So-net無料ブログ作成

おおかみかくし 第11話「終焉」 レビュー キャプ [アニメ]

ookami0319_top.jpg

八朔祭が行われる中、賢木の策略によって神人と神堕人のいがみ合いが
始まってしまったが、賢木の真の目的がダム決壊による嫦娥町自体の壊滅だと
いうことを聞いた眠達は、その計画を阻止する為にダム管理棟へ向かう。
祭会場に駆けつけた重三は、葛西の部下から、賢木=製薬会社の男=便利屋だと
いう事を聞き、自分達は騙されていたのか・・と愕然・・・。
賢木は途中で隠していた銃を拾い弾を込め、ダムへと向かう。
博士とかなめもダムへと急ぐが、その道すがら、博士は自分のせいで
小笠原や一誠、そして、見知らぬ神人達、五十鈴、眠までもを苦しめてしまった事を
自覚し、今度は自分が何か彼等の為にしなければならないと強く思う。

後は続きからどうぞ

ダムの管理棟に現れた賢木は、管理をしていた神人の男をナイフで襲うが
神人の優れた身体能力を持つ男の反撃に遭い負傷する。負傷した賢木は銃を
取り出し管理人を撃ち殺し、ダムのコントロールを奪う。賢木はダムを放水させる
スイッチを押し、ダムからは大量の水が一気に川に流れ込む。賢木が歓喜の高笑いを
する中、川に流れ込んだ大量の水が川縁の岩石を巻き込み、濁流となって嫦娥町を
襲う。

ookami0319_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

間もなく、眠達は管理棟に到達し、ダムの放水を止めるが、すでに放水された分の
大量の水は嫦娥町にダメージを与えていた。眠はその様子をモニターで確認し
ショックを受ける。五十鈴は管理棟から続く血痕に気付き、その後を追い、
その先で賢木を見つけるが、賢木に足を撃たれてしまう。すでに五十鈴の後を
追っていた眠は銃声を聞いてすぐに五十鈴の元へ現れ、博士とかなめも
その場に駆けつける。博士は五十鈴や眠に向かって銃口を向ける賢木の前に
立ちはだかり、もう止めるように賢木を諭そうとするが、賢木は意に介さず
なおも眠達へ銃口を向ける。

眠は自分の命を摘むことで賢木の気が収まるなら、自分の命を差し出すと自ら
賢木の前に・・そして賢木が眠を撃とうとしたとき、遠くからおおかみの
遠吠えのようなものが聞こえ、ハクロー様となった香織達が現れる。
香織は賢木の前に立ち、自分はおおかみ様によって選ばれたハクロー観音で
あるために、もし嫦娥町を滅ぼしたいのなら、香織の命を絶たなければ
ならないと賢木に告げる。かつての恋人・みえこによく似ている香織の
言葉に賢木は激しく動揺するが、それでも眠へ銃口を向け、ついに引き金を
引いてしまう。香織は賢木が引き金を引く瞬間に、賢木の銃を持った手を
つかみ、銃口を自分へ向けていた。香織は「賢木さん、終わりです」と
言いながら、強い力で賢木を抱きしめ、賢木と共に崖下へ落ちていった。

すべてが終わり、祭会場へ戻った博士や眠達。博士はマナや正明に心配を
かけた事を謝り?、かなめは落ちていた紙に包まれた八朔を拾う。八朔を包んでいた
紙を広げると、それはかなめ自身が書いた願いの紙だった。

ookami0319_wish.jpg
共に生きて いけますように  かなめ

あの出来事がまるで夢だったかのように、八朔祭から時が流れ、真実を知った
神堕人達は皆、嫦娥町から去っていったが、博士達一家は嫦娥町に留まり
日常を取り戻していた。

重次の残したデータから、もっと効果的なカプセルの開発の目処がたったと
眠に報告する重三。眠は、狩人の任や、掟についても今後、新に考える
必要があるのでは?と重三に提案する。

博士は、以前、父、正明から言われた「神人の存在意義」について考える。
それは自分と違うもの、異なるものを理解したり、認めたりすることなんじゃ
ないか?それは神人に限らず、色々な意味で自分とは違う存在を、ただ
恐れたり、忌み嫌ったりせず、解ろうとする事だと博士は思う。

ookami0319_nemuru.jpg
博士に櫛名田さんではなく、眠さんと呼ばれ、頬を紅く染め、「はい!」と
返事をする眠。(;´Д`)超カワイイ

今はまだ力なく、たいした事はできないけど、少しずつ、確実に
神人と神堕人が共存できる理想郷を目指したいと博士は思った。

ookami0319_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

---------------------

サブタイトル通り、終焉しました。ちょっとあっけないような気もしましたが
これ以外の形の終焉はないかな?と思うので、まあ、いいかなと・・w

かなめの書いた願い「共に生きていけますように」というのが、この物語の
すべてだなという感じもしましたね。大きな犠牲を払いましたが、神人と
神堕人が共に生きていける活路は見いだせたのではないでしょうか。

眠が博士達、神堕人を守ったのと同じに、最後は博士が神人である眠達を
守ろうとした所とか、お互いに守ろうとする心が共存には必要なんですよね。
そして、それがお互いを理解し、認め合うというということなんでしょう。

一つ気になった事が・・・香織と賢木が谷底に落ちた後、川の中の香織の様子が
映った時の香織の表情が、「あ!!」的な表情だったんだよね~。
目の動きとかが、何かを追っているような動きっていうか・・。
ookami0319_kaori.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示
この顔とか見ると、賢木は落ちた後、生きて逃げ延びたのでは?という感じ
なんだけど、どうなのかな? 考えすぎ?w 

事件後、神人とかの事を知ってしまった、新市街に住んでいた神堕人が
どんどん引っ越していっちゃって、学校の教室も数える程度しか生徒が残って
なくて淋しくなっちゃいましたね。そんな状況でも、嫦娥町に残る事に決めた
博士達が凄いw 共存していくという並々ならぬ覚悟って感じなのかな?
重次の残した研究成果から暴走をもっと抑制する事ができるカプセルも
開発されそうな感じでよかった・・ 眠がなんかすごく可愛くなってましたよね。
照れてちょっと紅くなる眠を拝める日が来るとはねえ・・・w

あ、そういえば、博士達の担任の美幸、胡散臭い教師だなあ・・と思ってたんですけど
祭会場で、生徒達を守ろうとするとか・・いい人じゃマイカ! 疑っててごめんなさいw

で、来週は番外編ですか? なんかちょっと面白そうですね。
眠ちゃんの色々が見られそう!?

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「嫦娥町」
第2話「兄妹」
第3話「衝動」
第4話「予感」
第5話「暴走」
第6話「恋」
第7話「喪失」
第8話「錯綜」
第9話「密室」
第10話「八朔祭」

ookami0319_next.jpg
次週「嫦娥町奇譚」


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(26) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 26

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ