So-net無料ブログ作成

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第11話 世界の中心で兄を叫ぶ レビュー キャプ  [アニメ]

oniichan0322_top.jpg

前回の第10話はTVK以外でのテレビ放送がなかったのでいきなり第11話ですが
前回の第10話「兄は世界を救う」今回の「世界の中心で兄を叫ぶ」
前後編のような感じなので、前回を見ないと、今回はちょっと意味不明に
なるのは間違いないという感じですかねえ。

そんなわけで第10話のおさらい…
深夜のコンビニ帰りになぜか自販機の上にいた際どいコスプレをした
謎の女と遭遇した修輔は、翌日その事をAGE探検隊に報告、そして、その
女はなんと同じ学校で変わり者のコスプレイヤーで有名な「プリンセス・
レイヤー」こと谷田貝蘭であった。放課後、屋上に呼び出されたAGE探検隊は
クズ人間呼ばわりされるが、蘭曰く、救世主はクズ人間から生まれるとか
なんとか、わけわからん事を言い、なんとAGE探検隊が救世主候補
いう事になってしまう。蘭はコスプレ大会の事を言っていると
思われるが、AGE探検隊は、そのコスプレ大会が超エロスのコスプレ大会だと
思いこみ、その大会に自分達も参加するべく、真の救世主となる為に
蘭の言うとおりに色々する。

後は続きからどうぞ
 
oniichan0322_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

深夜のコスプレパフォーマンス特訓白装束で来いと言われた
AGE探検隊だが、なぜか白いブリーフ一枚で参加、っていうか
白いブリーフ姿のAGE探検隊が、際どいコスプレでパフォーマンスの
練習?をする蘭の姿を撮影するというシュールな光景…
すると、そこに蘭の双子の姉、谷田貝凛が現れ、蘭は姉の事を
クローンと呼ぶ。まあ、つまり、二人は双子なんだなw
クローン姉さんことは一見、常識人で妹の蘭の事を止めようと
している人に見えたのだが、実はなんと奈緒の唇を執拗に狙う
レズだった。一方、修輔は、蘭に救世主として見込まれ、彼女と
一緒にレイヤーとして大会に参加する事になり、その練習に追われ…

なんか、テキトーになってしまいましたが、こんな感じの第10話。
要するに、修輔には蘭、奈緒には凛、という状況なんですな。
AGE探検隊は修輔にすべてを託し、コスプレ大会の場所を修輔に
探らせ、当日自分達も参加する予定だというw

クローン姉さん・凛に気に入られた奈緒には、なんど凛のファンの
女子から嫌がらせが… 下駄箱に腐ったイカが入れられていたのだ。
なんか、もうそんなのどうでもいいけど、とにかく迷惑な話。
ファンの女子達は凛にちょっと怒られなんとかなったが
凛が奈緒の事を気に入っているのは変わらず、嫌がる奈緒に
兄をストーキングしている事をバラされたくなかったらお昼に
付き合えと無理強いをする。

oniichan0322_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

一方、修輔は蘭に救世主として見込まれた為に、2日後に迫った
コスプレ大会の為に恥をしのんで、発声練習とか立ち居振る舞いの
練習にいそしんでいた。それというのも、禁断でギンギンの
アンダーワールド(コスプレ大会)の為だとがんばる修輔。
AGE探検隊も修輔からの情報を得て、2日後に備える事に。

昼休みになり、げんなりしながら、クローン姉さんとランチをする
奈緒。とにかく、クローン姉さんは奈緒の唇を狙っていて
奈緒の唇をじっと見つめて、怖ひ…。 なんでも、クローン姉さんは
究極の口づけをしたいらしく、奈緒の唇をとりあえず吸わせてくれと
迫ってくる。唇を死守するのに大変な奈緒。

ってーか、この後に及んで、修輔が、繭佳にもいい顔をしようと
しているのがなんかなあ……って。コスプレ大会に参加する事を
奈緒にバレるのも、繭佳にバレるのも嫌だとか、都合よすぎないかw
奈緒にバレるのを嫌がるのはわかるんだが、繭佳にはバレたって
いいじゃん。っていうか、繭佳はいい加減、BL本くらい自分で
買いに行け!! なぜ買えないのかが理解できん。何も
恥ずかしい事はないのに。 

oniichan0322_m3.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

家に帰ると、奈緒と修輔はそれぞれ後ろめたい部分があるので
疑心暗鬼状態。ギクシャクした感じになってしまった関係を打開
しなければと奈緒は思う。深夜、救世主訓練の為に出かけていく修輔。
訓練後に、蘭からコスプレ衣装を授かる修輔。
その様子を見ていた奈緒と彩葉、奈緒は彩葉にクローン姉さんから
逃れる為の協力を要請する。

いや、もう、ほんとにどうでもいい話だなww 突然出てきた
蘭と凛にかき回されるとか、コスプレ大会とか、マジほんと、
どうでもよくね? 

まあ、そんな事も言ってられないわけで、とりあえず、奈緒の
プランは…蘭と修輔が破局→蘭、新たな救世主を捜しに→蘭を捕獲
するために凛が動く→奈緒が解放される という感じのプラン。
奈緒と彩葉は、蘭が師事している占い師チロルの姉を名乗って
蘭に本当の救世主は他に居ると吹き込み、修輔の事を諦めさせようとするが
元々チロルというのは蘭の脳内にだけ存在する占い師だったので
その作戦は失敗する…なんのこっちゃ…。
凛は奈緒の唇を狙っていたのだが、夜の暗闇のせいかわからんが
凛は間違えて彩葉の唇に吸い付く。ま、彩葉なら、別にいくら吸っても
構わないからなww 途中で凛は、相手が奈緒ではない事に気付いたが
彩葉の唇を気に入ってしまい、そのまま彩葉でいいやという感じで
彩葉をかついでどこかへ消えていく。それを「グッドラック、彩葉ちゃん」
とチロル姉の声真似?をし笑顔で見送る奈緒。
まあ、とにかく、これで奈緒はクローン姉さんから解放されたw

oniichan0322_m4.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

そしてやってきたコスプレ大会の日…
なんか秘密のコスプレ大会かと思ったら、ビッグサイトじゃないかw
しかし、修輔がやってこない。なんでだ?と思ったら、蘭は
コスプレ大会の場所を間違えて教えていた為に修輔もAGE探検隊も
現れなかった…というオチ。

その後、兄の性態日記で明らかになってたが、修輔はコートの下に
変態チックなコスプレをしていた為に途中で補導され、母親に
迎えにきてもらうという醜態を演じていた… わけわからんなw


まあ、今回はこんな感じでした。
ほんと、どーでもいい話でしたねえ。今まで見た中で一番くだらん
話だった・・・・ だいいち、蘭と凛という突然でてきたキャラに
撹乱されすぎだし、蘭と凛自体が、実にくだらないっていうか…
オリジナルストーリーかと思うのだけど、酷すぎるよ
原作ストックがもうないんで、オリジナルという感じなんだろうが
最終回を前にこの2話はさすがにちょっとなあ…。
ただ!佐藤利奈、茅原実里、明坂聡美というゲスト声優陣はなかなか
豪華でよかった、兄好は、ゲスト声優陣にけっこう力入ってていいね~。
そういう意味では、楽しめる話であったかな…?

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 兄と妹のヨコシマな日常
第2話 ツインテール、兄妹を襲撃
第3話 ライバル出現! 兄妹大ピンチ!
第4話 妹が水着に着替えたら
第5話 ミスターX 兄襲!
第6話 兄は黒パンストの夢を見る
第7話 兄(おとこ)たちのAKIBA
第8話 兄のトップをねらえ!
第9話 夏だ! 祭りだ! 兄妹のM:I:V
第10話 兄は世界を救う


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(15) 

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ