイレの個室で
名前の最初の文字をつなぎ合わせる。すると現れる暗号の正体。

SELIM BLADLEY IS HOMUNCULUS

伝えられた暗号から、セリムの正体を知るマスタング。

hagaren0117_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

その頃、セントラル地下では、お父様が在りし日の過去を夢見ていた。かつて隆盛を
極めていた頃の王国・クセルクセス。そこで、“23号”と呼ばれる奴隷少年の血から
生まれた彼は、礼としてその少年に「ヴァン・ホーエンハイム」という名前を与える。
それがホムンクルスとホーエンハイムの出会いだった。その後、ホムンクルスから
文字の読み書き、知識、錬金術を教わり、主人にも認められた。

ある日、ホムンクルスはクセルクセス国王に呼ばれ、不老不死の方法を聞かれる。
ホムンクルスは不老不死の方法を国王に教え、国王は国土錬成陣の準備を進め、
国土に血の紋を刻んでいく。そして、年月が経ち、錬成陣が完成、ついに
国王を錬成陣の中心に置き、儀式が始まるが、突然、国王達が苦しみ始め
倒れる。いったいどういう事になっているんだ?とホーエンハイムが詰め寄ると
ホムンクルスは言う。

「錬成陣の真の中心は君が立っているここさ
 私の中の君の血を使って扉を開けさせてもらった
 血を分けた家族ホーエンハイムよ

 今 君と私が全ての中心だ」

ホムンクルスを持つホーエンハイムの足下に巨大な目が開かれ、クセルクセスの国土が
無数の手に包まれる・・・気を失うホーエンハイム。


次ぎにホーエンハイムが目を覚ますと、そこには生きている者が誰もいない世界が
広がっていた。生きているのは自分だけ、すると、そこに国王の服を着た者が現れる。
自分とまったく同じ顔をした男、それはホーエンハイムの血の情報を元に
容れ物を作ったホムンクルスだった。ホムンクルスは何が起きたのかわからない
ホーエンハイムに自分の中に意識を集中してみろと言う。ホーエンハイムが自分の
中に意識を集中させると、体の中から聞こえる無数の人々の声・・

ホムンクルスはホーエンハイムから血を貰った礼に、彼に名前、知識、そして
朽ちない体、不老不死の体を、クセルクセスの人間全ての魂と引き替えに与えたのだ。
半分は自分(ホムンクルスの為)、半分はホーエンハイムに。

hagaren0117_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

ホムンクルスが、昔を思い返している頃、ホーエンハイムはイズミと再会していた。
話をしながら歩いていると、イズミの様子がおかしい、ホーエンハイムがイズミの
体の様子を探ると、かなり具合が悪いことがわかる。イズミの主人のシグに車を
拾わせに行っている間、ホーエンハイムは、イズミが真理を見た事を理解し、
彼女の体の中に手を入れ、彼女の内臓を整理し、血の流れを良くする治療を施す。
イズミの体に傷ひとつ付けず、彼女の体の調子を良くしたホーエンハイムの
力に驚くイズミ達。「貴方、いったい何者!?」と言うイズミに、ホーエンハイムは
自分を「ヴァン・ホーエンハイムという人間の形をした賢者の石だ」と告げる。



北のエド達はマイルズ達と賢者の石について話していた。小石の大きさ以上の賢者の
石を見たことがないというエド。彼は言う。

「もっとも、バカでかい賢者の石となると、とんでもない数の人間を材料に
 使ってそうでさ・・・

 できる事ならお目にかかりたくない代物だね」

----------------------------

ヤングホーエンハイムの声、浪川大輔。 
今回の話は、なぜホーエンハイムが不老不死になったか、クセルクセスに何があったか
なんでホムンクルスがホーエンハイムと同じ姿をしているか・・など・・けっこう
重要な話であったりしますね。あと、アームストロング少将が、自ら敵の懐に
入り込むとこもあるし、マスタングがセリムの正体を知る所もある、けっこう
盛り沢山ですね。

若き日のホーエンハイムがかっこいいんですが、なんかこれって、もしや、
エドがもっと成長したら、こんなお姿に!?的な感じで、興奮するものが
ありますね。いずれ、アルが元の体に戻ったら、エドも、背とか伸びそうだしw

エドが賢者の石、小石以上の大きさのものは見たことないって言ってる所が
皮肉ですよね、まさか、自分の父親が、その賢者の石だとはねえ・・・。

そういえば・・
前回、コメント欄で、通りすがりの方が、ハガレンは全63話だとおっしゃってました。

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話
第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話
第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話
第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(54) 
共通テーマ:アニメ

nice! 7

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 1

Piichan

>ヤングホーエンハイムの声、浪川大輔。
こばとの藤本清和役の前野智昭氏だとおもったのですけどね。
by Piichan (2010-01-18 15:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 54

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ