So-net無料ブログ作成

輪るピングドラム 20TH STATION 選んでくれてありがとう レビュー [アニメ]

pingu1126_top.jpg

pingu0806_flashbacklogo.jpg
決行前日 ピングフォース・アジト とあるマンションの一室
*その場所から全て始まった。そこには同じような扉が
たくさんあって、どれが本物か、どれが正しいのか…

大きなマンションの中の一室…そこはピング・フォースのアジト
だった。そこでは高倉剣山が決意を述べていた…

この世界は間違えている 勝ったとか負けたとか
誰の方が上だとか下だとか 儲かるとか儲からないとか
認められたとか認めてくれないとか 
選ばれたとか選ばれなかったとか

奴等は人に何かを与えようとはせず 
いつも求められる事ばかり考えている
この世界はそんなつまらない… きっと
何者にもなれない奴等が支配している

もうここは氷の世界なんだ

しかし幸いなるかな我々の手には希望のタイマツが燃えている!
これは聖なる炎…
明日我々はこの炎によって世界を浄化する!
今こそ取り戻そう、本当の事だけで人が生きられる美しい世界を!
これが我々の生存戦略なのだ!!


(゚Д゚)…

後は続きからどうぞ
 


いやーん、剣山、超怖い顔をして決意表明していた。
っていうか、これがテロ起こした理由? 随分漠然としているというか
この程度の理由で大それた事をしでかしたのか??
剣山が言う「奴等」とは一体誰の事なのかね? テロが
無差別なものだったとしたら、自分達以外の人々を指している?
いや、でも、自分達がそう思うからって、世界を浄化するとか
美しい世界を取り戻すとかで、テロを起こされてもねえ…
しかも、テロ起こした後、目的は達成できてない感じだし。


夏芽の襲撃にあった陽毬。雨の中、倒れた陽毬を抱きかかえる冠葉、
そしてその前に立って陽毬を守ろうとする晶馬。夏芽に「嘘の家族
ごっこがいつまでも続くわけがない」と言われると、晶馬は自分達は
本当の家族だ!とシャウト。 夏芽は銃を拾い上げると、「私は
絶対に認めないわ!」と言って去っていった。

目を覚ました陽毬は晶馬の顔を見て思う…

思い出したよ… 晶ちゃんが私の…
運命の人…

翌朝、高倉家はいつもの朝を迎える。入院中イメトレで料理の腕を
磨いた陽毬が作った料理に喜ぶ冠葉と晶馬。晶馬が作ったおみそ汁が
母親と同じ味がすると陽毬が言うと晶馬は「やめろよ…高倉家の
家族は僕たちだけだ」と言う。それに冠葉は「そうだな…」と言うが
冠葉はそんな事実際は思っちゃいなさそうだな。 
いつもの朝を迎えたように見えて、実は、すぐ壊れてしまいそうな
感じだよね… 昨日の出来事を何も話さない所とかも違和感を感じる


しびれるねえ…

陽毬は病院。
「さて今日はある恋のお話です。追えば逃げ、逃げると追われる。
 あれほどうまくいっていたのに、ある日突然そっけない。
 逃げられた! さあ、君ならどうする?」

「私だったら追いかけない…」

「なぜ?」

「疲れちゃうし…」

「うーん、確かに。そういうタイプの人もいるね
 つまり君は逃げる役目しかやらないと宣言するわけだ?」

「どういう意味?」

「両方が逃げるんだから、それはお互いが私からは近づきませんよ…
 と相手に言うのと同じって事さ」

「つまり?」

「その恋は実らない」


なんか悲しい話してるぅぅぅ (;´Д`)
陽毬は相手が逃げたら自分が追えば恋が実るのか?と聞くと眞悧は
「実る場合もある」と答える。 そういう場合は相手は逃げ続け
絶対にこっちには実りの果実を与えないんじゃないの?と陽毬が言うと
その通り的な事を言う眞悧。なんだよ、実る場合もあるって言ったのにw

「君は果実を手に入れたいわけだ。
 キスをするだけじゃ… ダメなんだね」

「キスは無限じゃないんだよ…消費されちゃうんだよ…
 果実がないのにキスばかりしていると、私は空っぽになっちゃうよ」

「空っぽになったらダメなのかい?」

「空っぽになったらポイされるんだよ…」

「ポイされてもいいじゃないか。100回のキスをやりかえすんだよ」

pingu1126_1.jpg
「無理だよ… そうなっちゃったら心が凍りついて息もできなくなっちゃう」
「じゃあ心が凍りついて息もできなくなるギリギリまでキスを繰り返せばいい」
「そんなの惨めだよ」

ここのシーン、急に眞悧が陽毬に近付いてきて、二人がキスを
してしまうんではないかとドキドキしたよ…。もうちょっと眞悧が
顔近づけて、前に陽毬がそらの孔分室に迷い込んだ時みたいに
キスギリギリ…みたいのも見たかったな! 
陽毬は運命の人である晶馬との恋を成し遂げたいとは思っているのか?
なんか、そういう単純な話でもないという感じではあるけど。
最後に眞悧が「気持ちに任せろ」的な事を言っていたけど…陽毬は
どういう選択をするのか。
その頃、晶馬は罰当番とかいって、なんかゴミの仕分け(選択?)を
させられていた。

帰り、苹果と一緒に帰る晶馬。晶馬は相変わらず、暗い… 
両親の事を絶対に許さないと言い、
「高倉家の罪は僕の罪!僕だけの罪なんだ!」
と高倉家の罪が自分だけの罪みたいな事を言う。

だって…陽毬は僕が家族に選んだんだ

pingu1126_m1.jpg

pingu0806_flashbacklogo.jpg
晶馬の回想 10年前 企鵝の会・アジト
*僕たちはあの場所で出会った。そこで僕はひとりぼっちだった。
 だから彼女を見つける事ができたんだ

10年前だからテロの6年後という時かね。
テロの決行前日にはアジトには沢山の人が集まっていたようだが、
6年が経ち、靴の数が減っている。剣山は、あの時のテロで世界の
一部は浄化できたとか言っておる…。
ピング・フォースは企鵝の会と名前を改めて水面下で動いていた。

我々は次ぎの「聖なる日」に向け粛々と準備を進めるのだ


(゚Д゚)!次ぎの聖なる日って… またテロをしようと計画中なのかい。
これは10年前の話だから、もうそろそろ準備が整ってるんじゃないの?
って… 企鵝の会のアジトには冠葉、晶馬、真砂子、マリオの姿も!!
真砂子、冠葉の事をお兄様って呼んでるけど…? 話を聞かないで
ベランダで林檎を持って一人で遊んでいる晶馬を見て真砂子は言う。

「次ぎはもっと大事は私たちのお父様のお話なのに…
 あの子も聞くべきだわ」

ナヌ~ 行方不明かなんかの真砂子の父の企鵝の会のメンバーの
一人だったのか! そして、みなさん、子連れで会に参加したりして
幼馴染みとな!? まあ、これで真砂子が企鵝グッズを持っていたのも
納得だが…。 そんな時、晶馬は一人で遊んでいたのだが、マンションで
陽毬の姿を見かける。この時、初めて陽毬と出会ったのか…。

どうやら、陽毬はネグレクトされている子供らしく、一人母親の帰りを
階段の所で待っていた。そんな陽毬に話しかける晶馬だが、もちろん
最初は陽毬は心をまったく開かなかった。

私の人生に果実なんてないから…

その後も、陽毬にかまい続ける晶馬。
マンションのゴミ置き場に捨てられていた子猫。陽毬は、その猫を
見て自分に重ね合わせる。最初は可愛がられてたが、可愛いが消費
されて捨てられた… なんて悲しい事を言うの、陽毬。それが今の
陽毬の状況か。

選ばれないことは死ぬことなの…

それでも晶馬と接しているうちに、少しずつ心を開いていく陽毬。
捨てられていた子猫も、飼い主が見つかるまで二人で面倒を見る
事にした。

猫の名前を決める事にした。陽毬は猫を抱きながら
「あったかい…お日様みたい…」と呟く。
pingu1126_2.jpg
「君の名前は?」
「陽毬。ひだまりの陽毬」

ってまだ、名前聞いてなかったのかw 
陽毬は、猫の名前を陽毬のようにあったかい名前、SUNちゃん
にする事に決める。3号、さんちゃんって呼んでいるのもここらへん
からの影響だなあ…。 なんか切ないのう…。

しかし、後日、マンションの管理者に猫は見つかり、ゴミとして
回収されていった。雪が降る中、晶馬はゴミ収集車を懸命に追いかけたが
届かなかった。晶馬がトボトボと帰ってくると、陽毬が待っていた。
ゴメンと晶馬が謝ると、陽毬は悲しい笑顔を浮かべて言う。

選ばれなかったのよ… あの子は…
この世界は選ばれるか選ばれないか
選ばれないことは死ぬこと…

うわわ…なんて悲しい事を言うんだ。
そして、その日を最後に陽毬はマンションから姿を消す。
陽毬がいつも持っていたぬいぐるみの上に、晶馬へのメッセージが残っていた。


さようなら こどもブロイラーへ行きます


晶馬はすぐに剣山に、子どもブロイラーとは何なのかを聞く。剣山は
「社会から見捨てられた子供達が行く場所だ。
 我々も手を出す事ができないし、救えない。氷の世界だ」
と、答える。

「そこに行った子供達はどうなるの?」
「透明になる。彼らは何者にもなれない」
「死ぬって事?そんなぁ…」
「この瞬間にも大勢の子供達が透明にされている。
 それを放置しているこの世界は間違っている。だから我々は…」

なんで、剣山達に手を出すことができないのかね?
テロ起こすくらいだったら、子どもブロイラーをどうにかすれば
いいのに? たしかに、あの大人数の子供達を救うのは大変かも
しれないけど… あの子どもブロイラーって、今現在も存在しているのかね?

晶馬は陽毬を救いに走る。
子どもブロイラーの場所わかるのか??


晶ちゃんへ さようなら
子どもブロイラーに行きます。今までありがとう。
初めて声をかけてくれたとき、本当はすごく嬉しかった。
あれからね…私は晶ちゃんを待つ事にしたんだ。
ママは帰ってこなかったけど、私は晶ちゃんを待つ事が
できたから寂しくなかったよ。
待つって事は辛くない事だって、初めて思ったんだ
晶ちゃんとSUNちゃんと私、家族みたいで楽しかった
だから、このマフラーはもらっていくね
私、何があっても忘れないよ。
晶ちゃんと出会った事は私の宝物なんだ…
だから…もう何も怖くないよ

透明にされても、この宝物は誰にも消せないよ
暖炉で燃え残ったすずの兵隊の心臓みたいに… だから幸せ
私が世界にいた事を覚えてくれてる人がいるんだもん
地上で最初の男と女の話 私、知ってたよ
二人は罰を受けたんだ 生きるってことは罰なんだね
でも、罰でも晶ちゃんと一緒にいたかった

だから、選ばれたかった…

ここのシーンの盛り上がりっぷり、半端ナイッス。
晶馬はどうやってか、なんとか子どもブロイラーに辿り着き、
陽毬を探す、その間にずっとこの陽毬のモノローグが流れていて
だから、選ばれたかった…の所で晶馬は陽毬を見つけ、陽毬を救い出す。

pingu1126_3.jpg
晶馬「運命の果実を一緒に食べよう?」
陽毬「選んでくれてありがとう」


そして現在… 晶馬は苹果に向かって呟く…
「そうだ…僕が選んだんだ。僕が陽毬を高倉家の子供にしてしまったんだ」

何、どういう意味よ、あの時、陽毬を選んだ事を後悔してるの?
でも、あの時、陽毬を選ばなかったら、陽毬は死んでいた。
高倉家の子供にした事を後悔するより、陽毬の命を救った事を
喜ぶべきじゃないのかね? 陽毬を選んだ事を悔やむ必要は
一切ないと思うんだが。晶馬のネガティブモードは続くよ…どこまでも。

pingu1126_m2.jpg

その頃、例のラーメン屋では剣山、千江美、冠葉がまた会っていた。
何この3人、頻繁に会ってるの…。 剣山は、今、この瞬間にも
子どもブロイラーで子供達が透明にされているとかなんとか呟いている。
あー、まだ子どもブロイラーあるんだ。何なの、子供ブロイラー。
世間での浸透度はどんな具合なのとか素朴な疑問があるんだけど。
剣山は「来るべき聖なる日にこの世界を浄化しなければならない」
言っている。剣山達が言っている聖なる日が近いのかね。聖なる日って
いうくらいだから、クリスマスになんかテロる予定なのか?
冠葉は冠葉で、陽毬には治療費が必要だからとかなんとか
「陽毬を救えるのはオレしかいない」 いや、冠葉のその気持ちは
いいと思うけど、あの治療方法がなんかなあ…。
なんとなく、この3人からは負のオーラが漂ってくるんだけど。


陽毬は家で晶馬と冠葉の帰りを待ちながら、さんちゃんと一緒に
林檎たっぷりカレーを作っていた…


今回はこんな感じでした。
ついに、陽毬がどうして高倉家の子供になったのかが明らかに。
ここまで来ると、だいたいこんな感じじゃないかなとはわかっていたが
何にまず驚いたかというと、企鵝の会のアジトに夏芽真砂子とマリオを
含め、冠葉や晶馬まで一緒に居た事ですね。特に、真砂子とマリオが
いたのが驚き、要するに、真砂子達の親も企鵝の会の人だって事なのか。
で、この後、真砂子達の父親は姿を消したと? 真砂子達は父親が
姿を消した段階で、企鵝の会を出入りしなくなったという感じなのかね?
まあ、そこらへんの詳しい事はよくわからないが…
なんか、剣山達は聖なる日にやらかしうそうですね。
ほんと、ますます、この後、どうなるのかがわからなくなってきた。
だって、もう20話ですよ? あと4話… あと4話で、
子どもブロイラー、桃果、聖なる日、眞悧の事、陽毬とマリオの病気
恋の行方…その他もろもろ…全部解決されるのかね? あと、最近
影が薄いプリクリ様とかは???  全然、どうなるのか
見当がつかないっ そして、どうなるのか、楽しみすぎる!

前回までのレビューは以下からどうぞ
1st STATION 運命のベルが鳴る
2ND STATION 危険な生存戦略
3RD STATION そして華麗に私を食べて…
4TH STATION 舞い落ちる姫君
5TH STATION だから僕はそれをするのさ
6TH STATION Mでつながる私とあなた
7TH STATION タマホマレする女
8TH STATION 君の恋が嘘でも僕は
9TH STATION 氷の世界
10TH STATION だって好きだから
11TH STATION ようやく君は気がついたのさ
12TH STATION 僕たちを巡る輪
13TH STATION 僕と君の罪と罰
14TH STATION 嘘つき姫
15TH STATION 世界を救う者
16TH STATION 死なない男
17TH STATION 許されざる者
18TH STATION だから私のためにいてほしい
19TH STATION 私の運命の人

pingu1126_4.jpg
pingu1126_5.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(20) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 20

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ