So-net無料ブログ作成

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第3話 「4月8日~9日 決断」他 レビュー キャプ [アニメ]

hidamari0122_top2.jpg

今日から2年生!ということで、はりきりモードなゆのっちは朝からラジオ体操。
宮子も起きてきて、ベランダから大声でゆのと喋っていると、結局、ヒロ以外の
全員が起きてくる。

始業式・・校長のプルプル挨拶の後、教頭の挨拶をすっとばして、勘違いした
吉野屋先生が前日、この日の為に作った自作の派手な衣装で現れ、2年の担任に
なったと挨拶してしまう。 

始業式が終わり、先生もかわらないし、2年になっても一緒だねえと雑談をしながら
宮子と自分達の教室へむかったゆのだが、そこにはなぜか1年生の乃莉が・・って
ゆの達が間違えて1年の教室に来ちゃっただけw 乃莉になんでここに?と聞かれ
苦し紛れに「乃莉ちゃんに用があって・・」と言ってしまうゆの。乃莉に
何の用ですか?と聞かれたゆのは、絞り出すように、「元気?」と一言・・(;´Д`)

後は続きからどうぞ




美術科は3年までクラス替えや担任が替わる事はないらしく、2年になっても宮子と
席も近く、喜ぶゆの。その頃、3年の沙英の教室では、夏目が、ゆのとはちょっと
違う複雑な気持ちを抱いていたw

hidamari0122_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

吉野屋先生から、2年になると、平面、立体、情報の3つから選ぶ選択教科が
あることを告げられ、選ぶの苦手だ~と悩むゆの。宮子は選ぶのは楽しいと言う。
なにせ、今夜のご飯、彼女はジャガイモの一択しかないのだw

ひだまり荘に帰り、不安になったゆのはさっそく沙英の元に相談をしにいく。
沙英やヒロがどんな風に選択教科を選んだかを聞いたゆのは、宮子にも
聞きたいのをぐっとこらえて、自分の部屋に戻り、自分で選ぼうと決意する・・
が、どうしても隣が気になったりしてしまう。ここは気分転換に、部屋の模様替えを
して気分を新しくしようと、ベッドをずらすと、1年前に母親からもらった
ポストカードが出てくる。そのポストカードを見て、初心を思い出したゆのは
模様替えを終えると、自分の選択教科を決定。宮子に報告する。(ゆのは平面)
宮子もすでに選択教科は立体に決定していた……あみだで・・w

次の日、教室で選択教科の希望を指定用紙に書いている時、沙英達はやっぱり頼りになる
先輩だなあと思っていると、去年、沙英と進路について話した事を思い出すゆのっち・・


12月10日「カップ小さいですから」

本屋で偶然、沙英と会ったゆの。沙英が赤本を捜していると聞いて、赤ちゃんの本を
捜していると勘違いするゆの。そういえば、今月、沙英が書いた長編小説が載る事を
思い出したゆのは、月刊きららが見つからないので、店の人に聞いてみる。すると
今月号の月刊きららはなぜか売れ行きが良く、もうすでに売り切れてしまってると
いう。その事を聞いた沙英は気分が良くなり、赤本を買うとき、おつりは要りませんと
言ってしまうw

帰り道、沙英からお茶しようと誘われ、沙英が打ち合わせ等で使用する喫茶店に寄る
2人。慣れない喫茶店に、ちょっと緊張気味のゆの。

「クッションもフカフカです~」
hidamari0122_1.jpg
って、リアル猫の上に座っとるぞ・・ゆのっちw

沙英がブレンドを一つ注文、メニューを見て悩んだゆのは、意味もわからず
とりあえずエスプレッソを注文。でてきた自分の注文、エスプレッソのカップの
小ささに驚いたゆのは、「こ、これは、私の大きさに合わせたカップなんでしょうか?」
と店員に聞いてしまうw 

初めて飲んだエスプレッソの苦さに驚いたゆの、エスプレッソに砂糖を2袋も入れる。
沙英は砂糖を入れないのか?と聞くと、「私はいつもブラックだから」と答える
沙英。ゆのは「大人~」と感心する。砂糖を入れたエスプレッソを飲んだゆのは
今度は、その甘さに驚く。カップが小さいのにいつもの2パック入れたからだ~と
トホホなゆの。

hidamari0122_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

進路について、それなりに悩んでいる沙英の話を一生懸命聞くゆの。ゆのが
言った言葉が、意外に今の自分の状況に照らし合わせると的を得ていたので
なんとなくショックを受ける沙英。「二兎追う者は一兎も得ず」

ひだまり荘に帰って、今日の事を宮子に報告するゆの。目標の中で迷っている沙英に
比べて、自分はまだ目標で迷っている若輩者だと実感するゆの。宮子はとりあえず
2つ方針が決まっているよとゆのに言う。
「考えない」「なるようになる!」これが宮子の決まっている方針w 

その頃、沙英も同じように、ヒロに今日の出来事を報告中。お姉さん気取りで
エスコートしたのに、情けない所を見せちゃったと反省しきりの沙英。ヒロは
そんな沙英に、沙英の悩みは大事で素敵な悩みで、それはきっと、ゆのにも
伝わっていると沙英を励ます。 ヒロはいつものように、沙英にコーヒーを
入れる。お砂糖2つ+ミルク・・これがいつもの沙英のコーヒー。
先輩をやるのも大変なのだなあ・・。

いつものゆののお風呂タイム・・湯船につかりながらゆのが思うこと・・

エスプレッソ・・大人になったら飲めるのかなあ・・
飲めるようになったら大人なのかなあ・・?

それにしても・・・苦かった・・・

-----------------------

OPが、ちゃんとしてきました。今回でたOPで最終形態なのかな?
やっぱり、ちゃんとしているOPだと、音楽も引き立つ。いい感じのOPでした。

今回の話、ゆのが猫の上に座るシーン、好きだ~。かわいすぎる。
フカフカですうってw 猫がにゃーって鳴いてるんだけどw 
エスプレッソが運ばれてきた時、その小さなカップに、自分に合わせて小さな
カップなのか?と思うゆのがかわいい・・

沙英がゆのの前でがんばってお姉さんを演じていたのがなんかほのぼのしますよね。
本当は沙英もコーヒーには砂糖もミルクも入れるのに、がんばってブラックで
飲んでいたと思うと・・ うーん、なんかいいよね。

提供バックイラストはシバユウスケ
hidamari0122_back.jpg

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「2月27日~3月4日 真っ赤点」他
第2話 「4月6日 イエス ノー」他

nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(48) 
共通テーマ:アニメ

nice! 7

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 1

まこたま

>リアル猫の上に座っとるぞ・・ゆのっちw
ゆのっちが軽かったから、猫も大丈夫だったというw
by まこたま (2010-01-23 14:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 48

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ