So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

刀使ノ巫女 第11話 月下の閃き [アニメ]

tojinomiko0317_top2.jpg

結芽が力尽きる・・・!? 
 
 
 
 
 
  
 
tojinomiko0317_m1.jpg
S装備に身を包み折神家に潜入した可奈美達。く、クソダサスーツww あのノロが光ってるUOみたいな部分がまたダサいんだよなあ・・。姫和が持つアナログなスペクトラム計は屋敷の奥の当主しか入れない禁足地の祭殿を示していた。そこに折神紫がいるはず! S装備の稼働時間は予備電池を含めても30分、その間に折神紫を倒さないといけない。 と・・・ここで可奈美達の前に立ちはだかったのは天才病弱刀使の親衛隊・燕結芽だった。結芽は「決めた!」と可奈美に襲い掛かってきた。

「相手がお姉さんなら、私はきっと・・!」
どういう意味だってばよ


結芽は可奈美と対戦。その様子が本部でモニタリングされており、此花と獅童も現場へ向かう。結芽は可奈美が一番強いと思い襲い掛かってきていた。とにかく、一番強い可奈美を倒せば結芽の本懐って所なのか。結芽くん、はぁはぁしちゃってるじゃん。可奈美は結芽の異変に気付く。

「この子、何か急いでいる!?」
病弱だからね・・色々タイムリミットあるんでしょう。にしても時間を気にしすぎているような気がする。そんなに残り時間少ないの? しかし、ここで可奈美を先に行かせる為にエレンと薰が横やりに入り、可奈美は姫和に担がれて先へ。これは指揮である舞衣の判断。結芽には薰とエレンが対処する事に。


舞衣が突然後悔・・・
時間がない為、最大戦力である可奈美と姫和二人だけでも大荒魂の元へ届けなければならない、そう判断した舞衣。
「あの場での最善はツーマンセルに
 長けた薰ちゃんとエレンちゃんだと
 判断して・・だから・・だから私は・・」
いや、後悔してる場合かw モタついている間に、皐月夜見の荒魂技で足止め食らっちゃったじゃん。

「今度はこれが最善だ!行って」
舞衣は沙耶香と共にここに残り可奈美と姫和を先へ行かせる。あー、これ、よくあるパターンじゃないかー。先へ向かう可奈美と姫和だが今度二人の前に立ちはだかったのはノロによって力を得ている獅童と此花だった。

tojinomiko0317_m2.jpg

ギャーっ高津学長来てるじゃん。高津学長、ほんと気持ち悪いなあ・・・口調とか。あと、皐月夜見の扱いが酷い。パワハラだな! どうしてここまでクズになれるのか・・高津学長がまともな人間になる時って来るのだろうか?

m9(^Д^)プギャー
折神紫がプールに溜め込んでいたノロの吸収?終了しちゃってるよ。なのでプールは空っぽ。これは折神紫くん、いよいよ大荒魂になっちゃったかな。

薰とエレンと交戦中の燕結芽くん、薰とエレン、そしてねねの連携によって写しが剥がされた結芽は再び吐血。悔しさに興奮した結芽の目が赤く光る。やはり彼女も荒魂の力を得てる娘だったのか・・・だが結芽は荒魂の力は借りないと言って自分の中の荒魂を鎮める。

姫和VS獅童、可奈美VS此花、姫和ちゃん苦戦、可奈美は此花で手一杯。珍しく雑魚親衛隊がんばっちゃってる!? 可奈美と姫和は「こんな所で止まるわけにはいかない、その為にみんな送り出してくれたんだ!!」とそれぞれ死闘を続ける・・ 
とまるんじゃねえぞ・・・!

高津学長の酷いやり方に沙耶香は言う・・
「もうやめて・・
 もう酷いことしないで
 でないと私は貴方を・・・」

沙耶香の言葉に高笑いし暴言を吐く高津。

「高津学長こそもう何もしゃべらないで」
「はぁ?」
高津学長クズ全開すぎて思わず舞衣ちゃんも喋るなって突っ込んじゃうw 舞衣は沙耶香をいいようにさせたりしないと言い放つが、高津は夜見に再びアンプル注入して舞衣と沙耶香を迎え撃とうとする。夜見くんもこんな酷い扱いされていい加減目覚ませよ-。


tojinomiko0317_m3.jpg

薰とエレンを倒した結芽。怒りに任せて写しが剥がれた状態で倒れている薰達に刀を振り上げる結芽だが、ねねが二人を守ろうと立ちはだかり、斬れなかった・・ということですよね?

「行かないと・・・
 時間もうないのに・・
 私はもっともっと戦わなきゃ・・」
そう言い、ヨロヨロと戦いを求めて先へ進もうとする結芽だが・・・

その頃、姫和は獅童に追い詰められ絶体絶命、獅童くんは強いものに憧れ、そこに並び立てるならどんな力でも使うとかブツブツ言っていたけど、チート使って並び立ったところで、全然意味ないと思うけど、馬鹿なの? 姫和はS装備の一部をパージして隙を作り、獅童を倒す。可奈美も此花の技をかわし彼女を倒した。やっぱり親衛隊は雑魚だわw

風前の灯火状態の結芽は昔を回想・・
子供の頃から神童と言われ続けチヤホヤされ育った結芽だが、学校に入学した時に病になり、それ以来家族にも見放され誰も見舞いに来なかった。ある日、折神紫がやってきて「選ぶがいい。このまま朽ち果て誰の記憶からも消え失せるか、刹那でも光輝きその煌めきをお前を見捨てた者達に焼き付けるか・・」と問われ、ノロのアンプルを渡された。

なるほろ・・死にかけていた結芽の命をつなぎ止めたのがノロアンプルだったわけだな。なんかに似てる・・そうだ、薄桜鬼じゃん。病気の沖田くんも変若水飲んで羅刹になったけど、病気を治す事はできなかったアレだわ。

結芽は動けなくなり、真っ暗な場所の木の下の座り込んだ。もっとみんなに自分の勇姿を焼き付けたかった結芽・・。

「何にも要らないから
 覚えていてくれれば
 それでいいんだよ・・・」
燕結芽逝った!?  この描写は逝ったっぽいな・・・

祭殿に辿り着いた可奈美と姫和。中に入ると雰囲気が変わった事に気付く二人。そして奥から現れたのは折神紫。うわー・・なんか折神紫から余裕を感じるわ。

「フン・・
 巣立ちを迎えたか未だ雛鳥のままか
 その剣をもって証を立てるがいい」


次回・・「ひとつの太刀」
tojinomiko0317_yokoku.jpg
いやー、2クールなのでここで折神紫に勝てるとは思えん。結芽ちゃんは本当に死んでしまったのかな。この後、獅童や此花はどういう方向で行くんだろうか。


刀使ノ巫女 第1話 切っ先の向く先 新作アニメ
刀使ノ巫女 第2話 二人の距離
刀使ノ巫女 第3話 無想の剣
刀使ノ巫女 第4話 覚悟の重さ
刀使ノ巫女 第5話 山狩りの夜
刀使ノ巫女 第6話 人と穢れの狭間
刀使ノ巫女 第7話 心の疼き
刀使ノ巫女 第8話 厄災の日
刀使ノ巫女 第9話 祭りのあと
刀使ノ巫女 第10話 明日への決意

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

漫画・アニメアンテナ