So-net無料ブログ作成

たまこまーけっと 第9話 歌っちゃうんだ、恋の歌 レビュー [アニメ]

tamako0307_top.jpg

あの、すみません、豆大ください!

たまやを訪れた美少女…たまこと同じ場所にホクロがあるぅう
ということはたまこの母の若き日か。豆大も若いな…まるで
小僧ですよ。高校生くらいでしょうかね。

ひなこ「私、好きなんですこちらの豆大!」
豆大 「ひぇえええ!あ、いや、俺はね、かねがね素敵な人だな、
    同じクラスになれたらいいな、好きだな~なんて
    思ってましたぁあああ!!」
ひなこ「へ? あ、あの、違います。こちらの豆大福が…」
豆大 「豆大福…ですかぁああ」
ひなこ「はい!豆大福が…です!」

完全に勘違いから始まったんだな。
豆大、勘違いして思わず告白までしてしまったという…w

思い過ごしに勘違い。
恋の花が咲く時はけっこう何だか情けない
情けないのも楽しくて…
 


tamako0307_1.jpg
母・ひなこの少女時代、可愛すぎる!
そして、豆大も小僧可愛いw

今回は豆大の過去とかもけっこう描かれるっぽいぞ。


今日もいつものようにお手伝い中のたまこ。
たまやも苺大福とかどうよ?と提案すると…

豆大 「おまえは俺達家族の一部を否定する気か」
たまこ「は?」

豆大「豆大!」
福 「福!」
tamako0307_2.jpg
豆大「モチ」
あ、お爺ちゃんの名前、福さんっていうのかw
二人合わせて豆大福… うぉおお!


たまこがいつも口ずさんでいる曲の話をデラちゃんと
していると、なぜか豆大が赤面しながら「たまこ、黙ってやれ」
と言ってくる。 豆大が赤面!?
もしや、お母さんが口ずさんでいた曲は豆大関連の曲なのか…。
たまこは相変わらず何の曲だか分からない。

それより…前回、見事な逆三角形マッチョ鳥になった
はずのデラちゃんが、すっかり戻っている件…
tamako0307_3.jpg
あれぇえええ
まあ、あのままだったら嫌だけど


と、ここで、あんこが、豆大福を吟味しにやってきた。
なんでも、クラスメイトが用事で豆大福を買いに来るそうで
形がいい豆大福を五個入り10パックとっておいてくれと
いうことだった。

たまこ「お名前は?」
あんこ「ゆ…ゆずき君…」
tamako0307_4.jpg
あんこちゃんの好きなボーイじゃないですかぁ!

チョイちゃんの姿が見えないなと思ったら、「朝ご飯の
支度ができた」とチョイちゃん現る。おお、チョイちゃん
ご飯の支度とかやってくれているのか~ いい子だのう…

豆大は店頭に豆大福を並べながら、店の前を通ったひなこに
背格好が似た女の人をふと見て、唄を口ずさむ…
も、もしや…この唄が?? 

チョイちゃんが作ったご飯…
tamako0307_5.jpg
超エスニック!美味しそう!!
美味しそうだが、朝ご飯コレなの…w

福「こういうハイカラな朝ご飯もいいなぁ」

チョイちゃん、プレゼントされた服着てる!
可愛いね~!
tamako0307_6.jpg
チョイちゃんに促されたデラが背後でお茶を煎れようとしている…w


十月十日はおもちの日!
というわけで、たまこはお餅つきイベントを提案し、お餅つきを
することになった。RICECAKE oh! ZEEでは1000円以上お買いあげの
お客さんにオリジナルキャラのストラップをプレセントするらしい。


学校で、さっそく十月十日のお餅つきイベントの事を言い
食べに来てねと、たまこが言うと、かんなは、お餅つきをする気満々。
かんな「釘打つの得意だから私上手いと思うけど」
なるほど…動作的には似てる…のか?

バトン部では、みどり部長になった模様…
tamako0307_7.jpg
部長と呼ばれ意気揚々のみどり
実はかんなも部長になりたかったっぽい?

かんな「権力って人を変えるね…」
たまこ「かんなちゃん、部長になれなくて残念だったね」
かんな「まあ、卒業するまでには下克上しますけどね」

かんなちゃん、部長の座をまだ狙っていたw


十月十日のお餅の日は…なんともち蔵の誕生日!!
な、なんですと… 
そんな話をしながら、もち蔵がいつもの男友達二人と
下校していると、あんこの姿を見かけたので、もち蔵は
友人と別れ、あんこの所へ走っていく。

あんこに、たまこがもち蔵の誕生日の話とかしてるのか
探りを入れるもち蔵… 
tamako0307_8.jpg
あんこ「忘れてるから。今年もお餅の日の事で頭いっぱいで」
もち蔵「そ、そっかぁ… まあしょうがないよな…お餅の日じゃな…」
…もち蔵…orz

あれ…あんこ、何か落ち込んでいる??
学校で何かあったのか…?
商店街でお使い中のデラに会ってもつれないし、家に
帰っても自室にすぐに向かって、机の中からユズキ君に
もらったアンモナイトを取り出して「もぉおお!」と声をあげる。
店番中のお爺ちゃんも、あんこに元気がない事に気付き
帰ってきたたまこにその事を伝える。


鏡台の上の一輪挿しは…
たまこが鏡台の上に一輪挿しを置いて拝んでいると…
チョイ「それは神様なのか?」
たまこ「これはお母さんへのお花なの。一輪挿しっていうんだよ」
tamako0307_9.jpg
お母さんが使っていた鏡台という感じなのかな。


たまこは部屋に行き、元気がないと聞いているあんこを気づかう。
すると、1階から豆大が大きな声で「クラスの子が大福取りに
来たぞー!」と呼んでくる。

あんこ「お父さん、あんな大きな声で呼ばなくたって!!」
年頃の娘は難しい…w 別に大きな声で呼んだっていいじゃないの
って思っちゃうけど、あんこにとってはNG行為。

tamako0307_10.jpg
ふくれるあんこ…激カワッ!


ユズキ君は家の中に通されて、チョイちゃんが豆大福とお茶を
出していた… 横に座ったデラは、豆大福を見て大量のヨダレ
tamako0307_11.jpg
ちょっっw
ユズキ「よかったら半分どうぞ」
ユズキ君、あげちゃダメ!
デラはチョイから折り紙攻撃を食らって止められた。
折り紙が刺さったデラの頭から血が出てたから、デラちゃんは
いちよう生物ではあるのね。

結局、いくら呼んでもあんこは下には降りてこず、ユズキ君は
あんこに会わずに帰っていった… どうしたのあんこ…。
夕食時も元気がないあんこは、あまり食べずに、自室に戻って
早々に寝てしまった。心配したたまこは、もち蔵に相談する。

もち蔵「そういえば、今日の帰り様子が変だったな…
    よし、俺が明日訊いて…」

もち蔵の言葉を聞いて、「ありがとー」と手を振るたまこ
そんなたまこを見たもち蔵の表情…
tamako0307_12.jpg
たまこの為ならなんでもしてくれるという感じのもち蔵だけど
自分の誕生日をたまこが忘れてるっていうのはやっぱり
ちょっと切ないなって思ってるよな~…

tamako0307_m1.jpg

翌朝…
日直でいつもより早く家を出たあんこを、ちゃんともち蔵は
待っていた。もち蔵はあんこの後をついていき、あんこの
元気がない原因を探る… 色々と訊いた末、理由が判明…

ユズキ君が転校しちゃうの!!前期が終わって秋休みに
 なった10月10日のお餅の日に!!」
tamako0307_13.jpg
そんな所だとは予想しましたが…
また、イベントの日にユズキ君絡みの事が重なっちゃったのか



そして10月10日 お餅の日…

奇しくもたまやとRICECAKE oh! ZEE、両方ともお餅つきのイベント
あんこの事を訊いてきたたまこに、もち蔵は「友達が今日引っ越すんだと
まあ、あんこもさ、色々あるんだよ」と、あんこが好きなユズキ君が
引っ越すとは言わずに伝えた。 あんこは店前でイベントの準備を
お手伝い中だが、やはり時間が気になる様子… お祭りの時と
一緒だなぁ… でも、今回はお祭りの時よりもっと大事だよね…。

史織、かんな、みどりの3人もやってきた!
tamako0307_14.jpg
かんな「かんなお姉さんはこの日の為に餅つきの練習を
    してきたんですよ~ぺったんこ、ぺったんこ」
かんながまたしてもカワエエ!

時間は午後4時前…
お餅つきのイベントが始まり、つきあがったお餅を
分けたりして、あんこ、史織、みどり、かんなは手伝う。
かんなは途中から、お餅つきを宣言通りに開始…

もち蔵は、一人で店の中に居たあんこの所へ行き、ユズキ君の
家にお別れに行ってこいと言う。ユズキ君は夕方に車で
こっちを出るそうな…

もち蔵「じゃあ、今すぐ行ってこいよ!」
あんこ「行けないよ…言っても何言えばいいかわかんないし…」
もち蔵「えーと…好きだ?」
あんこ「バカみたい!」
もち蔵「じゃあ、元気でね?」
あんこ「そんなの誰でも言えるもん」
もち蔵「なら好きしかねえじゃねえか」

埒が明かないw と、そこにたまこが紙袋に入った
お餅を持ってきて、ユズキ君の家に届けて欲しいと頼んでくる。

たまこ「このおもち、ユズキ君に食べてほしいんだ。ユズキ君きっと
    喜んでくれるから。だって、つきたてのお餅だもん、すぐに
    食べた方が美味しいに決まってる!」
tamako0307_15.jpg
たまこ、この件に関して、気付いてないかと思いきや
ちゃんと色々と考えていてくれたんだなあ…
これなら、あんこはちゃんとユズキ君に会いに行ける!


あんこがユズキ君の家に向かった後、たまこはデラちゃんにあんこと
一緒に行くように言い、デラちゃんも出発。
たまこはもち蔵に「もち蔵、ありがとね!」とお礼を言う。
ちょっと照れてるような…嬉しそうな表情のもち蔵。


急いで走るあんこちゃんは途中で…
tamako0307_16.jpg
転んだぁああ…
絶対転ぶと思いましたよぉおおおお

紙袋ちょっと汚れちゃったし、両足すりむいちゃって
あんこの足は一瞬止まったが、デラが飛んできてあんこの
先を行き、あんこもデラを追いかけるように再びユズキ君の家を目指す。

そしてついに、ユズキ君にお餅を渡せた!!!
tamako0307_17.jpg
つきたてのお餅は美味しいから食べてと懸命に話すあんこに
ズキ君は笑顔で、お正月の飾りモチはいつもたまやのだから
お正月が近くになったら、注文に行くし、たまやに取りに行くよ
と告げる。

ユズキ「その時にまた会えるよね?」
あんこ「うん!」

お正月近くか…すぐだよ、すぐ!
よかったね、あんこ、お別れじゃなくて、次ぎに会う約束ができて。



一方…たまや前では…

チョイちゃんがお餅を頬張りすぎる…
tamako0307_18.jpg
か、カワエエエ!!


tamako0307_19.jpg
豆大は一人、自室に戻り、部屋に置いてあるギターを
取り出し、歌い出す… 挿入歌がまさかの豆大の唄…w
あ、もち蔵、あんこの事を向かえに行ってくれてた!
ユズキ君にバイバイしたあんこは、もち蔵と一緒に帰る


豆大の唄を部屋の前で聞いたたまこは…
「お父さん、その唄!!」
tamako0307_20.jpg
ギャーww

たまこは豆大を連れて、みどり達も一緒に星とピエロに向かう。
星とピエロの前で、あんこともち蔵にも会ったので、二人も
店内へ。そして、ついに、母・ひなこが口ずさんでいた曲が
判明する。なんと、それは、豆大がかつてひなこの為に作った
だと八百比さんが明かし、ひなこが音痴だった為に、たまこが
ひなこが口ずさんでいた曲を口ずさんでも分からなかったという。

そして、もう一つ、驚いた事に、学生時代に、八百比さんと
豆大は一緒にバンドを組んでいた事も判明。八百比さん、豆大の
事を「大」と呼んでるし!

八百比さんは一本のビデオテープを取り出す…
ダイナマイトビーンと書かれたそのビデオには豆大がボーカルで
八百比さんがキーボードのバンド映像がおさめられていた。
tamako0307_21.jpg
一番前で見てるのって、ひなこじゃないの!!
あ、ちなみに、映写機は例によってデラちゃんですた…w

みんなが映像を見ている途中で、豆大は一人で家に帰っていく。
映像を見終えたみんなは、感心しまくり!
もち蔵「かっこよかったなあ、マスターも、たまこのお父さんも」
あんこ「お父さんも誰かを好きになったんだね!」
たまこ「その誰かが私たちのお母さんだよ!」
あんこ「そっか!」

店に戻った豆大は、昔の事を思い出す。
校門でひなこの事を待ち、出てきたひなこを目で追った時…
tamako0307_22.jpg
後ろの八百比さん、カッコイイ!!!

豆大の回想からいくと、一回ひなこに告白してフラれた
豆大は、諦めずに、今度はひなこの為に曲を作って、曲を
ひなこに贈って再び告白した感じかな?

tamako0307_m2.jpg

バックでダイナマイトビーンの曲が流れる中、そのまま
エンディング突入! たまこ、あんこ、もち蔵の3人が家に
戻ってきて、もち蔵は「また明日な」と言って自宅に
帰ろうとする、すると、たまこがもち蔵を止める。

「もち蔵、お誕生日おめでとう!!」
tamako0307_23.jpg
もち蔵の誕生日、憶えてくれていたぁああああ!

tamako0307_24.jpg
おおおおっっ!!

Everybody Loves Somebody
誰かが誰かを好きになる
いつか誰でも恋をする
僕が君を見つけたように

思わず涙ぐむもち蔵
tamako0307_25.jpg
もち蔵がちょっと報われたぁああ!
いや、ほんと、見てるこっちもうるっときましたよ…
(ノД`)ヨカッタネ


豆大は一人自室に戻り、昔のノートを取り出し、その
間に挟まっていた写真を見て、唄をちょっとシャウト。すると
そこに再びたまこが「お父さん、ビデオ見たよ!!」と入ってきて
またまた小恥ずかしい思いをする。
思わず逃げ出した豆大に、たまこは言う。

「お父さん、私ね、お父さんの事、もーっと好きになった!」

豆大は超赤面しながら「うっせぇ!!」と言って去っていったw
もう、豆大が、可愛いやら、かっこいいやら、ほんといいキャラだな。
豆大が机の上に残していったノートは、バンド時代の歌詞とかが
いっぱい書かれており、その上には学生時代の写真が何枚か…

tamako0307_26.jpg
いい写真だぁ!


今回はこんな感じでした
いやー、なかなか盛り沢山だった。
あんこちゃん回再び…!?と思いきや、もち蔵や豆大回でも
あったという。特に、もち蔵と豆大の、いわゆる男の純情って
やつが、描かれていた部分が、見ているこっちが思わずウルッと
きてしまう感じだった。第1話で語られていた、母・ひなこが
口ずさんでいた曲の正体が判ってよかったねえ… まさか
豆大がひなこの為に作ったオリジナルソングだったとは…w
それで、その曲をひなこが口ずさんでいたが、音痴だった為に
たまこにもちょっと間違って伝わっていたという事なのかな?
ん? それなら、たまこは、豆大が唄っていた曲を聞いて、
なんで、それが母が口ずさんでいた曲だって判ったのかな?
って一瞬思ったけど、細かい事は気にしない。
あと、もち蔵は今回もたまこの為に頑張ってたが、最後に
ちょっと酬われてよかったよ… たまこに誕生日を祝って
もらえて、思わず泣きそうになってしまったもち蔵の気持ちが
痛いほど伝わってきた。今まで、もち蔵、酬われないなあ…と
ずっと切ない思いがあったからねえ…感慨深かったよぉお!
ほんと、いい話でした^^

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 あの娘はかわいいもち屋の娘
第2話 恋の花咲くバレンタイン
第3話 クールなあの子にあっちっち
第4話 小さな恋、咲いちゃった
第5話 一夜を共に過ごしたぜ
第6話 俺の背筋も凍ったぜ
第7話 あの子がお嫁に行っちゃった
第8話 ニワトリだとは言わせねぇ

あ、そういえば、京アニのCMが新しくなって、なんと
男キャラオンリーという…
tamako0307_CM.jpg
イケメンでカッコイイけど、やっぱり
京アニはキャワイイ女の子描いてくれないと…w
あ、でも、このキャラでオリジナルアニメとかできたら見たいですよ!


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(43) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 1

花。

すご~!全部台詞書いてある~!
頑張ったんですねっ!♪
たまこマーケット大好きなんで次回が楽しみです~♪(^_^)
好きなキャラは「もち蔵」です!!
なんか可愛いと思っちゃうんですよ~
by 花。 (2013-03-30 18:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 43

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ