So-net無料ブログ作成

つり球 #8 嬉しくてファイティング レビュー  [アニメ]

tsuritama0601_top.jpg

夏樹がさくらとケンカし、ユキが夏樹とケンカした、夏樹の
誕生日の夜、さくらが行方不明になった。江の島の海では何か
異変が起こりつつあり、みんな心配して街の中を探す。

そして…長い夜が始まった…

神社の宮司の平八さんは、これは神隠しだとか物騒な事を言っている。
言い伝えで最初に幼き命が生贄に捧げられたとか ええええ…
アキラはDUCKの構成員達にさくら捜索を命じる。
構成員達はJF1(ハル)の方を先に探した方がいいと言ってくるが
アキラはさくらの捜索を優先。

自分がどうしたらいいのか…
アキラが迷っていると、飛び込んできたのは、本気でさくらを
心配して夜の海にさくらの名前をシャウトしているハルの姿。
こんなハルの姿を見たら、ハルが危険な存在ではないと確信
しただろう…。

後は続きからどうぞ




夏樹は激しく動揺して苛立っていた。
ユキはさくらは哀しくてたまらなくて自ら居なくなったのでは?
夏樹に言う。夏樹は、さくらが自らいなくなるわけがない、とユキに
掴みかかってくる… ユキは自分の素直な気持ちを夏樹に伝える。

俺は…わからない
親とか兄弟とか、そういうの…
俺の親、いなくなっちゃったから。
きっと戻ってこないから。
家族って色々あるかもしれないけど、俺はお前が羨ましい。
笑ったり、ケンカしたり…そういうのしたことないから…
わからなくてゴメン。でも俺だって心配なんだ。


ユキ… ユキの親が居なくなってしまったというのは
どういう意味なんだろうか? きっと戻ってこないというのは
今でも行方不明という事なのか? この口調から見ると、
生死不明の行方不明という感じだよねえ… 

項垂れる夏樹に、アキラは、「人を探す時は、その人の気持ちに
なるしかない。これはあくまで俺個人の意見だ。彼女は母親に
会いにいったのだと思う」とアドバイスをする。アキラ、年上って
感じだー、かなり的確なアドバイスじゃないか。 
夏樹は過去を回想… さくらが母親に会いにいく…としたら?
母親との想い出の場所にいるのではないか?

思いついた場所に向かった夏樹。さくらは居た!!
夏樹の姿を見たさくらは、夏樹に抱き付き泣きじゃくる。
ここのシーンの夏樹の台詞が、ジーンと来た…
「しらすアイスな… 食べたよな… 寂しかったよな…
 ごめんな… 兄ちゃん気付かなくて」
言葉自体じゃなくて、内山昂輝の台詞の言い方がよかったね。
さくらの所に真理子や保もかけつける。さすがに、真理子や
保が来ると、夏樹はその場を後にするわけだが… ここらへんも
そろそろ雪解けが近いかもね。
夏樹はユキに謝り、アキラに礼を言う。

tsuritama0601_m1.jpg

アキラはハルとココと一緒に帰る。

ハル、そろそろ聞かせてくれないか本当の事を。

アキラは自分が異星人を調査・捕獲する組織DUCKの一員だと
いう事を明かし、ハル達から事情を聞く。
DUCKの一員だと言う時、いちいち、あのポーズを一人で
決めて、ちょっとハズかしい感じだったな…ww
何しに地球に来たのか?というアキラの問いにハル達は
包み隠さず答える。

なんでも、大昔にハル達の星から来た、ハル達の仲間の異星人が
海の底にいて、それは地球の海をまわって船を動かしたり、色々と
悪さをしているという。このまま放っておくと何をしでかすのか
わからないので、ハル達は奴を星に連れ帰る為に地球にやってきた。
奴を大人しくさせるには海から連れ出すしかない為に、奴を
ユキに釣ってもらおうとしてたと… 自分達で釣らないのは
釣りの方法を知らなかった上に、ハル達は奴の影響を受けて
おかしくなってしまう事があるから… だから、あの時、ハルが
おかしくなったのかぁ…。
ハル達は水を通してコミュニケーションする種族でそれが普通だが
水を通して人間に話しかけると何故か人間を操る事ができるらしい。
なるほど…だから、あの水鉄砲で人を操れたのか。
そして、奴は力の加減を忘れている為にかなり危険だという!

奴はどんどん力をつけていて、このままでは空気中の水分だけで
奴の声が届いてしまうようになってしまう。例えば、台風や雨などで
一時的に湿度が上がったら… 最悪の事態になりかねない。
地球の人間全員が操られて江の島踊りをやりかねない…w 
それを考えたら、ハルの胸がキューンと痛くなったという。

アキラは、あとはDUCKに任せて、ハル達は星に帰れと言ってくる。
とはいってもねえ… 人間の力でどうなる感じでもないというか
ハル達にも協力してもらわないとどうにもなんないんじゃないの?
っていうか、アキラがモニタリングされちゃってるじゃん!?
アキラの立場がピンチじゃ…?

さくらが寝た後、夏樹は久しぶりに保とちゃんと話す。
夏樹が本気なら応援すると言う保。夏樹は「ありがとう」と保に
礼を言う。おおっっ ついにこの親子が和解した感じか!
さくらの起こした騒動は冷や冷やもので、確かに人騒がせだったが
この親子にとっては、いいきっかけになったようだね… 
よかったよかった…。

夜…一人で何かを考えているハル。
そんなハルをちょっと離れた所から見守るココ。

一人でおる時は大切な事を考えとる。
そうなんやろ? 兄ちゃん

同じく…ユキも瞑想タイム… その後、ユキはケイトと話す。
ユキはさくらが見つかって嬉しい、夏樹に新しいお母さんができるのも
嬉しいと言う。そして、今は自分のゴチャゴチャした気持ちを
言える相手がいるのが嬉しいという。友達できたもんね…
今まできっと寂しかったけど、ケイトが自分の親代わりだったから
よかったと、ケイトに改めて感謝を伝えるユキ。

俺はばあちゃんが大好きだよ
ありがとう


洞窟の中の宇宙船の中でココと泳ぐハル。
ハルは大好きな江の島の為に何かを決意した様子!
家に帰ってきたハル… 何かを決意した感じの様子を感じ取ったケイトは
ハルに、お別れの時が来たら何も言わずに居なくなってはだめだと言う。

さよならまではみんな仲良く!
笑って、胸はって! 

(ノД`)なんか哀しい、別れの時が近いのか。

tsuritama0601_m2.jpg

翌日…ハルも釣りに復帰!! 4人で仲良く江の島ドーン!
夏樹が呟く…

このままずっとこうしてたいな…

夏樹は自分の言葉に照れるが、ユキも、同じ気持ちだった。
もし世界が明日終わるとしても、こうして釣りをしていたい…
すると、ハルは「世界は終わらない!」とニッコリ顔で言う。
その後、ハルの口から出た言葉はまるでお別れの言葉… 
そして、4人の釣り勝負の結果は…1位がユキ…ビリが夏樹だったw 
と、ここで、夏樹はバスプロを目指す宣言をする。
夏樹ならなれる!とユキ達も応援。

ところで罰ゲームは… アキラは夏樹の髪の毛が長い事を指摘…w
エエエ…!? ま、まさか…!
tsuritama0601_1.jpg
短くカットされたw 似合ってる!

さくらは真理子の事は好きだが、時々は母親の事も話したいと言う。
夏樹は「お兄ちゃんと二人の時にな…」と優しく言い、さくらも
嬉しそうに「うん!」と頷く。 


アキラも決心…
総本部に連絡を入れ、JF1(ハル)は危険な異星人ではない事を報告するが
DUCK総本部は、既に江の島へ戦闘部隊を派遣し、ハルを含む異星人、全てを
排除するという。 アキラはハルは危険じゃない…とうったえるが
他の構成員達はアキラに銃をつきつける…!

江の島の海では更なる異変が!? 船が次々の海岸に突進し、小さな漁船から
大きな船までが、海岸にうちあがる。

残された時間は少ない… 
台風が近付いている・・・・  いよいよ決戦が近い!?


今回はこんな感じでした。
夏樹の家が、やっと和解…! 
さくらちゃん、居なくなった時はほんと、ハラハラしたけど
大事にならなくてよかった。そして、夏樹が保とちゃんと
話せて、そして、仲直りしてホントよかった。夏樹の所はもう
大丈夫だね^^  
アキラも、いい人で、ちゃんとハル達の事もわかってくれて
DUCK総本部に報告しているのに、総本部が話を聞いてくれない上に
アキラの立場が逆に危なくなってしまった…どうなるのタピオカ!
すべてが終わったら、やっぱりハルは帰ってしまうんだね…
お別れが近いとなると、やっぱり寂しい、どんな戦いになるのかねえ…。
DUCKが戦闘部隊送ったって言ってたけど、戦闘部隊って、果たして
海の底にいるやつに歯が立つの? なんか立たないような気が
するんだけど…。

とにかく、次回が楽しみだ! 
公式で予告編を見ると、DUCKの戦闘部隊がかなり出張ってきてる!
で、服装が…ちょっと笑えるw 

前回までのレビューは以下からどうぞ
#1 テンパってフィッシング
#2 悔しくてユニノット
#4 ムカついてランディング
#5 へこたれてジャーキング
#6 戦慄のスプラッシュ
#7 切なくてカウントダウン



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 7

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ