So-net無料ブログ作成

終わりのセラフ 第8話 殲滅のハジマリ [アニメ]

seraph0523_top1.jpg

貴族は鬼強なんすよ・・・ 
 
 
 
 
 

seraph0523_m1.jpg
助けた少女の証言から、吸血鬼が表参道地下鉄跡地に潜んでいる事が
判明し、シノア班の5人は現場へ。吸血鬼の数は7人、吸血鬼が
眠りについている早朝から昼にかけての奇襲攻撃、もし吸血鬼が7人
全員武装した状態で起きていた場合は絶対に勝てないので逃げると
シノアは言う。まあ、逃げるなんて優一郎にしたら嫌なんだろうけど
班の人々を危険に晒すと言われたら従うしかない。

「家畜の服・・・・」
中に入ると家畜となった人間がうようよといる。みんな気力がない
諦めモードな状態。優一郎はかつて自分が居たあの場所を思い出す・・

奥に進むとさっそく吸血鬼と出くわす。優一郎君、ちゃんと号令を待ってから
吸血鬼を殺したのに三葉ちゃんは独断専行だと怒りだしたが、そこに
他の吸血鬼も現れ、優一郎はその吸血鬼を瞬殺。
三葉ちゃん、優一郎達が強いって事を知らなかったのか。
にしても、三葉ちゃん、現場での判断がちょっと弱いというか
すぐ悪い方向へ行きがちだよな・・。

2人倒したからあと5人かと思ったら、なんと少女の証言は吸血鬼の罠だった。
奥に進むと、新たに7人登場。あのクソガキ! 
三葉が捕まってしまったよ・・・ 三葉は自分はもう助からないから
見捨てて逃げろと優一郎達にシャウトするが、優一郎が仲間を見捨てるわけがない。
「仲間を見捨てて逃げるわけねぇだろうが!!」

優一郎が三葉を助けにいけるように協力する与一、シノア、君月。
三葉はかつて自分を助ける為に死んだ仲間を思い出し涙。


seraph0523_m2.jpg
優一郎、三葉を助けて吸血鬼を倒す事に成功。
ここのシーン、超かっこよかったな。こりゃ惚れるわw
三葉を助け出した後は、残りの吸血鬼を殲滅し、家畜化された
人間達は解放された。

解放された人間達、全員救出キャンプみたいなのに収容されてたな。
原作の漫画ではそんなシーンはなく、助け出された人間の一人が
なんで吸血鬼を殺したとか文句言ってきたんだよなー 生き残った人間は
全員が渋谷や新宿の日本帝鬼軍の都市に入れるわけじゃないので、
外で生きていくには家畜でも吸血鬼の庇護下の方がなんぼかましという世界なのだ。
シノアが今日くらいの人数なら渋谷で受け入れられると言って、助けられた
人間は渋谷へ・・という流れで、あのキャンプのシーンなんだろう。

嘘の証言をした女の子、家族を吸血鬼に人質にとられていたとか
だった感じで、優一郎に謝っていたが、ごめんで済むような件なのか?
命の危険に晒された事を考えるとねえ・・・・。

ツンデレ三葉発動してたな・・ もう優一郎に惚れてるだろ!
グレン班の雪見時雨が監視してる描写あり。

車の運転できるの凄いと優一郎に言われてちょっと照れる君月くん可愛い。



seraph0523_m3.jpg
シノアが車運転しようとすると小さすぎて前が見えない状態。
アメリカとかで時々小さいおばあちゃんが車運転してて、はたから見ると
無人車が走っているように見えるの思いだしたww
っていうか、シノア、あれクラッチとかアクセルに足届いてないだろ・・。

気を取り直して、車で新宿を目指す一行。
新宿を目前にして一行の前に吸血鬼が出現。
その服装を見て優一郎は顔色を変える。
「貴族だ!!止まるな君月!轢け!!」

クローリーキタ――(゚∀゚)――!!
クッソ強い。これで第13位始祖なんだから怖ろしい。
やられそうになったシノアを助けたのは優一郎だった。
鈴村健一、声ぴったりすぎるな・・・


seraph0523_m4.jpg
貴族とはいえ、一人だけだったら・・・とシノア班はクローリーと
戦おうとするが、そこにクローリーの従者のチェス・ベルホーン・スクルド
が現れる。従者といってもこの二人も第17位始祖の貴族。
逃げたいが逃げる事もできない状況になり、シノアは鬼が暴走するくらいの
全力で戦う決意をする、しかしそれでも死者が出ると断言。
優一郎は絶対誰も殺させない、その為に力を手に入れたと意気込む。

そんな深刻な状況なシノア達とは逆にクローリー達は余裕。
チェスとホーンにフェリドが呼んでるよ?と言われたクローリーは
優一郎達とは戦うのを止めてその場から離脱する事に。
「今回は見逃してあげるけど、でも次は君の血を吸わせてもらうからね~」
クローリー、余裕すぎる。最後、優一郎の背後にいつの間に回り込んで
優一郎の背中をポンってやって去って行った・・・・。

貴族はケタ違いに強い現実・・・・
クローリーが去った後、シノアが「やった・・助かった・・」
崩れ落ちる姿が、さっきまでのヤバイ状況を物語っていた。

たとえ優一郎が吸血鬼と互角に戦えたとしても、その間に
シノアや三葉、与一は殺される、だからチームワークがいる。
今回は死者は出なかったという幸運にも恵まれたとシノアは言う。

シノアに「命を助けてくれてありがとう」と言われ照れる優一郎。
さあ、目的地の新宿は目の前だ・・・!
でも、新宿、かなり攻め込まれてる感・・。

終わりのセラフ 第1話 血脈のセカイ
終わりのセラフ 第 2話 破滅後のニンゲン
終わりのセラフ 第 3話 心に棲むオニ
終わりのセラフ 第 4話 吸血鬼ミカエラ
終わりのセラフ 第 5話 黒鬼とのケイヤク
終わりのセラフ 第6話 新しいカゾク
終わりのセラフ 第 7話 三葉のチーム



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ