So-net無料ブログ作成

STAR DRIVER 輝きのタクト 第11話「サイバディの私的活用術」 レビュー キャプ [アニメ]

star1212_top.jpg

カナコに仕えているシモーヌは口には出さないが、カナコの
才能を認めつつもカナコの事を嫌っていた。

私はこの女が嫌いだ…

中間テストも終わったということで、カナコは自宅の豪華客船で
クラスの親睦会を兼ねたパーティを開く事にする。
パーティではタカシのピアノの伴奏でワコが歌を披露したりと
皆で楽しむが、歌が終わった後、タカシはシモーヌを連れて
タクトにもう一度戦いますか?と挨拶をしに来る…零時間中と
外の両方で戦った事がある二人なだけに意味深ですな。

そういえばスガタは?
パーティ会場には彼の姿はない…

後は続きからどうぞ

スガタは夕日がよく見える公園のような所に1人で来ていたが
そこにはすでに人の姿が! あれ、ヘッド君じゃないかっ

ここはこの島で一番夕日が美しく見える場所なんだ

そう言いながらヘッドは夕日を指で囲んでみる。そのヘッドの
動作を見たスガタは「絵を描く人?」とヘッドに聞く…。どうやら
ヘッドは絵を描くらしいのだが、最近は絵筆をあまりとってないらしい。
ヘッド、絵描くのか…例のRの絵を描いたのはヘッドじゃないとは
思うけど、何かしら関連があるのかな? 会話の流れで
ヘッドから出た言葉…

才能は何か意味があって神様が与えてくれたものだからね
使わないのは罪かもしれない

なんか意味深だわね。

その場を去っていくスガタの後ろ姿を眺めながら
君は美しい少年だね…
君が美しい少年でほんと良かった…

と呟くヘッド。どういう意味さw すまんがその声で
そんな事言われるとBL的な事しか想像できん。

star1212_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

その夜…綺羅星十字団総会
カナコ(頭取)はすべてのサイバディをきちんと管理する事によって
世界平和を目指しているらしい? そういう部分はカナコを嫌う
シモーヌも大きく評価しているのだが、会議中にマンティコールが
カナコはそのサイバディを私的流用していると指摘しているのを
聞いて、自分はカナコを過大評価していたのか?と思い始める。

シモーヌのモノローグで、なんと、カナコの夫である
レオン・ワタナベが、カナコの実の父である事が判明。
その事は、ここにいる人たちの中ではシモーヌ以外誰も
知らない。もちろん、レオン自身も知らないらしい。
シモーヌも去年までは知らなかったのだが、去年、シモーヌが
パリに居た頃、交通事故に遭い入院した時に、病室にあるテレビに
映っていたレオンを、見舞いに来ていた姉のミレーヌが見て
「今テレビに映っているあの男が、私達の本当の父親なのよ」
と言ったのだ。

シモーヌ達の母は、以前、レオンの秘書をやっているうちに
彼の愛人になり、二人の娘を産んだ。それが姉のミレーヌと
シモーヌ(パメラ)。事実を知ったシモーヌは、姉のミレーヌに
カナコの秘書になるように言われ、シモーヌという偽りの
名を名乗り、母を捨てた男の妻であるカナコに近付いた…
というわけらしい。 

カナコより上に立つ為に、戦う力がないシモーヌは自らの
サイバディ・ダレトスをタカシに差し出し、銀河美少年との
戦いを目論む。

シモーヌがカナコに、サイバディに乗る事を言うと、カナコは動揺。
その姿を見て、シモーヌがリーダーになるかもしれないと
カナコが焦っているから動揺していると思うシモーヌ。

家に帰ってきたミズノを待っていたマリノ。
そろそろ、戦いの時間ですなw
「風が来た」
そう言うと、ミズノはいつものように部屋の窓から飛び出し
バスの上に乗るw 

透き通る~季節が好き~♪

歌始まったよー!
今週の戦いキタ――(゚∀゚)――!!

開け!電気柩!
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!梓が電気柩とか言ってるよww
しかも、電気柩の部分がなんか、また超可愛く聞こえるんだが!

アプリボワゼー!
あずにゃんアプリボワゼ

ああぁー!
star1212_1.jpg
(゚∀゚)


零時間発動で、スガタ、ワコ、タクトも例の空間に。
タクトの前に現れたのは、サイバディ・ダレトス、シモーヌが
スタドラだが、それを実際に動かすのはダレトスに取り込まれた
タカシ。以前、スカーレットキスがスガタを取り込んでやろうと
した方式ですね。

いつものパターンで、序盤はけっこうピンチに追い込まれるタクト。
シモーヌと二人がかりって事でタカシは力を発揮しちゃったわけだ。
スガタは「二人がかりじゃずるいよな」と言って、なんと
ワコの制止も聞かずに王の柱を発動し、タクトをバックアップ。
スガタの王の柱の力を得たタウバーンはパワーアップし、
直後、ダレトスを一瞬で撃破した! 
王の柱の力を得たタウバーン、鬼強!

で…スガタは大丈夫なのか!?と思ったら、無事だった…
よかったよ~! もし目覚めない眠りに落ちたら…とスガタを
心配するタクト達に

気にするな。才能は神様に与えられたものだ。

と答えるスガタ。あっなんかヘッドの言った事の影響受けてるw
っていうか、スガタ君、マジカッコイイな。

star1212_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

戦いの後、カナコの部屋で、カナコから「あなたに戦いなんて
似合わない」と言われ、はっとするシモーヌ。すると、そこに
姉のミレーヌが! カナコはミレーヌは自分の一番の親友なの
だと言う。 

ミレーヌから明かされる真実…
1年前の事故の時に、実は意識不明の重体だったシモーヌを
助ける為に、カナコがシモーヌをアプリボワゼさせたというのだ。
サイバディの私的流用というのは、自分を救う為だったという事を
知るシモーヌ。しかも、レオンにカナコをパートナーとして
紹介したのは、自分よりもカナコの才能がレオンに必要だと
思ったモーヌ達の母親だったのだ… 

シモーヌがカナコに、なぜ黙っていたのかと聞くと、カナコは
このシチュエーションが気に入ってたからと答える。


やはり私はこの女が大嫌いだ…


今回はこんな感じですね。
シモーヌメインで、彼女の生い立ちまでけっこう判明。
本名はシモーヌじゃなくてパメラなのかあ・・・
最後、やっぱり、私はこの女が嫌いだと、心の中で呟いていた
シモーヌですけど、実際は嫌いじゃないですよね。カナコの
やった事は別に彼女に対して何も悪いことじゃないし、カナコは
シモーヌの事を大切にしているんですからねえ。

スガタ君が、王の柱を使ったシーン、かっこよかったな~
ほんと、意識失わないでよかった。ヘッドとスガタが
出会ったのってなにか今後の展開に関係してくるんでしょうかね。
っていうか、ヘッドって、学校の生徒なの?w
スガタが「与えられた役割を演じるのは得意だからな…」って
言っていたのがちょっと寂しい感じがしたね・・。
今回、タクトの影薄いなw

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「銀河美少年」
第2話「綺羅星十字団の挑戦」
第3話「おとな銀行」
第4話「ワコの歌声」
第5話「マンドラゴラの花言葉」
第6話「王の柱」
第7話「遠い世界」
第8話「いつだって流星のように」
第9話「そんなミズノの初恋」
第10話「そしてマリノの初恋」


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(73) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 73

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ