So-net無料ブログ作成

まおゆう魔王勇者 #6 「お帰りなさい、勇者!」「ああ、爺さん…ただいまだ!」 レビュー [アニメ]

maoyu0209_top.jpg

戦争ってなんなのでしょう?
なぜ起きるのですか?
なぜ終わらないのですか?

メイド姉の質問…
戦争は出会いの一部で、知り合う為の過程の一形態だと
魔王は答える。戦争って何?的な話って、終わらない議論と
いうか、答えが一つじゃないというか…魔王の答えもかなり
漠然とした感じだった。っていうか、なんでそんな回りくどい
言い方でいつも解説するんだろうか。一般常識みたいなのを
あえて大げさに小難しく説明してる感が…w

戦争はいずれ卒業する為に必要…
逆説的だが、そういう事象もありうるのだと思う
最初から大人として生を受けることが出来ないようにな
 
 

魔王旅支度を調え、今から極光島の方へ向かうらしい。
勇者開門都市で工作活動中… 羽妖精たちを使って
あちこちで聖鍵遠征軍の兵士達に幻を見せて怖がらせ
夢魔鶫に聖鍵遠征軍の司令本部に夢の回廊を作らせ
毎晩の悪夢で震え上がらせる等の工作をしていた。

maoyu0209_1.jpg
羽妖精ちゃん達が可愛い(CV:水原薫)
シルちゅわんキタ――(゚∀゚)――!!


聖鍵遠征軍の司令官(CV:大塚芳忠)は怖ろしい夢を見て目覚める。
すると部下から死霊騎士がまた出て、兵士達の中には魔族の呪いだと
帰国申請を出している者がいるという報告が入る。
帰りたいと言う者には酒や金、魔族の娘でもあてがって引き留めろ
と司令官は言う。悪夢に部隊の瓦解と、踏んだり蹴ったりで
司令官もかなり参っている様子… これが勇者の狙いなの?
開門都市から聖鍵遠征軍を追い出す為なのかな?よくわからんが…。


一方…
第二次極光島攻略作戦・臨時作戦本部には魔王が到着。
冬寂王、女騎士、執事が居るわけだが、執事は魔王の姿を
見るなり「待たれよ!!」とシャウト、女騎士は魔王の
魔の気配に執事が気付いてしまったのかと思い緊張が走るが…

執事は上から魔王を覗き込むように見て…
maoyu0209_2.jpg

「そのご立派な胸を拝んでもよろしいですか」
maoyu0209_3.jpg
ええええええ…w 
さすが変態と呼ばれていただけある。

女騎士は爺の頭を瓶で叩き、執事は気絶。
魔王は、なぜ極光島を取り戻す必要があるのだ?
冬寂王に問う。冬寂王は「誇りを取り戻す為…あの島を
取り戻せばいくつかの交易路が安定するはず、そうすれば
中央の言いなりにならずに済む」と答える。その答えは
魔王が冬寂王に協力するにに十分な答えだったようで
魔王は持参した大量のを冬寂王にプレゼント。
その塩は巨大な流氷をつなぎ合わせて極光島への陸路を
作る時の繋ぎの部分に使う為のもので、魔王はその塩の
対価として1日の時間の猶予を要求した。


極光島までの陸路が完成し、極光島まで王国軍は移動を開始。
しかも、今回は陸続きになっているので、海戦ではなく
陸戦で、王国軍が有利な状態?

巨大烏賊再びw
イカちゃんキタ――(゚∀゚)――!!
maoyu0209_4.jpg
許さないゲソ!


け、けっこう激しい闘いが…
maoyu0209_5.jpg
血が凄いな…

死闘は続き、夕刻…
maoyu0209_6.jpg
ギャー、イカちゃんがぁああ


女騎士が戦況の報告にやってきた。
「橋頭堡確保、魔族の第二次防衛点はすべて撃破した」
王国軍側の損害は500程度で済み、大成功ではないかと冬寂王や
執事から歓声があがるが、上手く行くのはここまでだと女騎士は言う。
この先は洞窟だらけな上、堅固な要塞を誇る城に南氷将軍が
立てこもっている為に、かなりの労力がいるとか…。
この事態に対して魔王が何か策をもっているらしく、その内容を
訊こうとした時、極光島の南、魔界に繋がる大陸から大軍勢が出現した
との伝令が入る。

魔王「それこそが私の手だ。その1万は開門都市の兵士達だよ」

あー、なるほど、勇者が開門都市で色々と工作活動をした結果
開門都市に居た聖鍵遠征軍の司令官や兵士達は嫌になっちゃって
開門都市を逃げ出したくなったが、ただ逃げ出すのでは問題に
なるので、極光島に援軍に行くっていう理由で逃げ出したわけだね。
というわけで、開門都市に残されたのは東の砦将副官、そして
わずかな兵力。

maoyu0209_7.jpg
東の砦将(CV:三宅健太) 副官(CV:羽多野渉)
副官がイケメンな件…

これでは開門都市を今まで通りに仕切る事はできないので、東の砦将は
有力魔族に頭を下げて頼み、臨時の自治政府を作り、開門都市を
人間の領地から、魔族と人間の交流都市にする事に決定。
おお? これで開門都市の問題は解決じゃないですか。
ついでに、極光島の方に援軍送れたし、まさに一石二鳥な作戦。

maoyu0209_m1.jpg

極光島の魔族側は、援軍と王国軍が合流するのを嫌い
極光島城塞から魔族全軍が出撃し、援軍の方に向かう。
魔族側は援軍の方を叩いちゃおうと思ったわけだね。
魔族側の兵力は7500、援軍は1万程、戦いはどうなるかと
いう感じだが、女騎士は援軍は聖鍵遠征軍なんだから
人間界最高の兵士じゃないの?とけっこう楽観視。
すると、そこに「そいつはどうかな?意外とだらしない奴等
だったぜ」勇者がテレポートして現れた。

女騎士、勇者の姿を見て思わず抱き付く…
maoyu0209_8.jpg
(ノ∀`)アチャー

魔王ふくれる…
maoyu0209_9.jpg
(ノ∀`)アチャー

タイミングを合わせる為に聖鍵遠征軍を迷わせたり
足止めしたりしていたので、軍は結構疲労していると勇者は言い、
それなら戦力は拮抗するかもしれないな、と魔王が言った時
突然轟音が!  なんと、ついに南氷将軍自らが出撃してきて
しまったのだ。 魔王はちょっと暗い顔をして「できれば魔族
にも大きな被害を出さず、逃走させたかったのだが…」と呟く。
えっ いちよう、魔族の事を思っていてくれたんだw ずっと
魔王が自分のとこの魔族を裏切っちゃってるよ…と思ってたんだが
いちよう、魔族側にもあまり被害を出さずに…という案だったのか。

南氷将軍の相手は女騎士が勤める事になった。
女騎士「モノノフの最後の願い、将軍として答えてやりたい」
あ、女騎士って将軍なのか。モノノフって言葉聞くとモモクロちゃん思い出す。
というわけで、女騎士と南氷将軍の激しい闘いが繰り広げられるが
女騎士強えええええええ! 南氷将軍、凍える吹雪とかいう
口から冷気を吐く技出してきたw ドラクエ?

女騎士の圧倒的勝利だった… なんという無双っぷり
maoyu0209_10.jpg
女騎士、超強いじゃん…
南氷将軍、ブッチャーを巨大ロボ並みにしたデカさだったのにw

南氷将軍は倒され、勝利の雄叫びをあげる王国軍。
しかし、戦いの後は空しさが…という感じか、その様子を
見ていた勇者と魔王の表情は暗かった… 
南氷将軍可哀相だったもんね…

maoyu0209_m2.jpg

その後、勝利の宴が開かれ、魔王女騎士には名誉爵位が与えられた。
maoyu0209_11.jpg
馬子にも衣装という… チッパイだけど。


勇者が一人で広間の様子を離れた所から見ていると執事が
現れた。執事は「寂しい思いをさせてしまって申し訳ない」
と謝ってくる。

執事「いい国でしょう。ここは勇者一人に罰を押しつけない国です。
   きっと、勇者が孤独ではなくなれる場所があります」

勇者「ああ…」

執事「お帰りなさい、勇者」

勇者「ああ、爺さん、ただいまだ」



今回はこんな感じでした
なんか、最後、南氷将軍が可哀相になっちゃったな。
魔王も、自分と同胞である南氷将軍や魔族の兵士達が目の前で
死んでいくのを見るのはしのびなかっただろうに。 いちよう
魔族が逃走できるような作戦だったらしいが、あれでは魔族は
逃走できないよな…。 しかし、開門都市の方は上手くいったね~
しかも、開門都市に残ったのって東の砦将… 東の砦って、前
魔族娘が言っていた魔族に対していい感じの所でしょ? 
これからは、交流都市として平和的な感じになりそうだね。
とはいっても、開門都市から逃げ出してきた聖鍵遠征軍の兵士達も
ちょっと可哀相かなと思ったり…だって、散々怖い目にあって
疲労して逃げてきたら、いきなり魔族と戦って、けっこう殺されるとか…
結局、戦争というものは魔族側も人間側も多大な犠牲を払っている
という事が悲しく、魔王と勇者が悲しそうな顔をしていたのは
そういう事を痛感していたからなんだろう。

前回までのレビューは以下からどうぞ
#1 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
#2 「わたしたちをニンゲンにしてください」
#3 「いままでどこほっつき歩いていたのよ!」
#4 「そんなことになったら勇者に噛みついてやる!」
#5 「魔王っていい匂いだな」「勇者の腕の中はほっとする」


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(9) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ