So-net無料ブログ作成

STAR DRIVER 輝きのタクト 第18話「ケイトの朝と夜」 レビュー キャプ [アニメ]

star0206_top.jpg

ベニオが寮主宰のバーベキューパーティの夕べを開くが
夏休み中なので寮に残っている者はタクトとゴウダ・テツヤ
くらいしかいないので、ベニオと3人でパーティ…ちなみに
ホンダ・ジョージも居るのだが、彼は未だに、カナコ様にKO
された事を引きずって部屋でトレーニング中で出てこなかったw
寂しいであろうメンツを見越して、タクトはワコ、サリナ部長、ルリ、
そしてスガタを呼んであり、パーティは賑やかになる。
宴もたけなわ、花火を始めたタクト達だが、遊んでいると
アタリ・コウとケイ・マドカの危険な二人が乱入、花火合戦の
ようになり、ついには暴発した花火がタクトの部屋に飛び込み
タクトの部屋が燃えてしまう。しかたがないのでスガタの家に
居候する事になったのだが…

後は続きからどうぞ
 

スガタの家で、タクトは母親の写真入り(多分)の懐中時計を取り出し
それが燃えなかった事がせめてもの救いだと言う…
star0206_1.jpg
懐中時計の写真 これがタクトのママンだ!

star0206_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

部屋ではワコから、子供の頃の話を聞くタクト。その部屋は昔
スガタが使っていた部屋で、ワコの落書きが壁にあったり、オモチャが
沢山おいてあったりと、思い出がつまっていた。ワコが取り出した
昔のアルバムには子供のワコやスガタ、そして、ケイトが一緒に
遊ぶ様子の写真が沢山収められており、ケイトとワコが一緒に
アイドルのモノマネをして歌う姿なんかも収められていた。
今のケイトからは想像もつかない彼女の姿に驚くタクト…
 
star0206_2.jpg
可愛いな~

2学期が始まり、アタリ・コウケイ・マドカはスガタメ・タイガーの
クラスに二人して転入してきたと、タイガーがワコに報告する。
ルリの恋は絶好調のようで、その姿を見たワコとタイガーは
うらやましさ視線で二人を見る。

タクトの部屋が燃えた事を心配するカナコ様は、よかったら
うちに来ない?とタクトを誘う。火遊びなら私と~みたいな~w
カナコ様、素敵です~ いや、ほんとカナコ様はいい人だよね。
もちろん、遠慮するタクト。前に座っているケイトに昔の
アルバム見たよ~と話しかけるタクト。ケイトは、あれは10年
くらい前のことで、ワコは今でも歌手になりたいとか言ってて
馬鹿みたいよね…とクールな反応。 

と、いうケイトの反応は実は表の顔で…
本当のケイトは…

家が経営しているカラオケボックスの一室で…
star0206_3.jpg
ノリノリで歌っていたw

しかも、超ノリノリで一曲歌いきった所で、なんとカラオケボックスの
バイトを始めたタクトに目撃されてしまう。

star0206_4.jpg
ハズカシーww
しかも、ケイトの母親が、「そんなに毎日フリフリ踊って
アイドルにでもなるつもり?」とか言ってて、毎日こんな事を
やっているのまで判明してしまったw

綺羅星の地下遺跡ではアタリ・コウとケイ・マドカ、ダイ・タカシや
科学ギルドのプロフェッサー・グリーンとプロフェッサー・シルバーが
集まり、次ぎにどのサイバディを復元するかを話し合っていた。
サイバディの復元には命の危険が伴うというのに、それを
あまり気にしていない様子のコウとマドカ。この二人は
やっぱりなんか危険な感じだよねえ、プロフェッサー・グリーンも
旅立ちの日を迎えた後、コウとマドカが好きに暴れたら
世界はヤバイんじゃないか??と心中穏やかじゃない様子。
いや、ほんと、ヤバイっしょ。コウとマドカって、イメージ的に
COPPELIONの初期の小津姉妹的な危険さ…w 
コウとマドカはサイバディが駄目なら、第一フェーズを使って
なんかやらかそうと画策。

劇団「夜間飛行」はミズノが抜けちゃった穴を埋める為の
新メンバー募集をかねて、学校中庭で柔軟体操をやりながら
アピールタイム。それを見て、マドカやコウは、劇団の仲良し
っぷりが鼻につくと、またまたひねくれた事を言う。劇団を
見ていたのは彼女達だけじゃなく、ケイトも。タクトはケイトに
歌っていた事は誰にも言わないと約束してきていた。その事を
思い出しながらタクトを見ていたケイト。
マドカとコウはケイトに話しかけ、ケイトが居なくなったあと
「多分あの子が…」と言う。えええ~マドカとコウに
ケイトがヒガ日死の巫女だってバレてるじゃん。これはマズいんじゃ?
と思ったら、今はあまりそれには興味がないらしく、それより
タクト達をどうにかしちゃおうと思っているっぽい。

star0206_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

そして、その日の夕方、タクトとスガタが浜辺で剣の訓練を
していると、マドカが第一フェーズで二人を襲撃
闇の中に取り込まれたタクトとスガタはお互いの姿が見えず、
しかも、その第一フェーズの中では、自分以外の姿が全て
マドカ(ウィンドウスター)に見えてしまうという、相打ち
しかねない状況。この状況に、タクトはピンチになってしまうが
スガタは落ち着いていた。スガタは自分の第一フェーズを
発動し、一気に闇を消し去り、ピンチ脱出。タクトは黒こげw
マドカも別の場所で黒こげ、髪の毛はチリチリになっていた。

star0206_m3.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

その夜…
ヘッドはヒガ日死の巫女は自ら率先してある事をやっていると
いうのだが…何? と思ってたら、ケイトが1人、スガタの家を
訪れる。白い寝間着に着替えたケイトに、タイガーとジャガーが
スガタは深い眠りにあるといって、ケイトをスガタの寝室へ
導く。なんだなんだ?? ケイトは眠るスガタの顔を見て
「スガタ君…」と愛おしそうに呟くと…

star0206_5.jpg
(゚Д゚)?


今回はこんな感じでした。
いやー最後、けっこう衝撃的な感じでしたね。なんか
けっこうこうやってスガタの所にケイトが通っている感じの様子だし
深い眠りについているスガタの前で、裸になって何をやるのだケイトは。
なんだろ、裸でスガタを温めるとか???まさか寝ているスガタ相手に
Hはないだろうしねえw ワコはこの事を知っている…わけないか。
巫女パワーでスガタを眠りから救うみたいな感じかしら?どうやるのかは
不明だけど。
衝撃的といえば、ケイトのあのノリノリで踊る姿も、けっこう
凄かったですね~しかも、ワンコーラス歌いきる尺の長さw
タクトに見られちゃったのはそりゃショックよね~。
最初の方の、打ち明け花火大会、面白かったw

コウとマドカがなんか危険で恐い、次回の予告見た感じ、
またあの二人がやらかすんじゃないかと… あ、そういえば
今回サイバディの戦いなかったな~ 次回はありそうですけどね。

STAR DRIVER 輝きのタクト アンソロジー
(ヤングガンガンコミックスアンソロジー)
の枢やな先生の描いた表紙のスガタがセバスチャンみたいで
素敵なんですけど!望月淳先生なんかもアンソロイラスト
提供してるみたいで、是非欲しいッスね~

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「銀河美少年」
第2話「綺羅星十字団の挑戦」
第3話「おとな銀行」
第4話「ワコの歌声」
第5話「マンドラゴラの花言葉」
第6話「王の柱」
第7話「遠い世界」
第8話「いつだって流星のように」
第9話「そんなミズノの初恋」
第10話「そしてマリノの初恋」
第11話「サイバディの私的活用術」
第12話「ガラス越しのキス」
第13話「恋する紅い剣」
第14話「アインゴットの眼」
第15話「封印の巫女」
第16話「タクトのシルシ」
第17話「バニシングエージ」



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(75) 

nice! 6

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 75

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ