So-net無料ブログ作成

Steins;Gate シュタインズ・ゲート #09「幻相のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」 [アニメ]

Steins0603_top.jpg

AD 2010.08.06 13.07.....
メイクイーンでダルとDメールとタイムマシンについて話していると
フェイリスに聞かれてしまう。ものすごく食いついてきたフェイリスは
色仕掛けで倫太郎からタイムマシンについて聞こうとする。

ダル「デタ―!秘技・目を見てまぜまぜ。うらやまシス・オカリン
   爆発しろー!!」

ダルww

倫太郎に色仕掛けが利かなかったので、ダルに聞くフェイリス。
ラボメンのダルがそう簡単に口を割るはずが…と思ったら、瞬殺だったw

ダル「過去にメールを送れるマシンを作ったよ!主にボクが」

過去にメールを送れると聞いたフェイリスは…

後は続きからどうぞ




紅莉栖が泣きながらだれかと携帯で話しているのを目撃してしまった
倫太郎。後で、紅莉栖は「別に泣いてなんかないから!!」
言ってくるが、明らかに泣いていた様子… 何か彼女も色々ありそうだなあ。
親との関係が上手くいってないとかそういう類かしら?

散々、ツンツンした後、倫太郎の横に座り泣き出す紅莉栖。
そんな紅莉栖に「おまえは大切な仲間だ。相談にはいつでも乗る」
励ましの言葉をかけるが、その後はいつもの調子で計画通りだとか
なんとか…でも、このふざけた態度の部分も含めて、紅莉栖の事を
励ましたような気がしないでもない。変にかしこまれても紅莉栖的に
調子狂うだろうし… 倫太郎…優しい男だ。

メイクイーンの更衣室ではフェイリスがまゆりにタイムマシンの
事を聞いていた。少し話した後、まゆりは顔を曇らせながら、倫太郎が
遠くに行ってしまうような感じがするので、あまりタイムマシン絡みの
事をして欲しくないと言う。 なんか、そのまゆりの思い、いつか
本当になりそうで怖いね…何が起こるかわからないからな…あれは。

Steins0603_m1.jpg

ラボでは、まゆりのリアル制服姿に興奮するダルw
すると、倫太郎が円卓会議だと言い出し、何を言うかと思ったら
今度は物理的タイムトラベルをやると言い出す。
それは…ムリでしょ…今までの実験結果や資料をどう思ってるの
倫太郎君。容量が大きくなると、全部ゲル状になっちゃうんでそ。

話している途中、またネラーの片鱗を見せてしまった紅莉栖を
ネラーと呼ぶ倫太郎に怒る紅莉栖… ダルにも進行状況を聞くと…
あれ?何か変だ、えっ IBMN5100がラボ内にない!というか、IBN5100が
ラボに在ったという事実が消えていた。
あーっっ あの時、萌郁が送ったDメールは実は機種変しないほうがいいとか
いうメールじゃなくて、IBN5100の場所を送ったメールだったと
いう事なのかな? あれ、でも、その後、るかがDメール送って
再び世界線が動いたからその事実も改変されたか。
なんか、だんだん手がつけられなくなってきているな。

Dメールで送った内容は些細なものばかりだがバタフライエフェクト
よって、どんどん大きな影響を及ぼしているという状況…

紅莉栖に言われて、元々IBN5100があった神社に、るかに問い合わせるが
確かに、IBN5100奉納されていたが、今はもうどこにもないという…
って、あれ、るかが…
Steins0603_1.jpg
女の子になってるじゃないか!
前の記事のコメントで猫アレルギーの人というハンドルの人が
まゆりのるかの呼び方がるかくんからるかちゃんに変わっていたと
指摘されておられてたので、まさか…とは思ってましたが、本当に
女の子になっちゃってたのか!!
あ、そういえば、萌郁が別内容のメールを送った可能性も示唆
されてましたなあ… 

IBN5100は誰がいつ持ち出したのかもわからない?
ヌヌヌ、やはり萌郁が持ち出したという事実は変更されちゃった
わけかい。いや、いまとなってはそれを確かめる事もできないか。

IBN5100を昔、フェイリスの父親が持っていたという情報があった事を
思いだす倫太郎。すぐにフェイリスに連絡を入れ、IBN5100について
聞くと、詳しいことは自宅に来てくれたら話すと言われ、後日
フェイリスの自宅へ。

なぜかついてくるダルとまゆり

ダル「フェイリスたんの自宅と聞いたら凸せざるを得ないだろう 常考」


すると、街中で萌郁を見かける倫太郎。あれ、ここ、萌郁の声が
聞こえたってこと?なんか不思議だったね。萌郁に問いただそうとすると
様子から萌郁がIBN5100の場所を知らない事が判明。でも、あの時から
世界線が変わっているので、まゆりやダルが萌郁の事を知っていた。

フェイリスの家に到着すると、リアル執事がいるというお嬢様っぷり。
なんでもフェイリスの家は秋葉原の大地主で、フェイリスの本名は
秋葉 留未穂… 秋葉原に萌文化を取り入れるようにお願いしたのも
フェイリスらしい。

IBN5100についてフェイリスに聞こうとすると、その代わりに自分にも
Dメールを送らせて欲しいと頼んでくる。このままではIBN5100に
ついての情報が手に入らないので、仕方なく、フェイリスもラボメンにし
Dメールを送る事に。10年前にDメールを送ると言うフェイリスだが
乙女のなんとか…とか言ってメールの内容は秘密だと言う。
ええっ秘密とか困るよね。Dメールで引き起こされる影響の大きさを
考えるとさ・・・・。しかし、ダルやまゆりのフェイリス援護に
負けた倫太郎はそのままメールの内容を確認せずに、メールを送信
してしまう。 (ノ∀`)アチャー ダメだよ~~

リーディングシュタイナーが起き、世界線が変わる。

気付くと倫太郎の目の前にはフェイリスの父親の姿が…。そして嬉しそうに
父親に抱き付くフェイリスの姿。ダルやまゆりも居る。フェイリスの
父親にIBN5100について聞いてみるも何の情報も得る事ができなかった。

Steins0603_m2.jpg

フェイリスの家を後にした後、Dメールを使った過去改変がとりかえしの
つかない所まできてしまっているのではという漠然とした不安に
かられる倫太郎。すると、まゆりが欲しい同人誌があるので中野に
寄ると言う。話を聞いていると、「とらのあなこっちにもあればいいのにな」
と変なことを言うまゆり… 倫太郎がとらのあなならそこに…と
店を指さそうとすると、そこにはとらのあなはなく、ただの
電気店が…!

ダル「アキバにあるわけないっしょ」

(゚Д゚)ハァ?

辺りを見回すと、そこには一切の萌え文化が消え失せた、電気街の
秋葉原の光景が広がっていた…


今回はこんな感じでした。
やっぱり、Dメール怖いわー まさに、バタフライエフェクト状態。
かなりの勢いで取り返しがつかないレベルでしょ。
だいいち、唯一リーディングシュタイナーでその危険性がわかってる
はずの倫太郎が、なんで、あそこで、フェイリスのDメールの内容を
チェックせずに送らせたんだ…あれは大失敗じゃないか。
変わった世界線を元に戻す事は超大変なんだよお・・・
映画のバタフライ・エフェクトを思い出すね・・。
秋葉原から萌え文化なくなっちゃうというのは、目に見える変化で
いままでで一番大きなものじゃないか? フェイリスはいったい
どんなDメールを過去に送ったのか。父親が出現していたから
父が死なないようなメールを送ったという感じなんだろう…。
秋葉原に萌え文化がないなら…
ん?じゃあ、まゆりやフェイリスはもうメイドカフェでバイトしてない
ってことか・・・・? それとも中野で?w
今回終わり方がよかったね~ えっ こんな良いところで終わるの?的な。
次回が楽しみでございます。

あ、そういえば、前回の電話レンジの秒数の疑問も、コメント欄で
親切な方が教えてくださいましたお! アリガトー

前回までのレビューは以下からどうぞ
#01「始まりと終わりのプロローグ-Turning Point-」
#02「時間跳躍のパラノイア-Time Travel Paranoia-」
#03「並列過程のパラノイア -Parallel World Paranoia-」
#04「空理彷徨のランデヴー -Interpreter Rendezvous-」
#05「電荷衝突のランデヴー -Starmine Rendezvous-」
#06「蝶翼のダイバージェンス -Butterfly Effect's Divergence-」
#07「断層のダイバージェンス -Divergence Singularity-」
#08「夢幻のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(27) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 27

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ