So-net無料ブログ作成

ガールズ&パンツァー 第8話 プラウダ戦です!   レビュー [アニメ]

GirlsP1204_top.jpg

聖グロリアーナダージリンがお茶をしている相手は
プラウダ高校カチューシャ(CV:金元寿子)。カチューシャの横に
いるのはプラウダ高校のノンナ(CV:上坂すみれ)。
ロシア系の学校なので、ロシアンティー飲んでるぅ~
へえ…ロシアンティーってジャムを紅茶に入れるのではなく
ジャムをペロペロやりながら紅茶を飲むのが正式な作法なの?
そりゃ、知らなかったわ。
カチューシャちゃん、可愛いけどこれまた一癖ありそうなキャラだわ
プラウダ高校は次ぎの対戦相手である大洗女子の事を
なめてかかているようだが……
ちなみに、ダージリンちゃんの聖グロリアーナ準決勝
黒森峰女学院に負けており、黒森峰は一足早く決勝進出を
決めていた… 

後は続きからどうぞ
 


大洗女子では…
戦いを前に戦車の整備に余念がない!
発見した長砲身を装着するとか、自動車部の整備も凄いな。
新しく加わったルノーB1bisにには園みどり子(そど子)
筆頭に風紀委員の3人が乗る事になった。
GirlsP1204_1.jpg
同じ髪型だから三つ子かと思ったぜ…
風紀委員ではこの髪型が強制らしい。
いきなり新しく加入で戦力になるのかな?
操縦は冷泉ちゃんが教える事になったが、そど子はいつも
風紀委員として冷泉ちゃんを取り締まったりしているせいか
なんか冷泉ちゃんに対してライバル心みたいなのがあるっぽい。

絶対に勝つぞ!
負けたら終わりだからな! 
とマジな檄を飛ばす河嶋。
相手は去年の優勝校、胸を借りるつもりで挑む程度の
心構えだったみんなは( ゚д゚)ポカーンとしてしまう。
会長も「勝たなきゃダメなんだよね」と静かに一言…

GirlsP1204_2.jpg
この河嶋の様子ただ事ではない
そういえば、サンダース大学付属と戦った時に
アリサが大洗の事を「どうせすぐに廃校になるくせに!!」
と言っていたよね。本当にそういう危機なのか。

会長は練習後に大事な話があるから生徒会室に
来てくれとみほに言ってくる。


練習後、みほが生徒会室に行くと、そこではあんこう鍋の
用意がしてあって、会長達は大事な話はせずに、今までの
思い出話を始めた。
GirlsP1204_3.jpg
会長は今までの写真を見せたりして…
GirlsP1204_4.jpg
あの頃は楽しかった…としみじみと言う会長達。
うわわっ 悲壮感みたいなのがにじみ出てる…

みほ「結局何だったんだろ話って…」
生徒会室からの帰り道で一人呟くみほ。


生徒会室では、みほに話せなかった事を悔やんでいたが
会長は「これでよかったんだよ」と、転校してきたばかりの
西住ちゃんに重荷を背負わせるわけにはいかない、彼女には
伸び伸び戦って欲しいから…と胸の内を明かす。
なんか悲壮感が…

みほの実家ではみほが大洗女子で戦車道の大会に出ている事を
知ったみほの母・しほが「これ以上生き恥を晒す事は許さない」
みほの事を厳しく批判していた。
撃てば必中 守りは硬く 進む姿は乱れなし
鉄の掟 鋼の心 それが西住流
なんかな~ まほはみほの事を庇おうとしているようだが
しほは、大洗とプラウダの準決勝を見にいき、みほに
勘当を言い渡すとまで言ってきた。 
GirlsP1204_5.jpg
飾ってある書には「猪突猛進」「紫電一閃」なんて書いてある
もし、ガルパンクイズがあったら出そうな問題だなw
Q西住家の広間に飾ってある書には何と書かれている?

それにしても、しほさん、怖いなあ… 
西住流を頑なに守りたいという気持ちはわかるが、自分の
娘でしょ? その娘が一旦脱落した後に、再び頑張ろうと
している姿を見て、そんな感想?とちょっと思ったわ。


今度の試合の場所はアウェイ
寒い場所でやるので、防寒グッズは必須!
GirlsP1204_6.jpg
毛糸のパンツまで用意してるうw

みんな準決勝を控えて、ちょっと浮かれ気味な感じが
あるなあ… アンツィオ高に勝ってからみんな
盛り上がっているそうだが… なんか嫌な予感しかしない。
みほは家で試合の作戦をあれこれと立てる。そして
挑発に乗らず、慎重に…
という感じのプランを立てたみほ


試合当日…
雪上での戦い… 試合前に大洗女子はやっぱり浮かれがち?
そこにプラウダのカチューシャとノンノが挨拶?にやってきた。
カチューシャは大洗の戦車を笑い飛ばし、ノンナに肩車されると
挑発的な事を言ってきた。

あなた達はね、すべてがカチューシャより下なの!
戦車も技術も身長もね!!
GirlsP1204_7.jpg
会長が「肩車してるじゃないか…」と呟くと
カチューシャは粛清してやる!!と捨てぜりふを吐いて
去っていった。 

カチューシャ、せっかく可愛いらしいのにムカキャラだなあ…
わざわざ、出向いてきて、酷いことを言っていく必要ないのに。
っていうか、これも作戦の一貫なのかな。

しかも、みほの姿を見て、去年はみほのお陰で優勝できたから
今年もよろしくね~とか嫌味言っていったし。ああ、あのみほが
戦って負けた時の相手ってプラウダだったのか…。

GirlsP1204_m1.jpg

聖グロリアーナは今回も紅茶を飲みながら観戦。
オレンジペコは「この寒さ、プラウダより圧倒的に劣る車輌
これでどうやって勝つつもりでしょう?」と試合前からすでに
大洗女子が圧倒的に不利だという事を指摘する。

以下がプラウダと大洗の戦力だが…
GirlsP1204_8.jpg
えええええ… プラウダは戦車の数が15両??
大洗は6両だけなのに?? 
前も思ったけど、戦力はある程度は均衡してないと
フェアじゃない気がする。
あとフラッグマークがⅣ号についてるけど
今回の大洗のフラッグ車って八九式だよね?
旗のマークって別にフラッグ車って意味じゃないの?

試合直前、みほが作戦を説明すると、みんなは口を揃えて
ここは先手必勝、一気に攻めて行こうと言い出す。

河西「勢いは大事です!」
近藤「是非クイックアタックで!!」
澤 「なんだか負ける気がしません!」
阪口「ギャフンと言わせてやりましょう!」

ちょっ… ちょっと大丈夫か?
調子に乗りすぎていて、すべてがお約束な死亡フラグに聞こえるぞ。

何が驚いたって、一番負けるわけにはいかないと
思っている生徒会が「よし、それで決まりだな」
勢いで一気に攻めていく案を推した事だよ… 
なぜ、もうちょっと慎重になれないの。

みんなの意見を聞いて、みほも、その作戦で行こうと決意。
ええええ…いいのか? 秋山ちゃん達、ちょっと心配そうだけど。

会長は孫子の「兵は拙速なるを聞くも未だ功の久しきを覩ず」
という言葉を持ち出し、ダラダラ戦うのはよくない!と
一気に攻めて短期集中で戦った方がいいと言ってくるし…。


試合開始…
GirlsP1204_9.jpg
プラウダ高校、進軍しながらロシア民謡カチューシャ
合唱しててワロタw 思わず飲み物吹きそうになりましたよ。
メインで歌っていたのはやはり上坂すみれのノンナ!

秋山ちゃん、いい子じゃ…
「ポットにココア入れてきました!よかったらどうぞ」
GirlsP1204_10.jpg


プラウダ高校は大洗女子の動きを見て、大洗女子が一気に
勝負に出る気でいる事を知り、カチューシャは
「生意気な!」とノンナに指示を出す。

雪上走行は新しく加わった風紀委員チームには難しかったが
冷泉ちゃんが助けてくれた!
GirlsP1204_11.jpg
そど子「人の戦車に勝手に入ってきて何してんのよ!」
えっ 助けてもらって、その台詞?w

エルヴィン「雪、ロシア、戦争と聞くと…」
カエサル 「スターリングラードを連想するな…」
おりょう 「縁起でもないぜよ…」
た、確かに、縁起でもない!
死亡フラグ立てちゃダメw


大洗女子はすぐにプラウダの戦車2両を撃破し、さい先が
良い感じだが… これによって大洗女子の面々は余計に
調子に乗ってしまう。ただ、みほだけは「うまく行きすぎる…」
と一抹の不安を感じている様子。
プラウダの戦車が一両逃げたので、大洗女子は全車両で追いかけて
行くと、戦車が逃げる先にはプラウダの側の戦車が5両待ち受けている。
その中にはフラッグ車の姿もあり、大洗女子は突撃をかけて一斉に
プラウダ側に砲撃。 歴女チームが更に1両撃破し、調子づいた
大洗女子は、みほの制止を聞かずにどんどん進軍していってしまう。
小さな村のような所に大洗の全車両が到着すると、異変が…!
みほが周囲を見ると、次々とプラウダの戦車が現れ、気付けば
大洗女子はプラウダの戦車に取り囲まれていた

みほ「囲まれてる…」
沙織「周り全部敵だよ!」
河嶋「罠だったのか」
1年生チーム「えー!?」
バレー部「えー!?」
風紀委員「えー!?」

調子に乗りすぎているとこういう事になる…という
よくあるパターンにはまってしまった大洗女子。
みほが制止しても、みんな全然聞いてくれなかったもんなぁ…。
河嶋も「罠だったのか」じゃないよな。けっこう分かり易い
罠だったような気がするんだけど。

周囲から一斉に砲撃を浴びる大洗女子は唯一の逃げ場である
方面に大きな建物を見つけ、その中に逃げ込んでいく。
逃げ込んでいく際に、歴女チームの戦車が砲弾を受け、走行
不能になり、みほ達の戦車が歴女チーム戦車を押し込むように
建物の中へ。

みほ達のIV号戦車、プラウダの砲弾を弾いてた!
GirlsP1204_12.jpg
自動車部の整備グッジョブだぜ!

プラウダ高校は大洗女子が逃げ込んだ建物に砲弾を浴びせ
このままでは建物が崩れそう!?という時、突然砲撃が止む。
すると、プラウダ高校の伝令が二人現れる。

GirlsP1204_13.jpg
カチューシャ隊長の伝令を持って参りました
「降伏しなさい。全員土下座すれば許してやる」
だそうです。隊長は心が広いので「3時間は
待ってやる」と、おっしゃっています。

ええええ… 何、全員土下座って。
カチューシャさん、酷いわー。なぜ、そこまで要求するのか。
でも、3時間待ってくれるのか、それはちょっと優しいようなw

GirlsP1204_m2.jpg

伝令が去った後、みんなは徹底抗戦だと言うが、現状を
考えると、これ以上戦うのはケガ人が出る可能性もあり
気が進まないみほ。あんこうチームの他のみんなは、みほが
降伏したいなら、降伏でもいいと、みほを支持する、しかし
河嶋は「徹底抗戦だ!!」と絶対に負けれない、勝たないと
ダメなんだ!!とシャウト… 

みほは「戦車道は戦争じゃありません。勝ち負けよりも
大事なものがあるはずです。私、この学校へ来て、みんなと
出会って初めて戦車道の楽しさを知りました。この学校も
戦車道も大好きになりました。だからその気持ちを大事にした
まま、この大会を終わりたいんです!」と自分の素直な気持ちを
伝えるが…

河嶋「何を言ってる…負けたら我が校はなくなるんだぞ!!」

って、それ、今突然言われても、みほ達にとっては寝耳に水だろう。
やっぱり、ちゃんと事前にみほに伝えておくべきだったんじゃないの。
みほっていうか、戦車道クラスのみんなにさ。

会長「この全国大会で優勝しなければ…我が校は廃校になる」



今回はこんな感じでした
何も、こんなに追い詰められた場所で突然廃校の危機に
なっている事を発表しなくても…と思った。こんな重要な事
やはり、事前にみんなに言っておくべきだし、何も知らなかった
みほが言った事に対して、怒鳴るのもお門違いじゃないかな。
生徒会の人達は、この戦いに負けたら大変な事になるのを
わかっていたのに、みほの制止とかも聞かず、慎重さも失って
しまったのか… 残念ですよね。
勢いとかも、もちろん大切だろうけど、今回の大洗女子の
動きは、ちょっと違うような気がした。調子に乗りすぎて
墓穴を掘るというよくある悪いパターンそのものだったもの…。
短期決戦を狙った大洗女子だけど、とんだ長丁場な戦いになりそう?
そういえば、みほは試合開始直前に作戦を発表してたけど
もうちょっと前に作戦をみんなに言った方がよかったんじゃ?
なんでギリギリなんだろう?

しかし、悔いてもしょうがない、この試合に勝たなければ
大会で優勝する事はできない、こんな絶望的な状況の中、みほは
どんな方法で戦うのか、ものすごく楽しみ! 
1週間先が待ち遠しいわー。 あと、カチューシャがいい感じで
ムカつく可愛いキャラなので、プラウダ高校を倒した時の爽快感は
半端ない予感がする。 って、まだ勝つかはわからないけど
話的には、ここは絶対に勝たないと!


その他のレビューは以下からどうぞ
第1話 戦車道、始めます!
第2話 戦車、乗ります!
第6話 一回戦、白熱してます!
第7話 次はアンツィオです!


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(23) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 2

つるぎうお

おお。長砲身に換装して、Ⅳ号戦車F2型になったのか。マニアックだなー。
ドイツアフリカ軍団ですなー。

by つるぎうお (2012-12-04 11:20) 

MG

プラウダ戦、勝たないとみほの過去も克服できないし、母親に自分の戦車道をアピールできなくなる。だがみほのすごいところは追い詰められたら必ず勝呂を見いだせるというところである。それは前話の練習試合とサンダースで証明済みである。
by MG (2012-12-07 09:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 23

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ