So-net無料ブログ作成

屍鬼 第腐汰悼と悲屠話 レビュー キャプ [アニメ]

shiki1224_top.jpg

人間の慣れって恐い…
そう思えるアバン。
村迫智寿子、そう、正雄の義理の姉も屍鬼狩りのお手伝いをしていた。
といっても、女衆の中で詰め所(神社)の境内で屍鬼の死体の処理を
しているのだが、若いので、色々と力仕事とかも率先してやる…
中には杭打ちが不十分でまだ動いている屍鬼も運ばれてくるが、
そういう屍鬼の杭をなんの躊躇もなく、ガンガン打ち付けたりもするw
死体を運んだり、杭を打ったり… お腹が空いた智寿子が、お握りに
手を伸ばすと手が血だらけなので、手をエプロンで拭いてお握りを
食べる…って まだ手の血そんなに落ちてないからっww
いや、しかし、血だらけの格好で手も血だらけで、普通にお握り
食べているその光景が凄いと思った。人間の慣れって恐いなと。
智寿子以外の女性衆も慣れたもんよ?

後は続きからどうぞ
 

山入から逃げたやすよさん。走って森の中を逃げるが、なんか
野犬に襲われちゃってる~~ キャー

11月7日 月曜 友引
桐敷家の秘密の地下で脅えて泣く沙子。そんな沙子をなだめる静信。
辰巳もそこにいる。なんか辰巳が頼もしく見える・・・人間と屍鬼の
本格的な戦いが始まった後の辰巳の格好良さは異常!
辰巳は、脅える沙子に「逃がしてあげるから心配しないでお休み…」
言う。なんかほんと、辰巳が…イケメンにみえてしょうがない。

静信のあの小説の兄と弟、あれは最初から弟なんかいなくて、
1人の人間の絶望から生まれたなんかで、別人格みたいな?そんな感じで
あの兄は、自分自身を殺していた事になり、要するに、兄自身が
屍鬼だったというオチという事が判明。それは静信が自殺未遂を
した理由みたいな…なんか説明が難しいが、そういうことらしい。

正雄は1人、逃げ回っていた。夜明けも近づき、このままでは
殺されてしまう…と思った正雄が向かった先は、実家だった。
家の外から、誰も襲わないから、匿ってくれと懇願する正雄。でも
今、家の中に居るのは、智寿子! 智寿子は正雄に家に入ってもいいと
答え、鉄パイプを構える… 正雄死亡だなw
しかし、よりにもよって、智寿子に頼むとか…嫌われてたの分かってたのにw

shiki1224_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

屍鬼狩り隊男衆のとあるチームが屍鬼狩りをしていると、佳枝率いる
屍鬼達に襲われる。夜明けも近いので、佳枝は他の屍鬼達に
山入に戻るように言う。佳枝は人狼なのでまだまだこれからも
動く…というところだったが、夏野に噛まれ、彼の命令で動く
正志郎によって射殺される。 佳枝死亡!

死体を埋める場所がなくなってきたので、本殿の裏にある地獄穴と
呼ばれる穴に死体を落とす事になった。
ここでやすよさんが無事帰還!!!
やすよさん~~~~~~! やすよさんから山入の情報を得た敏夫は
皆を集めて、山入に向かう。やすよさん、敏夫に何か言おうとして
言えなかったが、きっと、律っちゃんと徹ちゃんの事を言おうと
したのだろうな…でも、ここでやすよさんが敏夫に言ったとしても
何も変わらないよね…。

山入に入った敏夫達は次々と屍鬼を狩る。静信の父、信明も富雄無双に
よって発見される。信明はやっと死ねると富雄に感謝して手を
合わせる…
次々と運び出される死体の中には…
 
shiki1224_1.jpg
律ちゃんと徹ちゃんも…゚・(ノД`)

この山入の屍鬼狩りで、ほぼすべての屍鬼は狩られたが、まだ
残っている。今残っている屍鬼って… 沙子、辰巳、恵…あれ、安森奈緒って
狩られたっけ? 広沢が桐敷の屋敷が建てられた時に、大量の土砂が
運び出された事を思いだし、桐敷の屋敷には秘密の地下部屋がある事が
判明。敏夫達は桐敷の屋敷へ向かう。
屋敷の事がバレたので、辰巳は眠る沙子をトランクに詰めて、静信に預ける。
辰巳は静信達を逃がす為に、自ら囮になる。
そこまでして、なぜ人狼である辰巳が沙子に尽くすのか不思議がる静信に
辰巳は言う。沙子は滅びの象徴であり、いずれ滅ぶ…しかし彼女はそれに
抵抗して、足掻く。辰巳はその姿に惹きつけられ、綺麗だと思っている…
それが辰巳の理由だった。 このシーンいいねえ…辰巳のその理由が凄く
好きだ…っっ!

辰巳が屋敷から囮として車で逃げ出し、屋敷周辺に人がいなくなった時
静信が沙子のトランクを車に乗せて逃げる。抜け道は使えず、山の中を
車で進むが、途中、運悪く、敏夫達が乗っている車とすれ違ってしまう。
静信は寺に逃げ込み、寺の本尊の裏に沙子と一緒に隠れる。
静信達が寺に逃げたのは富雄無双達にバレ、寺に入ってくる富雄達。
静信の母や寺の者達が富雄達に対応するが、静信を匿っていると
思われた静信の母や寺の者達は、惨殺されてしまう。
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工
いやーここ…マジ、ドン引きしたわぁ・・・だって、静信ママとか
寺の人たち、本当に匿ってないし、だいいち、屍鬼じゃないし、
普通の人間なのに、殺すとか… もう話して通じるレベルはとうに
越えているだなあ…と。 でも、ほんと、殺す必要なかったよねえ。
静信ママン、美しかったのに…

shiki1224_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

静信は母達の死を発見し、寺から逃げ出す。その途中、屍鬼狩り隊の
1人に見つかり、斬りつけられ、重症を負う静信。それでも、沙子トランクを
引きずりながら、山の中へ逃げていく。おびただしい血痕を残しながらの
逃亡は無理があるので、沙子トランクを隠して、自分が囮になる形で
逃げていく静信… 富雄無双達は間近に迫っている。


今回はここまでです…
もう、今回は、うわーっていうシーン多くて、超釘付けでしたよ…
アバンからもう凄かったもんね。智寿子さん、強いしw 
律ちゃんと徹ちゃんの死体ショッキングだし、正雄ももう死んだかな?
しかし、一番ショッキングだったのは、静信ママンと寺の人たちが
惨殺された所ですね。完全に殺人じゃん… 今回は、人間の慣れが
恐いと思った事と、感覚がマヒするってこういう事なんだろうと
いうのをまざまざと見せつけられた。
あれ、夏野、今回出てない!
予告見た限り、なんか辰巳と対峙してましたね、夏野。
夏野と辰巳の戦いが最終回で見られるのでしょうか、この二人は
相打ちとかで終わったりして…なんか、夏野には生き残ってもらいたいけど
夏野自身がそういう気がなさそうだよね。 
あと、恵はどうした!? それと奈緒さんて死んだっけ?
次回…最終回…どういう結末を迎えるのか!!!

前回までのレビューは以下からどうぞ
第遺血話
第腐堕話
第惨話
第死話
第偽話
第髏苦話
第弑魑話
第夜話
第柩話
第悼話
第悼と悲屠話
第悼と腐汰話
第悼と惨話
第悼と死話
第悼と髏苦話
第悼と弑魑話
第悼と夜話
第悼と柩話
第腐汰悼話


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(28) 

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 28

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ