So-net無料ブログ作成

Steins;Gate シュタインズ・ゲート #15「亡環上のネクローシス -Missing Link Necrosis-」 [アニメ]

Steins0715_top.jpg

タイムマシン…
私は2036年から来たんだ。
私がタイムトラベラー、ジョンタイターだよ。

鈴羽が未来から来たタイムトラベラーだという事をカミングアウトし
彼女から事情が説明される。

2036年 世界はSERNに支配されていた
そこは徹底した管理社会・ディストピア。人々は自由を奪われ
死んだように暮らしている。逆らう者は皆殺された。
鈴羽はそんな支配された世界から人々を救う為に組織された
レジスタンスの一員だった。鈴羽は死んだような未来を変える為に
父親が残したタイムマシンに乗り込み、この時代にやってきたという。
いやな未来ね~しかも、そう遠くない未来がそんな事に…。

後は続きからどうぞ

 
 

@チャンネルに鈴羽がジョン・タイターとして書き込んでいた事は
おおむね本当の事だったという。そして、そんなジョン・タイターに
@チャンネルで「SERNは研究機関であって、権力を持つ統治機関
ではない」と何度も訴えていたネラー… 栗ご飯とカメハメハ
紅莉栖だった。 栗ご飯とカメハメハってw かわいいハンドルだな

岡部「ならば俺も名乗ろう…俺は鳳凰院凶真という…」

鈴羽と紅莉栖、二人から「それは知ってる」と突っ込まれるw

鈴羽が紅莉栖を敵対視していたのは、未来の世界でSERNのタイムマシン
開発に最も貢献した人物、タイムマシンの母として崇められているのが
牧瀬紅莉栖だった為だった。そして、岡部はSERNにたてついた
テロリストとして有名で、二人とも2036年には既に死亡している
という。 ええ~ 2036っていったら、紅莉栖も岡部も
生きていたら、26年後だから、そんなに老人ってわけじゃないじゃん。
何があったんだろうか・・・

鈴羽は今からすぐにタイムマシンで1975年に移動するという。
その理由は・・

SERNがタイムマシン開発に成功したのは2010年に秋葉原で
作られたタイムマシン、電話レンジがあったからだった。
SERNは通信傍受システムを使って世界中からタイムマシンに関する
あらゆる情報を集めており、そのシステムに、岡部が一番最初に
ラジオ会館の前から送ったDメールがひっかかったのだという。
だから、SERNのデータベースに残っている、そのメールを消しさえ
すれば未来は変わるのだと鈴羽は言う。つまり、SERNがタイムマシンの
開発に成功しなかったβ世界線へ行くことができるということだった。
それなら、すぐにSERNのデータベースにハッキングをかけて…と
いう岡部だが、それにはIBN5100が必要、だから鈴羽は1975年に
移動するという事なのだ。

鈴羽の使命は1975年にIBN5100を手に入れ、それを岡部に託す事。
なのに、自分の父親を捜そうとして、この時代に長く居すぎた・・・と
いう鈴羽は、さっそく、1975年に飛ぼうとするが、なんと
タイムマシンが故障してしまっていた・・ な、なんだってェ・・・
と、ここで、外に垂れ下がっていたロープを見てやってきた警察に
見つかってしまい、岡部は囮になり、警察をひきつけ、その間に
紅莉栖と鈴羽が逃げ出す。手を伸ばす紅莉栖の手を取るのを躊躇する
鈴羽に、紅莉栖は「未来じゃどうだったか知らないけど、今の私は
あなたと同じラボメンなのよ!!」と言い、鈴羽は紅莉栖の手を取る。
岡部はなんとか警察をまき、紅莉栖達と合流し、外へ。

Steins0715_m1.jpg

鈴羽のタイムマシンが故障した原因は、鈴羽が旅立とうと
したあの日に岡部が引き留めてしまった為に、落雷等の影響を
受けたからだった。タイムリープマシンでは48時間が過ぎているので
あの時に戻る事はできない・・どうしたら・・という所で
まゆりとダルが買い物をした帰りに現れる。今日のパーティはなしだと
言ったのに、現れたまゆりとダルに、岡部と紅莉栖は大切なやることが
あるからと、あらためて家に帰るように言う。岡部達のただならぬ
様子を感じ取ったまゆりは「危ないことはしないでね。まゆしぃは
心配なのです」と言って帰っていった。

。・゚・(ノД`)・危ないのはまゆりの方なんだよ。すでに電車は
止まっており、まゆりの死の時間は迫っているので、笑顔で手を
ふるまゆりの姿を見る岡部の事を思うと切ない・・。

ラボに戻った岡部、紅莉栖、鈴羽。
とりあえず、今から五時間前のタイムリープマシンの完成時に飛び、
そこから更に48時間前、11日の14時まで飛ぶ事になった。
岡部達に与えられた時間は2日間… 失敗すれば、その2日間を
何度どでもやり直すと意気込む岡部。

これは世界救う為などではない。
まゆりを助ける為のミッションだ。

2日前に戻った岡部は至急ラボメンを集め状況を説明、状況って
いっても、まゆりが死ぬとかそういう事ではなく、鈴羽のタイムマシンの
事を説明して、すぐにみんなでラジオ会館へ。
ダルに2日以内にタイムマシンを直してくれたらなんでも言うことを
聞いてやると岡部が言うと、ダルは、フェイリスと一日デートが
したいです!と言ってくる。ダルww ダルは冗談で言ったのだが
岡部のあまりに真剣な様子に、「いいですとも!」となんとか修理に
挑む事に。

ダル「無事に直ったら、IBN5100と一緒に、75年の伝説の魔法モノ、
   ラジカル少女・オミットちゃんのセル画も持って帰ってきて!」
岡部「自重しろ」

紅莉栖はラボで、タイムリープマシンを完成させる作業へ、そして
まゆりの提案で、鈴羽の父親捜しも行われる事に。鈴羽の父親を
探す手掛かりは小さなピンバッチ一つ・・まゆりはその写メを撮って
残りのみんなで父親捜しをする事に。


AD 2010.08.11 17:51.....

タイムマシンを修理中のダルは、タイムマシンの構造が電話レンジに
似ている事に気付いていた。なので、直る可能性があるという。
それを聞いた鈴羽は嬉しそうな笑顔を浮かべる。
ダルは鈴羽と鈴羽の父親の話をしている時に、鈴羽の目に浮かんだ
涙を見る。ああー切ないな~~ 

ピンバッチをネットで地道に探す岡部。ラボに戻ってきた
鈴羽はダイバージェンスメーターを、作った本人である岡部に
預ける。ダイバージェンスメーターが1%を超えた時、未来が
変わる。それを認識できるのはリーディングシュタイナーを持つ
岡部だけだからだ。

岡部は鈴羽が所属しているレジスタンスの設立メンバーの一人だが
鈴羽は岡部には会った事がないという。それを聞いた岡部は
自分がまゆりを助けられずに、のうのうと生き延び、そんな
厨二病みたいなくだらない事をしていたのかと自分を責める。
岡部、厨二病を否定るすのかw 自分を全否定する事じゃないか。
しかし、それを聞いた鈴羽は・・・・

くだらなくない!!
世界に自由を取り戻そうとする、勇敢で立派な志しだよ!!

と岡部に告げる。そうだそうだ、岡部よ、自分を否定するな。
まゆりを失っても、がんばっていた証拠ではないか。

AD 2010.08.12 14:20.....
岡部は鈴羽と一緒に街をまわり、ピンバッチの事を聞いてまわる。
最後によった外人の露天商でも手掛かりはつかめなかったが、
何か思い出したらと、自分の携帯番号を店主に渡す岡部。

Steins0715_1.jpg

なかなか、なんの情報も得られない為、鈴羽はもうあきらめようと
言い出すが、岡部は、鈴羽も大切なラボメンだから、鈴羽の事も
助けたいと鈴羽に言う。ふとみると、まゆりは街中でチラシを
配っていた。しかも、チラシの内容は、ピンバッチの写真と共に
人々の記憶や目に留める為に、このピンバッチを持っている人が
誘拐犯だという奇抜・・なものだった。しかし、この作戦は
警察から追いかけられてあえなく失敗w 
3人が公園にいると、そこに紅莉栖がやってくる。神妙な顔を
した紅莉栖が何を言い出すかと思ったら、お昼を買いにいった
店で鈴羽の父親のらしき人物の事を店員が話していたという。
「阿万音さんのお父さん・・・誘拐犯かも・・・」
( ゚д゚)ハッ! まゆしぃのチラシの・・・ww 紅莉栖の話を
聞いた岡部、鈴羽、まゆりは笑い出す。なんかいいのう、
ほんわかしていて。ここ最近の話ではこんなほんわかムード
なかったもんね。

Steins0715_m2.jpg

ダルの修理も佳境を迎えており、どうにか明日までにタイムマシンが
修理できる見通しとなった。鈴羽とダルが話している姿を見て
「ダル君と鈴羽さんて、けっこうお似合いだね~」
と言うまゆり。屋上でみんなでご飯を食べている時、鈴羽は
岡部に改めて礼を言ってくる。この時代に来るのは怖かったが
今ではこんなに仲間ができて、この時代に来て、みんなと一緒に
過ごせて、本当に良かったという鈴羽。

ほんのちょっとでもラボメンの一員になれてよかった。
君達と一緒にいられてよかった・・・。
岡部倫太郎!きっと未来を変えてね。
今みたいな自由な世界に変えて!

と、ここで、岡部の携帯にさきほどの露天商から電話が。
あのピンバッチの事を思いだしたという事だったので、急いで
露天商に会いに向かう岡部。


今回はこんな感じでした。
前回まで、本当に出口が見えず、暗い話が続きましたが、なんか
ちょっと光明が見いだせた感じで、話的にも、ほっと一息・・。
という感じでしょうか。ただ、2036年には岡部も紅莉栖も
もうこの世の人じゃないって聞くと、ちょっとブルーな気持ちに・・
みんな短命なんだなあ・・ 鈴羽とダルがいい感じというのが
意味深すぎますね~ 
なんにせよ、鈴羽がこの時代で少しでも楽しい時間が過ごせて
よかった。未来ではこんな楽しい時間はなかったんだもんね。
ピンバッチの事、思いだしたとかいう露天商の電話、なんか
不安げな表情で鈴羽が岡部を見送っていたが、別に意味はないよね?
次回はいよいよ、鈴羽の父親が判明し、また物語が大きく動くのかな?

アニメの方を楽しみにしているので、来週まで再び
あらゆるネタバレをスルーしつつ、次回を待ちたいと思います!

前回までのレビューは以下からどうぞ
#01「始まりと終わりのプロローグ-Turning Point-」
#02「時間跳躍のパラノイア-Time Travel Paranoia-」
#03「並列過程のパラノイア -Parallel World Paranoia-」
#04「空理彷徨のランデヴー -Interpreter Rendezvous-」
#05「電荷衝突のランデヴー -Starmine Rendezvous-」
#06「蝶翼のダイバージェンス -Butterfly Effect's Divergence-」
#07「断層のダイバージェンス -Divergence Singularity-」
#08「夢幻のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」
#09「幻相のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」
#10「相生のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」
#11「時空境界のドグマ -Dogma in Event Horizon-」
#12「静止限界のドグマ -Dogma in Ergosphere-」
#13「形而上のネクローシス -Metaphysics Necrosis-」
#14「形而下のネクローシス -Physically Necrosis-」


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(43) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 43

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ