So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪6 モテないし、花火に行く レビュー [アニメ]

watamote0813_top.jpg

惑星の王子様ガチLOVE8108%・・・・w
なんだそのタイトルw もこっちは乙女ゲーをやって
興奮した後、ゲームの中での恋愛遍歴を弟に語る…。
弟は思う…  「こいつバカなのかな…」

翌朝のもこっちはなんか潤っている!?
うるおっているというか、テカっているというか…。
し、しかも、目の下のクマが消えている!!!
どうしたもこっち!

学校の休み時間、トイレに行った時に鏡を見て、目の
下のクマが消えている事に気付いたもこっちは
「男ができると綺麗になる」という話を小耳にはさみ…

 
 

watamote0813_1.jpg
誰…ww


帰り道コンビニに寄って事の真相を確かめる…
ちょうどnon-noみたいな雑誌でSEX特集があり立ち読み。

女性は恋をすると女性ホルモンの一種で美容に
効果のあるエストロゲンを分泌します。
エストロゲンは肌に潤いをもたらし、バストやヒップに作用し
女性らしい体つきにしてくれます。
このエストロゲンがもっとも分泌される瞬間はどんな時か?
「セックスぅ!!!」
watamote0813_2.jpg
ワロタww

自分が突然美少女になったのはゲームでエアセックス的
事をやっていたからと結論づけたもこっち。
毎日2次元恋愛をしていればそのうち3次元でもモテモテに
なるだろうと帰宅後はゲームに精を出す。

ゲームを続けていれば↓こうなると勝手に予想
watamote0813_3.jpg
んなアホなw


風呂にも入らずゲームに没頭したせいでテッカテカ度が
アップしたもこっち。彼女的には女性ホルモンの分泌による
潤いのつもりなのかもしれないが、はたから見たら…

「なんか朝から汚ねぇ…!」
watamote0813_4.jpg
弟・心の声

完全に油のテッカテカなんだけどww
watamote0813_5.jpg
なんか油が虹色に輝いてる

朝の占いでラッキーカラーが黒だと知ったもこっちは
通学中に黒いラベルのコーラを購入。プシュっと開けると
コーラが顔に向かって吹き出した…w
占いではついている日的な結果だったのに、いつもと
変わらない一日…体育の時も相変わらずぼっちのもこっちは
蟻をアリジゴクに誘導して遊ぼうとする。すると、いつの間に
蟻がもこっちの体に登ってきて服の中にまで侵入、散々な目に遇う。

いつもより酷い目にあった…と一人廊下の窓で黄昏れていると
もこっちの背中に蟻が這っているのに気付いた男子が、蟻をとって
あげようと近付く。もこっちはそれを女性ホルモンと占いが本気を
出してきたのか!?と勘違い… oh…
どうやらもこっちの体に染みついたコーラの甘い成分が
蟻を呼び込んでいるらしく、もこっちの体には一日中
蟻が這っている状態だった。しかし、当のもこっちはそれに
気付かず、回りの男子がそれに気付き、その度にもこっちに
指摘しようとするが、勘違い街道一直線状態のもこっちには
それは伝わらない…

watamote0813_6.jpg
ちょっっ ヤヴァイ!!

すっかりいい気分で下校。帰り道、興奮してコーラを
再び購入して思いっきりシェイクしてコーラを顔にぶっかける。
コーラを一気のみし、気分爽快。

高校生になって色々あったけど
ようやく私の時代が来たんだ!!
これからも自信をもって生きよう!!

もこっちは意気揚々と駆け出していく。
そしてその先にはちょうど帰宅してきた弟の姿が。

「おーい、弟~!!」
watamote0813_7.jpg

「うおっ!? きも!!!」
watamote0813_8.jpg
ワロタw


数日後…
すっかり元に戻ったもこっちは弟にゲームの男の
事を愚痴る。要するに、今やってるゲームの男に飽きたのねw
もこっちの話を黙って聞きながら弟は思う…
「こいつやっぱバカなのかな… あ、バカだった…」

watamote0813_m1.jpg

モテないし、花火にいく…
高校に入って初めての1学期が終わる日…
花火大会があるのだが、誰も一緒に行く人がいないもこっち。
去年はゆうちゃんと行ったが、今年はゆうちゃんはきっと
彼氏と一緒に行くんだろうな…と。

花火に行く相手すら見つからないで終わってしまうなんて…
watamote0813_9.jpg
またピカソ絵みたいになっちゃったよw


誰でもいいから一緒に花火が見たい!!

というわけで学校の図書室に残っている生徒に
狙いを定めて花火を一緒に行く人を物色する事にした。
図書室に残っている人を社会不適合者と決めつけるのは
どうかと思うが、図書室には2人の生徒が。
一人は女子、一人は男子。まずは女子の方に声をかけて
みる事にしたが、声をかけようとすると友達が迎えにきた。
ぼっちかと思った女子は、合コンに一緒に行く友達を図書室で
待っていただけという…w

ビッチのくせに読書なんかするなよ…
勝てる所なくなるだろうが…
watamote0813_10.jpg
もこっちのビッチに対する考え方酷いw


残ったのは男子一人。
「なんか向こうから誘ってくれないかなぁ
 もう誰だろうとホイホイついていくから…」
と思うもこっち。その考え…考え的にビッチなのは
間違いなくもこっちじゃないかw

誘ってもらいたいが為に、小芝居を始めるもこっちの
姿が痛すぎるw まずは携帯のアラームをセットし、携帯を
わざと鳴らして誰かから電話がかかってきたのを装い、図書室の
外に出て大声で話し、花火に一緒に行くはずだった人が
急遽これなくなったという設定の小芝居。

「あー、もう誰でもいいから花火誘ってくれる人いないかなー
 本当誰でもいいから誘ってくれたらー嬉しいのになー!!」
watamote0813_11.jpg
もう痛いの通り越して、怖いんだけどww

お膳立ては済んだぞ、後は待つのみ と満を持して図書室に
戻り男子が声をかけてくるのを待つもこっちだったが、3時間後
男子がいつの間に帰っていた事に気付く…orz


夕方…一人で去年、ゆうちゃんと一緒に花火を見た穴場スポットへ
向かうもこっち。寂れた商業ビルの屋上にたどり着くとそこには
誰もいない。

ちなみにこの屋上はゆうちゃんと一緒に黒い服を着て
よく遊びに来た場所らしい…
watamote0813_12.jpg
昔のゆうちゃん、今と全然違う。違いすぎ
ゆうちゃん、高校デビュー過ぎだろ…


となりには見慣れぬラブホが建っており、最近建ったのかな?と
思っていると、中学生の少年二人が屋上にやってきた。

watamote0813_13.jpg
黄昏れるもこっち… efっぽいw

もう、ここは自分だけの場所じゃないのか…と帰ろうとする
もこっちだったが、帰り際に、中学生に振り絞るように声をかける。

「私もやっぱりいい?、ここで一緒に見ても…いい?
 だ…ダメだったら帰るから… だから…」

中学生は「別にオレらのもんじゃないしな」と、快く了承。
もこっちは涙ぐみながらお礼を言う。そして自分は誰かと一緒に
同じものを見て楽しい時を過ごしたかったんだ…という事に気付く。

watamote0813_m2.jpg

日もすっかり暮れて、いよいよ花火が…
と思ったら、中学生達が色めき出す。なんと、中学生達は
花火ではなく、隣のラブホを覗きに来ただけだったのだ。
すっかり覗き仲間になっていたもこっちは、中学生達と一緒に
とんでもない光景を目撃し大興奮。

watamote0813_14.jpg

あれ?私、これが見たかったんだっけ?

と一瞬思ったが、次ぎの瞬間、空には花火があがる。

そう私は誰かと楽しい時間を…楽しい時間を…


中学生 「お姉さん、あれ見て下さい!もの凄いことになってますよ!」
もこっち「うっひょおーあんなの乙女ゲーじゃ見れねーよ!!!」
中学生 「ちょっお姉さん、声でかいっす!!」

watamote0813_15.jpg
エンディング… あの「夏祭り」が流れたww
笑ったわ…


今回も色々と悲惨だったけど、中学生の少年達、もこっちに
優しかったね。もこっちは、大好きなエロいものと花火を
一緒に見れるという感じで、考えようによってはちょっとラッキー?w

前回までのレビューは以下からどうぞ
喪3 モテないし、悪天候
喪4 モテないし、ちょっといい夢見るわ
喪5 モテないし、スキルアップしてみる

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(7) 

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ