So-net無料ブログ作成

ドラゴンクライシス!  第6話 狼の襲撃  レビュー キャプ [アニメ]

dragon0216_top.jpg

ソサエティのパーティに出席する竜司はパーティ会場の近くで
ある少女に出会う。少女は木から降りられなくなった猫を
助けようとしており、はずみで木から落下、竜司の上に落ち
ToLOVEる状態にw 竜司が「君もソサエティのパーティに?」と
聞くと、少女はプイっと行ってしまう。
パーティ会場では、ソサエティの会員がそれぞれの遺物を
持ち寄り、お披露目するような感じになっており、英理子は
竜司のスラッシュ・ブレスを持ってきてくれていた。
ローズと英理子、二人をエスコートする竜司達は、人々に
注目されるが、そんな中、英理子に近付く青年が現れる。

後は続きからどうぞ
 

斎木と名乗る青年は、物腰もよく、自分を新参者コレクターといい
英理子の紀行に感銘を受けたと話しかけてくる。英理子は斎木に
オニキスから取り戻した真実の恋(トゥルー・ラブ)を見せる。
会場内のAクラス以上の遺物に興味津々な様子の斎木…
斎木は英理子から名刺をもらうと、その場を後にする。
斎木…あ・や・し・い

dragon0216_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

ここで、パーティ会場の近くで、竜司が会ったあの子が
会場に現れる。竜司が話しかけていると、会場の中で遺物を披露した
人がいて、騒ぎになり、それに気をとられている間に少女は
姿を消す…と、思ったら、今度は最近ちまたで騒がれている
遺物を盗むハンターオッドアイが現れる、オッドアイは耳に尻尾を
持つ不思議な少女で、少女は会場内のAクラス以上の遺物を次々と
回収すると、英理子のトゥルー・ラブまで狙ってくるが
間一髪で竜司が阻止、近くに居たお婆さんに危害が及びそうになると
オッドアイはお婆さんを庇う。
竜司は捕まりそうになったオッドアイを助け(助けるというか
女の子のオッドアイに警棒をふるうセキュリティから彼女を
守るという感じ)、その隙にオッドアイは逃げてしまう。
もちろん、竜司はさっきの少女とオッドアイが同一人物なのに
気付いていた。 

オッドアイを助けちゃった為に丸一日事情聴取を受けたが
解放された竜司達は帰宅。英理子から、トゥルー・ラブが2つ
揃い、身につけると、相手の心の声を聴くことができるという
話を聞く竜司。しかも、女性にしか扱えないらしい? もう
片方はどこにあるんだろうね?

竜司は疲れて眠ってしまい、ふと目を覚ますと、誰かが部屋に
侵入した感じが、英理子の部屋に行くと、オッドアイが英理子の
トゥルーラブを盗もうとしていた。英理子は戸倉からもらった
捕縛用の縄を投げ、オッドアイを捕縛。その際、竜司も一緒に
捕縛してしまったので、竜司と手が繋がったままになってしまう。
オッドアイから事情を聞くために彼女をくすぐって拷問wする
英理子。 さっきから、オッドアイの声、どっかで聞いたことある
と思ってたけど、ヨスガの奈緒ちゃんだなw 

わかったことは…
■オッドアイはマスターの命令で盗みを行っている。
■マスターからはアイと呼ばれている

アイは自分の事を化け物だと思っていたが、同じように、
変化したり、手に竜の紋様があるローズが楽しそうに竜司と
じゃれる姿を見て、ちょっと嬉しそう… まだ少女であるアイに
盗みを働かせているマスターから離れた方がいいという竜司達の
言葉を最初は聞かなかった彼女だが、徐々にほだされてる感じ?

dragon0216_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

英理子がアイのマスターについて戸倉に問い合わせると、アイの
マスターは古森という男、レベル9のブレーカー、遺物研究のプロで
極めて優秀な研究者だったが、禁断の領域に踏み込み20人を
超える人々を再起不能にし、多くの遺物と共に失踪したという
曰く付きの人物だった。15年前に55歳だったらしいので
じゃあ今は70歳?? アイにその事を聞いてみると、アイの
マスターはもっと若いらしく、古森ではないという。

すると、インターホンが鳴り、なんとあの斎木が英理子の
トゥルーラブのもう片方を見つけたと言って訪ねてくる。斎木を
家の中に招き入れた英理子、斎木が英理子にトゥルーラブを
見せようと箱を開けると、箱からガスが噴出、英理子とローズは
気絶してしまう。斎木がアイの名前を呼ぶと、アイは飛び出し
斎木をマスターと呼ぶ。斎木は古森という名前を聞いて
「とっくに捨てた名だ」と言う…ん? 古森=斎木なの? 
斎木は青年よ? とても70代には見えんが…どういうトリックw
斎木は竜司も気絶させ…


今回はこんな感じでした
謎の耳尻尾少女、オッドアイ登場…、なかなかカワイイっすな!
そして、斎木というのがマスター、で、斎木=古森、でも、古森は
資料上では70歳以上、でも斎木は若い青年… どういう事なんで
しょうかね?? なんか研究してたみたいだから、アンチエイジングの
研究でも成し遂げたのかなw 斎木の声が堀江一眞でしたな。
ローズが、竜司にパタパタ飛ぶ姿を見せるシーンが可愛かったけど
あれって、飛べる事を竜司に見せたかったの?? ああいう風に
チョコチョコと飛ぶのを見せたかったのかしら??だって、ローズって
前から飛べるよねえ? まあ、なんにせよ、可愛かった。
斎木が英理子のトゥルーラブを執拗に狙うのは、彼がもう片方を
持っているからかしらん? 
色々と謎が多いので次回が楽しみですね。

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 さらわれた少女
第2話 黒の襲撃
第3話 決意の契約
第4話 海辺の美少女
第5話 忌まわしき覚醒  




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(24) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 24

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ