So-net無料ブログ作成

STAR DRIVER 輝きのタクト 第14話「アインゴットの眼」 レビュー キャプ [アニメ]

star0109_top.jpg

ある日、靴をなくしたミズノが帰れなくなっていた所に
タクトが通りかかり、タクトはミズノを家まで負ぶって
連れて帰った。マリノとミズノの部屋に通されたタクトは
女の子の部屋を見て緊張する。ミズノとマリノは、タクトに
彼女がいない事を聞いてそれぞれ、自分にもチャンスキタ――(゚∀゚)――!!
的な妄想をw 

ミズノが美容院に行くと、美容師に恋ですね?と指摘され
偶然そこに居合わせたワコと共に、ガンガン行けと言われる…って
なんだかガンガンをやけに強調してるが…w

後は続きからどうぞ
 

演劇部『夜間飛行』では、次の公演で行う演目において
キスシーンがある事が発表され、それぞれの思惑が交錯…

腐女子ワコの思惑はもちろん却下だw
star0109_1.jpg

部長は話題になると、ノリノリ。
ミズノはタクトが相手役ならと、立候補してくる。
その姿を見て、若さがはじける、リビドーだねえ…等、みんなが言う中、
ワコは…

star0109_2.jpg
絶賛連載中!コミックス1巻は2/26発売

部長はもうしばらく考えさせてと、この時点でのキャストは
未定… ワコは巫女である故、キスシーンは無理だということで
複雑な気分。

star0109_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

その頃…
綺羅星十字団ではついにサイバディ・アインゴットの復元
行われることになり、日死の巫女発見へ動き出す。
日死の巫女が見つかって封印が解かれると、みんなが第3フェーズに
移行しちゃうのか…それはなんかヤヴァイ感じね。っていうか
マリノはミズノの事を隠し通せるのか??

バニシングエイジではヘッドが復帰。
「二番目の祭が始まる。いよいよ我々バニシングエイジの時代だ」
ん?いったいどういう意味よ。二番目の祭って?

演劇部『夜間飛行』ではついにキャスティングが発表され・・・・
タクトとミズノのキスシーンがいよいよ現実に。ワコはますます複雑な
気持ち? ミズノは大喜びでマリノに報告しマリノは顔を曇らせる。

スガタは例の場所でまたまたヘッドと会っていた。
ヘッドはスガタの肖像画を一度描いてみたいと申し出てくる。
是非、ヌードでお願いしたいですな!!w

star0109_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

だいじょうぶだよミズノ…
私は貴方を守る為にここに居るんだから。

ミズノを守る為に、ミズノが巫女だという事を隠す為に
巫女を捜す事ができる目を持つサイバディ・アインゴットの
スタードライバーになったマリノ。ついにアインゴットの復元をするために
アインゴットにアプリボワゼする事になった。電気柩に入り
アインゴットとアプリボワゼするマリノ。なんか今までのとは
ちょっと違う感じなのね、アインゴットは。アインゴットに
マリノが呑み込まれる感じ? ミズノの為にも負けるか!と
呑み込まれた後に、自分を取り戻すマリノ、そしてアインゴットの
復元は完了した。

アインゴットの復元完了と同時に零時間が発動され
みんな例の空間に。 

今週の戦いの時間キタ――(゚∀゚)――!!

しかし、いつもと感じが違う。アインゴットはまず巫女をサーチ…
最初にワコが出て、その後、出たのは…
star0109_3.jpg
イヴローニュ(ケイト)ヒガ日死の巫女

最後に日死の巫女のミズノの姿が出た時、アインゴットが暴走を
始め、マリノはアインゴットに取り込まれてしまう。これが
アインゴットがザメクに握りつぶされていた由縁なのか、暴走した
アインゴットは綺羅星十字団にも襲いかかる。

タクトもアプリボワゼし、タウバーン颯爽登場
今回、なんと変身シーンなし。アインゴットとの戦いの最中、タクトは
アインゴットから「助けて…」という声を聞き、誰かの心が
囚われている事を知る。暴走モードアインゴットは強く、タウバーン
ピンチ! それを見たスガタは王の柱でタクトを援護し、
アインゴットがひるんだ隙に、タウバーンはスターソードを繰り出す。

今、助けるぞ… 誰かさん!!

ワロタww 誰かさんってw タウバーンは言葉通り、スターソードで
アインゴットを瞬殺、マリノは解放され 今週の戦い終了。

star0109_m3.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

戦い終了後の綺羅星十字団会議で、マンティコールはアインゴットの目を
通しても日死の巫女は見えなかったとウソをつき、日死の巫女は現在
存在していないという事にする。あと、イヴローニュの事も言わなかった。
こんなウソ通じないだろう…と思っていたら、やっぱり、ヘッドや
イヴローニュは見抜いておりマンティコール(マリノ)がその存在を
そこまでして隠したい人物という点から、ミズノ=日死の巫女というのが
バレていた…アウウ
あと、ヘッドとイヴローニュの会話から、ヘッドはイヴローニュが
巫女である事を知っている模様。

零時間から帰ると、夕日の見える場所で絵を描いていたはずのヘッドが
目の前から消えていた事から、スガタはヘッドが綺羅星十字団の者だと
いうことを知った? 

マリノはミズノを守り通せたと思っているが…


二週間ぶりのスタドラはこんな感じでした。
アインゴットを復元して、目で巫女を見ても、マリノがウソをついて
ミズノを庇う事は大体予想はできたましたが、まさか、ヘッドとか
イヴローニュがそこらへんお見通しとは… しかも、ヘッドは
イヴローニュが巫女だという事さえも知っていると… 今後の展開が
またまた超気になるわー。 どっちにしろ、ミズノちゃんは風前の灯火…
それと、マリノがアインゴットの目を通して、昔の記憶を見た時に
ミズノの隣に居るはずの自分の姿がなかった事に驚愕していたけど
あれってどういう事なの?? マリノが存在していない・・・・って
事はないだろうけど、マリノはあの記憶の時には存在していなかった
って事すか? その後にマリノが生みだされた・・・????
それとも、あれはアインゴットがマリノを惑わす為に見せたもの??
よくわからんが、次回辺りにそこらへんの謎が一気に解明されそう?
あと、スガタが王の柱を使ってもなんともない感じなので良かったッス
スガタといえば、ヘッドが目の前から消えた事で、ヘッドが綺羅星だって
わかったかな? だいだいは察しがつきそうだけど、あの二人の
今後の関係も気になる。 

OPとEDが新くなりました

9nineがEDからOP曲に
オープニング
「SHINING☆STAR」歌:9nine

エンディング
「Pride」歌:スキャンダル

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「銀河美少年」
第2話「綺羅星十字団の挑戦」
第3話「おとな銀行」
第4話「ワコの歌声」
第5話「マンドラゴラの花言葉」
第6話「王の柱」
第7話「遠い世界」
第8話「いつだって流星のように」
第9話「そんなミズノの初恋」
第10話「そしてマリノの初恋」
第11話「サイバディの私的活用術」
第12話「ガラス越しのキス」
第13話「恋する紅い剣」


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(63) 

nice! 8

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 63

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ