So-net無料ブログ作成

WORKING!! 9品目 ことりちゃん登場! レビュー キャプ [アニメ]

working0530_top.jpg

女装に興味ある?

シフトが入っていないのにワグナリアにやってきた伊波から小鳥遊に
飛び出した言葉w 事情を聞くと、ホワイトデーに小鳥遊から
もらったヘアピンの事が伊波を溺愛している父親にバレ、その際
伊波が苦し紛れに勢いで、小鳥遊は女の子だと大嘘を言ってしまったと
いう事がわかる。そして、その父親が単身赴任先から休みを利用して
小鳥遊が本当に女か確かめに来るというのだ。

もし小鳥遊が男とバレたらバイトをやめさせられてしまうという伊波は
小鳥遊に女装をしてくれ!と説得するが・・・

working0530_1.jpg

力強く断られた伊波はがっくりと力を落とし、その場から居なくなるが
ぽぷらは「伊波ちゃん、かわいそう・・」と小鳥遊をじっと見るw

あれ?俺が悪い流れ??

周囲から追い詰められ、徐々に想いが揺れていく小鳥遊w

後は続きからどうぞ

working0530_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

結局、佐藤、相馬、山田から追い詰められ(特に山田w)、ついに
渋々女装する事になった小鳥遊。なぜか小鳥遊が女装する手段は山田が
すべて用意できた。

そして、ついに1人落ち込む伊波の所に、女装した小鳥遊が現れる。

なんとかなったみたいですけど
working0530_2.jpg

店長も驚く、小鳥遊の女装。呼び名は可愛く
「ことりちゃん」
に決定w

男にはやらなきゃいけない時がある
まひるの為に女装をしているという事情を聞いた八千代は
「私や他の娘が小鳥遊君のフリすればそれで良かったんじゃ?」と
根本的な部分き気付くw それを聞いた佐藤は初めてその事に
気付くが時はすでに遅かった・・w 横から見ていた相馬は
もちろん最初からそんな事は知っていてやっていたのに。

そしてついに・・父 来店・・
二つの「よかった・・」が交錯!
伊波は10年間も父親の顔をまともに見ていなかった為に
その人物が本当に父親かどうか定かでななかった。
小鳥遊がその人物の所に行くと、その人物は「こちらに小鳥遊という・・」と
聞いてくる。やはりこの人物が伊波の父かとほっとする小鳥遊。その上
伊波父は人当たりの良さそうな人物に見え、一瞬女装しなくても
大丈夫だったんじゃ?と思うのだが、父がゴルフバックのようなものから
ライフル銃を取り出した瞬間、女装していて「よかった・・」
思う小鳥遊。そして伊波父も、小鳥遊が本当に女で「よかった・・」
思うのであった

ライフル銃は偽物・・であったがこれで殴ったら痛いという伊波父。

盗聴
小鳥遊と伊波父が何を話しているか気になるぽぷらと伊波。すると
山田が用意周到に、小鳥遊の制服にマイクを付けておいたと、音声の
受信機を取り出すw

working0530_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

まひる登場
小鳥遊が女にしては背が高い事に気付いた伊波父が、疑いの目を小鳥遊に
向けると、まひるが登場。盗聴していたのでタイミングもバッチリw
小鳥遊はカムフラージュする為にわざとまひるにくっつく。

父の傍若無人な態度に、まひるは怒ってその場を小鳥遊に任せて消えてしまう。
小鳥遊は伊波父からまひるが男嫌いになった新たな真実を聞かされる。
伊波が男嫌いになった原因は子供の頃、父から「男はオオカミ」と言われた
だけではなかったのだ!

working0530_m3.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

新たな真実
伊波父はまひるが男を見るのも嫌になるように、プレゼントするDVDや本は
大抵男が悪役の話、男を殴る腕力をつけるために、持ち物にはこっそり重りを
仕込み・・・等等、徹底的にい男嫌いになる為に色々やってきたのだ。
その事を聞いた小鳥遊は、怒りを爆発させる。

愛情を注ぐのはいいけど子供は親の所有物ではない!!
小鳥遊は伊波父に説教を開始、途中、オレ言葉になっていたが、迫力で
乗り切り、伊波父をビビらせる。

決定的に・・w
まひるの為に女装して、まひるの為に伊波父に説教・・
小鳥遊の勇者っぷりを目の当たりにしたぽぷら達は感心しまくるが、
まひるはその姿を見て、完璧に小鳥遊に惚れてしまってた・・・w

working0530_3.jpg

エンディングはなんとオシャレED(いつもと違うEDの事)
まひると小鳥遊の今までのやりとりプレイバックみたいな?
エンディングテーマもまひる(CV:藤田咲)が歌う
「ゴールデン・デイ」という曲でした。

--------------------------

まひるが完璧に小鳥遊に惚れちゃうくだりの話ですね~ まあ、今まででも
ほぼ惚れていましたけど、今回のは決定的ですよねw
小鳥遊があそこまで伊波父に激怒した理由は、そのとばっちりが
自分にも及んでいる事も加味してだとは思うんですけど、そんなのは
もうどうでもいい段階~w 

にしても、伊波父・・・ヒドイですよね。小鳥遊じゃなくても、あれを
聞いたら、激怒ですよ。何考えているんだ・・1人の人間の親として
あれはダメだろう・・。あれこそ、間違った教育の手本という感じですね。
人間の人格形成をなんだと思っているんだというw

父の声が芳忠だったのが、またよかった。
あ~もう、今回で9話目かー あと3話くらい? 淋しいですね~
2クール続いてもいいのにな。

前回までのレビューは以下からどうぞ
1品目 ワグナリアにようこそ♪小鳥遊、働く。
2品目 伊波、男性恐怖症。だって怖いんだもん…
3品目 八千代と杏子と佐藤…と、帰ってきた音尾さん
4品目 相馬、さわやか すぎる青年
5品目 ある風邪の日に…、いつもと違うワグナリア
6品目 宗太の憂鬱、小鳥遊家の女達
7品目 久しぶりの音尾と、新しいバイト=山田(!?)
8品目 伊波、はじめて?のお・で・か・け!

working0530_next.jpg


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(64) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 64

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ