So-net無料ブログ作成

けいおん!! #8「進路!」 レビュー キャプ [けいおん]

keion0526_top.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

未だに進路調査の紙を提出していない唯・・・(あと律)。そんな唯を
見て、幼稚園からの幼なじみである和は心配する。

唯と律以外のみんなは自分の進路をちゃんと決めているようだ・・

和:国立大学
澪:推薦をもらう予定
ムギ:有名私立女子大

しかし、唯と律は本当に何も決まっておらず、学校への進路表の提出も
まだ・・学力的にも色々と問題があり、時期的にももうちょっと
慌てたほうがいいんではないか?と思うのだが・・。

「もうニートでいいやぁ・・」
keion0526_1.jpg
進路希望にニートと書き込もうとする唯ww

唯と律は職員室へ進路の事で呼び出され、未定と記入した紙を
提出し、さわちゃん先生に華麗に却下される。

後は続きからどうぞ

 
keion0526_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

幼い頃から唯を知る和は、唯は"やればできる子"なんだけど・・と言い、
同じく、幼い頃から律を知る澪も同じような事を言う。ムギは2人の
話を聞いて、もっと2人から、幼い頃の唯や律の話を聞きたくなり
場所を部室へ移して話す事になった。

唯と和の出逢い・・
幼稚園で、いつの間にか和の隣にいたという唯。
澪曰く、「本能的に頼れる人だと思ったのかも?」w
林檎を描いたクレヨンを美味しそうといってなめようとしたり、幼稚園から
唯はアホだった。

和が語る小学校の時の唯の困った思い出・・
小学校で行くキャンプみたいなイベントの時、それぞれ、レトルトカレーを
持ち寄るはずなのに、1人だけ、カレールーを持ってきてしまっていた唯・・w
家庭科の料理実習でたこやきを作る際、みんなで材料を持ち寄って・・と
いう話だったが、タコ担当の唯が間違えてたこ焼きミックスだけを
買ってきて、タコなしのたこ焼きを食べたり・・w

こんな失敗だらけの唯だが、彼女の悪気のない笑顔を見るとつい
許してしまうという和。

不抜けた先輩を横目に・・
keion0526_2.jpg
梓のつぶやきが笑えるw

小学校の頃の澪・・
ずっと1人で本を読んでいるような大人しい子で、今以上にビビリだった
澪にちょっかいを出すと反応が面白いので、なにかとちょっかいを出して
いたという律。小4の頃、作文で賞をもらった澪は全校生徒の前でその
作文を読まなければいけない事になり、落ち込んでいたが、律の助けに
より、無事作文を読めたという。それ以来、2人は仲良しになったのだ。

keion0526_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

唯の将来について、みんなで話し合う事にw
花屋・・植物の知識等まったくないので却下
OL・・時間が決まっているものは無理と梓が言い却下
バスガイド・・バスに酔ってしまうので却下
ウエイトレス・・注文を覚えられないので却下
菓子職人・・作ったものを自分で食べてしまう可能性があるので却下

今は自分で思いつくものでいいのでは?という和の助言で、唯と律は
進路希望にミュージシャンと書いて提出しようとするが、さわちゃん先生に
却下される・・。

家で、唯は憂に進路を聞く。憂は唯が心配なので、唯と同じ大学へ行きたいと
思っているのだが、それを口にするのをぐっと堪えると、唯は自分の
進路も決まってないのに「ちゃんと考えないとダメだよぉ~」と憂に
忠告する・・w 憂は唯が進路をまだ決めていない事に驚愕する・・。

keion0526_m3.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

次の日、学校で、唯は、クラスメイトや、色々な人に、その人の進路は
どうなっているのかを聞いてみる、美容師、芸大、外語大、看護学校、家の仕事の
手伝い・・みんなの話を聞いて、ますます自分の進路がわからなくなる唯だった。
結局、進路調査には

keion0526_3.jpg
こう書いて提出しようとするが・・・

却下w

そんな唯をさわ子や、和は、なま暖かく見守っているのであった・・

--------------------------

高校3年の夏で進路が決まってないとか・・ゆとりすぎるw だが、そこが
けいおんなのか。まあ、決まっていないといっても唯と律だけだけどね。
最初から最後まで、ずっと「もしもし亀よ~」がテーマ曲って感じの
話で、最後もゆったりともしもし亀よ~♪が流れてましたね。
しかも、今回、全然解決せずに、えっこんな所終わるのか!?という感じした。
まあ、唯が亀なら、別に浪人してもいいんじゃないかと思ったり、だいいち
学力的にも問題がありそうなので、ほんと、もし、大学に行きたいとか
思ってるなら、そろそろ勉強必死でしないとダメだよね(そろそろっていうのも
なんだな、もうかなり遅いんだからw)

唯の悪気のない笑顔を見ると、許してしまうという周囲に、「そんな
もんですかねえ・・」と突っ込み?を入れる梓が笑えた。笑顔を見ると許して
しまうって、そんなんで、ずっと唯を甘やかし続けてきたから、唯がこんなに
ゆとりちゃんになってしまったのだ! 周りは愛をもってもっと
厳しく唯に接する時を持ったほうがいい!!!とか、別に思いませんけど
今の状況をどうやって唯は打破していくのか、ちょっと気になりますね。

まあ、色々含みを持たせながら、小出しで話を進めていかないと、2クール
もたないと思うのでこんなんでいいんですよね。

前回までのレビューは以下からどうぞ
#1「高3!」
#2「整頓!」
#3「ドラマー!」
#4「修学旅行!」
#5「お留守番!」
#6「梅雨!」
#7「お茶会!」

keion0526_next.jpg


nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(99) 

nice! 16

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 2

まこたま

>「もうニートでいいやぁ・・」
ニートになれるんならなりたいわっww
でも、お金の為だけに働く訳ではありませんからね~。
と、ちょっとカッコイイ事を言ってみますんw
by まこたま (2010-05-27 00:31) 

0709

いつも拝見させていただいております。
これからも更新を楽しみにしています。
by 0709 (2010-05-28 10:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 99

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ