So-net無料ブログ作成

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト (ソラノヲト) 7話「蝉時雨・精霊流シ」 レビュー キャプ [アニメ]

soraooto0216_top.jpg

約2年前、まだフィリシアの髪が短く、彼女が新米兵士だった頃
彼女はユキコ率いる第1147小隊に配属されていた。戦争の最前線で
ユキコが指揮するヘルベチアの量産型多脚砲台アラクーネの乗組員として
今のカナタのように、まだ何もできないけれど一生懸命だったあの頃、
アラクーネは、敵国の多脚砲台トリフネにサイドから砲弾を浴びる。
砲台から投げ出されたフィリシアは奇跡的に軽傷で済むが、彼女以外の
小隊のメンバーは凄惨な死をとげ、フィリシアはそれを目の当たりに
してしまう。

後は続きからどうぞ

フィリシアの脳裏に浮かぶ、かつての戦場の光景と忌まわしい記憶は、
彼女の前に、ユキコの亡霊を呼び寄せる。目を閉じて、開けば、その
亡霊は消えるのだが、フィリシアの記憶は消える事はない。
みんなでセーズの村で開かれる光の鎮魂祭の為に、灯籠を作っている最中
うっかり、手をケガしてしまったフィリシアは自分の手から流れ出る血を
見て、フラッシュバックを起こし、再びあの戦場へと記憶が飛ぶ。

soraooto0216_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示


1人生き残ったフィリシアは左腕を負傷し、そこから流血しながら、戦火の
中を彷徨っていた。飛び交うおびただしい数の砲弾や瓦礫そして、銃弾は、
いつフィリシアの命を奪ってもおかしくない状況だった。フィリシアは
銃撃によって穴が開いた場所から下に落ちてしまう。


フィリシアは傷の手当てが終わると、睡眠不足からの体調不良を理由に
1人、部屋を後にする。カナタは、フィリシアを心配して後を追おうとするが
リオは彼女を1人にしておいてやれとカナタを諭す。しかし、フィリシアの
居た戦場の事を直接知っているというノエルは、1人、フィリシアの元へ
向かう・・・。

ノエルがフィリシアの後を追うと、フィリシアは、タケミカヅチの倉庫へ
来て、タケミカヅチに触れ、再び過去を思い出していた。

よみがえったのは第1147小隊で過ごした楽しかった日々、生物が完全に
死に絶えた海をユキコと一緒に眺め、ユキコの口から人類がゆっくり終わりへと
向かっている事を聞かされた時の事・・

「私達は何の為に戦っているのかしら?」

銃撃によってできた穴から落ちたフィリシアは、自分がまだ生きている事を
確認する。マッチを擦り、辺りを照らすと、どうやら、建物の中に落ちて
しまったらしい・・そして、少し歩くと、そこにはミイラ化した兵士の死体が
いた。フィリシアはその兵士の死体の装備を見て、彼が旧時代の兵士であることを
悟る。兵士の寄りかかっている支柱には兵士が残したと思われる遺言が
書かれていたが、フィリシアにはその文字が読めなかった。


日本語で書かれたその文字は・・(一部推測w)

涼子へ 和馬へ
すまない父さんは負けてしまった
おまえたちを守れなかった
最後の時におまえたちといっしょに
居てやれないことがとても哀しく
つらい
もしこの世に神がいるのなら
おまえたちに安らかな
最後(期?)が訪れたことを願う
二九七三
・・浩市

と書かれていた。


ミイラと向かいあった支柱に座ったフィリシアは、1147隊のメンバーの名前を
言いながら、自分1人だけ生き残ってしまった事を涙する。すると、ミイラが
フィリシアに話かけてくる。

「なぜ泣いてるんだ?」

「そうか、まだこんな世界でも生き残ってる人達が居たんだな」

「すまない・・」
soraooto0216_1.jpg
ギャーっw

気付くと、ミイラ兵士はフィリシアの目の前にw そして、しきりに謝ってくる。
フィリシアがどうして謝るのか?と兵士に聞くと兵士は

「僕らは負けてしまったから・・"あいつら"に・・」

と答え、旧時代の戦争の風景が現れる。

soraooto0216_2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

街中で無数のタケミカヅチが"何か"と戦っている。タケミカヅチが戦っている相手は
はっきりとは見えないが、その影はビルに映っていた。

soraooto0216_3.jpg
セーズの湖の底にあったあの巨大な翼をもったアレか!?

君達は残滓だ・・最後に残ったひとすくいの泡
人類が・・世界が・・昔の繁栄を取り戻すのはもう不可能だよ
それが真実だ・・だから終わりにするといい・・
こんな残りカスの世界、絶望の中で哀れに生きるなんて淋しすぎるだろ?
こんな世界で生き延びるなんて意味があるのかい?

亡霊はフィリシアに絶望を与えようとしたが、その時、地上からアメージング
グレースの喇叭の音が響き渡る。喇叭の音を聞いたフィリシアは涙を流し
力いっぱい叫ぶ。

「助けて・・私、ここに居ます!! 生きています!!」
soraooto0216_4.jpg
「助けてください!!」

フィリシアの声は地上に届き、地上から1人の女性兵士がフィリシア救出に
現れる。彼女はリオと同じ、鈴を首からさげていた。そして、その人は、かつて
カナタが見たあの喇叭手の女兵士・・フィリシアはその女性を見て言う・・

「イリア皇女殿下・・・」




花火をしながらはしゃぐカナタ達を眺めながら、リオは自分の気持ちを
フィリシアに吐露する。昔、イリア皇女殿下は自分の全てであり、いつか
自分も彼女のように国を守れたらいいと思って生きてきたが、今では、時々
それにどんな意味があるのか?と思ってしまう時があるということ・・
今回、リオがお盆のイベントに参加している理由は、死んだイリアが戻ってきて
いるというなら、その意味を教えて欲しいと思っていたからだと言う。

フィリシアの悩みを聞こうとするリオだったが、フィリシアは、自分の悩みは
夏太りして困っていることだとはぐらかす・・やがて、灯籠流しが始まり、
砦のメンバー達も、川沿いに灯籠を流しに行く。

soraooto0216_5.jpg
ノエルだけなぜか灯籠を持ってない。そして浮かない顔・・・

フィリシアの灯籠には、1147部隊の仲間の名前と、名前も知らないあのミイラの
兵隊が書かれていた。カナタはそんなフィリシアを見て、自分じゃ力に
なれないかもしれないけど、それでも、フィリシアの力になりたいと涙する。
フィリシアがそんなカナタを抱きしめると、続いてクレハとノエルも
フィリシアにくっついてくる。みんなフィリシアの事が大好きなのだ・・。

みんな灯籠を流し、自分が失った人々の為に手を合わせる。しかし、ノエルだけは
灯籠も流さず、その様子をじっと見ていた。リオが母親と姉に向かって手を
合わせている様子を見て、司祭が驚いた顔をして呟く

「あの方は・・!」

soraooto0216_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

フィリシアは、この世界に意味がないということはステキな事だと言う。
なせなら、意味がないということは、自分で意味を作れるから、そして、
フィリシアは自分がここにいる意味を見つけたという。

「あの子達には私と同じ思いを絶対にさせたくないわ」

それが、フィリシアがここにいる意味だった。

-----------------------

今回の話はアクション多かったですね~そして、話的にもけっこう動きが
あってそれなりに面白かったと思います。最後の意味うんぬんとか、カナタ達が
フィリシアの力になりたいといってみんなで抱き合うシーンとかは
ちょっと、うるさい気もしましたが、その他は、けっこうこのアニメ全体の
中核を担うような話で眠気も吹き飛びましたw 各所に伏線らしきものも
あり、今後の話に期待が持てるようにもなったかな。
1147部隊が砲撃を受けた後、燃えているアラクーネからユラーっと出てくる
乗り組み員達が悲愴でしたねえ、一瞬でしたけど・・

ミイラ兵士がフィリシアを絶望の淵へと追いやった時に、イリアが垂らした
あのヒモがなんか神々しかったなあ・・あそこのシーンは、絶望と希望が一緒に
居合わせた面白いシーンですよね、まだ生き抜けるチャンスがあれば、それに
すがりつく人間の性みたいのも表れていたようないないような・・それにしても
イリア皇女は、カナタ、フィリシア、リオ、に関係しているんですね。こうなると
クレハやノエルにも何らかの関係があってもいいような気がしてきた。

あのミイラ兵士が書き残した遺書に、二九七三という数字があったけど
あれは年号なのか、それともそういう部隊名なのか・・年号だったら2973年と
いうことですけど・・。あの怪鳥みたいなシルエット見て思い出したのは
映画のサラマンダー(Reign of Fire )ですね~、あの映画の竜はすごかった。

とりあえず、気になるのは、

ノエルの生い立ち(出生とか・・)
リオはいったい何者なのか?(皇室関係?)
旧時代の戦争の相手はあの怪鳥?w

この3つですかね。今回の話がピークだったら笑えますけど、今後になにか
超展開があるのを期待します。

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「響ク音・払暁ノ街」
第2話「初陣・椅子ノ話」
第3話「隊ノ一日・梨旺走ル」
第4話「梅雨ノ空・玻璃ノ虹」
第5話「山踏ミ・世界ノ果テ」
第6話「彼方ノ休日・髪結イ」


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(60) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 4

アロンダイト

旧文明を滅ぼしたのが国家間戦争という感じではなくなって、
なんとなくターミネーターっぽくなってきたように思えます。
リオに関しては軍のかなり上層部に父親が居るのは判ってましたが、
気になるのはやはり唐突に登場した姉の存在でしょうね。
ナオミが「形見」と言っていたイリアの鈴、
司祭の反応と皇女殿下と呼ばれたイリアの存在から、
リオは皇族の人間でイリアの妹、と私は予想していますが……
by アロンダイト (2010-02-16 21:19) 

Sacchan

ああそうか。やりたいのは「メメント・モリ」なわけね。基本的に
子供(実年齢上もしくは精神的に)が見るものであるアニメでは
取り上げないテーマではありますが。

「我々は滅びるのかもしれない」を軸線ぶれずに描けたら
画期的なアニメになるなぁ。
by Sacchan (2010-02-17 02:23) 

Gomarz

アロンダイト様
>>ターミネーターっぽくなってきたように
マジですかっ そんなハードなアニメにw 旧時代を滅ぼしたのって
あの怪鳥っぽいですよね?? しかし、あの鳥はどこから来たのかw

>>リオは皇族の人間でイリアの妹
それは間違いなさそうですね~ そこらへんが、今後の
どういう話に結びついて、どんな結果をもたらすのか・・・って
残り話数からいって、投げっぱなしになる可能性もありますよね。
by Gomarz (2010-02-23 05:36) 

Gomarz

Sacchan 様
>>やりたいのは「メメント・モリ」なわけね
なんか、ゆとりアニメの後ろに見え隠れする、死のイメージって
そこらへんの理由なんでしょうかね? なんかあんまり考えて
作ってなさそうなアニメなんで、深読みとかしないで見てるんですけどw

>>「我々は滅びるのかもしれない」
そのテーマ、好きなんですよね~ なんか悲壮感漂う感じがして。

>>画期的なアニメ
今の所無理っぽいですね・・・・ すべてが2番煎じのユルユルアニメ
ですからね・・いまの所。
by Gomarz (2010-02-23 05:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 60

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ