So-net無料ブログ作成

たまこまーけっと 第5話 一夜を共に過ごしたぜ レビュー [アニメ]

tamako0207_top.jpg

夏!!
もち蔵が店番をしているとプールに行くたまこ、みどり、かんなの
姿が見える。もち蔵と目があったたまこがもち蔵も誘うと…

みどり「ちょっとたまこ!」
たまこ「ん?何?」
みどり「男子誘ってどうするの!水着になるんだよ、私達」
たまこ「それはマズイ」
かんな「たまちゃん、いやらしい子だね」

何この会話w 水着になるから男子を誘えない??
それよりも、たまこが、男子の前で水着になる事を
「それはマズイ」って思っている事だよ。てっきり、そういうのに
無頓着な子かと思ったんだけど。みどりは「男子誘って」とか
言ってるけど、普通の嫉妬心からだよな…。

あと、かんなのツッコミワロタw
 

待ち合わせ場所で史織を待つ3人。
ちょっとやってきた史織…
史織「水着忘れて…そのまま来ちゃおうと思ったんだけど…」
tamako0207_1.jpg
かんな「それは戻っちゃうね」
史織ちゃん、いいなあ…天然ドジっ娘属性もあるのかも。


プールキタ――(゚∀゚)――!!

みどりに手をひかれて泳ぎの練習をするたまこ
tamako0207_2.jpg
たまこ、カナヅチかよ…w
こりゃ、みどり的にはもち蔵には来てもらいたくなかったな。
役得だものね。たまこの手を引いて泳ぎ教えるとかさ!

プールに来たのは明後日の臨海学校に備えてだった。
信じられないほど、泳げないたまこ。
小学校の頃の水泳の級は13級(水に10秒顔がつけられる)
tamako0207_3.jpg
12級は水中ジャンケンができるだったが、それは無理だった…

水中で息ができないのが怖いと言うたまこに、だから
息継ぎするんでしょ?とみどりが言うと、たまこは
「もち蔵みたいな事言うね」と言う。もち蔵の名前が出てきた
時のみどりの食いつきっぷり、怖いw もう、こういう所からも
もち蔵を恋のライバル的にとらえているのが伝わる…。

もう1人、あまり泳げない人が… かんなもほぼカナヅチ
あっ、なんか大工の娘だから、カナヅチ(金槌)みたいな?(。_゜☆バキッ


もち蔵は家で家族とお昼のそうめんをすすりながら、ボーっと
なにやら考え事。母から「どうせたまこちゃんの事考えて
たんでしょ」と突っ込まれる。家族もみんな、もち蔵がたまこの
事を好きだという事を知ってるのかw というか、もち蔵が
たまこの事を好きって事、たまこ以外はほぼ全員知ってるよな…。


自室に戻ったもち蔵は想う…

やっぱり行けばよかったな…

たまこ「ねえ、一緒にあそぼ?」
tamako0207_4.jpg
もち蔵の妄想

こんな事をたまこに言われたら、素直になれない
自分も妄想して、落ち込むもち蔵。
寝返りをうつと、目の前にはデラが居たw
そういえば、まだ鳥が出てなかった。

もち蔵「勝手に入ってくんな!」
tamako0207_5.jpg
ボールみたいにボヨンボヨンつかれててワロタ

デラは風鈴の音を、歓迎の宴が開かれる鐘の音だと
思って、もち蔵の部屋に来たそうな… デラの故郷ではそんな風習が…w


デラ「だったらお前の悩みを聞いてやろう」

もち蔵「いつからここに居た…?」
tamako0207_6.jpg
もち蔵のピアスがホクロに見えてきたw
でも、ピアスなんだよね
たまこは首の所かなんかにホクロあるよね。


デラ一人劇場…
tamako0207_7.jpg
もち蔵の妄想と共に放たれた独り言を全部聞いてたw


デラ「LOVEか?青年よ、お前、分かり易いな。」
鳥は誰がもち蔵の意中の人かと訊いてくる。えっデラちゃん
てっきり前から知ってるかと思ったが…w もち蔵は
答えなかったが、鳥が次々と名前をあげていく中、たまこの
事を出した時に、耳まで真っ赤になり、モジモジとした感じに
なるという分かり易い反応を示した為に、たまこだという事がバレる。
デラ「青年よ…お前、分かり易いな…」

もち蔵は去年も一昨年も、自分の想いを告げようとは
したようだが、たまこがあまりにも鈍感な為に、機会を
得る事ができなかったようだ…
tamako0207_8.jpg
もち蔵、可愛いな! 萌えキャラかよ…w

鳥はそんなもち蔵に協力を申し出る。もち蔵は不本意ながらも
ここは藁をもすがるという感じで、鳥に協力してもらう事に。


あんこちゃんが心なしか日焼けしてるぅううう!!
tamako0207_9.jpg
焦げあんこ! 
もうちょっとこんがり焼けてもいいな。
あずにゃん思い出すわ…

鳥…求愛ダンスをもち蔵に教える…
tamako0207_10.jpg
もち蔵「あのなあ…やるわけねーだろ…」
よくテレビ番組も動物特集とかで鳥の求愛ダンスって見るよね…w


tamako0207_m1.jpg


そして臨海学校当日!


うぉぉお…夏服
tamako0207_11.jpg
なんだろ、色のせいか009感が…w

たまこは夜に火でモチを炙ろうと、お餅をみんなの分も
沢山持参。焚き火でマシュマロじゃなくてモチを炙るか…w

もち蔵は鞄の中にデラを忍ばせていた。鳥と何か色々と
恋を成就させる為の計画があるらしい? それに、鳥は
ビーチに行きたいという願望も… そっか南国の島出身だから
久しぶりにビーチが見たいのかな?
臨海学校の合宿所に到着すると、鳥は車酔いで
グロッキーになっていたが、さっそく、打ち合わせ開始…。
鳥に言われて、もち蔵はたまこを誘い出す為の手紙を書いて
きていた。それを鳥の前で読んでいると、みどりがその現場を
目撃してしまう。もち蔵とデラの前に現れた、みどりは
もち蔵達が何をやろうとしている事を察する。

デラがもち蔵が書いたたまこへの手紙を届けようと飛んでいくと
みどりはもの凄い勢いで先回りし…

あともう少しの所で…
tamako0207_12.jpg

みどりに窓を閉められ窓に激突
tamako0207_13.jpg
たまこが今、デラちゃんの声しなかった?と訊いても
適当に誤魔化すみどり。

落下したデラちゃんを下で受け止めたもち蔵に
向かって、アッカンベー…
tamako0207_14.jpg
えええええ… なんかみどりちゃん怖い…
嫉妬が露骨すぎるだろ…。
というか、みどりがそこまでする権利はあるのか?
権利というか、なんというか…こんな子がたまこの
近くにいたら、たまこには一生近づけないじゃん。
tamako0207_15.jpg
もち蔵、受難だなあ…。


夜…
岸壁で鳥が佇んでいると、猫が現れ、狙われる。
うわわ、鳥、ピンチww

たまこ、史織、かんなの3人は海岸の焚き火でお餅を
炙ってお楽しみ…w 一方、みどりは、もち蔵と話していた。

もち蔵「いったい何なんだよ」
みどり「別に。ただ、たまこが困っちゃうかなって思って」
もち蔵「常磐には関係ないだろ」
みどり「ある。たまこにつきまとうのいい加減やめたら?
もち蔵「別につきまっとなんか…」
みどり「まとってるよ。あのさ、たまこ、大路の事なんか
    全然見てないよ。だから告白したって無理だと思うよ
もち蔵「こ、告白… 俺は別にそんな事…」
みどり「じゃあなに??」
もち蔵「だからなんつーか、ほっとけないっつーか、心配なんだよ。
    そう、心配。ホラ、あいつ、なんかぼーっとしてて
    危なっかしい所あるだろ。だから…」
みどり「そうかな?そんなことないよ」
もち蔵「そんな事あるんだよ。俺は子供の頃からあいつの事知ってるから」
みどり「ぐぅう…餅屋と餅屋なだけでしょ。私の方がたまこと話してるし」
もち蔵「俺だって話してるよ。俺の方がたまこの事はよく知ってるし」
みどり「じゃあ、たまこが25m泳げるようになったの知ってる?」
もち蔵「マジかよ!すげえな!!」

もち蔵、たまこが25m泳げるようになったというのを
聞いて、素直に喜んじゃったなw 
それにしても、みどりちゃん、たまこにつきまとうのやめろとか
告白しても無理だとか、たまこがもち蔵の事を全然見てないとか
言い方がきついなあ… 嫉妬心が言葉までもをきつくしてしまうのか。
必死すぎるだろ…。 好感度下がりそう。

ここで、猫に追われてやってきたデラが乱入。
みどりは、デラを使って告白なんてダメダメだと言い…

「とにかく、たまこは私の友達だから!私が守るから!」
えええええ… So whatですな…
だいいち、私が守るからって、別にもち蔵はたまこに
嫌なことをしようとしているわけじゃないのに。
たまこは私の友達だから!じゃなくて、たまこは私の嫁だから!ダロ…。

これにはさすがのもち蔵もかなりムッときたようで反論。
もち蔵「たまこに何話そうが俺の勝手だろ!!」


喧嘩している二人を見て、鳥は「お前達から同じ香りがする」
と表現。デラさん、わかってらっしゃるなw もち蔵もみどりも
たまこが好きだという気持ちの部分では同じだからな…。


今は少し波立っておるが、後に美しく透き通るはず。
お主達の香りは同じ色を持っておる…

デラちゃんもいい事言うなあ…。
今回は星とピエロの名言はないのでこれが代わりw
と、そこにたまこ達がやってきて、みんなで一緒にモチを
焼こうと言ってきたが、もち蔵は一人寂しく去っていく…。えええ…
さすがに、みどりも少し言い過ぎたとかちょっと思っているかな?
っていうか、思っていて欲しい。
あ、デラちゃん来てるのバレましたw


翌日…
いよいよ遠泳の授業。
tamako0207_16.jpg
始まる前から青ざめるたまこ…

たまこ達より前に遠泳を終えたもち蔵がたまこに手を振り
たまこが手を振って返すと、それさえも阻止しようと
「たまこ行こ」とたまこの手を引いてその場から去ろうと
するみどり。もち蔵はたまこに
「頑張れよ。25m泳げるようになったんだろ」
と声をかける…

tamako0207_17.jpg
睨んでる…


必死に泳ぐたまこ…
tamako0207_18.jpg
かんな「たまちゃん、頑張ってー」
かんなはカナヅチだが遠泳は得意らしいw


やっと半分までやってきた時、ビーチではたまこに
手を振るもち蔵の姿が見える。みどりは、たまこに
「ねえ、たまこって大路の事どう思ってるの?」
といきなり訊いてくる。

tamako0207_19.jpg

たまこ「幼馴染みだよ。というか、餅屋仲間
みどり「そうだよね!じゃあ…私の事は?」
たまこ「みどりちゃん?みどりちゃんは大好きだよ」 
みどり「ありがとう」

たまこがもち蔵の事を幼馴染みで餅屋仲間と言ったのを
聞いたみどりは一瞬歓喜してたな… それで自分の事は
大好きだと言われて、それは心底喜んだんじゃないの。
海鳥に追われてデラちゃんが一瞬やってきたが
すぐまた追いかけられて消えていった…デラ受難続きw


夜…
たまこは疲れて眠ってしまっていたが、かんなに鼻をつままれ… 
tamako0207_20.jpg
かんな「溺れるよ」
次ぎの瞬間、たまこは飛び起き「花火だよ!」と言って走っていった。
史織「すごいね、たまこって…」 かんな「うん」

ワロタw


ビーチで一足先にもち蔵と一緒に花火を見ていたみどりは
もち蔵に、いきなりたまこへの告白を勧めてくる。
何で突然態度変わった?
ええええ… たまこがもち蔵の事は「幼馴染みの餅屋仲間」、
みどりの事は「大好き」と言った事で、自分の方がもち蔵より
優位に立っていると思って余裕が出たからか?
しかし、みどりが一回もち蔵に言った、あの辛辣な言葉は
絶対もち蔵の心に残っているよな。無理だとかああいう言葉。
気持ちに余裕が出たみどりは、急にもち蔵に優しくなり
たまこと一緒に花火を見ようともち蔵も誘ってくる。( ´_ゝ`)フーン

というわけで、みどりさんのお許しが出たので、もち蔵も
たまこと一緒に花火を見れたぜ! 

たまや~!と花火を見ながら叫ぶと、たまこが「の、お餅をよろしくぅ!」
合いの手を入れるという…w そんなたまこを見て、もち蔵が
「ライスケーキ大路もよろしく!」と言うと…

たまこ「面白いね!」
tamako0207_21.jpg

たまこの顔を見てハッとするもち蔵
tamako0207_22.jpg
かわえええーとか思ってそうだ~


恋の花火に心の花火
真夏の夜の夢、色づく想い
儚く散ってしまわぬように…

と、デラちゃんが一句詠んでいると、背後から
今度は犬が襲ってきたw 

tamako0207_m2.jpg

後日…
また、もち蔵がボーっと店番をしていると、たまこ、みどり
かんなの3人がどこかへ出かけにいくのが見える。
たまこはもち蔵と目が合うと… ( ´∀`)bグッ!とポーズ。
続いて、かんな、みどりも同じポーズを取って、去っていった
最初の時とは、みどりの態度も違う!

ちょっと合成…
tamako0207_23.jpg
3人( ´∀`)bグッ!可愛ええ!!


今回はこんな感じでした
もち蔵回だったのか…? それより、みどりの嫉妬の方が
目立った感じだけど。みどりが、もち蔵の恋路を邪魔しようと
する姿は、思いっきり、もち蔵の事を恋のライバルとして
敵対視している感じな必死さだった…。 手紙を渡そうと
するのを邪魔したり、もち蔵に、無理だとか、つきまとうの
止めろとか、ちょっと酷いなと思ったのが正直な所。
別に、もち蔵はたまこの気持ちを無視して、つきまとってる
わけじゃないし、そんな事を言われるのは心外だろう。
みどりは、あの言葉を、もし自分が言われたら…っていう
感じで、自分が言った言葉がけっこうキツイ言葉だった事に
気付いて欲しい。結局、そこらへんには気付かないまま、
たまこに「大好き」って言われて、気持ちに余裕が出たから
急にもち蔵に優しくなるとか、もち蔵は最後まで可哀相な
扱いだったな… 具体的に気持ちが語られたわけじゃないので
解釈は人それぞれだと思うけど、私はこう解釈した。

友人を取られるのが嫌だという解釈もあると思うけど
そうしたら、史織やかんなにだってヤキモチ焼きそうなものだが
そういう素振りはないので、ガチなんだろう…。

まあ、でも、デラちゃんが言っていたように、もち蔵も
みどりも、たまこが好きだという気持ちは同じ、二人で
切磋琢磨して、たまこを好きだという気持ちを盛り上げれば
いいじゃないの!

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 あの娘はかわいいもち屋の娘
第2話 恋の花咲くバレンタイン
第3話 クールなあの子にあっちっち
第4話 小さな恋、咲いちゃった


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(58) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 3

ss

みどちゃん良いね~。
にしても、このアニメ、時の経過が早すぎる!
1話 年末 2話 バレンタイン 3話 春 4話 春 5話 夏 
たった5話で年末から夏の臨海学校まで経過してる
by ss (2013-02-07 23:02) 

もっちもち

みどりちゃんのもち蔵への態度は大分自己中でしたね~。告白されてOKされたら…って焦る気持ちは分からなくないけども。
もち蔵優しい男だね。耳のアレはピアスじゃなくてホクロらしいですよ。
もち蔵のホクロはピアスに見えるからまだマシだけど、たまこのホクロは気になり出したら止まらなくて、上手く剥がせないシールみたいな手の届かない痒みみたいな、なんとも言えないむずむず感。どうしてあんなのつけたんだろう?あーゆーの特にいらない。

by もっちもち (2013-02-09 06:32) 

メガ・モチマッヅィ

たまこ「幼馴染みだよ。というか、餅屋仲間」
みどり「そうだよね!じゃあ…私の事は?」
たまこ「みどりちゃん?みどりちゃんは大好きだよ」 
みどり「ありがとう」

これっていくつかの解釈がありえるのでしょうが、
私は「みどりちゃんは大好きだよ」というたまこの言葉の屈託の無さに
みどりは思いが到底通じないことを感じ取って動揺したんではないかと思います。だから、もち蔵をけしかけて自分の感情に終止符を打とうとしたのではないかと、私は感じました。

by メガ・モチマッヅィ (2013-02-22 02:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 58

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ